フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« たまゆら ~hitotose~ 第6話迄 感想 | トップページ | 岡山の萌えゼリー じゅれみっくす 3rd »

2011年11月 9日 (水)

ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第6話 感想

さすがサービス回!!


前半のアンジェ押しかけメイド無双&桜乃コンビ→瓜生ラッキースケベは本当に面白かった!!



・・・ところが・・・後半・・・・


びっくりした愛理の行動!!


個人的に衝撃を受けた愛理のお風呂パート。


この作品の脚本・演出はやはりひと味違います。(いまのところは)


・・・・エロゲ-原作アニメの脚本にまだ疑心暗鬼な自分がいる・・・。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



そして・・・・先日のまじこい

の神作画監督「もりやまゆうじ」に続いて、

こちらにも神演出家降臨!!


絵コンテ:望月智充


まじこい

神知る

の時も書きましたが、

うる星やつら・クリィミーマミ・マジカルエミ・きまぐれオレンジロード・光の伝説・・・・

私の青春時代の神様演出家です。


往年の名演出家・名作画監督・・・・ここに来て結構顔出してくれるのは非常に感激です!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 

                 3rdインプレッション 第6話

ファーストインプレッション 4話まで


2ndインプレッション 5話


4thインプレッション 8話迄

5thインプレッション 9話


ラストインプレッション 12話迄



ニコニコ動画配信ページ


アニメワン配信ページ



公式HP


公式HP(アニメ)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




今回本編は軽く流します。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



 前半はアンジェ瓜生家に押しかけメイド。


これは楽しかった!よくあるラッキースケベアニメのテンプレ。

すっごくニヤニヤ&わらわせていただきました。


そして愛理のちょっとだけやきもち・・・これもテンプレ。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



そのドタバタが終わった後、

でてきた前回のぬこ部廃部問題。


瓜生がぬこ部に入り、クズ虫呼ばわりしていた紗凪とフラグが立つ。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



アンジェ桜乃、そして動物嫌いの愛理が最後に入部。

ぬこ部存続決定と共に、フラグキャラ全員ぬこ部に集結。


あとは瓜生君が最後誰を選ぶか・・・ですね。

(これがエロゲ-アニメ特有のハーレムエンドならいつもの駄作入り。みうエンドだったらへかるの二の舞最悪シナリオになります。)


それから・・・

ぱんにゃは紗凪の絵曰くタヌキだったみたいです(笑)


以上、簡単ですが本編感想終わり。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



今回、一番びっくりしたのは(サービスシーンであるはずの)お風呂シーンです。

これについて、感想を書きます。



Aパートのアンジェ桜乃は、


瓜生が風呂に入ってる。(腹の出具合がリアル(笑)・・・食い過ぎてすぐ風呂入ると気持ち悪くなるぞw)



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


アンジェ桜乃の「お背中流しましょうか~~」乱入


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



焦る瓜生に、タオルポロリサービス



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


瓜生ラッキースケベ成立!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




もう・・・見事なお約束テンプレートコンボ。

この手の作品にある黄金パターン!!

ある意味なんの抵抗もなく笑わせていただきました。




ところが・・・Bパートの愛理



秋の冷たい雨に降られ、愛理瓜生愛理のアパートに行きます。

愛理の引き留め工作はエスカレートしていき、「お風呂に入ってって」ということになります。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



瓜生は入るのはいいが、愛理より先に入るのは(愛理が風邪を引くから)絶対にやだ。と拒みます。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・・・・それをよく強引に瓜生先に入れたな~~愛理



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


風呂に入ってる瓜生のところへ、愛理は、風呂の電気を消して一緒に入ってきます。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


焦る瓜生に対し、向こう向いてと瓜生にお願いし、背中越しに愛理は湯船に入ります。

 


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




そして、愛理は瓜生に(好きとか嫌いとか、こういうシチュエーションで言うべきであろう言葉ではなくて

何故、後一人なのに自分(愛理)をぬこ部に誘わないのかを聞きます。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



 瓜生愛理にその理由を話します。


 そして・・・(多分)なにも起きないまま、二人はお風呂からでて、瓜生は帰途につきます。

お風呂を先に出たのは愛理だろうと言う想像も簡単につきます。

この間なんかあったかな??と思えるのですが、瓜生の帰り道の表情や、次の日の愛理を見る限り、何もなかった筈です。

 でも、愛理が男ものの下着とか持っているわけないし、あのアパートで乾燥機なんて無かったはずだから、服乾くまでの時間・・・どんなだったか・・・すごく気になります(笑)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



