フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ましろ色シンフォニー -The color of lovers- ゲーム 感想 | トップページ | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第8話迄 感想 »

2011年11月22日 (火)

たまゆら ~hitotose~ 第8話 感想

「夢が変わったのではない・・・・私は欲張りなんよ。」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言










行き先のない切符・・・・






OVA2話から続いていた、写真家志保美りほさんのスランプは、まだ続いていました。




「やりたいことや夢が一杯あって、でも全部ふわふわしてて。。。」


「夢がふわふわしていても、許される時期はそう長くないから・・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






OVA2話でぽってにそう言って行き先がない切符を贈った志保美さん。




「いつかは行き先を決めないといけないときが来る。その時まではその切符で良いのよ・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








では、行き先が決まった人たちは


 (すでに行き先に向けて歩いてしまっている人たちは)




・・・・その行き先を見失ってしまったとき・・・・




どうすればいい???




本当にこの作品はアニメを普段視ない方にも視てほしい、人と人とのつながりを大切にする物語です。


傑作です。


無料でインターネット配信


していますので、是非とも視てほしいです(アニメワン要登録:無料)




たまゆら ~hitotose~ 6thインプレッション 第8話




たまゆら(OVA)レビュー1




たまゆら(OVA)レビュー2




ファーストインプレッション 1話




2ndインプレッション 2話




3rdインプレッション 4話迄




4thインプレッション 6話迄




5thインプレッション 7話




クライマックスインプレッション 11話迄




ラストインプレッション 12話





第5.5話インプレッション




アニメワン配信ページ




↓公式HP









ニコンF


 だぁぁ!!!!


私が大学生時代からコレクションとして欲しかったクラシックカメラ!!


当時の最新鋭機ニコンF3


の新品よりもニコンFの中古の方が高かった!!!


こまちちゃんうらやましぃ~~~。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






結局貧乏高校生の私はF3が買えず、ペンタックスsuperA


を買ったんですよね~~。


今でも程度の良いニコンFの中古は高価です・・・・一番高いのはF2ですけどね。




とはいえクラシックカメラ。今時の若い人はかえって扱えないですよね。


小学生のこまちちゃんはこう君の為とはいえ、


初めて使うフィルムカメラ(しかもピントと露出は自分で合わせないといけない)でこれほどの写真を写すとは!!


こまちちゃんすげぇ~~~。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 デジタルカメラと違って、フィルムカメラにはフィルムと現像・プリントというコストがかかります。


36枚の写真を撮ると、どんなに安くみても1000円以上かかります。


デジタルカメラと違い、1枚の重みが違います。小学生や高校生・・・学生ならなおさらです。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






若い子が写真を上達するには、フィルムカメラを使った方が良いのではないでしょうか・・・


久しぶりにしまってあるペンタックスsuperAを使ってみたくなりました。








かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 憧憬の路


が終わっても、竹原に残っている写真家の志保美りほさん。


どうやらお好み焼き屋ほぼろのお姉さんと意気投合、居候しているみたいで・・・・


なんで?と疑問に思う4人。


(ここで、ほぼろのお姉さんの名前が八色ちも(やくさちも)さんと言うことが明かされました。)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






もともと、ぽっては志保美さんの空の写真集が好きで志保美さんに写真を送った。


当時写真にスランプになっていた志保美さんは、


ぽっての写真を見て、自分の原点を見た気持ちになり、ぽってに返事を出し、二人は知り合いになった。




それは、OVA2話でぽっても聞かされていて・・・・


(そうそう、OVAでの写真展・・・ちゃんと空の写真展なんですよね)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「私ね、今は、空の写真、撮ってないの・・・行き先のない切符なんだよね」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






どうやら、志保美さんのスランプはまだ続いているみたいです・・・・


それを後ろで聞いているちもさん。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






3人は、ちもさんの友人で喫茶カサブランカを経営しているみそのさんに会いに行く。


ちもとみそのは、なんとイラストレーターだった。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「住んでいると、気がつかなかった事が見えてくる」




二人はお好み焼き屋・カフェと仕事をしてはいるけれど、イラストは描き続けている。


夢が変わったのではない、夢が破れたのではない・・・・欲張りなのだ。






なるほど・・・・




志保美さんが竹原に住んでみようと思った理由はコレだったのですね。


その場所を好きになると、見えない物も見えてくる。


そして、変わらないもの・・・それは人と人とのつながり。


一枚の写真でつながったぽってと志保美さんのつながりは、


ちもさんとみそのさん二人のつながりと同じなのでしょう・・・・これからも・・・・




「写真は、まだ、やめないよ」




という志保美さん。




欲張りである以上・・・・いつだって行き先は自由・・・・・


・・・そして、その行き先を決めるのは・・・いつも自分なんだ・・・・




切符に行き先を入れる必要は無いのかもしれませんね。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 本当にこの町とその周辺が、登場人物達の聖地になってしまってますね。


地方ならではの良さ。若い人は、都会に夢を追って出て行き、そのままの人もいますが、戻ってくる人もいます。




 この作品の面白いところは、ぽっての周りにいる若い人たちが、この町を好きで、


この町でやりたいこと、夢を見つけて生活していると言うことにあります。


 今回のちのさん、みそのさんがそうです。ぽってもそうですよね。お父さんを亡くした悲しみから立ち直って好きだった町に戻ってきたのですから。


そして、かおるちゃん、麻音ちゃんをはじめとするこの町で夢を見つけようとしている若者達がいます。




 その人達と、夢破れたり、夢に迷ったり、悲しみと出会った人たちがこの町で元気をもらっている・・・という構図になっています。


ぽっての親友ちひろちゃん、前回の昌子さん、そして、志保美りほさん。




迷子の人たちにとって、元気をもらえるこの町は、聖地になるのでしょう・・・・






 竹原周辺をあえて「この町」と書いたのは、これは何処でも同じだと思うからです。


たまゆらの舞台は竹原でなくてもいい・・・。


山陰だって、四国だって、北陸だって、もちろん東北だって・・・・・




そこに住んでいる人々が居て、その場所が好きで、そこに夢を見つけて生きている人がいて・・・・




こじつけかもしれませんが・・・・




「だからみんな・・・・今は苦しいけど、がんばろうね。夢に欲張りになってね・・・」




という、佐藤順一監督の声が聞こえてくるような・・・・そんな感じがした第8話なのでした。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第2巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第3巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第4巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第5巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第6巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第7巻 [Blu-ray]








« ましろ色シンフォニー -The color of lovers- ゲーム 感想 | トップページ | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第8話迄 感想 »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事

佐藤順一作品」カテゴリの記事