フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« IS<インフィニット・ストラトス>アンコール 『恋に焦がれる六重奏』 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 第22話迄 感想 »

2011年12月11日 (日)

C3 -シーキューブ-  第11話 感想

夜知に力があるとすれば・・・それはなんだと思う?

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




夜知春亮に仲間がいることだよ。私のような、そして君たちのような。

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 ブログにいただいたコメント


から知りましたが、原作と違うオリジナルのエンディングになるそうで。

私は原作を全く読んでいないので、どこからオリジナルで何処が原作通りかわかりませんが・・・

イヤな終わり方にならなければ全然OKです。



オリジナルエンディング、私の中で一番イヤな思い出は「夢喰いメリー」。


物語が何一つ解決しなかった上に全部投げっぱなし。

アニメでは結局メリーは何者だったのかさえもわからず。


最悪の終わり方でした。その後ネカフェで原作漫画を読んでよけいにショック。


原作すっごくいいのに、どうしてこうなった???




 それと同じ事になるを心配しましたが、バカテス等でラノベの1期処理の方法に長けている大沼心監督。


個人的にとっても盛り上がり、最終回が楽しみなクライマックスになりました。


とっても良いクライマックスです。


(問題が何一つ解決しないというところは夢喰いメリーと同じになりそうですが・・・これは仕方ないですね。)




C3  クライマックスインプレッション 第11話 




ファーストインプレション 1話




2ndインプレッション 2話




3rdインプレッション 4話迄




4thインプレッション 5話




5thインプレッション 7話迄




6thインプレッション 9話迄



7thインプレッション 10話


ラストインプレッション 12話


 




ニコニコ動画配信ページ




↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 前回の続き、


黒絵を呼び、疑っている理由を話すフィア。


同席する春亮・このは・錐霞。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




フィアが思っていたのは、黒絵はまだ呪いが解けていないのではないかと言うこと。


もしかしたら、呪いは解けないのではないかという、フィアの根本になる不安であった。




前回のブログ

にも書いたとおり、私も同じ事を考えていました。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 しかし、なんてことはない、すべてはアリスのシナリオだった。


変死体は殺されたのではなく、ビブリーオファミリーズの死を望む人たちだったのですね。


偶然に共通点が出来たのではなく、共通点をあえて作り出していたのです。

めっちゃくちゃたちの悪い宗教団体みたいだ。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




アリスに捕まり、監禁される春亮・錐霞・黒絵。

そして、それをビデオレターでフィア・このはのところに送る。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 ※スカートを直してくれたあと、ちっちゃくなり恥ずかしがる錐霞のかわいいことかわいいこと。


こういうキャラ、近年では珍しいですね。私のようなおじさんはこういうキャラの方が好きなのですが・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 ビブオーリオファミリーズは、フィアが欲しかったのだ。


フィアだけでない、黒絵をはじめとする禍具達をほしがったのだった。




ビブオーリオファミリーズは禍具を肯定する。


私たちの家族になることを望む。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




・・・なるほど、蒐集戦線騎士領の全く逆の思想を持つ集団だったのですね。


禍具、抹殺組と、禍具肯定組。


どっちもどっちですが、禍具はそれ自体が危険な武器であるため、たちが悪いのはむしろビブオーリオファミリーズの方ですね。


禍具全部集めたら強力な軍隊以上の戦力になりそうです・・・・。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




突然監禁場所に入ってくる研究室長国の男(=数学の教師・日村ですね)。


錐霞を連れて行く。


ここで絡むと思いきや、ビブオーリオファミリーズvs春亮の決戦を研究するためだったのですね。


ある意味一番ドライで、一番理にかなった集団です。


それにキレた錐霞は兄の研究室長国を裏切り、大好きな春亮側につく。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




監禁で残るは黒絵と春亮。


そして、彼らを助けに行くフィア・このは・錐霞。




大切な者を取り返すため、3人はビブオーリオファミリーズとの決戦に向かうのであった!!



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





呪いを・・・望む者などおるか!!!



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



アリスとフィアの決戦が始まります。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 いや、お見事なクライマックスですね。


盛り上げ方がとっても良いです。


フィアは、呪いは解くことが結局出来ない、そう思い込んでクライマックスは終わり、最終回でその心配をクリアするのかな。なんて感じで視ていましたが、全然違いました。




春亮の言うとおり、フィアはまだ子供なんですね。


ちっちゃく見えますが、禍具として呪いが解けるまでの経験を積んだ黒絵の方が遥に大人だったのです。


禍具は見かけによりませんね。




その黒絵にしても


「春は枯れちょるからなぁ、精神年齢はもはや、お寺のよぼよぼご住職レベル」


と言われてしまう春亮。




黒絵・・・それはちょっと違うかもよ。


スケベ具合はまだ枯れていないから気をつけなさいね(笑)。


あ、、、黒絵はOKだったですね。このはも(爆笑)。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




蒐集戦線騎士領という組織がいるという事実、同様に研究室長国という国。


春亮の親父のいる組織(理事長もこのグループ?)。


そして、ビブオーリオファミリーズ。


背景は何一つ解決しなくて終わりそうですが、気分的にはラストっぽい感じになってきたので


このままいい感じで一区切りつけて欲しいですね。




そして、出来れば二期も・・・・





かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




今はいないあの子・・・


そう・・・苦難は無くてはならないもの。




アバンでそう言ったアリス。


ビブオーリオファミリーズの背景もな何かつらいものがありそうです。


最終回、その答え合わせもあるのかな。


普通、アリスがボスとして、最終回だからビブオーリオファミリーズを倒して終わりそうな気がしますが、


オリジナル最終回と言うこと。


そうすると蒐集戦線騎士領のビーヴィ同様、アリスは一キャラで、まだ上にボスキャラがいそうです。




やっぱ二期視たいです・・・


BDみんな買いましょーよ。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります













C3-シーキューブ- vol.1(期間限定版) [Blu-ray]




C3-シーキューブ- vol.2(初回限定版)(Blu-ray Disc)














« IS<インフィニット・ストラトス>アンコール 『恋に焦がれる六重奏』 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 第22話迄 感想 »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事