このシーン、すっごくリアルなんですよ。

あり得ないようにみえるんですが、実は現実で十分あり得るパターンなんです。



愛理にしてみれば、好きな男の子に

お風呂入ってって」なんて言葉を言うのはすっごく勇気がいったと思う。

その上一緒になんてなれば、自分が誘ってるように見えてしまう・・・でも、一緒に入りたいという欲求はある。

それを正当化させるには・・・・


★プロット★

・自分の為に濡れた瓜生に風邪引かないで欲しい&今回の事でさらに瓜生を好きになった。

    ↓

・だから瓜生の言うとおりに先に自分が風呂に入るのは許せなかった。

    ↓

・とはいえ自分が風邪を引いたら強引に先に入れた瓜生がもっと責任を感じてしまう。

    ↓

・好きな瓜生と一緒にお風呂入りたいと言う気持ちも当然ある・・・とはいえさすがに恥ずかしい。

    ↓

・電気を消して一緒に湯船に入るという行動に出る。

 (しかも背中合わせ。私の裸をみるな、だけでなく恥ずかしくて瓜生の裸もみられないんですね)

    ↓

・人間って、裸同士だと結構本音も出る(だからドラマやアニメで風呂で語る演出がある)。

・・・その演出をここでもやっただけで、キャラの愛理がそれを狙ったとは考えにくいのですが・・・


で、そこで愛理瓜生の(なぜぬこ部に誘わないかの)本音を聞く。


視聴者も風呂場での演出は本音。と直感的になっているから、当然愛理も信用する。


電気を消す、背中合わせで湯船に入る・・・と言うシチュエーションがすばらしいです。

リアリティありすぎます。


普通のこの手のアニメやゲームなら、

電気を消さずに、タオル1枚で入ってきて、「みるな!!」と言いながら一緒にお風呂に入りますよね。



でも、この作品は違いました。

また、愛理は「向こう向いて」と言っていて、「みるな」とは言っていない。



もし、この時点で二人がすでに深いつきいあいなら、愛理電気消して入ってこなかったでしょう

エッチしたいのだったなら、背中向いては湯船に入らないでしょう

年齢設定がもっと大人なら、もっとストレートで、こんなにピュアにはならないでしょう。


電気消して入って来たのなら、愛理瓜生に抱きついて告白とかあってもいいぐらいです。

そんなシーンとかでしたら、いろんなアニメで視ていますよね・・・・


でも、こんなシーンは自分が今まで視てきたアニメの中では初めてです。


リアリティがありすぎて、アニメ等の演出では逆にあり得ない、ぶっ飛んだ展開なのです。

しかし・・・それ故に、


この作品がピュアーラブストーリーと自分が信じる所以の演出なのです。



明るさの演出も絶妙でしたね。外からの薄明かりだけ・・・

見事です。

惜しむらくは愛理のおしりを隠すために発動した光。

いっそのこと愛理をブラックアウトしてでも、あの光は無かった方が良かったですね。

見えて喜ぶようなシーンではありません。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



瓜生の動揺具合も見事です。

AパートとBパート・・・瓜生の表情を見比べてください。

Bパートの瓜生の動揺具合はハンパじゃないです。


でも・・・・・・

この様子だと、瓜生はまだ愛理一本ではなさそうです・・・

・・・・愛理ルート確定していませんね・・・・(^^ゞ


Aパートのアンジェ桜乃ラッキースケベは、アニメでは定番なのですが、

現実では夫婦とか、かなりのラブラブカップルまでいかないとあり得ないシチュエーションなのです。

リアリティは全くないのです。

→だからアニメとしてゲラゲラ笑えるし、サービスシーンとして目の保養になるのです。


Bパートの愛理は笑えないし、目の保養にもならないです。逆にキュン!ときます。

愛理瓜生への想いがいかに本物か、どれだけ瓜生が好きなのかをを証明させる演出になりました。

若い人には多分わからないでしょうが・・・・(自分ももし高校生とかにこの作品視たらこのシーンでそうは思わなかったし、わからなかった)・・・とか書いてるけど、実際の脚本家は全然違う意図だったりして・・・・爆笑



でもね、もしこのブログを読まれてる男性の方で、若い彼女と初めて一緒にお風呂入ることがあって、後から彼女が入ってくるときがあったなら、このシーンを思い出してください。まず間違えなく愛理と同じ行動をします。

電気をつけて堂々と入ってくる女の子は経験豊富だからアブナイですよ(笑)。



・・・・やばいですね・・・・

自分、かなり愛理というキャラにはまってしまってますね。


これは、、、最後愛理ルート、

しかも「愛理」「新吾」で呼び合うカップルでラストを迎えないと、最後文句言いそうで怖いです(笑)。

瓜生から告白するみうルートだったらそれこそ酷評・・・ぼろくそ言いそうです)


・・・この作品、原作

もそうなのかな・・・・こんな感じの脚本なのかな・・・・


アダルトギャルゲーなんて、「同級生2

」以来、アダルトゲームとしても「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO

」以来もう何十年と全くやったこと無いのに、


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


ましろ色シンフォニー



これはちょっとプレイしてみたくなってきています・・・・


う~~ん・・・・まいったなぁ・・・・・(^^ゞ



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

  

 ワンクリックいただけると励みになります




 




« たまゆら ~hitotose~ 第6話迄 感想 | トップページ | 岡山の萌えゼリー じゅれみっくす 3rd »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事