フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« オトナアニメ | トップページ | 緋弾のアリア »

2011年5月20日 (金)

Dororonえん魔くん メ~ラめら

おもしろい!


私の年代には本当に面白いです。


これほどまで、徹底してくるとは!




6話の 妖怪ふくらし子回の面白さといったら・・・・


モットクレロンでジャブを食らい、みんなそろってご~~ろごろでテンション上がって行き。。。


しゃっぽじぃの太り方が危なすぎで・・・・


とどめは、成層圏でアポロ実況中継しているカパエルで大爆笑。


挿入歌のどんぐりころころはお見事!タイヤ公園はあまりにも懐かしくって涙もの。




まじめにブルーレイほしくなってきました(笑)




Droron えん魔君メ~ラめら 公式HP






かめラスカルのアニメ&鉄道戯言








そうそう、2週ほど前の談話室オヤカタで、えん魔君役の山口勝平さんと仲の良い、大沼弘幸さんが、


「わざわざ勝平のほうから電話くれて、本当にえん魔役演じることができるのがうれしかったって言っていたよ」


っておっしゃって見えました。




公式HPの勝平さんのコメントからも伺えますね~。




山口勝平さんコメント








----------------------


そこあに 5月15日放送






投稿原文(採用)




・DororoNえん魔くん メーラめら


 私が子供の頃楽しんで見ていた 「ドロロンえん魔くん」のリメイクかと思いきや、完全に原作重視の、全くの別作品といってよいものでした。


むしろこちらの方が、永井豪先生のテイストが充分に出ている作品かと思います。


 この作品のすごいところは、最近のリメイクに多い、昭和原作作品を現代風にアレンジするのではなく、


時代背景を映像やギャグも合わせ、そのまま昭和にしてしまったところでしょう。


他の作品では無かったことです。


 OPは遠藤正明さんの声で元気よく陽気に!EDは暗く鬱に。そうだったそうだった!昔のアニメのOP・EDってそうだった!


それと、3話EDの「時代」・・・中島みゆきさんよくOK出しましたね。


怒黒(ドクロ)妖怪が原作通りとはいえ本当に哀れなのも相まって、名曲なのにずっと笑い転げて見ていました。




 ギャグや演出など、若干無理矢理昭和ネタを入れて媚びているように見えるところもありますが、それもまたご愛敬。


私のような人間には懐かしく、当時のアニメやドリフのギャグってこうだったよなぁ~。と楽しくなってしまいます。


 山口勝平さんを始めとする、レギュラー陣の声優もすばらしいですが、ゲスト声優がこれまたすごい!


第1話の敵声優にマジンガーZ兜甲児役の石丸博也さん、2話以降も飯塚昭三さん、大塚芳忠さん、日高のり子さん、三ツ矢雄二さんと、我々世代には涙ものの豪華絢爛です。




 ニコニコ動画でタグに「R-40」とつけられたのも妙に納得してしまいます。


「エロ」というより、「エッチ」・「ハレンチ」と言う表現がぴったりだと思う、新しくも懐かしいえん魔くん、こういった深夜アニメは大歓迎です。


若い方には、このノリについてこれないかもしれませんが、R-40世代(笑)にはお奨めの作品です。




Dororonえん魔くんメ~ラめら 1(期間限定版) [Blu-ray]/山口勝平,能登麻美子,稲葉実

¥9,240

Amazon.co.jp



« オトナアニメ | トップページ | 緋弾のアリア »

2011 春アニメ」カテゴリの記事