フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第5話 感想 | トップページ | あの夏で待ってる 第5話迄 感想 »

2012年2月 6日 (月)

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)

君は、本当に愚かだな。


今度はこちらから依頼しよう・・・・




僕のシークレットサービスになってくれ。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






想像以上に良い話が多く、面白いです。


感動まで覚えます。


これは意表を突かれました。




正直、タイトルの、「×」の文字を見た瞬間、


腐女子枠だ。しかもシークレットサービスときたもんだ!!


どんなカップリングだ???




と思ってしまい、録画してみたがそのままほったらかしにしていました。


(ニコ動の配信もスルーしていました)




ところがそこ☆あに


のメインパーソナリティで、


自分と歳も近いくむPが特集


でこの作品を好きだとおっしゃったので、


とりあえず視てみようとして視たら・・・




一気に3話視てしまいました(^^ゞ




で、昨夜半CBCで第4話が放送されました。


(1週間遅れ)




タイトルやイメージで物事は判断してはいけません・・・かね?


(でも、やっぱ腐女子枠っぽいというのは間違えないような気もしますが・・・)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






妖怪の先祖返りの人間達が集う最高級セレブマンション「メゾン・ド・章樫」(通称・妖館)で、


住人とシークレットサービス(ボディーガード)の妖しい生活が始まる───


※ヤングガンガンJOKERの原作紹介より






妖狐×僕SS ファーストインプレッション 4話迄



2ndインプレッション 5話


 



3rdインプレッション 9話迄


クライマックスインプレッション 11話迄




ニコニコ動画配信ページ


(1話と最新話無料配信)




↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








原作は藤原ここあ先生の漫画。ヤングガンガンJOKER


連載中(既巻6巻)











●キャラクター紹介




物語のメインが一つの館内で、各部屋毎に主人とSS(シークレットサービス)、


そしてさらに管理スタッフといて、


しかも全員が妖怪の状態に変化するという・・・・キャラクター覚えるのが結構大変!!


対人関係がこんがらがるのが難点でしょうか(^^ゞ。




もう一つ・・・漢字が難しい、読みにくい名前といういのも、


私のようなオヤジには、キャラクターを覚えにくくしています。




※「メゾン・ド・章樫(あやかし)」通称・妖館(あやかしかん)住人


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






・4号室(主人公・メインヒロインの部屋)


住人:白鬼院凜々蝶


(しらきいん りりちよ cv日高里菜)  変化後→鬼


 メインヒロイン。人とのつきあいが苦手で妖館に逃げるように引っ越してきた。


が、初日からいきなり下記双熾につきまとわれ、逆にひとりにはなれなくなってしまった。


自分の事を「僕」と呼ぶ。でも世に言う「ぼくっ子」タイプではないですね~~。


その上、悪態はつくが本心はそう思っていないとてもよい子です。


こういうキャラをツンデレではなくて、ツンシュン(ツンのあとしゅん(´。`)となる)というそうだ。




SS:御狐神双熾


(みけつかみ そうし cv中村悠一) 変化後→妖狐(きつね)


 主人公?腐女子的に言うとこっちがヒロインポジションかな?


いきなり妖館にやってきた凜々蝶につきまとい、そのまま凜々蝶のSSになってしまった。


どうやら過去凜々蝶に恩を受けたらしく、それで仕えているのだが、それが何かは(今は)わかっていない。




・3号室


住人:反ノ塚連勝


(そりのづか れんしょう cv細谷佳正) 変化後→(黒い)一反木綿


 1話から登場。凜々蝶とは実家が近い幼なじみ。結構一緒に行動している。常識人な感じがします。


でも、朝からカレーうどんを一反木綿状態で食べるというのはどうだろう・・・・(汁飛ぶよね)




SS:雪小路野ばら


(ゆきのこうじ のばら cvぴかしゃ


) 変化後→雪女


 1話から登場。ちゃんとしたSSな感じがしますが、女好き。レズ?百合?


凜々蝶がブラジャーをつけていないと「ブラは」と怒ったので、女性らしい女性が好きなのでしょうね。


主人に対してもSSとして仕事でお仕えしている感じがします。世話好き。




・2号室


住人:青鬼院蜻蛉


(しょうきいん かげろう cv杉田智和) 変化後→鬼


 4話現在まだ出てきていません。公式見るとSとMがすぐわかるどSの変態仮面とか。cvが杉田さんですからね~。登場が楽しみです。




SS:髏々宮カルタ


(ろろみや カルタ cv花澤香菜) 変化後→がしゃどくろ


 1話から登場。凜々蝶とのお近づきのシルシに「指とんがりコーン」をやった。


変化後とのギャップが激しすぎ。かわいい顔から一気に怖いドクロさんに化ける。




1号室


住人:渡狸卍里


(わたぬき ばんり cv江口拓也) 変化後→豆狸(まめだぬき)


 4話から登場。カルタと逆で、なんちゃってツッパリだが、変化するととってもかわいい豆狸。


とにかく変化後のかわいさが嫌いで、自称悪。ツッパリにあこがれるという。なんともかわいい奴。


双熾とは幼なじみだが、プライドを粉砕されたため、永遠のライバルと思っている。




SS:夏目残夏


(なつめ ざんげ cv宮野真守) 変化後→百目


 4話から登場。百目だけあってなんでもわかるわりにすごく明るい。そしてオカマしゃべり。


妖狐の双熾とは旧友の仲。というか本人は双熾LOVEのBLっぽい(笑)


