フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ちはやふる 第18話迄 感想 | トップページ | サクラ大戦 奏組 島田ちえ・チームかなで著 第2話前編 感想 »

2012年2月 9日 (木)

ブラック★ロックシューター 第2話 感想

小鳥遊さんは小鳥だと思った!!

私をいろんな色の世界に連れて行ってくれる小鳥遊び。


でも、小鳥遊さんは全然小鳥じゃない。

本当はいろんな世界にいけるはずなのに。


そんなのおかしい!絶対おかしい!!



 じぶんは傷つかないと思って誘った縁日にヨミは来なかった。


「ごめんなさい」


のメールだけ送って。


 マトは怒るが、ヨミの心の訴えを知るためもう一度ヨミと対峙する。


そこで知ったヨミカガリの過去。




小鳥遊ヨミ出灰カガリの心の病みのしがらみから解き放つため、

黒衣マトは叫ぶ!!


かわいそうがられる事こそカガリさんかわいそう!!

そんなの腫れもの扱い!!バカにしてるモン!!


そして現れる新たなる敵!!

この作品、面白いです!!



ブラック★ロックシューター 2ndインプレション 2話


ファーストインプレッション 1話


3rdインプレッション 3話


4thインプレッション 4話


5thインプレッション 5話




6thインプレッション 6話


クライマックスインプレッション 7話




公式HP


アニメ公式HP



ニコニコ動画配信ページ

(最新話のみ1週間限定無料)


 ※1話見逃してしまった方、今回ニコニコ生放送は1・2話連続上映しています。

プレミア会員でしたらタイムシフト対応ですので、もしよろしかったら是非。

「ブラック★ロックシューター」第1話&第2話上映会
(番組ID:lv79785814)



$かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 OPに来る初音ミクの「ブラック★ロックシューター」、良いですね~~。

私初音ミク大好きなので、ぞっくぞくします。

オリジナルのPVのできがよいので、(ニコ動コメントで)文句言ってる方もみえますが、


このOPそんな事無いです。


各キャラクターの紹介はこちらのページ




●あらすじ


 カガリは怖いけど、小鳥遊さん(ヨミ)と仲良くなりたいマトは、夏祭りに行くことにした。

しかし、空の色が「青」から「オレンジ」→「紫」になってもヨミは来なかった。

そして届いたメール「ごめんなさい」だけの文字。


「痛い・・・」

涙して、家に帰るマト


その晩、マトは夢を見る。

「助けて・・・・・」

胸にハートのマークがある女性ブラック★ロックシューターに助けを求める・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



翌日学校でマトが見たのは、ヨミの胸にあるハート形の傷。


夢と同じ。正夢!?


「小鳥遊さんは小鳥じゃない。そんなのおかしい!」

「たかなし、いくじなし!!」


ついにマトはキレる。

しかし、


「親しい人同士の夢は奥の奥でつながっているんだよ。

もしかして小鳥遊君ていうのは、黒衣君にわかって欲しいことがあるんじゃないかなぁ」


というサヤカウンセラーの言葉で、思い立ったマトは、ヨミの家に行く。

しかし、ヨミの家にいたカガリは、マトに会わせないようにするため自分が階段から落ちる。



 ※カウンセラーのサヤさんがあまりにも的確なアドバイスをするのですよね。


  こうまで的確だと逆に怪しんでしまいますよね・・・・考えすぎ!?f^_^;



病院で知らされるカガリヨミの過去。

カガリが病んでしまった元の理由。


体ではなく、心が病んでしまったカガリ


「カガリちゃんがかわいそうで・・・」


というヨミの親に対し、


「じゃあヨミさんは??ヨミさんはかわいそうじゃないんですか!??」


と返すマト


 さあ、ここから岡田磨里脚本の真骨頂です。

女の子同士が本音で直接ぶつかり合いバトルするというのが

早くも2話で出てきました。


「かわいそうって思っちゃダメなんだよ!!!」


 マトの言葉に助けられ、カガリに対する態度が間違っていたと悟るヨミ


カガリが病んでいる、おかしくなっているのはわかっていたんですね。

それを腫れもののように言うことを聞くのではなく、ちゃんとカガリから向き合うことにする。


「ここからでなくちゃ、ダメなんだよ!!!」


「でるのは・・・怖い!!」


そして、マカロン撃退!!!


