フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« アスタロッテのおもちゃ 感想 | トップページ | 劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 感想 ネタバレ無し »

2011年6月30日 (木)

DOG DAYS 感想

公式HP




前回の日記






かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






まず先に断っておきます。


以降、文句ばかり並べますので、好きな作品けなされるのが・・という方は今回申し訳ございませんが、スルーをお願いします。




ちなみに、私はこの作品が12話までは大好きでした。

毎週楽しみにしていました。










DOG DAYS ラストインプレッション&レビュー






なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁ!




うわぁぁぁぁ・・・・・


とってもがっかり最終回・・・




12話までの良作が駄作になってしまいました。




ラス前までいい感じできていたのに、とても残念。






気に入らない点は二つ。






●一つ目




リコの努力が報われないのであります!!!




前日、アスタロッテの最終回を見たのでよけいに思いました。




異世界ものがハッピーエンドで終わる条件、それは、別れの後に再会が出来ること。


その再会の条件を見つける(作る)為に、がんばる人がいること。




これが王道ですよね。






この世界で一番苦しんだのは・・・・勇者が帰るための4つの条件に立ち向かった首席研究士リコ。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






勇者シンクの依頼の通り、最後まで条件を内緒にして、泣きながら独り最後の最後まで解決策を探します。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






でも、がんばってもがんばっても見つけることができませんでした・・・




そして・・・最後リコはシンクに泣きながら謝ります。




「ごめんなさい。ごめんなさいであります。じぶんはやっぱり・・・見つけられなかったであります」




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








なぜ??・・・偶然でもいい、何故彼女の力で解決の条件を見つけさせてあげなかったのだろう。




「まだです、まだこの本を見てないです。あきらめないであります。」




そして、探している本からひらり・・でいいじゃないですか!!






次の日、疲れ果てて机にうつぶして寝ているリコのところに来た3バカの一人ノワが他の図書館から持ってきた本からひらり・・・って。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






ノワがこの手紙だけを持ってきて、リコに解析してもらうのならわかります。


ノワ達も一生懸命解決方法探していたという裏返しですからね。




でも、解決方法は本当に単なる偶然だけで見つかってしまいました。




リコの努力、完全に無駄でしたよね。




しかも、その条件を読み上げたのはリコではなくノワ。


リコはその条件が満たされていたか、走り回って確認役だっただけ。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






絶対脚本おかしいですよ。このアニメで、そうする必要あったの?




リコが涙して見つけていたら、ここで感動したと思うのに・・・




もう、逆にぷっち~~~~んときましたよ。










●二つ目




ミルヒオーレがバカ犬だったことです!!


(ミルヒオーレ、みんなミルヒと呼んでますが、私はギャラクシーエンジェルのミルフィーユ桜葉をミルフィーと呼ぶため、彼女と混同したくなく、ミルヒオーレと呼び続けます)




なんで????






