フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第9話迄 感想 | トップページ | モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第9話 感想 »

2012年3月 3日 (土)

LASTEXILE -銀翼のファム- 第18話迄 感想

国を治めるとは、解けない問題を身をもって解き続けること




あなたにはまだやらなければならい事が・・・妹をよろしくおねがいします。(リリアーナ)




・・・・またか・・・(ルスキニア)






人は、同じ過ちを繰り返す・・・(アムロ・レイ)










LASTEXILE -銀翼のファム- 11thインプレッション 18話迄




↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






バンダイチャンネル ネット配信






ファーストインプレッション 1話


     2ndインプレッション 3話迄




3rdインプレッション 5話迄


       4thインプレッション 8話迄




5thインプレッション 9話


         6thインプレッション 12話迄




7thインプレッション 13話


        8thインプレッション 14話




9thインプレッション 15話


        10thインプレッション 16話迄




クライマックスインプレッション 20話




キャラクター相関図はこちら



※対立の色分け

 ・青:ルスキニア・リリアーナのアデス連邦・トゥラン王国

 ・ピンク:ヴァサント・サーラ・のアデス連邦と反スルキニア統合軍

 ・緑:ミリア姫・ファム・ジゼル達のトゥラン亡命王国&カルタッファル

 ・オレンジ:死神シルヴィウスのいるアナトレー・デュシス連合王国






●あらすじ (ネタバレ注意)




・17話


 ソルーシュを裏切ったオーランヴァサント側(アウグスタ・サーラ側)に来た。


そして傷だらけになってハミルトンを守ったディーオも合流。




前回命令無視をしたファムを中心としたカルタッファルメンバーは戦線から引かれ、見張り役にされました。


 ※ですよね~~。前回のブログ


で文句言いましたが納得。




アデスは基地の場所が最善と言うこともあり、籠城でサドリの指揮する第1艦隊と交えることにする。


迎え撃つはオーランの率いる第3艦隊とグラキエス空の巫女。




ところがサドリはここで敵をはめる。オーランが味方のような信号弾を放ち、


第3艦隊・グラキエス空の巫女を混乱させる。


それによって一気に有利になる第1艦隊。ミリアオーランが大ピンチ。


もはやこれまでか・・・と言うところに登場!!




待たせたな。迎えに来たぞ。




死神シルヴィウス登場!!


