フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« リコーダーとランドセル ド♪ 第7話迄 感想 | トップページ | 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第5話 感想(再掲載) »

2012年2月17日 (金)

ブラック★ロックシューター 第3話 感想

涙の青にことりとり


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



ことりとりは、いろんないろのそらをとんでいく


えがおのオレンジ

かぜひきのピンク

なみだのあお


いろんなせかいをくぐりぬけるたびに

そのみに、いろんないろをまとっていく


きれいなにじいろのことりとり


でも


ことりとりはもっといろんないろをみたくて


どんどんいろんないろがまじりあって


いろがにごっていって


・・・・そして・・・・・





かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






ブラック★ロックシューター 3rdインプレション 3話


ファーストインプレッション 1話


2ndインプレッション 2話


4thインプレッション 4話


5thインプレッション 5話




6thインプレッション 6話


クライマックスインプレッション 7話




公式HP


アニメ公式HP



ニコニコ動画配信ページ

(最新話のみ1週間限定無料)


$かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




各キャラクターの紹介はこちらのページ




●あらすじ (かなり細かく書いています。ネタバレ注意)


 前回

ラスト、憑きものが取れたように見えたカガリ

結果は良い方向に転がったみたいで、落ち着いた上に歩く練習も始めたみたいだ。

マトヨミはおかげで友達になりました。


 バスケットの朝練で、マトこはっち先輩こと小幡 アラタ(こはたあらた cv沼倉愛美←たまゆら~hitotose~の最強ゲストキャラ、広野昌子さん

のcvですね)に認められ、1年生で準レギュラーの座をもらう。

 そんな男勝りのこはっち先輩。でもやはり女の子。好きな男の子にラブレターを渡し、合宿のお土産も木刀を買っていく。


 一方合宿の準備をするマトヨミマトに電話をします。そこでも出てくるユウの名前(神足 ユウ(こうたり ユウ cv阿澄佳奈))。一緒の学校行くときもユウの名前が会話に出てきた。

怪訝な顔になるヨミ


合宿当日の夜、マトはまた夢を見る。

そう、カガリが治った以来、しばらく見ていなかったブラック★ロックシューターの世界の夢。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言







ユウは、その話を聞き、サヤカウンセラーが言う、


「(夢の中の)その子が自分の痛みを引き受けてくれている」


と言うが、マト「よくわからない」と否定的。



 マトが合宿の間、マトにあげるとて、青いミサンガを編むヨミ。(涙の青)

そのヨミの異変に気づくサヤ

しかし、生徒名簿ではすでにヨミマトをチェック済みだった。


 合宿が終わり学校でお土産をヨミに渡すマト

そこでも出てくるユウの名前に、また不機嫌な顔をするヨミ

それに気づいたマトは、


「何でも相談してね。友達ジャン」


と気遣うが、返したヨミの言葉は、


「一番の友達じゃなくても?」


と、本音をこぼしてしまう。


 そして学校では、こはっち先輩の告白が掲示板に貼られ、

男子のいびる格好のえさにされてしまった。

強がるこはっち先輩をみて泣くマトユウ


「泣くタイミングまで一緒。今までの涙も、これからの涙も2人は一緒なのね。」

とどんどんダークサイドに入っていくヨミ


カウンセラーのサヤは、こはっち先輩に泣きながら言う。


「強いのって・・・痛いね」


そんなこはっち先輩マトに言う。


「私はね、何か辛いことがあっても、誰かのせいだなんて思いたくないんだ。

だって、誰かのせいだったら、自分じゃ何とかしようがないジャン。

原因は全部自分にあると思う。そうしたら自分でなんとだって出来る。

いつだって走り出せるし、いつだって飛べるしね」


 ※このセリフに泣いた。こはっち先輩に惚れた!!


ところがマトが出て行った瞬間にこはっち先輩を襲う頭痛。

シンクロして状況に気づくマトサヤカウンセラー



ブラック★ロックシューターの世界では、怯えるこはっち先輩ブラック★ロックシューターが倒した。


保健室で倒れているこはっち先輩



さて、今回はどっちに転がったの?

良い方?悪い方??


次回に続く!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




●感想


さあ、いろいろと怪しい表現や、人物が本性を現してきましたよ。


なんと言うことはない、カガリと本質的には同じだったヨミ

ヨミの中の黒い部分が表に出てきました。


そして、あからさまに怪しい言動をするサヤカウンセラー


サヤカウンセラーは、

マトの時は「痛みは肩代わりしてくれる人がいるから傷ついても痛くない」と言ったのに、

こはっち先輩には「痛いよね」と言って涙しました。


カウンセラーとして言葉を選んだための矛盾とは思えないので、ここキーポイントでしょうね。

しかし、「小幡君の存在自体が痛い」って・・・カウンセラーが言う言葉かぁ??


