フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 猫神やおよろず | トップページ | 追悼 芦田豊雄さん »

2011年7月25日 (月)

異国迷路のクロワーゼ The Animation

公式HP






かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言










「母親のいない湯音が何故家の決まりとはいえ、奉公でパリに来たの?」




ということが1話ではっきり描かれなかったのでなかったため、最初湯音というキャラに思い入れが出来なかったです。




アルプスの少女ハイジ?公少女セーラ?魔女の宅急便?




それによって「かわいい」なのか、「かわいそう」なのか、「がんばれ!」なのか・・・・


良い着物を着ていたので、貧しい家庭の少女とは思わなかったのですが、湯音の家庭環境がみえなかったです。




そのため、視る方が、妙に構えてしまって、疑心暗鬼に1話・2話を視聴しました。




第3話でやっと




・湯音には汐音という姉がいて、手紙を書く程仲良しである


・日本庭園を持っている、結構いいところのお嬢様らしい


・湯音が望んでパリにやってきた。フランス語も独学で勉強した。




というのがわかりました。




・母親に死なれた湯音は、家族によく思われてなく、つまはじきにされ、奉公という名で家を追い出された




のではないのがはっきりしました。




これでこの物語を心から楽しめます。


改めて1話から見直しました。








異国迷路のクロワーゼ The Animation ファーストインプレッション






かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








19世紀後半・・・




明治になったのが1868年だから、明治初頭の物語っぽいですね。




パリにあこがれを持ち、パリでの暮らしを夢見た少女湯音。


オスカーにつれられて、独り奉公の為パリにやってきた、そんな彼女の異国文化体験物語&パリの人々の日本文化勉強物語。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言










・OP、EDが秀逸です。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






まるでジブリの映画をみているかのような歌と絵のマッチング。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






みてるだけで顔がほころんでしまいます。






・絵がすごくきれいです




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






フランス人が書いたというパリの背景がすごいです。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






ギャルリの建物や、3話の夕焼けのシーンは本当にきれいでした。




・湯音がかわいい。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






ほんとうにお人形さんみたい。癒されます。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








・当時の日本・パリの文化が物語の中ではっきりと描かれています。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






朝食の準備、日本は大変でパリはシンプルというエピソードは目から鱗でした。




かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言






チーズとコーヒーに手こずる湯音がかわいかったですね。






 そういえば、自分が子どもの頃、親にしつけられた行儀作法や日本人の考え方は、まさに湯音そのものだった。




 でも、国際化の現代、今の日本の行儀作法や礼儀は違ってきています。


もしかしたらクロードと同じ感性を今の若い人たちは湯音(古い日本の文化)に対して感じるかもしれません。


そういった意味でも、古き日本の文化を若い方に伝えるのにも合っている作品です。




なのに・・・


何故この作品が深夜なの?




私の子どもの頃やっていた日曜日夜7時半、アルプスの少女ハイジやジブリの魔女の宅急便と同じにおいがするのですが。


深夜アニメになっている理由がわかりません・・・




子どもと一緒になって視たい。そんな作品です。






※余談:カミーユって本当に女性の名前だったんですね(笑)


かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります






異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]/東山奈央,近藤隆,悠木碧




¥3,675


Amazon.co.jp





異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [DVD]/東山奈央,近藤隆,悠木碧




¥2,940


Amazon.co.jp





世界は踊るよ、君と。/ここからはじまる物語/湯音(東山奈央) 羊毛とおはな




¥1,260


Amazon.co.jp





異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)/武田 日向




¥609


Amazon.co.jp






« 猫神やおよろず | トップページ | 追悼 芦田豊雄さん »

2011 夏アニメ」カテゴリの記事

佐藤順一作品」カテゴリの記事