この物語はDOG DAYSです。犬のお話なのです。




私は子どもの頃から30年以上犬を4匹にわたって飼っています。




頭のいい犬は


・ご主人様の言うことを信じ、服従します


・ご主人様の命令ならいつまでも我慢をします


・その場の空気を読みます



バカ犬はその逆をします。



ドラマとかでもありますよね。


ご主人様がいなくなる別れの時、別れる前は雰囲気を読めずにクンクン言っている犬が、ご主人様が車に乗って走っていくと、そこで初めて事を知り、


キャンキャン鳴いて車を追いかけるバカ犬が。




まさにこのシーンですよね。




何故ミルヒオーレは最後まで我慢できなかったのでしょう・・・




「行っちゃ嫌~~。ずっとずっと、シンクと一緒にいたいです」って・・・




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






ここで、ミルヒオーレが手を離さず、一緒に人間界に行ったらすばらしかったです。


神アニメになっていたと思います。



車に追いついて飛び乗る犬ですからね。


飼い主はさよならせずに、連れてっちゃいますよね。






でも・・・手を離してしまいます。ワンちゃんは車に追いつきませんでした。






私、ミルヒオーレは雰囲気で、もうシンクは帰ってこない事を知っていたのだと思いました。


なら、上の行動は100歩ゆずって、まだ許せると。




・・・・ところが・・・・




リコが次の日の早朝にわざわざミルヒオーレを訪ねます。


その時のミルヒオーレが、あまりに坦々としすぎています。

まるで昨日の別れなど無かったぐらいのイメージで。



そして、リコが、ミルヒオーレに涙流しながら


「これなら、勇者様の再召喚が可能になるであります」


と言っているのに・・・・このお姫様は、


「本当?」(涙ポロ)


ですからね。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






あ、やっぱり帰ってこないのわかっていたんだ。




それなのにシンクの餞別は1日経っても「まだ開けてない」

リコと会った第一声も「どうしたんです?」でしたからね。




ふつう、シンクが帰った後すぐ開けますよね。寂しいのなら。


リコが朝一飛び込んできたなら、何か解決の方法見つけたのかな?

ぐらいの空気はよめますよね。



お姫様・・・・いい子でずっと我慢していたのでしょうか・・・


我慢できずに「行っちゃ嫌」って飛びついたのに・・・




バカ犬にも程がありますよね。








 エクレは立派な犬でした。




もう、シンクは帰ってこないだろうと雰囲気でわかってしまいます。




でも、主人が、勇者がそう決めたのであれば、止めることは出来ない。




勇者が帰ってくると言っているのならば、それを信じて待つしかできない。




犬は空気を読むのです。




そして・・・・主人がいなくなったら・・・次の日でも目が腫れている程泣くのです。


ひとしれず・・・・・




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






ミルヒオーレは、次の日も目を腫らすことなく、鏡台の前でかわいい顔していましたねぇ・・・・








 この作品、DOGDAYSだけあって、犬の国・異世界フロニャルドの物語です。


シンクは単に召喚されて、遊びに行っただけなのです。




現に、シンクは帰ることを選んだし、リコに研究のため携帯を渡すのもしなかった。




SASUKE同様、みんなに期待されて勇者としてもちあげられ、遊びたいところ。




ただそれだけだったのです。




「すっげぇ楽しいところだった。ベッキー(ガールフレンド)も一緒に行こう」って言ってましたよね。


所詮その程度の別れなのですよ。



「絶対戻るから。忘れないから」ってミルヒオーレに約束していますが、裏付けは全くありません。



変な言い方、思い出せなくてもシンクには友達がいる。


なんとしてもフロニャルドに帰りたいのではないのです。



来年も必ず「SASUKE」に帰ってくるよ。って言っている参加者と同じですね。

その場のテンションで気持ちが盛り上がっちゃって言っちゃった・・・みたいな。




これはぶれなかったです。




私は人間側はこれでよいと思います。


ワンちゃん達の物語なのですから。




ところがその肝心のワンちゃん側のメインヒロインがこれでは・・・


ワンちゃん側からしてみればシンクは大切な勇者様。ご主人様なのです。




最終回以外、今までの回がちゃんとお姫様ワンちゃんしていただけに(裸見られても見た方のシンクに「ごめんなさい」って言ってましたよね。)、最終回のお姫様のバカ犬っぷりは、正直がっかりだったのでした。






12話かけてまったりとワンちゃん達を描いた萌えアニメは、個人的には最後でぶちこわす形で終わりました。




本当いい作品だったのに・・・残念。


(タイミング的に同じ異世界もののアスタロッテのおもちゃで前日感動しただけに、その次の日だったので比べちゃったかな・・・)






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログへ


にほんブログ村 トラコミュ アニメの感想へ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ








DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]/宮野真守,堀江由衣




¥7,350


Amazon.co.jp





DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [DVD]/宮野真守,堀江由衣




¥6,300


Amazon.co.jp






« アスタロッテのおもちゃ 感想 | トップページ | 劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神 感想 ネタバレ無し »

2011 春アニメ」カテゴリの記事

DOG DAYS」カテゴリの記事