しかし・・・そこから新しい敵が現れるのだった。

それにも立ち向かうブラック★ロックシューター

それが終わったとき・・・


なにか腫れものが取れたように見えるカガリ

茫然自失の表情でドアを開けるヨミ

治ったのか・・・・それとも・・・・


一体何が起こったのか???


・・・・続く。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




●感想


これは・・・岡田磨里さんの

今病んでいる方々へのメッセージ・救済アニメなのでしょうか・・・(^^ゞ


BLACK★ROCK SHOOTER =直訳すると黒い岩(心)を撃ち砕く者


さしずめ固くなってしまった黒い心を打ち砕き、更正させる人ってところでしょうか・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 それはまあ、よしとして、8話中2話終了しましたが、 面白いですね。

いや、面白くなってきましたね。心が痛く重い作品ですが。


ですがそれを内面で重くするのではなく、岡田磨里さんらしく堂々とぶつかり合っています。

それが良いです。

重く、痛い心をまさにSHOOTER。撃ち砕いていきます!!


だから2話は視終わったときすっきりしました。

そして、次が気になります。良い方に?悪い方に?どっちに転がったの???



 マトの(心の)強さはハンパじゃないです。

私がこの立場になったらもうとっくに心は折れています。

カウンセラーの助けがあるとはいえ、強いですね。


 その心に打たれ、自分のカガリへの対し方が間違っていたことに気づくヨミ

そして、マト・ヨミ2人の言葉に、いきなり憑きものが取れたような。


「誰かがあなたの代わりに、その痛みを引き受けてくれる。

どれだけ痛くても傷ついても、本当に傷つくのはあなたじゃない。」


この言葉を1話で聞いたとき、ブラック★ロックシューターの世界はマトの内面で、

マトの痛みをブラック★ロックシューターが肩代わりしている・・・ということかなって思いました。



・・・が、違いますね。

マトはそれを真っ向から否定し、自分からカガリと真っ正面に向き合った。

しかも、マトは夢で見ていて、それがそのまま現実になっていた(ヨミの胸のハート形の傷)ので、

マトの心の中の世界とも違うようです。


問題は・・・・マト達がいる世界がリアルで、ブラック★ロックシューターが戦っている世界が裏なのか、

それとも、全く逆なのか。。。。


どっちがリアルなのかによって物語自体、変わってきますよね。


もしくは1話の時想像したパラレルワールドで、マトの心の中が違う二つの世界をつなげているのか。


まだまだ謎ばかりですが、でもそんなことはどうでも良いくらい、どんどんと引き込まれています。



ブラック★ロックシューターが戦っているあの世界の表現は本当に良いですね。

そしてそのままリンクする彼女達の現実。



二つの世界が交互に映像に出るから気持ちも2倍になって自分に降りかかってきます。

こういう作品、メンタル表現で難しいところもあるので、

はずれだと思って視てみえる方の気持ちは1/2以下になるので、難しい作品でも有るんですけどね。




エンディング曲 「僕らのあしあと」 supercell


この歌詩がすごいです。

ブラック★ロックシューターという作品そのものを歌っているように聞こえます。


この作品、よくわからんと思ってみえるかたは、

是非歌詞を噛みしめながらお聴きになることをオススメします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 

ワンクリックいただけると励みになります


ブルーレイ、4本単品で買うと約18000円、BOXで買うと約22000円。

4000円がブラックロックシューターのfigma+box代金。

さあどっちを買う!???






【送料無料】ブラック★ロックシューター 第2巻【Blu-ray】


【送料無料】ブラック★ロックシューター 第3巻【Blu-ray】


【送料無料】ブラック★ロックシューター 第4巻【Blu-ray】













« ちはやふる 第18話迄 感想 | トップページ | サクラ大戦 奏組 島田ちえ・チームかなで著 第2話前編 感想 »

2012 冬アニメ」カテゴリの記事