フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第14話 感想 | トップページ | 咲~Saki~ 阿知賀編 episode of side-A 第1話 感想 »

2012年4月 3日 (火)

アクエリオンEVOL 第14話迄 感想

アルテア最後の子、ジン散る!!




悲しみにうちひしがれるユノハ以下聖天使学園(ネオディーバ)の生徒達。


そして、自分を襲う「死」の恐怖。




これを打ち破らないと、エレメント能力者に未来はない・・・・




不動ZENの強引とも言える特訓の中、エレメント達は復活するのか?


その鍵を握るのは、ミコノ・スズシロだった。








 こちらも昨日のモーレツ宇宙海賊同様、週末にニコ生で1クール目一挙放送がありましたね。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



今後2クール作品ですとこういった手法を使うようになるのかもしれませんね。

確かに途中から視はじめた人にとっては、最初から視ることが出来るありがたいサービスです。

そしてそれは後半の視聴者増にも一役買うはずですし、あわよくばBD・DVDの売り上げにも結びついたら・・・



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




アンケートの結果もやはり高かったです。




アクエリオンEVOL 6thインプレッション 14話迄


ファーストインプレッション 2話迄




2ndインプレッション 4話迄




3rdインプレッション 7話迄




4thインプレッション 8話



5thインプレッション 10話迄


6THインプレッション 14話迄



7THインプレッション 16話迄



↓公式HP

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



ニコニコ動画配信ページ



↓キャラクター紹介ページ

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




●あらすじ  (ネタバレ注意)



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



 イズモとミカゲは気づく。


・・・そう、アマタ・ソラはアルテアへレアイグラーのイブとして連れてきたが空間転移で仮死状態になってしまったアリシアの子供だった。


 そして、カグラの中にある、アポロンとシルフィーの記憶。それを更に引き出そうと軟禁するミカゲ。


それに応えるかのごとく獣の血が暴走し出すカグラ。そのまま地球に向かってしまう。


 イズモはアリシアを復活させているが、ミカゲは創聖の機械天使(アクエリオン)復活を企てていた。




カグラのエレメント能力は「さかさまの力」




・・・・そう!!


「くそ女」は「大好きな女性」。全て逆になるのだ。


愛情は氷の力・・・憎しみへと!!




つまり・・・


EVOLの逆はLOVE




愛の新天地へ・・・カグラはミコノのところへ一直線に狙うのだった。




「俺の、シルフィー!!」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






アンディ・アマタは、


聖天使学園創立記念日にときめきイベントを!!企画する。


 ミコノ・ゼシカ・ユノハはアンディの掘った穴を抜けて男子寮の方に打ち合わせに行く。


カイエン・シュレードも加わり、ジンも道連れにされる。




 ジンのアリシアのフォログラムをみて、映画「アクエリアの舞う空」を中庭で上映することが決まる。


そして、ジンは”真のレアイグラー”候補をユノハ・スルールに決め、連れて行く準備を始めると共に、


アルテアにゲートを開かせることを要請する。


 その通信を聞いてしまったユノハ。




 一方ジンはどんどんとユノハを好きになっていってしまう。一種のピュアーラブストーリーですね。


真実のイブと初恋の人とを混同してしまったジンに、ミカゲはカグラをけしかける。




そう・・・それは「アクエリアの舞う空」上映中の聖天使学園そのものを攻撃してきたのだ。


もちろんターゲットはミコノ。




「俺のクソ女は、どこだぁ~~!!」




そして、ユノハの手をつかみ、ジンは言う。




「ユノハ・スルール、僕と一緒に、来るんだ!!」





かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「信じたくなかった。ジン君あなたはやっぱり向こうの人だったのね。」




ジンの言葉から真実を知るも、強引にユノハを連れ出し、


格納庫から予備のベクターを奪い、逃走する。


次元ゲートにユノハを連れて消えていく。




 聖天使学園内は大変な事態に!!


アンディとMIXは崩れる壁の下敷きになる。


そして、生徒の行方不明は20名以上にも及んでしまった!!




ゼシカ・アマタ・ミコノで発進するベクター。




迎撃合体!Go!アクエリオン!


カグラを相手にするも、




「なんなの?この胸の痛み・・・」




動揺するミコノ


そして、開いた次元ゲートよりエネルギーが・・・・ついにミカゲが不動ZENの前に現れる。




「久しぶりだな、太陽の翼、そのありかは?」




ミカゲと不動ZENはやはり1万年と2千年前からの知り合いのようだ・・・いや、2万と4千年か!?


