フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 考察 | トップページ | 日常 第2クール »

2011年7月 3日 (日)

神のみぞ知るセカイⅡ 感想

公式HP




前回の日記








かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








最終回、桂馬とよっきゅんの出会いとなれそめ。




4つ葉はもう持ってるの。私の名前は杉本四葉。あなた、私の(5つ目の)葉っぱになってくれる?




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








強烈なアバンでしたね!!




この作品のリアルヒロイン、よっきゅん登場。




うわ、これは楽しみな最終回だぞ!!






・・・・せっかくの良い話だったのに、ガンダムパロでぶちこわしでした。


本編の感想書く前に、このパロ全盛のアニメに文句を言いたいと思います。








 私もパロは大好きです。


ストーリー展開の中で一瞬の清和剤みたいな感じです。


話に全然関係ない息抜きみたいなものですね。


ふっ、と笑ってしまう。そんなパロは大好きです。


今期で言うと「よんでますよ、アザゼルさん」のサザエさんや、「ザクの足」みたいな。


 もしくは「Dororonえん魔君め~らメラ」のように、昭和を懐かしむためというテーマが元々の根幹にあるならいい(特殊な例ですが)。




ところが、最近はストーリー内に元ネタをそのまま組み込んでくるパロがあまりにも多いです。


悪く言えばこれ「パクリ」ですよね。






今期ひどかったのは「そふてにっ」。


まんまエヴァとナウシカですわ。




そして・・・・この作品、神のみぞ知る世界Ⅱの最終回。


アルプスの少女ハイジ・機動戦士ガンダムⅢ めぐり逢い宇宙そのまま。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








最低ですね。


一気に冷めました。



要するにガンダムやハイジを使わないと、桂馬の中の心を表現できないんですよ。

情けない脚本家(演出家)・・・・



これが好きだという方もみえると思いますので、需要があるのでしょうが、冷静に考えてみてください。




そふてにっ、のおもしろさで笑ったのですか?神知るの良さでおもしろいと思ったのですか?


違いますよね。エヴァ・ガンダムが後ろにいて、それも模倣したからおもしろかっただけ。




ようは小さい子どもが「●●ごっこ」やっているのと一緒なんですよ。




こんなのがおもしろいはずありません。






私の尊敬する偉大なる脚本家、故首藤剛志さんがコラムで書かれています。




--------------------------------------


シナリオえーだば創作術




第86回 「海モモ」脚本家探し


 より一部抜粋


 (全226回のコラムです。素人な私が脚本について語るときのバイブルです。すばらしいことが書いてあります)




  時代が変わったのか、脚本家の書くものが画一化して、誰が書いても同じようなものにしかならない。


 それに、前の「空モモ」から10年経ったという時代の違いもよく表現できていなかった。


 人間をよく観察して、人間というものを描くことが得意な脚本家も少なくなっていたようだ。


 平凡にアニメ化した人間像しか出てこないのだ。


   ・・・中略・・・


  原作があったり、パターンどおりの作品なら簡単に書けたかもしれないが、「何をやってもいい」と言われると、 何をやったらいいのか分からなくて随分悩んだそうだ。


 おまけに僕から「これが、あなたのやりたいことなの? 書きたいことなの?」と聞かれると、その場で立ち往生してしまうのだという。


 特にこの傾向は、シナリオ学校などで、一応脚本の書き方を勉強した人に多かったようである。


 書き方は知っているが、自分の書きたいものが漠然としてはっきり分からないのだ。


 だから、それぞれのエピソードに登場する人物が個性的でなくなり、リズムのない平板な展開になる。


 結果、どこかで読んだような脚本のどこかで見たようなアニメになってしまう。


-------------------------------------




 結局、今の脚本家の大半は夢がないから、考えが薄いのです。




想像力・人間を見る力がないから。




だからじぶんで物語を作る力が弱い。


原作に頼っていく。過去の名作のパロを使ってごまかす。




パクっていいなら俺でも出来らぁ。脚本家。


プロじゃねぇよ。




こういう時代だから仕方ないと言えばそうですが、こういう時代だからこそそういう物語を作る脚本家がもっと増えるべきです。




 まどか☆マギカが大ヒットしたのは何故か?虚斑玄さんの脚本があったからです。


あの花・花咲くいろはがおもしろいのは何故か?岡田麿里さんの脚本がおもしろいからです。


・・・両方とも、作品内にあからさまなパロディはあったでしょうか・・・。






 今、原作のない完全オリジナルアニメが見直されてきています。


今はまだいいですが、今後もっと増えると、その受け皿のない脚本家がパロばかりのくだらない作品を作らないか、本当に心配です。






・・・・・・ちょっとのつもりがながなが書いてしまいました。






神のみぞ知る世界Ⅱ  レビュー






 原作はおもしろいのに、何故かアニメになると間延びした感じになる作品でしたね。


何度も書いてますが、カノン編・栞編・ちひろ編は特にひどかったです。


テンポが悪すぎます。




 あと、原作だと気にならないのにアニメだと不自然に思えるシーンもありました。


純編のラストシーンのキス。あそこで口づけはしないでしょう・・・体育会系の女の子が。


ほっぺたに「ちゅ」はやるでしょうね。でも口づけはさすがに・・・


あそこは不自然でした。原作ではそう思わなかったのに(←これがこの作品の不思議なところ)・・・






かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








 とにかく、この作品、おもしろいんですよ。


アニメ、好きでした。毎週楽しみにしていました。


パロ以外はとても良くできたお話も多いですし、キャラクターが生き生きしていますし。




 だからこそ、自分の中でハードルをあげてしまったのかもしれません。


2期のラストを見ると、これから攻略するキャラクターが出てきます。


月夜・みなみ・天理&ディアナ・すみれ・・・




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






・・・・視たい!!3期視たい!!




でも、一番アニメで視たいのは、その後(4期)のエピソード。


原作で現在進行形である「天使・5人同時攻略編」は傑作なので、なんとしても視たいですね。


・・・・無理かな(苦笑)。






最後に・・・




 ゲーム(アニメ)とリアル、恋愛の違い:




ゲームは攻略したところが二人のエンディング。




リアルは攻略したところから二人のオープニング。




 リアルはクソゲー。


桂馬がリアルを毛嫌いするのはこれを知っているからではないのかな。




現にこの作品は攻略後、記憶はリセットという技を使ってこのことを消している。


このあたりがこの作品の肝(最大のテーマ)だと思っています。




だからこそ、これをやっている今の「5人天使攻略編」の結末が気になるのですけどね。




 ラスト攻略はおそらくエルシィになると思いますが、ゲームですと、エルシィ攻略=お別れを意味します。


きっと、最後はリアルに目覚め努力する、そんな気がします。


(その布石となるであろう、よっきゅんエピソードだと思っていただけに・・・・)




文句ばかり言いましたが、好きな作品でした。


神のみぞ知る世界、楽しませていただきありがとうございました。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります






神のみぞ知るセカイII ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]/下野紘,伊藤かな恵,早見沙織




¥7,140


Amazon.co.jp





神のみぞ知るセカイ 13 限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)/若木 民喜




¥950


Amazon.co.jp






« あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 考察 | トップページ | 日常 第2クール »

2011 春アニメ」カテゴリの記事