フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第15話 感想 | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー 第2話 感想 »

2012年4月16日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 第2話迄 感想

私に触れるの嫌?


こうして私に触れてくれるのは、貞一君だけだから。


他の人は触れても気づかない・・・話しかけても聞こえない・・・見ようとさえしてくれない。

誰も気を止めない存在。


それって寂しいですね。


寂しいってよくわからないから。

でも、嬉しいはよくわかるよ。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



私立誠教学園に伝わる怪談の一つ「夕子さん」

その夕子さんの正体は、過去の記憶を全て失ってしまった幽霊。

そして、怪異調査部の幽霊部長。


僕はいつの間にかそんな彼女に取り付かれていた。

そして、それが文字通りの意味であると言うことは、まだ気づかないでいた。




黄昏乙女×アムネジア ファーストインプレッション 2話迄


↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






↓キャラクター紹介ページ

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





●あらすじ (ネタバレ注意)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 私立誠教学園には、怪異調査部という部活がある。

これというのも、この学校、校内で結構怪異現象や目撃情報が起きている。


 その活動記録をノートにまとめる部員の小此木 ももえ(おこのぎももえ cv福園美里)

ところがその部室ではすでにいろいろと怪奇現象が起きている。

・・・が、霊感の弱い彼女は幽霊の存在に気がつかない。


 そう、その幽霊こそが怪異調査部(幽霊)部長、メインヒロインの庚 夕子(かのえゆうこ cv原由実)だった。

その幽霊が見える主人公で部員の新谷 貞一(にいやていいち cv代永翼)と、同じく部員の庚 霧江(かのえきりえ cv喜多村英梨)


 今回の調査は旧校舎で動いていないはずの給食用エレベーター。

調査に行った3人の前で突然動き出すエレベーター。

実は・・・庚夕子が使っていただけだったのだ。

ま、本物の幽霊が使っているわけですから、怪奇現象には間違えないですがね。


部員の中で唯一夕子が見えない小此木だけがびびる!!

・・・これからもこのパターンなのでしょうね。


 この学校の怪談は、夕子が出てくる話が多い。

そして、学校の一番高いところ、裏山に行く坂の途中に「夕子」と書かれた墓らしき物があった。

しかし、遺体はそこにはない・・・・夕子の遺体は学校の部室に有ったのだ。

一体誰がこの墓を作ったのだろう、建てたのだろう・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



しかし、夕子には生前の記憶が無かった。


さっきはこんなとこ知らないって言ったけど、もしかしたら来たことがあるのかもしれないな。


墓の横には鈴が転がっているのだった・・・・



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 2話は、1話から物語の時系列はさかのぼり、幽霊の夕子と貞一がはじめて会ったときのエピソード。


ねえ知ってる?旧校舎の幽霊の噂。どこかに大きな鏡があるんだって。

その鏡の前では何が起こっても絶対に・・・


まさか、これがその鏡ってことは・・・ないよね?


旧校舎に迷い込んでしまった貞一は、その大きな鏡の前に立ってしまった。

鈴の音に引き寄せられるように・・・・。


あらひどい、私そんなに怖い顔しているかしら?


そこで出会ったのが夕子


だって私、旧校舎の幽霊だもの。私は幽霊です。


自分が死んだことの記憶が無い、いつ何故死んだのかもわからない。

未練もうらみももない。思い出すことも出来ないし、知りたいとも思わない。

だから、私が何者なのかなんてどうだっていい。


これがタイトルの所以ですね。アムネジア幽霊。

 ※アムネジア(amnesia)=意味:部分的あるいは全体的に記憶をなくすこと。記憶喪失・記憶消失・健忘症。


夕子から額にキスをもらった貞一は、女子校生の夕子が泣きながら助けを求めている幻を見る。

・・・それは・・・・そう、旧校舎の大鏡。


気づいた貞一は大鏡を壊して・・・見つかったのは・・・夕子の白骨死体だった。

セーラー服を着たまま・・・・。


自分の露わな姿を見られた夕子は恥ずかしがる(白骨死体は丸裸と言う認識なんだww)。


そして・・・結局夕子に取り憑かれた形になった貞一は、

その部屋で夕子自身のことを一緒に調べると言うことになる。


怪異調査部の誕生である。


突然依頼人は現れた。彼女の名前は小此木ももえ。

人形を夕子さんにみたて、隠れ鬼をしたところ人形が無くなってしまい、

そのことによって夕子さんに殺されると思い込み、相談をしてくる。


 隠れ鬼の暗示を夕子の考えによってとり除かれ、平常を取り戻した小此木ももえ。

ところが彼女は貞一君に惚れちゃい、怪異調査部に入部してくる。


ちょっとヤキモチをやく夕子さんであった。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





●感想


原作は全く知らない状態で視聴開始しました。


記憶をなくしたかわいい女の子の幽霊のお話ですね。

PV視たときもっとホラー色が強いかなって思いましたが、(今のところは)そんな事無いですね。

でも、バカテス

まじこい・未来日記

等で最近ちょっと個人的にやられちゃった感の有る高山カツヒコシリーズ構成なので、最後まで油断は出来ません。


ただ監督がバカテス

C3

の大沼心監督ですから大きく裏切られることはないかな・・・とも思っています。

ラストが2期前提になるような最終回にならないと良いけど・・・・(苦笑)


それにしてもオープニング・エンディングが綺麗ですね。

C3も美しかったですが、黄昏乙女×アムネジアもそれに引けを取りません。




 1話の手法が珍しく、前半は夕子さんが見えない状態で、後半は同じシーンを夕子さんが見える状態で演出されました。

 非常に面白い手法だったのですが、結構それが長く、しかも同じ教室内で動きがほとんど無かったのもあり、妙に長く感じました。

で、この作品どうかなぁ・・・と思ったのですが、それ以外はいい感じですし、2話はとても面白かったです。


 自分が死んだ理由を知らない幽霊。その為に恨みもなければ未練もない。

逆に言うと、死因を知り、それがとんでもないことだったら・・・・となりますよね。


 それから、夕子ともう一人の部員霧江が同じ庚という名字というのも引っかかります。

何かつながりがありそうですね。


このままほのぼの幽霊コメディで行くのか?それともホラーになって行くのか?

C3のようなグロ系に行くのか、(視てないけど)Anotherみたいな残虐になるのか?


そもそも、冷静にみると白骨死体が隣に転がっていて、

しかもその幽霊が普通にいる部室。しかもそこで普通に部活動って・・・・もうそれだけでホラーなのですが、

夕子さんがかわいくて、(今のところは)悪霊になっていないため、

ほのぼのコメディにも見えてしまうこの異常性!!

なのに、この作品を面白いと思えてしまう魅力!!


先がまだ見えませんが、個人的には今期早いうちに惹かれた作品の一つとなりました。

う~~ん、わたしも夕子さんに取り憑かれたのかもしれませんね(笑)。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

  

 ワンクリックいただけると励みになります




【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第2巻 【Blu-ray】


【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第3巻 【Blu-ray】


【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第4巻 【Blu-ray】


【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第5巻 【Blu-ray】


【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第6巻 【Blu-ray】




« モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第15話 感想 | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー 第2話 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事