そして、太陽の翼、ソーラーアクエリオン??




 一方で、ミコノを取り合うカグラとアマタ。


絶体絶命のところでアンディとMIX、そしてゼシカ・カイエン・シュレードに助けられる。




 次元ゲートを閉じるため、断ち切る力を使うため、ジンはユノハと共に戻って来た。


愛の力でついにアルテアを裏切ったジン。それにより次元ゲートを閉じることに成功する。


そして、カグラのアブダクターも破壊!!戦いは勝利した。




「僕は、二度と見たくないんだ!君の涙は!!」




・・・しかし、ミカゲにより、ジンは帰らぬ人となってしまった・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 聖天使学園では合同葬儀が行われていた。


ジンを始め、先の戦闘で亡くなった生徒達の・・・・




悲しみにうちひしがれるユノハは、葬儀にも出ず、部屋でずっと消えたままになっていた。




不動ZENは、ミコノにそんなユノハを部屋から連れ出せと命令をする。


ZENに反発しながらもミコノはユノハを連れ出す。




やっとみんな気づいた。俺たちは生死をかけた場所にいる・・・




シュレードが言うとおり、死を恐れるエレメントは学園を去っていく。


残ったエレメント達に不動ZENが与えた特訓(試練)・・・・それは、




戦死した友が眠る墓で一緒に埋まり、一度(メンタル的に)死ぬと言うことだった。




生への執着を断ち切るための特訓。


シュレード・ユノハを筆頭に、ミコノ以外のエレメント達は意を決して穴の中に飛び込んでいく。




その全てを見透かしたような目、大嫌いです!!




ミコノの意に反し、アマタ・ソラも埋められる。




そして、一方のアルテアでもそのタイミングに合わせ、カグラを羽根で埋めるミカゲ。




地上では・・・


土の中で負のイメージ、死の恐怖と戦うエレメント達。


特にマイナス=絶望が酷いのは5人。




アマタの力:飛翔


ゼシカの力:ねじれ


シュレードの力:音


カイエンの力:絶望


ユノハの力:消滅




生きるのは・・・辛い・・・




個々の力が暴れ、まさに心が死ぬ直前、


ミコノの力:つなぐ力が発動する。




1万年と2千年前からあ・い・し・て・る~♪


(BGMに創聖のアクエリオンが流れたときはじ~んと来ましたね。)




みんなが一度死に、ミコノによって復活した。


・・・と同時に同様に埋められていたカグラも復活した。


なんと、みんなの前に現れて・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




●感想




 1クール目の山場でした。


仲間になると思われたジンのまさかの退場。


確かにそのままエレメントとなって、アルテアと戦えるかというと??ですものね。




こうなる運命だったのでしょう・・・




しかし、すばらしいキャラクターだっただけに残念ですね。


じんとユノハが主人公?と勘違いするぐらいでした。




いろいろな人間関係もキャラクター達にわかり始め、


徐々にキャラクター達が一緒ではなく、単独に動き始めます。




アンディとMIXはもう大丈夫な気がしますが、危険なのはゼシカ、そして、アマタ。


それぞれミコノ・カグラに好きなアマタ・ミコノを取られてしまうのではないかという劣等感がうごめきます。


アマタはまだしも、ゼシカはダークサイドに墜ちそうでやばいですね。




不動ZENの周辺も徐々に怪しくなってきました。


やはり彼は不動GENの転生っぽいですね。




 ばか一直線だった前半を締めるかのごとくシリアスに寄ったこの4話。


いい感じでストーリーも展開してきました。




カグラが突然現れて、この後どうなるか。


それが一息つけば、また少しバカ回に入るような気がします。


どちらにしても目が離せませんね。




本当に面白い作品です。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

  

 ワンクリックいただけると励みになります




Bungee Price Blu-ray アニメ【送料無料】 アクエリオンEVOL Vol.2【Blu-ray】 【BLU-RAY DISC】


Bungee Price Blu-ray アニメ【送料無料】 アクエリオンEVOL Vol.3【Blu-ray】 【BLU-RAY DISC】














« モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第14話 感想 | トップページ | 咲~Saki~ 阿知賀編 episode of side-A 第1話 感想 »

2012 冬アニメ」カテゴリの記事