フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« たまゆら OVA 感想 | トップページ | 快盗天使ツインエンジェル 〜キュンキュン☆ときめきパラダイス!!〜 第10話 感想 »

2011年9月 6日 (火)

花咲くいろは 第21~23話 感想

「私は決めた!考ちゃんに片思いするって!」

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「私も徹さんとつきあいたいから、ちゃんと片思いを続ける」

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「僕、緒花をふっていません」

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



びっくりした縁と崇子の結婚。

そして、それに感化されたか、ラストに向けて加速する思春期高校生達の恋物語。


その恋物語は40年の歳月・・・女将の恋物語にまでさかのぼる。

喜翆荘の歴史・・・それは女将・四十万スイと旦那さんとの愛の歴史でもあった。


「スイ、おまえがが喜ぶ旅館!だから喜翆荘」

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



その喜翆荘を「次のぼんぼり祭りを最後に閉める」


それは、旅館自体の歴史を閉じると言うことなのか、

それとも次の世代にバトンタッチし、喜翆荘という名前を閉じると言うことなのか・・・・

いや・・・・もしかしたら・・・・


物語はいよいよクライマックスです。




花咲くいろは クライマックスインプレッション 23話迄


かめラスカルのアニメ&鉄道戯言



女将スイが「喜翆荘を閉める」と言ったその日から、喜翆荘(076-235-1168)に電話すると、

結名ではなく緒花が出て、


「はい 喜翠荘です。あっ、ご予約ですね。いつもありがとうございます。


実は当旅館は次のぼんぼり祭り以降のご予約を受け賜っておりません。でもご安心ください。


従業員一同ぼんぼり祭りまで精一杯ぼんぼってお世話させていただきますので、


ご来館をお待ちしています。」


と応えてくれます。

ついに予約不能になってしまいました・・・・。

(電話番号のかけ間違えにご注意ください)


↓公式HP


ファーストインプレッション


第2クールインプレッション


各キャラ回インプレッション




前回の日記で徹回?と思った予告・・・結婚するのは誰もがびっくり、縁と崇子でした。

はや!!結婚決めるのはや!!


コンサルタントの仕事という、結構しっかりした仕事をしているキャリアウーマンタイプの割にはさくっと結婚&女将業転職納得しましたね。


普通、ノーですよね。

それほど縁のこと好きだったようには見えませんでしたが・・・・

コンサルタント業がうまくいっていなかったのか?それとも喜翆荘詐欺事件がよほど後ろめたかったのか・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



あまりにもサプライズな二人の結婚。

籍だけでと思った二人に対して、きっちりと式・披露宴をしろという女将スイ。

旅館業(接客業)の若旦那だから、世間体的にこれは当然でしょう。


しかし、詐欺事件で先立つものが無い二人。

従業員達の提案で喜翆荘で披露宴をすることに決める。

なんだかんだ文句言いながらも前向きにお祝いし、お手伝いをするみんな・・・すばらしい仲間意識ですよね。


そんななか、いや、それに刺激されてか、高校生達の恋物語が加速する。


みんちは、徹さんのために緒花は徹とつきあえと涙しながら叫ぶ。

・・・本当に自分に自信がない女の子ですね。

努力して、徹を自分に向けさせようとは思わず、あきらめようとするとは・・・

何十年前の女ですか?あんたは。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




緒花の方は、みんちに誘発され、あきらめようとしていた考ちゃんへの想いが再発する。

自分で勝手にふられたと思い込み、心の奥にしまったものは、

母親との電話の後、「ずっと片思いする」という気持ちで復活した。

詐欺事件で崇子と一緒に行った東京で、緒花はついに孝一と再会する。



cv:梶さん、ロウきゅーぶ!同様、超定番:歩道橋の上で告白ですか?(笑)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



みんちのほうは、徹の言葉のおかげで落ち着きましたが、緒花・孝一はどうなるのでしょうか!!!

「ずっと緒花のことが好きでした!」

1話の再現で孝一がもう一度言うのか?それとも緒花の方が1話の答えと言う形で孝一に言うのか?