こはっち先輩、ブラックロックシューターの世界では

3話冒頭でブラックゴールドソーが土に水をやり、作り出したキャラクターでした。

そして最後、ブラックロックシューターの前で怯え、そして切られました。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





同時におこるこはっち先輩の異変。

カガリもそうでしたから、これでこはっち先輩の憑きものは取れたと考えられます。

でも、こはっち先輩カガリと違って病んでいるのではなく、がんばっているキャラでした。


もしそのパーソナリティが違うというのであれば・・・

がんばっている男勝りのキャラから、もろ女の子キャラになってしまうと言うことなのでしょうか。

そうするとバスケは??

今回もどっちに転ぶか楽しみで仕方有りません。


これからもこのパターンなのかなぁ。






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言







ブラック★ロックシューターの世界とのシンクロでは、


黒衣マト

 = ブラックロックシューター

 

小鳥遊ヨミ

 = デッドマスター


  

出灰カガリ

 = チャリオット


 

 


と言うのが今までの展開でわかっていました。

そして今回、


納野サヤ

 = ブラックゴールドソー

 


じゃないかという描写がありました。

今回のサヤカウンセラーの怪しさからみると、多分そうなのでしょう。


マト曰く、「おばさん」ですからね!!


公式ページ

でまだ出ていないのはストレングス

 だけですね。


もし、公式ページの紹介順がネタバレならば、


ストレングス

 = 神足ユウ

 


なのですが。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言







 そして、今回現実とブラックロックシューターの世界がシンクロしているという表現がありました。

パラレルワールドって言うよりも、精神の中の世界が共有されているって考えても良いような気がします。(1話でブラックロックシューターの世界を覗いている「目」みたいな物が演出されていましたね。)


 でもわかりません。実際はブラックロックシューターの世界が本当で、現実の人間達がそれに合わせて動いているだけなのかもしれませんし。


今のところ、精神の中でつながっているのがマトサヤで、ヨミはまだつながっているという表現がありません。


ブラックロックシューター vs ブラックゴールドソー


の構図が今回ではっきりしましたので、サヤは(マトにとって)敵なのでしょう。

問題はデッドマスターのヨミ

1・2話では助けていましたが、今回のヨミの行動でわからなくなってきました。


というより、公式ページ

のトップ絵右にある言葉。


「つないだ手と手離れるとき」


って書いてあるので、マトヨミがつないでいる手は離れるのです。

ブラックロックシューターデッドスターは最後敵対関係になるのでしょうね。


ヨミことりとりは、いろんないろからにごりはじめていますから・・・・。



 ブログ

にいただいたまみぃさん

のコメントで、「魔法少女まどか☆マギカ

」っぽいと言うのをいただきました。


なるほど、ますますそんな感じになってきましたね。

というより、本当に岡田磨里版魔法少女まどか☆マギカのような気がします。

あっちの星は☆でこっちは★ですが(笑)


なんかのラジオで暁美ほむら役の斎藤千和さんが、


「ほむらって、ほむらにとってはまどかが「私にとって最高の友達」なんだけど、

まどかにとっては最高の友達はさやかだよね。・・・あれ!?ほむらェ・・・」


って言っていましたが、まさにそれをヨミマトユウでやっているような、そんな感じがします。


で、魔法バトルのイヌカレー空間がこちらではブラックロックシューターの世界・・・と。


ソウルジェムがことりとりいろいろないろ


とすると、最後マトはどんな色に染まってもにごらない小鳥になってみんなを救い、

小鳥遊びしていろんな世界を見られる概念となるんですね。きっと。(笑)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 

ワンクリックいただけると励みになります


ブルーレイ、4本単品で買うと約18000円、BOXで買うと約22000円。

4000円がブラックロックシューターのfigma+box代金。

さあどっちを買う!???






【送料無料】ブラック★ロックシューター 第2巻【Blu-ray】


【送料無料】ブラック★ロックシューター 第3巻【Blu-ray】


【送料無料】ブラック★ロックシューター 第4巻【Blu-ray】













« リコーダーとランドセル ド♪ 第7話迄 感想 | トップページ | 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第5話 感想(再掲載) »

2012 冬アニメ」カテゴリの記事