フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ブラック★ロックシューター 第2話 感想 | トップページ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第6話 感想 »

2012年2月 9日 (木)

サクラ大戦 奏組 島田ちえ・チームかなで著 第2話前編 感想

音が泣いているみたい・・・・




・・・・・どうして?






 昨年、白泉社「花とゆめ 24号」からお目見えした、サクラ大戦 奏組




男子と女子を完全にひっくり返した内容ですが、結構面白く、第2話を楽しみに待っていました。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






2ヶ月のお休みの後(長かった・・)、


ようやく最新号「花とゆめ 5号」(2月5日発売)で、第2話前編が掲載されました。




待ってたよ~~~。




2ヶ月のブランクの後の連載再開だけ有って、表紙は当然奏組。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言







で、付録は奏組下じき。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






表紙裏は登場人物の紹介と第1話のプレイバック。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






という力の入れよう!!

すげえです。

花とゆめは「スキップ・ビート」・「声優かっ!」「LOVE SO LIFE」等々、


少女マンガとは思えない楽しい作品が多く、

個人的にはサクラ大戦 奏組オンリーでもない、男性も楽しめるマンガ雑誌だと思います。





サクラ大戦 奏組 島田ちえ・チームかなで著


    インプレッション 2話前編
 花とゆめ5号掲載




1話前編 感想



3話 感想






花とゆめ.com 白泉社公式ページ




↓サクラ大戦奏組最新話他最新号紹介ページ(少しだけ立ち読みが出来ます)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








●あらすじ




 あこがれの帝国歌劇団花組へ入ろうと帝劇にやってきた主人公・雅音子


(みやびねこ)だったが、


音を見ることが出来る力を持っていることから、舞台に上がって演じる「花組」ではなく、


裏で音楽を流すオーケストラ「奏組」に配属することになった。




しかも指揮者として!!!




奏組のメンバーはたくさんいるが、魔物(降魔)と戦える程の霊力を持っているのは5人。




ヒューゴ・ジュリアード


(アメリカ・ボストン出身アルトサックス担当)


G.O.バッハ


(オーストリア出身・バリトンサックス担当)


桐朋源二


(九州出身・兄・トランペット担当)


桐朋源三郎


(九州出身・弟・フリューゲルホルン担当)


フランシスコ・ルイス・アストルガ


(スペイン出身・トロンボーン担当)




早速音子は指揮棒を振るが、全然ダメ!


それならば指揮者の練習をしながら、ひとまずは奏者にて・・・


と、自信のあったフルートを吹くが、楽譜を追うのに精一杯の状態だった。




そんな音子を見て、ヒューゴは音子を奏組から外せとシベリウス総楽団長に直訴するが、


米田指令が許可した上からの配属でもあり却下される。




それどころか、ヒューゴと音子は2人一緒に行動するよう指示されてしまう。


よけい憂鬱になる音子。




だが、ヒューゴが音子を外せと言うのには訳があった。


それはヒューゴの過去の出来事が原因だったのだ・・・




(明日2月20日発売の2話後編につづく・・・)






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








●感想




面白いですよ。


元のサクラ大戦通りなら、この5人と音子が「1人ずつ」仲良くなっていくのでしょうから、


まずはヒューゴから「攻略」なのでしょうね。




「身体が勝手に・・・」




な大神隊長じゃなく、かわいい女の子ですから、全員と恋愛状態になるってのは無理だと思います。


5人のうち1人を取るのか、それとも恋愛状態にはならないのか・・・




今のところサクラ大戦の「真宮寺さくら」のようなメインヒロイン!!


というポジションが誰なのかわかりません。


ヒューゴがそうなのか、単なる攻略のひとり目なのか・・・




1話が前・後編の構成でした。2話もどうやら前・後編構成みたいなので、


この作品はこの先もなんかこのパターンなのかもしれませんね。






 光武はどうやら出てこないようです。


降魔との戦いは少女マンガだからか、光武ではなく魔法霊力または生身バトルです。


そっちの方面の女子がお好きな(戦国BASARAとかBRAVE10とか)バトルにも似てるかな。




そうなると、サクラ大戦で霊力(=攻撃力)のパラメーターとなる恋愛要素がどう絡むか。




音子は指揮者ですから、音子自体は戦わない。


音子の持ち味である「音を見る力」をどう戦いに使うのか。




これからの展開はそれが楽しみですね。






 ただ、「花とゆめ」は月2号という発刊ペースなのに、作品の休載(お休み)が多いのも特徴。


1話も前・後編終わった後2ヶ月お休みしました。


 表紙に「ビッグタイトルいよいよ本格連載!」


って書いてあるから、さすがに前回みたいに2ヶ月待ちとかは無いと思うけど、お休み・・・多そうで不安です。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






●おまけ




サクラ大戦のメンバー、ちゃんと出てきますよ~~~。




1話ではかすみさん


が出てきましたが、2話では椿ちゃんと由里さんも登場!!




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





帝国華激団「風組」全員集合しました(*^_^*)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






会話の中に「マリア・タチバナ」の言葉もありましたが、


今回はなんと言っても・・・・






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






大神隊長!!!


顔みせてくれ~~~




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 漫画ブログへ


  


 ワンクリックいただけると励みになります






« ブラック★ロックシューター 第2話 感想 | トップページ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第6話 感想 »

マンガ・ラノベ・著者」カテゴリの記事