フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 2012年 冬アニメ 予習 | トップページ | 2011年 夏アニメ レビュー »

2012年1月 4日 (水)

2011年 秋アニメ レビュー

二日連続で同じようなブログですみません。


夏アニメはすっかりほったらかしでしたので、秋は忘れないうちに・・・笑。




 自分が最終回まで視た2011年秋アニメをピッコロさん


のフォーマットでレビューしてみました。


まだレコーダー内にあり、視聴していないものや、はがないのように中部地区はまだ最終回を迎えてないものは今回飛ばしました。




------------------


<評価項目について>




●ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。


●キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。


●画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。


●演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。


●音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。


●総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。




 それぞれの評価項目は各5点満点となっております。6項目ありますから、それらを全て加算した総合点は30点満点となります。


 一応評価の指標として、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点) 2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い


------------------




C3 -シーキューブ-




・ストーリー     3


・キャラクター性  4


・画          4


・演出        2


・音楽        5


・総合的な評価  4




個人的には先期一番楽しめた作品でした。


キャラクターの設定がツボで、シリアス・グロとギャグ・エロが180度入れ替わるところもよかったです。


が、良く有るラノベ独特の投げっぱなし、続きは二期で的なストーリーと、シャフトっぽい演出は


ちょっと残念だったかなと思いました。






侵略!?イカ娘




・ストーリー     2


・キャラクター性  5


・画          3


・演出        3


・音楽        4


・総合的な評価  3




まあ、キャラクターだけのアニメですからねぇ。


イカちゃんかわいい!!がすべてです。が、2期はちょっと演出やテンポが1期と比べると悪かったかな・・


と個人的にはおもいました。菊谷知樹サウンドは相変わらず良いですね。






WORKING’!!




・ストーリー     2


・キャラクター性  3


・画          3


・演出        4


・音楽        4


・総合的な評価  3




この作品、1期・原作視ていなかったら大絶賛だったと思う。


でも、この作品は1話からして1期視ている人前提で作られていました。


・・・と言うことで・・・・


いくらなんでも、1クール使って全く話しが進展しなかったのはどうかと思う。


新キャラばかり登場させて。「’」分ぐらいは話を進展させて欲しかった。


個人的にはかなり原作とかけ離れた(ように思える)キャラが目立ち、伊波回・小鳥遊家回以外は


(面白かったけど)期待したほど良いできとは思えなかった。


1期を視て、期待のハードルを高いところにおいちゃったからかもしれませんが・・・






ベン・トー




・ストーリー     3


・キャラクター性  4


・画         3


・演出        3


・音楽        4


・総合的な評価  3




この作品、ストーリー作品とみるか、ギャグ作品とみるかでかなり評価が違います。


ギャグ作品としてみた評価です。


半額弁当争奪戦という、とにかく斬新な企画がツボにはまりました。


各狼たちの設定も個性豊かで、1クール楽しませていただきました。


反面、流血戦や白梅梅みたいな、ギャグでもちょっと過剰すぎるだろ・・・みたいなのもあったのが残念。






真剣で私に恋しなさい!!


