フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ブラック★ロックシューター 第8話(最終回) 感想 | トップページ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第12話迄(最終回) 感想 »

2012年3月24日 (土)

LASTEXILE -銀翼のファム- 第21話(最終回) 感想

リリアーナ、本当にこの世界は変わるのだろうか・・・・



このエンジンの音はファム機です。


われ、アウスグタを救出せり




16匹目の鯨は、大物だったな。



ルスキニアは散り、新しい世界が作られようとしていた。

10年ぶりに再開されたグラン・レースとともに。






LASTEXILE -銀翼のファム- ラストインプレッション 21話




↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






バンダイチャンネル ネット配信






ファーストインプレッション 1話


     2ndインプレッション 3話迄




3rdインプレッション 5話迄


       4thインプレッション 8話迄




5thインプレッション 9話


         6thインプレッション 12話迄




7thインプレッション 13話


        8thインプレッション 14話




9thインプレッション 15話


        10thインプレッション 16話迄




11thインプレッション 18話迄


     クライマックスインプレッション 20話迄







●あらすじ (ネタバレ注意)



前回の続き、ルスキニアのところにたどり着いたファムとジゼル。




サーラ様が目覚めたときには、この世界は変わっている。


というルスキニアに対し、




そんなのは、サーラが望む世界じゃない。



こんな、なにもかもぶっ壊すような船を持ち出して、みんなをいっぱい苦しめて。




と叫ぶファム

ルスキニアは、グランエグザイルが作られた経緯をファムに話す。


グランエグザイルは、滅び行く星に残された民達が作ろうとした、移民船だった。

しかし、結局は完成せず、北の大地に作りかけのままになっていたのだ。


マイストロサーラの元に、世界を統一し平和を導く。その為には手段を選ばない。


あくまでも力による統一を目指すルスキニア


理想だけでは世界は変わらない。


ファムは言う。


これが現実なのはわかっている。でも、私は夢を見たい。



だったら私も飛び続ける。誰かがきっと夢をつないでくれると信じてるから。


ファムの言葉にうたれたのか?ルスキニアはサーラをファムに預ける。




君たちが来てくれて良かった。サーラ様を一緒に連れてはいけない。


そして、一人グランエグザイルに残るルスキニア。


いっぱい殺して、いっぱい悲しませて、大人なら責任くらいちゃんととれよ!


止めるファムだったが、残念ながらグランエグザイルが崩壊を始める。




統合軍はグランエグザイルの主砲だけにターゲットを集中し攻撃する。

崩壊する主砲、そしてグランエグザイル。

使い捨ての主砲・・・なんとそれは、元々はエンジンだったのだ。

みんなを宇宙(そら)に連れて行くために・・・・

そう、グランエグザイルは兵器ではない。移民船だったのだ。


ファム達の帰還をグランエグザイル内で待っていたシルヴィウス他統合軍だったが、

ミリアはここで苦渋の決断、ファム・ジゼル・サーラの帰還を待たずしてグランエグザイルから脱出する。


第1艦隊のサドリも事を知り、全員投降を命ずる。

自分のみルスキニアと命を共にし。


そして・・・グランエグザイルは墜ちた。


世界はアデス連邦として統一。

アウスグタ・サーラの元、平和の象徴、第2回グラン・レースが開催された。


Good tailwinds to you all!






●感想




視聴後の第1声。




孫かよ~~~!!




単なるサドリおじいちゃんの思い出話だったのですね。


全然物語とは関係なかったとは


・・・それなのにあんなにクライマックスで何か有りそうな出し惜しみして・・・


いやはや恐れ入りました!!すばらしい脚本で!!