なんと一機で第1艦隊を混乱させてしまった。




一方、ディーオファムアウグスタ・サーラに直訴。


サーラ命による停戦を提案する。




それをのむヴァサントサドリ


停戦交渉に入ることとなった。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






・18話


停戦交渉にアデスへやって来たルスキニア・リリアーナ・サドリ以下。


アウグスタ・サーラの前で停戦会議(交渉)に入るが、


互いの主張ばかりで譲り合うことはなく難航する。




ルスキニア総統更迭・リリアーナ皇女の引き渡しを要求するヴァサント




ルスキニアリリアーナは言う。




連邦の大儀とはこの星の限りある資源を次の世代につなぐことだ。


この世界は小さすぎる。全ての人々の幸せを収めるには・・・あまりにも。




交渉決裂かと思われたところにアウグスタ・サーラの泣きが入って収拾。


子供の皇帝は(ある意味)強い・・・・泣く子とアウグスタ・サーラには勝てない。


誰も、何もおとがめ無しでの停戦が決まった。




しかし、それを納得しない輩は当然いる。




トゥランの国民はなんとミリアリリアーナを殺して、ミリアに王になって欲しいと言ってくる。


グラキエスの空の巫女達も当然納得していない。




 そんな中、リリアーナミリアが話し合う機会を作るルスキニア




私情は捨てなすべき事をなす。それが王族のつとめ。


私は、魔女となる決意をしました。


この星は、私達には小さすぎるのです。


このまま帰還民が増え続け、全てが安楽な暮らしを送ったら、


100年を待たずに再び災悪の時代が訪れるでしょう。




そう言って髪飾りをミリアに渡すのだった・・・






停戦の調印式の日、


グラキエス空の巫女ディアンは、ルスキニアの暗殺を企てる。


直前で気づくリリアーナルスキニアをかばい、楯となり死亡する。




・・・・そう、それは10年前・・・・


リリアーナをかばい、楯となって死亡した前アウグスタ・ファラフナーズと同じだった・・・・




・・・またか・・・・




そうつぶやきショックを受けるルスキニアだった・・・・








●感想




一気に来ましたね~~~!!


リリアーナとミリアが話し、リリアーナが髪飾りをミリアに渡したとき、


なんか嫌なフラグが立ったなぁ・・・・と思ったのですが、一気にフラグ回収するとは・・・。




ルスキニアの前で、大切なルスキニアの理解者が2人とも、同じ理由で亡くなるとは・・・


きっついですね。




そして・・・ディーオの言葉


「エグザイルが近づいてきているのに」


と、リリアーナの言葉


「このまま帰還民が増え続け・・・」


で(今更ながら)わかりました。




エグザイルって今空に浮いている・・・これだけじゃないんですね。


そう言えば1話でもディーオ言ってましたね。




「やあ、君も帰ってきたんだね。全てが帰る星。青い星。」って・・・・


そう言う事だったんだぁ・・・・。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








まだまだこの星に帰ってきている(向かってきている)エグザイルでの移民達はいる。


10年以上前エグザイルが戻って来たとき、昔から住んでいた人々は追いやられてしまいました。


トゥランはその人々にしてみれば侵略者だったのです。




今近づいてきているエグザイルがこの星に来たとき、同じ運命になってしまう人々がどれだけいるのだろう。


そうして考えると、もしかしたらルスキニアの考えていることが大きな目で見ると正しいのかもしれません。




ただ、やり方がまずすぎますね。


何故それをちゃんと説明しないのでしょう・・・・ルスキニアは。




いみじくもオーランがミリアに言いました。


試されているのかもしれません。人が、その立場にふさわしい人物かどうか。



自分だけが幸せなら良いと思う人

家族だけが・・・仲間が・・・国民が・・・星に住んでいる人類全体が・・・


いや、宇宙に住んでいる、元この星に住んでいた人全部が・・・・




 何処まで考えるかによって人の行動は変わります。


でも、その行動が、その立場にふさわしい人物がやっている行動かどうかはわかりません。




これだけの悲劇・人間模様があったのに、


ラストは突然空からやってくる見知らぬ新しいエグザイル民との戦いになる


・・・というぶっ飛び展開にはならないで欲しいのですが・・・・






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








ファムは単なる孤児じゃないみたいですね。


いや、孤児は孤児なのですが、血統が・・・サラブレッドの予感です。




「やはり、ラハーの・・・」


サドリがファムを見てラハーの面影を見ている


このラハーって誰でしょね?


感じ的に皇族っぽいのですが。


ファムはラハーの娘なのでしょうか・・・・




とするとラハーはあの、


飛行機の中で幼きファムを抱いたまま絶命していた女性と言うことになりますが・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








今回、リリアーナの死によって、ついにミリアに入って来てしまったエグザイルのカギ。


もしも・・・・もしもラハーと言う娘がエグザイルのカギを持っていたのなら・・・・




物心つく前からファムもエグザイルのカギを持っていた・・・と言うことになりますが。




果たして・・・・




クライマックス近しですね。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











【送料無料】 ラストエグザイル-銀翼のファム- No.02 【BLU-RAY DI...




【送料無料】 ラストエグザイル-銀翼のファム- No.03 【BLU-RAY DI...




【送料無料】 ラストエグザイル -銀翼のファム- No.04 【BLU-RAY DISC】


















« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第9話迄 感想 | トップページ | モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第9話 感想 »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事