フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« まよチキ! 第12話迄 感想 | トップページ | バカとテストと召喚獣にっ! 第12話迄 感想 »

2011年9月21日 (水)

異国迷路のクロワーゼ The Animation 感想と考察

最後は、クロードと湯音




お姫様だっこ




でしたね。




みなさん、心配かけて、すみませんでした




心配?そうじゃない




湯音はいるだけで、こんなにみんなを安心させているじゃないか。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








「私は、このギャルリの家族になりたい」




で始まった、湯音とパリのクロワーゼ(交差)は、ひとまずフィナーレです。








異国迷路のクロワーゼ The Animation ラストインプレッション&レビュー




公式HP




ファーストインプレッション




2ndインプレッション




4.5話限定配信 視聴感想




3rdインプレッション




4thインプレッション




クライマックスインプレッション






かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言








第12話 「屋根の上の猫」




「クロード、最近後ろにくっついている黒い(黒髪の)子ネコ、今日はいないのかい?」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






クロードの後ろにくっついていた黒い子ネコは、いつの間にかギャルリの中で本当の子猫を抱くまでになりました。


猫好きヤニックさんの店の看板は、ジャンが作った「鈴をつけた猫」。


湯音に「すぐいなくなってしまうから、見かけたら教えてほしい」という。


(ジャンが作った看板なのだから、かなり昔なのを湯音は頭が回らなかった)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






湯音が手伝おうとして何気なく持った手袋。


それに対しクロードは湯音をひどく叱る!。何もわからずうつむき、謝る湯音・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






クロードはジャンを抜こうとしているが、結局は偉大なる父親のしがらみから抜け出せないままだった。


そして、それから生まれたジャンの性格は


”深入りしない!”




「俺が自分のことをどれほど語ったところで、湯音は変わらない。


そもそおたいした話じゃないし、そんなこと話したところで、湯音に無駄な気を遣わせるだけだ。


話す必要はない。」




カミーユとダブりますね・・・


子供の頃、クロードはカミーユにいろんなことを言ったのでしょうね。


でも・・・カミーユは変わらなかった。いや、時代が変えさせてくれなかったのですが・・・


そこから、クロードの人(特に異性)に対する態度が決まったのかもしれません。




何故クロードが怒ったのかを湯音に説明するオスカー。


理由がわかった湯音に響く、鈴の音・・・・「ヤニックさんの・・・猫?」




探しに飛び出す湯音、、、、そして、いなくなった湯音を探しに出るクロード。






・・・・そして・・・・ギャルリの人々・・・・・






・・・鈴の音に誘われて湯音がたどり着いたところは・・・・


屋根の上!




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





「皮肉なもんだ・・・いつもそばにいると、確認したくて鈴をつけたのに・・・」




ここのくだりは最高でしたね!!




・ヤニックさんと鈴をつけた為逃げ出した猫


・クロードが同じ事を黒髪の子ネコに言ってしまい、それにショックを受ける湯音(子ネコ)




そして・・・・ここで明かされるクロードの父・ジャンの死因。


仕事中の落下事故。


クロードは、落ちていくジャンの手をつかめなかったのですね。


・・かといって、もしつかめていたとしたらクロードも一緒に落ちていたと思われますが・・・


その場所はグラン・マガザン・・・納得。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





今度は無事手をつかめ、湯音は落ちずにすみました。


そして、湯音に語るクロード・・・・前半あれほど必要ないって言っていたのに・・・




「猫に鈴をつけるってのは、不可能なことを言うんだ」


「猫に鈴をつけたいのは・・・ネズミだからさ」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






猫の比喩がよかったですね。


このエピソードの最初が




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






で、ラストが




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








でしたからね。




そして、ギャルリの人々にも笑いが戻りました。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言







「私、ギャルリの家族に・・・なれたでしょうか」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








いや、面白かったですね~~~。


最初だけ、何故湯音がパリに来たか・・理由がわからなかったので身構えてしまいましたが、その後は癒されっぱなしでした。




・日本人とフランス人の文化の違い(今週のカルチャーショック)


・同、考え方の違い


・貴族文化、身分の違いなど、19世紀当時のパリを


・フランス人アニメーターが書かれた、すばらしいパリの景色






癒しだけではなく、勉強にも






クライマックスインプレッション


で書いた、




・湯音の奉公はいつまで?(日本に帰るのか、また、いつまでパリなのか)


・クロードは父親の壁を越えるための心を得ることが出来るでしょうか。


・クロードがグラン・マガザンを毛嫌いしている本当の理由は? →理由判明


・カミーユとクロードの二人の関係は?


・汐音の容態は?


・湯音、汐音の母親は亡くなっているが、何か理由があるのか?




は、一つしかわかりませんでした。




でも、なんでしょう・・・このすっきりした後味は。




ああ、やっぱりこの作品は癒しアニメだったんだな・・・




そう思いました。




原作は2巻迄しか無くても、これはいくらでもお話が出来ます。


もちろん、佐藤順一さんと池田眞美子さんのすばらしい脚本・シリーズ構成が有ったからでしょうが。


(余談ですが、ますますたまゆら~hitotose~が楽しみになりました。)




これは、別にストーリーの進展とかはいいから、是非子供も視られる時間に再放送、


そして、2期を、長くやってほしいな・・・そう思いました。




深夜アニメにするにはもったいなさ過ぎる、傑作でした。


スタッフの皆様、本当にすばらしい作品を、ありがとうございました。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります






































« まよチキ! 第12話迄 感想 | トップページ | バカとテストと召喚獣にっ! 第12話迄 感想 »

2011 夏アニメ」カテゴリの記事

佐藤順一作品」カテゴリの記事