・ストーリー     1


・キャラクター性  5


・画          4


・演出        3


・音楽        3


・総合的な評価  2




きっとストーリーだけみたらよかったんだと・・・思う。


同様にエロだけみたら、ギャグだけみたら、バトルだけみたら・・・・


すべてをまぜこぜにしてしまったため、結局は最終的に何をしたかったのかよくわからん作品になってしまいました。


姉御のあれで最後終わるんだったら、シリアスなストーリー展開はいらなかったのでは・・・特に政治的なネタ。






ましろ色シンフォニー




・ストーリー     0


・キャラクター性  2


・画          5


・演出        5


・音楽        5


・総合的な評価  1




ストーリーが破綻していた。それに尽きます。


ストーリー重視にもかかわらず、こんなストーリーがめっちゃくちゃなアニメ、生まれて始めてみました。


各キャラクター設定も良く、絵も良く、演出も良かった。本当にすばらしかった・・・


でも、このめっちゃくちゃなストーリー構成のおかげでキャラクター自体も破綻し、


本当、ひどい作品になってしまいました。






たまゆら~hitotose~




・ストーリー     5


・キャラクター性  3


・画          3


・演出        4


・音楽        4


・総合的な評価  4




最近なら、何処にでもいるようなキャラクター、絵もまあ普通。


でも、一貫したテーマを持った、すばらしいストーリー構成と脚本。


竹原の町を使い、それを見事に受け止めた演出。


本当にすばらしい作品でした。深夜アニメでは無く、ご家族みんなで視てほしい作品でした。






gdgd妖精s


・ストーリー     3


・キャラクター性  5


・画          3


・演出        5


・音楽        3


・総合的な評価  5




この作品、アニメ作品として評価していません。


バラエティ作品だと思っています。


かわいいが一癖ずつ持っている3妖精と房子をはじめとするゲストキャラの差のひどさ。


そして、予想の斜め上をいくOP~EDまでの展開。非常に楽しめた作品でした。


個人的にはアニメと言う者の革命になるのではと思うほどの作品でした。






森田さんは無口。2




・ストーリー    3


・キャラクター性 3


・画         3


・演出       3


・音楽       3


・総合的な評価 3




5分アニメとしては可もなく不可もなく・・・って感じでしょうか。


日常的な要素と萌えが入っていたため、起承転結が甘い(結がほとんど無い)回が多かったかな・・・


放送後のCM、しばいぬこの方がちゃんと話しを締めくくっているのはどういう事だ?(笑)




輪るピングドラム




・ストーリー     3


・キャラクター性  4


・画          3


・演出         4


・音楽         5


・総合的な評価   4




こんな重い話になるとは始まった当初は思いもよりませんでした。


訳わからないまま話が進み、その話が見えたときにはもう・・・後戻りできないところに来ていました。


とてもインパクトがあった作品でしたが抽象的な内容も多かったため、一気に話が進むまではちょっとだれた感じだったのが残念。








●総合評価




ベストキャラクター賞  直江大和(真剣で私に恋しなさい):見事に本能に忠実に行動したキャラ。アニメキャラとして文句なし


ベストOP賞       たまゆら~hitotose~:物語の本質を突いたすばらしいOP


ベストED賞       輪るピングドラム:物語の展開によって使い分けるエンディングは秀逸だった


ベスト声優賞・男性   福山潤(WORKING’!!):小鳥遊宗太のキャラは彼無くして語れない!


ベスト声優賞・女性  阿澄佳奈(C3・たまゆら~hitotose~・WORKING’!!):3者3様のキャラ分け、お見事!




・個人的ベスト3


1:たまゆら~hitotose~


2:C3 -シーキューブ-


3:gdgd妖精s


 




以上ですね。


 秋アニメは、夏と比べて正直小粒でした。ちまたで評判の良い作品が、何となく自分の肌に合わなくて・・・


食わず嫌いしている作品が多かったな~~。


(といって、ひょんな事から見始めるとはまるんだろうけど・・・Fate/ZEROとか・・・)


 gdgd妖精sには衝撃を受けました。最初はなんじゃこりゃあ??という感じで視ていましたが、「あ、これはバラエティ番組なんだ」と思った瞬間、最高の作品になりました。全部が全部こんなのになるのは困りますが、各季節に1本ぐらいはバラエティ番組アニメが欲しいなって思うようになりました。


  あと、なんと言っても先期は、ましろ色シンフォニー。最初と最後でこうも評価が違う、ひどいストーリーの作品を視たと言うことでしょうね。


ある意味衝撃的でした。






※追記


1/8配信、インターネットラジオそこあに・最終回特集


で私のコメント(たまゆら~hitotose~)が採用されました。


もしよろしかったら聴いてやってください。










人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります




« 2012年 冬アニメ 予習 | トップページ | 2011年 夏アニメ レビュー »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事