フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第9話迄 感想 | トップページ | ブラック★ロックシューター 第7話 感想 »

2012年3月15日 (木)

サクラ大戦 奏組 島田ちえ・チームかなで著 第3話 感想

帝国華激団「花組」の帝劇内宿舎では




体が勝手に・・・・




と言う言い訳のもと、風呂場を覗く不届き者がおりました。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








では、帝国華激団「奏組」の寮では・・・・?




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








サクラ大戦 奏組 島田ちえ・チームかなで著


     インプレッション 3話
 花とゆめ7号掲載




1話前編の感想




2話前編の感想






花とゆめ.com 白泉社公式ページ






↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






キャラクター紹介ページ


  (2話インプレッション


でも紹介しています)








●あらすじ  (ネタバレ注意)


3話:「音子の長い一日」




 降魔との戦いもひとまず終え、今日は音子達奏組の休暇日。


音子は奏組の寮・通称「かなで寮」で住むことになりました。




扉は桐朋源二


。そう、今回は源二君回でした。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






朝寝ているところを雅音子


は源二君にたたき起こされ、体操を。


その後も、1人ぽつんと朝ご飯を食べている音子と一緒にご飯を食べ、


時には忍者のように現れ、時には平気で一緒に風呂に入ろうとしてくる。


でも、ボイラーのバルブを閉めるのを失敗してパニックになったら真っ先に助けに来てくれる。




改めてお礼を言う音子に




一緒に住んでるんだからあたりまえだろ。




と嫌な顔せず笑って言ってくれる。


女性は音子一人しかいないかなで寮。


でも、何とかやって行けそうかなと思った瞬間でした。




そして、音子の初めての休暇日は終わりました。






※新キャラ登場!


寮母の清流院 笙(せいりゅういん しょう)さん。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






寮母さん・・・女性は音子だけって言っていたけど・・・え!?(笑)




その他にも


貴族にも関わらず、蒸気洗濯機でこだわりの洗濯をするG.O.バッハ


(作中ではジオって書いてありました)、


源二が飼っている3匹の犬になつかれまくっている弟桐朋源三郎


の日常も少しだけ見ることができました。


そうそう、ヒューゴ


は相変わらずですが。でも、3匹の犬にはなつかれているようです。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








●感想




1話・2話共前後編でしたので、このパターンかと思いましたが、3話は1話完結でした。


サクラ大戦名物の日常パートですね。ゲームで言うアドベンチャーパート。




2話後編で、奏組の立場がはっきりしました。


強くでかい降魔に対する時は、「あの方たち(花組)」に任せるのですね。


光武に乗れるのは大神隊長を除いて女性だけでしたものね。

それ程の霊力の強さは持っていないと言うことです。


奏組はあくまでサポート。まさに、演じる役者を後ろで支えるオーケストラですね。




そして、音が見える音子は、降魔の音も見ることが出来ます。


5人のメインメンバーが降魔と戦うとき、どういう動きや攻撃をしてくるかを指示する。


指揮者の役目となります。




不幸を招くだけの力と思っていた音子の能力。


でも、その力が誰かの役に立つのならば・・・・と音子は逃げずに降魔と戦います。


ヒューゴの心が少しずつ動いてきました。




3話も読んで、何となく


ヒューゴ=真宮寺さくら


のポジションっぽい気がしますね。


まだはっきりとは言い切れませんが。






 それにしても、本当、この作品は見事にサクラ大戦「花組」の逆パターンですね。


花組は帝劇に住んでいて、男は大神隊長と米田指令だけでした。


奏組は帝劇には住んでおらず、寮なのですね。


奏組はオーケストラですが、楽器弾くのって女性でもやると思うのですが・・・何故か男性だけ。



仕事場でも生活の場(寮)でも男の中に女(音子)一人。



狼の中に子犬を放り込んだみたいなものですよね(笑)。


その中で、出てくる桐朋源二。明るい性格で、男女の性別とかそんなに気にしないタイプですね。


=恋愛にはなかなかならないパターン。


とっても良い奴でした。




さて、冒頭からひっぱった、お楽しみの風呂ですが、かなで寮に女子風呂はありません。




音子は男性陣が入った後とか、誰もいない時に風呂に入るしか有りません。


・・・時間決めてあげてよ(笑)。




なので、体が勝手に・・・迄行かなくてもこういったハプニングは日常茶飯事に起きそうです。





かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






音子かわいそう~~~(笑)。


ま、大神隊長がいないから「わざと」入ってくる輩はいなさそうですけどね(爆笑)

でも、源二みたいに全然音子を女として気にせず、その上一緒に入ろうとするのもどうかと・・・(笑)

少女マンガなので、音子のサービスシーンは・・・いやいや、ちょっとだけサービス有りましたよ(*^_^*)。





次回は1回休んで4月5日発売の9号に掲載。


日常パートが続くのか、それとも戦闘パートか?


それともまだほとんど絡んできていないフランシスコ・ルイス・アストルガ


の紹介か?




とにかく楽しんで読んでいる、サクラ大戦奏組です。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 漫画ブログへ


  


 ワンクリックいただけると励みになります




« 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 第9話迄 感想 | トップページ | ブラック★ロックシューター 第7話 感想 »

マンガ・ラノベ・著者」カテゴリの記事