フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« これはゾンビですか? 13話 OAD 感想 | トップページ | 30歳の保健体育 »

2011年6月16日 (木)

冬はなび  原秀則著 感想

昨日6月15日は、私の大好きな漫画家、原秀則先生の50回目のお誕生日でした。

原秀則 そぉ~ー・・っと ブログ始めました。

 改めまして先生、お誕生日おめでとうございます。

先生が50、私が43。

・・・年取ったなぁ~~。

でも、若かりしあの頃の気持ちだけは、今でも燃やしていきたいですね。

 その原先生、今はスペリオールで、先日日記に書いた

「王様のホームタウン」

を連載されて見えますが、その前はオリジナルで「冬はなび」

を執筆されて見えました。

実は、私それを知らず、先日の王様のホームタウン

発売日に同時購入した次第だったのでした。

原先生の作品で「冬」とつきますと、真っ先に「冬物語」が頭に浮かびます。

私の本棚にも今でもメインポジションにあります。

かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言

この作品、「冬はなび」も「冬物語」のエキスがつまった作品です。

ただ、ちょっと対象の年齢層が違いました。

対象はわれわれ中年世代です!!

冬はなび

 原秀則著 感想です。

 

冬はなび (ビッグコミックス)/原 秀則

¥550

Amazon.co.jp

 人は、若い頃、自分の未来に向かって夢を見ます。

「よし、私はこれで一生生きて行こう!そのために頑張ろう!」 

プロスポーツ選手・芸能界・アーティスト・学者・専門職等々・・・

・・・でも、その夢は残念ながらほとんどの人は夢に終わり、現実の世界で違う仕事をして、戦って生きて行きます。

自分のやりたいことをして、生活できる人はほんの一握り。

 

 大学生までの若い頃に挫折し、夢をあきらめて、新しい人生を歩む人がほとんどです。

そういう人たちは若い故に、新しい夢も見つけることができます。

新しい夢で、新しい人生を送っていきます。

・・・でも、残念ながら夢をあきらめられず、しがみついていたために歳だけとってしまってたら・・・

もしくは、一度は華やかな舞台に立てたのに、その後は立つことができず、その舞台を再度夢見たまま歳をとってしまったら・・・

「冬はなび」はそんな男女二人の「冬物語」。

かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言

主人公ドラゴン権田(36歳)は、あと4ヶ月でプロのライセンスを年齢的に剥奪されてしまう崖っぷちプロボクサー。

そのジムに、映画のボクサー役の練習でやってきたヒロインの女優胡桃沢マキ。

彼女もかつては大人気女優だったが、今はもう人気も落ち、崖っぷち女優。

そんな彼女が出会った最後のチャンス、世界の黒川監督が作る映画のヒロインに抜擢された。

女子ボクサーの役を演じるために、崖っぷちボクサーにボクシングを習う崖っぷち女優。

「最後の一花」咲かせるために。

一人はボクシングのラストマッチ

もう一人は有名監督の映画で事実上最後のチャンスであるヒロイン

そんな二人の物語。

そこから生まれるラブストーリー。

でも・・・世の中はそんなに甘くない。

若い青春モノですと、ここで一発逆転がありますが、これは崖っぷちの、未来のない二人のお話。

ちょっとネタバレすると、残念ながら二人とも、最後の夢は敗れ去ります。

でも、ここからが違います。

原秀則先生の真骨頂です!!

最後がいいですよ!!

夢敗れたのにこの二人は夢をあきらめません。

本当に感動します。(この感動は若い方にはおそらくわからないと思う感動です)

若い頃は夢見ていたけど、今はもうさすがにね~~。この年だし。

家族もいるし・・・はぁ~~。

と、後ろ向きになっている方々。

是非ともこの作品を読んでみてください。

何巻も読む必要はありません。たった一冊です。

お奨めですよ!!

※そうそう、原先生の作品には「いつでも夢を」という作品もありましたね。

人生をあきらめるにはまだ早いですよ。我々中年のみなさま。

 

いつでも夢を 1 (ヤングサンデーコミックス)/原 秀則

¥509

Amazon.co.jp

※余談:冬はなびの単行本帯

かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言

「恋愛劇の旗手 原秀則 最新作」

・・・・・

「旗手」を「騎手」と読んでしまった・・・・爆

先生、宝塚記念予想、楽しみにしています。

人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 漫画ブログへ

 

駅恋 1 (ビッグコミックススペシャル)/原 秀則

¥700

Amazon.co.jp

« これはゾンビですか? 13話 OAD 感想 | トップページ | 30歳の保健体育 »

マンガ・ラノベ・著者」カテゴリの記事

原秀則作品」カテゴリの記事