フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« たまゆら ~hitotose~ 第8話 感想 | トップページ | ちはやふる 第8話迄 感想 »

2011年11月23日 (水)

ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第8話迄 感想

「あたしにとっての新吾は・・・」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






切ない・・・・どんどんと切なくなっていく・・・・紗凪・・・・






先日のブログ

で書いたとおり、原作のゲームをプレイしてしまったのもあり、


そう言う想いも合わせて紗凪への切なさがピークに達した7・8話。


でも・・・・トドメはまだ先みたいです・・・・切なすぎる・・・


そして・・・ますます強くなるみうルート。

一番怖いのは、他のヒロインの時と明らかに反応が違い、頬を染める瓜生


また、誘いを受けたとき、服を選んでいたりと、みうへの好意がありそうな表現がされています。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






・・・みうルートなのかなぁ・・・・。


でも、これでみうルートはちょといくらなんでも・・・・





なので、まだわかりません・・・瓜生をめぐるヒロインがどろどろ化までしてきたバトルロイヤル。


瓜生の隣に最後居るヒロインは・・・・だれでしょう。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



OPのこのシーンの歌。


「輝きをまとった、旋律になりたい」

という歌詞なんですけど・・・・


戦慄


って聞こえるようになりました(ちょうどみうですし)・・・・くわばらくわばら・・・・笑




とにかく・・・クライマックスはまだ先です!!!

今ではありません。

愛理がんばれ~~(笑)





ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 


                 4thインプレッション 第8話迄


ファーストインプレッション 4話まで




2ndインプレッション 5話



3rdインプレッション 6話



5thインプレッション 9話




ラストインプレッション 12話迄



原作ゲームプレイレビュー





ニコニコ動画配信ページ




アニメワン配信ページ






公式HP




公式HP(アニメ)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 学園長が申請を受け取り、「ぬこ部」は正式に部として認められました。




ぬこ部とは、自然の中で傷ついた動物を保護し、怪我を治した後に自然に帰してあげるという部活。


世話をするにも、ちゃんと方法がある。さすがに抜かりのない瓜生




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






この辺りから・・・さらに瓜生を意識し始める紗凪


前回のポスター事件あたりから紗凪の気持ちが変わり始めていますからね。


そしてこの最強のツンデレ!!!




部備品の買い物に誘われた瓜生・・・・と紗凪

お互い誘われたのは自分だけと思っていたみたいで・・・・。




さりげなく二人と手を握るみう


・・・・天然なのかわざとなのか・・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






自分の飲んだココアを瓜生に差し出すみう


「瓜生君ならきにしないよぉ~~」


・・・・天然なのかわざとなのか・・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






史上最強のツンデレはちゃんと3人分のココアを用意していたというのに・・・・



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




紗凪の表情がこのあたりからどんどんと切なくなっていきます・・・・


瓜生みうが両思いなのじゃないかと、感じてしまっているから・・・。




それは、同時に幼なじみでもある愛理の表情にも・・・愛理はわかってしまいます。


自分も瓜生が好きだからこそ・・・・




「おまえが女になるか、みう先輩の半径10m以内に近づかなければ、(瓜生を)部員として認める」


それができないのなら・・・・


「力ずくで認めさせてみろ、ば~~か」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






これ、言い方変えたら


「みう先輩じゃなくて私をみて!!みう先輩とつきあわないで!!」


それができないのなら・・・・


「力ずくで私を完全にあきらめさせてみろ」


って聞こえますよね。




明らかに変わってきた態度をみて、みんなは瓜生紗凪がつきあっているのではないかと、気を利かせます。


それがさらに輪をかけて紗凪を切なくさせていき・・・・・




それを知ってか知らずか、みうは、


二人っきりの部室で紗凪のことを話し始めると、正面に座っていたのに、隣に座り直します。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






そして、疲れたのか、瓜生にもたれかかって眠ってしまいます。


・・・・天然なのかわざとなのか・・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






これはいくらなんでもわざとでしょ!!??