しかもおじいちゃん死んじゃったし。


自分の孫ひとりぼっちにさせてはいかんでしょ~。


いくら軍人で、あの場面はその選択が正しかったとはいえ・・・・




率直な感想、


う~~ん、後半ちょっと力業が強すぎたかな~~って印象がありますね。




こんなんだったらもう少し前半を端折って後半のストーリーをちゃんとやるとかやって欲しかったかな。


もしくはファムだけにピックアップして戦争による他の人々の人間模様とかもう少し削るとか。


よくわからない、どうしてこうしたんだろうという事が多すぎました。




それからキャラクター達も。


多分1期のキャラを出すためだと思うのですが、ハミルトンとか、不要なキャラでしたよね。


エグザイルの鍵起動してないし、サーラ助けに行っても全然必要なかったし。


ハミルトンを代表に書きましたが、もっともっといますよね。不要なキャラ。




いや、決してつまらない作品なわけじゃないんですよ。


死神シルヴィウスで戦艦15隻墜とす迄の展開なんて本当に面白かったですから。




だからこそ物語の核になる


星に残された人々=アデス連邦


移民をして帰って来た人々=トゥラン・アナトレー・グラキエス


帰っては来たがアデスに攻められ国を追われた人々=カルタッファル・空族


の事をちゃんと描写して欲しかったな・・・・




なんか、アデス連邦じゃなくて、ルスキニア一人が悪だったみたいな結末でしたね。




でもそのルスキニアも元はとても良い奴だった。


最後まで故アウグスタ・ファラフナーズの遺志に従った。


なんか悪役を演じていたとしか思えません。


でも、なんの為にそうしていたのか、最後までわかりませんでした。


・・・想像はつくのですが・・・




結局は自爆するためにグランエグザイルを起動したようなものですよね。


で、その鍵であるアウグスタ・サーラを仕方なく、ヴァサントを殺してまでも連れ去ったと。




最終的には勝てないと読んでいて、しかもファム達が来るのを待っていて、


エンジンがかかってもう必要の無くなったサーラを返すと。




結局何をしたかったのでしょう。


「力による制圧。結果としての平和」


これだったのでしょうかね。ルスキニアは。


前回自分がブログで想像した内容ですね。




じゃなんでそれにリリアーナは同調したのでしょう・・・・


エグザイルの鍵を持っているから?


自分をたてに守ってくれた故アウグスタ・ファラフナーズへのお詫び?


力による制圧って最初リリアーナが嫌っていたことですよね。


奇しくも最終回ミリアが言おうとしたとおり、




リリアーナはルスキニアが好きだった。




だけじゃないかなって思えてしまいます。


エグザイルの鍵を持つ者の重さって言っていたけど、


それは立て前で、結局は恋人ルスキニアについていっただけじゃん・・・な~~んて。




 この二人が死んじゃったのは当然ですが、ヴァサントが死んで、ソリューシュが生きていたのはどういう事でしょう。


 オーランが後ろから撃ったという裏切りでソリューシュが死んだら、最後総統の立場になったオーランに傷がつくからでしょうかね。後ろから同胞を撃って殺した奴が総統なんて・・・てな感じで。


 ヴァサント、無駄死にでしたね。多分、内輪もめを起こしたルスキニア・ヴァサントがいなくならないと、両方の立場になりお互いのことを知っているオーランが総統になれないからでしょうね。


あのままですとヴァサントが総統になる。でもそれはさすがに・・・と言うことなのでしょう。




そしておじいちゃん!!


サドリには死亡フラグが立っていました。ルスキニア第一の理解者ですから、


あの場面での自沈は至極当然ですよね。


で、そのサドリがファムのおじいちゃんだったというびっくり設定!!


これいらないでしょ~~~?


ファムは一体何者?という謎解きもあったのでしょうが、物語とは全然関係ない、


単なる1将軍の家族の問題でした。




そのうえ、その設定にしたため、最後ファムを泣かせてしまうことになります。


あれはファムかわいそうなだけで、それ以外なんの意味もありません。


両親の顔も知らない、天涯孤独だったファムに唯一現れた肉親。


だったらサドリは生かせないといけません。まったく・・・余分な設定しやがって・・・と思ってしまいました。






 疑問点を書くと、止めどなくだらだら出てきそうなので、ここらでやめておいて、


個人的にはミリア姫が良かったですね。ミリアLOVEな作品でした。


姉、リリアーナの下で平和に暮らしていた中から一変、父トゥランがエグザイルによって死に、


そのシーンを目の当たりにするどころか、やったのが(このときは操られていたとはいえ)姉リリアーナだったことのショック。


空族まで落ちぶれたにもかかわらずファム達の力があったとはいえ立ち上がり、


自分の意思でトゥラン亡命政権を作り出し、苦しんでる人々とも会い、いろいろな体験・勉強をし、


魔女リリアーナの妹と言われても負けずに自分の立場を苦しみながらも考え、最後は指揮を執るまでになった。




「アウグスタ救出部隊の回収を断念する。グランエグザイルより離脱する!」




たくさんのアデス連合艦隊を守るため発したファム・ジゼル・サーラを見殺しにする覚悟をして出した離脱命令。


このシーンは最終回の中では個人的には一番の場面でした。




私はこの作品、ファムじゃなくてミリアの成長物語だと思っています。




LASTEXILE 金髪のミリア




と言うタイトルでいいです!はい(笑)


ミリアというキャラクターをみられただけで、この作品はとても良い作品でした。


と言うことで、公式ページのミリアを見て、ファムブログも締めたいと思います。






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言









ミリアかわゆす!





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











【送料無料】 ラストエグザイル-銀翼のファム- No.02 【BLU-RAY DI...




【送料無料】 ラストエグザイル-銀翼のファム- No.03 【BLU-RAY DI...




【送料無料】 ラストエグザイル -銀翼のファム- No.04 【BLU-RAY DISC】















« ブラック★ロックシューター 第8話(最終回) 感想 | トップページ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第12話迄(最終回) 感想 »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事