ここで23話が終了、次回(24話)が楽しみですね。



 喜翆荘物語の方は、ついに詐欺をしたプロデューサーを確保。

メンツを保った崇子さん。なんか、話的には最初から詐欺するつもりでは無かったみたいですね。

企画はあって、それがぽしゃってしまったために、借金を払えなくなったプロデューサーが仕方なくやってしまった。

みたいな・・・。でもまあ、そうしないと試し撮りのビデオが皐月の手には行かなかったでしょうから。

そういう脚本にしたのでしょう。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



 結婚式の後、女将からみんなに語られる喜翆荘の歴史、名前の由来。

結婚とは、片方が死んでしまっても一人にさせないという約束。

いままでは(亡くなった旦那と豆じい)一緒にがんばってきたという自負があった。

しかし、豆じいが辞めると言い、子供(縁)が結婚して、次の世代が出てきた今・・・


私が思うに、

スイが喜ぶ旅館・喜翆荘の存在意義は終わったと思ったのでしょう・・・


女将は、若旦那夫婦が自分から「この旅館を私たちにください、新しい私たちの旅館を作り出して見せます」と言ってくるのを待っているような気がします。


喜崇荘??


になってほしいと思っているのでは・・・そう思います。

もちろん、それは旅館を継ぐことでなくてもいい。とにかく今ある現状を引き継いでほしくなかった。

喜翆荘はスイ・旦那・豆じいのもの。若い人たちのものではない。


それが、披露宴の時の言葉

「若さとはそういうこと。たとえ躓いても、迷っても、恐れずに新しいものに挑戦し、新しい何かを作り出すことが出来る。

みんなの作り出す新しい未来を、私は楽しみに、離れたところで番茶でも飲みつつ、眺めさせてもらいたいと思います。」

になったのだと思います。


でも、もし、大どんでん返しで皐月が継ぐと言ったら・・・・喜翆荘かも・・・・しれませんね。

喜翆荘で有る以上女将スイが喜ばないといけません。


スイの夢は皐月に喜翆荘を継いでほしかった・・・のでしょうから・・・・


それか・・・緒花が将来女将になる事を約束して、喜翆荘という名前を残すか。



その女将・・・予告では床で倒れています。持病再発でしょうか・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



次回第24話「ラスボスは四十万スイ」




残り3話です!!

2クールインプレッション

と、そこあに「花咲くいろは特集

」で採用された私のコメントでも書きましたが、

オープニングのこの絵、


かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言



喜翆荘での出来事がすべて回想のような表現。

駆け抜けた緒花の喜翆荘での時間・・・・


かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言



マジ、ラストシーンな気がしてきました!!

緒花の顔・・・・


この列車は東京からの帰りの列車でしょうか・・・・


それとも、ぼんぼり祭りを終え、なにもかも終わったと言う満足感で東京に帰る時の列車でしょうか・・・


私はまだどっちか想像がつきません・・・・


でも、いやらしい考え方すると、旅館(湯涌温泉)がタイアップしている中、喜翆荘が完全に無くなるというのは無いような気がします。(湯涌温泉も無くなっちゃうと言う暗示になっちゃいますものね)


そして、自分のおばあちゃんであるスイがあの状況でそのまま緒花が「ばいばい」と言うとは思え無い。

あの列車、緒花は湯の鷺(喜翆荘)に向かっているような気がします。



緒花のあの顔、緒花の夢ってなんでしょう・・・


緒花のやりたいことってなんでしょう・・・


もしかして、おばあちゃん・おかあさん・緒花で仲良く暮らす・・・?


そして、考ちゃんも。


だとしたら・・・・



花咲くいろは・・・いやいや、花咲く緒花。

どんな最終回になるのでしょう・・・・


気持ちが高ぶる後3話。

ついにクライマックスです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

  

 ワンクリックいただけると励みになります



花咲くいろは 8 [Blu-ray]/伊藤かな恵,小見川千明,豊崎愛生

¥8,190

Amazon.co.jp



花咲くいろは 9 [Blu-ray]/伊藤かな恵,小見川千明,豊崎愛生

¥6,615

Amazon.co.jp



花咲くいろは 8 [DVD]/伊藤かな恵,小見川千明,豊崎愛生

¥6,510

Amazon.co.jp



花咲くいろは 9 [DVD]/伊藤かな恵,小見川千明,豊崎愛生

¥4,935

Amazon.co.jp



« たまゆら OVA 感想 | トップページ | 快盗天使ツインエンジェル 〜キュンキュン☆ときめきパラダイス!!〜 第10話 感想 »

2011 春アニメ」カテゴリの記事

P.A.WORKS制作」カテゴリの記事