くろいよ~~、くろいよ~~~、私こういうキャラ苦手だよぉ~~~。


単独キャラなら面白いですけどね。紗凪とセットなだけに・・・


紗凪の気持ちを知ってか知らずか、こういう行動をしているわけですからね。


みうの行動を見れば見るほど、紗凪が切なくなっていき、みうが黒くなっていきます。






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 そんなある日、ぬこ部部室前に二匹の子ネコが捨てられます。


ぬこ部は捨て猫を飼育するところではなく、自然の中で怪我をした動物を保護するところ。


これをやられてはたまった物ではない。




学園長も同じ事が何度も起きるのを危惧し、注意を促す。


ひとまず保護し、みんなで里親になってくれる人ををさがすが、なかなか見つからない。




そんな中、瓜生みうの手が傷だらけなのに気づく。


自然の中で傷ついた動物は、人間不信になっている。簡単に保護できるものではない。


その手の傷は自分を犠牲にして動物たちの信用をもらったシルシ。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






その気持ちは友達にも及ぶ。風邪を引いて倒れるまでがんばるみう


ぬこ部部長として、強い意志も持っているというのがわかりました。


「一人で背負おうとしないでください。俺にも手伝わせてください・・・」


そういう瓜生みうを外で聞いている紗凪でした。




「俺が女だったら、紗凪と良い友達になれたかなって、そんな風に感じるかな」


7話の紗凪の言葉「おまえが女になるか・・」に対応して言った言葉だと思うのですが・・・・


紗凪の気持ち・・・瓜生はわかっていないのですね・・・・。




「紗凪とは友達までだよ・・・」




って言っているようなものですもの・・・・・




でも、瓜生みうはお互いを・・・


「近くにいると、安心する人」


と表現する。両思い一直線なんですけど・・・・紗凪・・・・・




そして・・・二匹の子猫がさらに事態をややこしくする。


新吾」「みう」の名前に反応するようになり、二匹の名前が「シンゴ」と「ミウ」になってしまう。


・・・・よくみんなこれ納得したなぁ・・・・・。

つきあっているわけでもないし、新吾好きな人いっぱいいる中でありえんでしょ~~~。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





アンジェはともかく・・・愛理も納得するのかよ・・・・「てれちゃうね」の瓜生に反応するのではなくて、動揺した紗凪に反応していますし・・・この愛理の反応はおかしいです。

愛理の性格からしてこれは絶対無いです。瓜生がまだ好きなら。

顔曇らせるべきです。

脚本家、お~~い、おかしいぞ~~~!!





そして、やっぱ紗凪は納得できない。

誰もいない部室で紗凪は子猫に語りかける。



「どうして・・・サナじゃだめなんだよ・・・・おまえ・・・・」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





せつない・・・・本当に切なすぎる・・・

ここらへんが今回の切なさのピークですね。




みうが腹黒い・・・じゃない、天然なので、紗凪の気持ちを受け止めて引くって事はなさそうですものね。

ストレートに紗凪に気持ちを聞いていますし・・・・

(ここで紗凪が「瓜生が大好き」と言ったらみうはひいたかもしれませんが・・・)


こうなると、瓜生みうに告白したら一発OK、紗凪は応援に・・・となりますよね。




「あたしにとって新吾は・・・幸せになって欲しい人」



いや、、、、、「視聴者(私)にとって紗凪こそ・・・幸せになって欲しい人」なんですけど・・・・




この後まだ桜乃エピソードも有るんですよね。7話でこのシーンがあるって事は。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




そして、この2話は完全に原作通り紗凪の心配役に回った愛理


桜乃の時も原作通り愛理が相談役に回るのでしょうか・・・・。




当初のイヤな予感通り、みうルートがラスボス濃厚になってきましたが、愛理ルートが消えたわけでもありません。

全部イベント終わって、「やっぱり私は瓜生が好き。みんなに気を回している瓜生が好き」となればいいわけですし・・・・(そうすれば愛理ルートに戻る)


そして、大逆転のカードを持っているのは誰でもない桜乃




嫁レースは最後の最後までわからないような気がします・・・




くどいですが、個人的には愛理ルートがいいなぁ・・・


話がきれいに終わるので・・・。


いやいや、愛理というキャラが大好きなので!!!




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











ましろ色シンフォニー Vol.1 [Blu-ray]




ましろ色シンフォニー Vol.2 [Blu-ray]




ましろ色シンフォニー Vol.3 [Blu-ray]




ましろ色シンフォニー Vol.4 [Blu-ray]




ましろ色シンフォニー Vol.5 [Blu-ray]




ましろ色シンフォニー Vol.6 [Blu-ray]







« たまゆら ~hitotose~ 第8話 感想 | トップページ | ちはやふる 第8話迄 感想 »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事