卍里の事をご主人様と呼ばず、ラスカルと呼ぶ。ラスカル!!!う~~ん良い響きだ(笑)




※「メゾン・ド・章樫(あやかし)」通称・妖館(あやかしかん)管理スタッフ


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






メインの8人だけですでに疲れました。キャラクター紹介は失敗だった(笑)。


スタッフは端折ります。


ニコニコ動画


で4話をご覧になればおわかりだけるかとおもいます。


4話は妖館スタッフ紹介回です(2月12日~4話配信)。




名前とcv、変化後だけ書いておきます。


小人村ちの(ことむら ちの cv豊崎愛生) 変化後→コロボックル


童辺あゆむ(わらしべ あゆむ cv水島大宙) 変化後→座敷童


幸蛇優二朗(こうだ ゆうじろう cv増谷康紀) 変化後→大蛇


河住丈太郎(かわすみ じょうたろう cv村瀬克輝) 変化後→河童


河住小太郎(かわすみこたろう cv津田美波) 丈太郎の息子。普通の人間で変化しない??のかな。


猫月誉(ねこづき ほまれ) 変化後→猫又






●あらすじ




ぼくは、1人になるためにここに来た・・・・




 主人公でメインヒロインである白鬼院凜々蝶は、人と接するのが苦手な上に、


家庭ではもってうまれた性質ゆえ愛されておらず(持ち上げられ奉られていた)、

そのため自分だけの生活をしたいため、


最高級セレブマンション「メゾン・ド・章樫(あやかし)」に引っ越してきた。


超豪華なマンションのここは、各部屋にSS(シークレットサービス)までいる。


 そこで、凜々蝶のSSと名乗る御狐神双熾と出会う。


雇ったつもりのないのに、凜々蝶はつきまとわれ、結局はSSとして雇うことになる。




 「メゾン・ド・章樫(あやかし)、通称・妖館(あやかしかん)」そこは、


外向きには各部屋にSSがいる超豪華セレブマンション。


しかし、そこは・・・・人間なのに人間じゃない。


先祖が妖怪だった為、先祖返りでその性質を受け継いでしまった人たち。


そんな特殊な能力を持った人は、人からは恐れられ、妖怪からは格好のターゲットにされる。




 だから、同じ性質を持つみんなが集まって暮らすようになった。


互いに助け合い生活し、時には妖怪と戦いながらも。


そこが、メゾン・ド・章樫というところ。




 1人になりたかったはずの凜々蝶と、SSとなった双熾を巡っておこるドラマ・事件・日常を描く。


 そして・・・・御狐神双熾、彼は何故凜々蝶のSSになりたかったのか。

過去に何か有りそうです。。。。その辺りの謎がこれからわかっていくのでしょうか・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








●感想




 予想以上に話が良くってびっくりしました。


アットホームというか、心暖まるというか。


これ、なにげに良作ですね。




夏アニメの猫神やおよろず


と同じ臭いがします。


良作だが地味で目立たないという・・・・




 主人公の凜々蝶が鬼という先祖返りを持っていて、しかも家が裕福だったため、


神童扱いされて奉られていた。持ち上げられていた。


が、実際心の中はいやがられていたのがわかってしまったため、まずそれが人間不信に陥った。


 そして言葉使いと態度。子供の頃持ち上げられていたから、出てくる態度はハヤテのごとく!


のナギ並み。


しかし、ナギほど肝は据わってないので、後で後悔したりフォローしたりするほど。


人の悪いところばかりが見えてしまっているのでしょうね・・・だからよけい人に嫌われる。




不器用な凜々蝶が妖館で変わっていく作品なんだと思います。




 SS、そのcvが中村悠一さん。それ以外にも杉田智和さん、宮野真守さん・・・


イメージで視るのやめた自分に残念(^^ゞ。




 たしかに中村悠一さんがかっこいいし、杉田智和さんの役ので、その手の女性にも人気が出るような気がします。


 でも、ツンデレ凜々蝶のお風呂シーンとかのサービスシーンなど、結構深夜アニメっぽいのも有るので、人気出ても良いのですが・・・イメージで毛嫌いしていた私が言ってはいけませんね(笑)。




 個人的には一反木綿が好きです。この作品、キャラの名前が難しすぎてわかりにくい。


・・・えっと・・・反ノ塚連勝です。こいつとっても良い奴ですよ。


そして、しゃべり方がいい!!個人的にツボです!


cv細谷 佳正さん。。。ちはやふるの綿谷新ですか!!これはびっくり!!




と言うことで、遅まきながら毎週の楽しみになった妖狐×僕SSです。








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











Bungee Price Blu-ray アニメ【送料無料】 妖狐×僕SS 2 【完全生産限定版】 【BLU-RAY DISC】









【送料無料】妖狐×僕SS(1)


【送料無料】妖狐×僕SS(1)




価格:440円(税込、送料別)







【送料無料】妖狐×僕SS 1-5巻セット




【送料無料】妖狐×僕SS(6)






« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第5話 感想 | トップページ | あの夏で待ってる 第5話迄 感想 »

2012 冬アニメ」カテゴリの記事