フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第5話 感想 | トップページ | あの夏で待ってる 第6話 感想 »

2012年2月14日 (火)

バクマン。 BAKUMAN 大場つぐみ・小畑健著 第166話 感想

亜豆美保と真城最高の交際が公に!!

ネットは炎上!マスコミもネタに!!


 先週の少年ジャンプ11号から始まったバクマン。声優スキャンダル編。

今週発売の12号でついに世間に2人の交際が発覚してしまいました。


かなり興味深い題材でしたので、ちょっと感想を書きたくなりました。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




バクマン。 BAKUMAN 大場つぐみ・小畑健著 

           第166話 「噂と記事」 インプレッション


少年ジャンプ公式HP


↓バクマン公式ページ

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



アニメ公式ページ


アニメ ファーストインプレッション 4話迄


アニメ 2ndインプレッション 7話迄


アニメ 3rdインプレッション 8話


アニメ 4thインプレッション 15話迄




●あらすじ(ネタバレ注意)



きっかけは新人声優北見リリカのブログから。

ついつい亜城木夢叶の恋人が自分の尊敬する声優だと書いてしまう。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



それに気づき、慌てて記事を消してもらうシュージン。


 しかし、サイコー達の中学の同級生、悪役担当(?笑)の石沢がすでに(その記事を)読んでいた。

(記事が)消されたのを面白く思わない石沢は、大規模掲示板の亜豆美保スレに、サイコーと亜豆の関係を暴露してしまう。


早速「祭り」になるスレ。


このまま騒動が収まらないままもし、

夏から始まるアニメ「REVERSI」のヒロインを亜豆がやったら・・・・どうなるかは目に見えている。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




当然週刊少年ジャンプ編集部や亜豆の声優事務所にも情報が入るが、

亜豆美保、真城最高ともに、


「私達は何も悪いことはしていません」


と毅然とした態度を取る。


ジャンプ編集部側は「気にするな」で良いが、声優事務所の方はそうはいかない。


「絶対に公には認めるな」


亜豆に口止めをする。


・・・しかし、ついにマスコミがネタにし始めてしまった。

スポーツ紙「東西スポーツ」に2人の関係が記事にされてしまった・・・・・


果たして2人はどうなる・・・・?


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




●感想


これを読んでいると、どうしてもダブってしまう、

自分もブログに書いた

、去年の「スフィア(ミュージックレイン)スキャンダル暴露事件

」。


ストーカーレベルの記事を熱狂的なファンが声優ユニット「スフィア」のスキャンダルをブログに書いた。

まずは戸松遥さん、次に豊崎愛生さんがターゲットにされ、

しかもその後もいろいろばらすと言ってきたのですね。


特に豊崎愛生さんと主題歌を作曲したTOM H@CKさんのスキャンダル記事は、

映画「けいおん!」の公開が2ヶ月後に迫ったまさにその時でしたので、影響は大きく、

ネットは大炎上!!一時期スフィア4人のブログはストップ。大騒ぎになりました。


結局はミュージックレイン

が下記のようなメッセージを出し、沈静化しました。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



原作の大場つぐみさんは、これからネタを取ったのだろうか??

それともあらかじめ考えていたネタなんだろうか・・・


あまりにも、背景が似ているような気がします。


豊崎愛生さん → 亜豆美保   (その作品の声優

TOM H@CKさん → 真城最高  (その作品に関わるアーティスト

 (お二人は幼なじみではありませんが・・・・)

映画「けいおん!」 → REVERSI  (公開(アニメ化)間近のタイミング


個人的な感想ですが、読みながら脳内変換してしまうほど、

頭の中でダブってしまいました。



 例え本人達が毅然とした態度を取っていても、この手の話はどんどんと尾ひれがついて行く。

そうすると、営業は当然「くさいものにはふた」をしたくなるのは当然の流れ。


この先騒動が沈静化しても、アニメの監督やプロデューサーが

わざわざ消えかけた火をまた燃やすかのように亜豆美保をREVERSIオーディションで選ぶかというと・・・


亜豆がそれだけの「演技」をしないとそうとう難しい・・・・

同じ演技レベルなら、他の声優を使った方がリスクは少ないですからね。



 リアルでもマンガの世界でも、この手のスキャンダル記事は本当に嫌なものです。

だれ一人幸せにならないですものね。

(あ、記事にした出版社が儲かるか・・・)

REVERSIが無事アニメ化し、亜豆美保が無事オーディションで選考されると良いですが・・・・



 そう言った意味でも、炎上・大騒ぎになった亜豆とサイコーのスキャンダル。

大場つぐみさんが、この先どうやって決着をつけるのか、すごく楽しみです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

  

 ワンクリックいただけると励みになります



【送料無料】バクマン。 1-11巻セット


【送料無料】バクマン。 1-11巻セット


価格:4,620円(税込、送料別)


【送料無料】バクマン。(12)


【送料無料】バクマン。(13)


【送料無料】バクマン。(14)


【送料無料】バクマン。(15)




【送料無料】バクマン。(16)


【送料無料】バクマン。(16)


価格:420円(税込、送料別)



« 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第5話 感想 | トップページ | あの夏で待ってる 第6話 感想 »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事