フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« BLOOD-C 第7話 感想 | トップページ | ストライクウィッチーズ »

2011年8月27日 (土)

咲 ~Saki~

21世紀‥‥世界の麻雀競技人口は数億人を越え

プロの麻雀プレーヤーは人々の注目を集めていた。

高校でも、大規模な全国大会が毎年開催され、

そこでは、プロに直結する成績を残すべく、

高校麻雀部員たちが覇を競っていた。


これは、その頂点を目指す、少女たちの軌跡。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



ストライクウィッチーズを紹介した以上、これを紹介しないわけにはいきません。


私がGONZOの第5スタジオ(現:Studio五組)を知った作品。

と、同時にStudio五組制作作品のファンになったきっかけの作品。

当然、2クール、リアルタイムでどっぷりはまった作品です。


※そして、今回の日記でStudio五組作品レビューほぼコンプリートです。

ストライクウィッチーズ


・咲~Saki~    ←今日これ

ストライクウィッチーズ2



こえでおしごと


Aチャンネル




女子高生が麻雀??しかもガチで?

ぎゅわんぶらぁ自己中心派~スーパーズガン~哭きの竜~哲也

を読んでいた私には結構衝撃でしたね。


ま、どうせたいしたことないだろうと高をくくって第1話を視た記憶があります。

その後は・・・見事にはまりましたね~~。

と言うより1話が神がかっていました。

まれに見る傑作が1話ですね。


速攻で原作本を買ってしまったぐらいでした。


原作はまだまだ進行中、アニメプロジェクトも進行中、外伝も発表になった上に、ついにBD-BOX発売も決定されました。ますます人気の咲~Saki~ですね。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




咲 ~Saki~ インプレッション&レビュー


咲-Saki- アニメスペシャルサイト


↑公式HP

2009年4月~9月(全25話)





※あらすじ

麻雀が囲碁や将棋同様、普通に高校の部活等の競技に含まれている世界。

とある長野県にある公立高校・清澄高校麻雀部に前年度インターミドルチャンピオンが入部した。


彼女の名前は原村和(のどか)。

デジタルの打ち手の彼女はネット麻雀ではプロも真っ青、負け知らずだった。


そんな彼女のプライドを、へし折った娘があらわれた。

それが主人公の、宮永咲。

彼女の必殺技は嶺上開花。そらはまさに超能力だった。


彼女たち1年生が入部し、インターハイ初出場の清澄高校は、県内の並み居る強豪と戦っていく。

原村和は父親との約束のために、宮永咲は姉で全国チャンプである宮永照と麻雀で話すために・・・

全国大会へ必ず行く!二人は互いに約束します。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



そういえばこれも百合要素強かった作品だったなぁ・・・・

その手の世界があるというのを知ったのも咲だったかな(笑)


この作品、もちろん女子高生達の萌え作品ですが、麻雀もすごいですよ。

デジタル打ちあり・超能力あり・心理戦あり・麻雀ならではの頭脳戦あり。



 原作は小林立

先生。女性で、しかもストーリーのなかで重要な牌譜や点数計算もすべて一人で作られています。

女子高校生萌えアニメだけではなく、ガチで麻雀します。しかも点数勝負とかも完璧。

麻雀漫画好きな方でも、結構いけます。

 いや、麻雀好きでしたら、まず先に原作を読むことをオススメします。

アニメのワンシーンしかないようなところも、実は繊細に牌譜が組まれています。

漫画だと読みながら追えますが、アニメだと流れて行ってしまいますので、何故キャラクターがそういう打ち方をするのかはっきりとわかります。

原作は超おすすめです。

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 雀士も個性豊かな面々が!

超能力の持ち主・素人・デジタル派・プロ雀士級などなど!

高校名の下は打ち手の特徴。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・清澄高校

嶺上開花使い、東風の鬼、スーパーデジタル打ち、染め屋、悪待ち


・龍門淵高校


海底撈月&場の支配、デジタル目立ちたがり屋、データ麻雀、マジシャン、場の流れ読み打ち


・鶴賀学園


頭脳かけひき麻雀、ステルス打ち、素人、ワハハ


・風越女子


オッドアイ読み打ち、高め上がり



私の好きなキャラは

加治木ゆみ(cv:小林ゆう)

パーフェクトな雀士ですよ。場の流れの読み方・打ち方、本当にすごいです。

そして、見事なまでにマッチした画伯のCV!!イチオシキャラですね。

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



あとは、

蒲原智美(cv:桑谷夏子)

ワハハ!!!・・・それだけでいい!(笑)

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



天江衣(cv:福原香織)

海底撈月&場の支配をする龍門淵のエース。実質のラスボス。

片腹大激痛!!・・・・それだけでいい!(笑)

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



福路美穂子(cv:堀江由衣)

オッドアイの持ち主。両目を開けると麻雀の打ち方も変わる。

というより、ほっちゃん

の声を初めて聞いた記念すべきキャラ。・・・・それだけでいい!(爆笑)

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


※冷静にみるとですね、名門風越のキャプテンとは到底思えない、ていたらくぶりですよね。

牌譜は事前にみていない、KY、気づくのがすべて後付け。これは残念キャプテンですよw


そして、この作品のメインヒロイン二人のCV

宮永咲役の植田佳奈さんと原村和役小清水亜美さんは、女性声優界でワンツーの麻雀好き。

特に植田さんはキチガイレベル(笑)。二人がメインヒロインというのも、うなずけますね。

麻雀用語になれてますwww(写真はオトナアニメ、Vol12より)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




アニメも、麻雀牌の動きや、打ち手の動作の作画やCGがすばらしく、恐ろしいほど完成度が高いです。

私が一発でGONZO第5スタジオ(Studio五組)好きになったのもそのせいだと思います。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



小野学監督・セトウケンジ助監督・浦畑達彦脚本・佐々木政勝キャラクターデザイナー


この4人の名前を他のアニメで視るとわくわくします。

このメンバーでAチャンネル作成を聞いたときは歓喜しましたしね。

(もちろん、Aチャンネルのできの良さは言うまでもありません)


そんな、思い入れのある作品。

それが咲~Saki~です。


ところで・・・・団体戦最後にはだかるのは天江衣。彼女が実質のラスボスなのですが・・・・



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


その衣に「麻雀を楽しもう」と言って、笑いながら衣にとどめを刺す咲

・・・・どう見てもヒロインがラスボスです(笑)。

そう思ってもおかしくないKYな化け物、咲ちゃん。


新アニメ化計画・原作のアナザーストーリー・・・・まだまだ終わってない咲物語。

発売・放送されるのを楽しみに待っています。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

  

 ワンクリックいただけると励みになります



咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]/植田佳奈,小清水亜美,釘宮理恵

¥7,140

Amazon.co.jp



咲-Saki 1 (ヤングガンガンコミックス)/小林 立

¥560

Amazon.co.jp



オトナアニメ Vol.12 (洋泉社MOOK)/著者不明

¥1,000

Amazon.co.jp



« BLOOD-C 第7話 感想 | トップページ | ストライクウィッチーズ »

Studio五組制作」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事