フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« うぽって!! 第4話 感想 | トップページ | モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第17話 感想 »

2012年4月28日 (土)

アクセル・ワールド 第4話迄 感想

もっと先へ!加速したくはないか?少年!




対戦格闘ゲーム


BRAIN BURST




叫べ!「バーストリンク!」




黒雪姫によって入った加速世界!(通常の1000倍)


それは、バーストリンカー達が集う、最強の格闘ゲームの世界だった。






4話でやっと面白さが加速してきました。


・・・・面白くなるまでが長かった・・・・f^_^;。






アクセル・ワールド ファーストインプレッション 4話迄




↓公式HP


アクセル・ワールド








●あらすじ  (ネタバレ注意)




 ニューロ・リンカー(パソコンの進化した物ですね)と呼ばれる量子端末によるネットワークが当たり前で有る世界。


コミュニケーション・決済・仮想世界から学校の授業に至まで、情報革命によりニューロ・リンカーを使い、人々の生活は成り立っていた。




 また、仮想世界では、デュエルアバターと呼ばれる、別のキャラクターを使い、ゲームやコミュニケーションをすることが出来る。また、ケーブルを使い互いのニューロリンカーを直結(ダイレクト・リンク)することで会話をしなくても思念でコミュニケーションを取ったり、アプリケーションのやりとりをすることが出来る。




 主人公で中学生の有田春雪(アリタハルユキ cv梶裕貴)は、背も低く体格も太っていて世に言ういじめられっ子だった。その為にいつも劣等感にさいなまれる自分に自信のなに人間になってしまっていた。仮想世界でのゲームがとてもうまいという事以外は・・・


 しかし、ある日突然先輩で副生徒会長、美人でみんなのあこがれの的でもある黒雪姫(くろゆきひめ cv三澤 紗千香)が春雪に近づいてくる。




 彼女は春雪を「加速世界」での対戦格闘ゲーム「BRAIN BURST」の世界に誘う。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 その世界での操作キャラクター「デュエルアバター」。


それはリアルの心を反映して出来てしまうため、バーチャルゲームの世界では無敵の春雪なのに、


レベル1の低能力キャラクター(SILVER CROW)になってしまう。




 こんな僕を拾ってくれたあの人のため・・・・僕は捨て駒でいい




春雪は黒雪姫のために戦う。例えそれでBRAIN BUSRTの世界から追い出されたとしても・・・




 黒雪姫は過去その世界でレベル9迄強くなった(BLACK LOTUS)


しかし、レベル10にあがるのには非常に厳しいルールがある。


(レベル9の相手に5連勝。1度でも負けると強制アンインストール退会)


その為レベル9同士が協定してレベル10になるのをやめた。


黒雪姫にはそれが耐えきれず、協定を破りレベル10になろうとしたため他のレベル9達に狙われの身となってしまった。




 BRAIN BURSTというゲームは制作者が不明。このゲームが作られた理由も不明。


レベル10になれた者だけが、その理由を制作者に聞くことが出来る。


黒雪姫は、レベル10になりたい・・・




ところが、BLACK LOTUSが黒雪姫であることが、とある人間にばれてしまう。


そこで黒雪姫は春亮に協力を求めたというわけだ。




 しかし、春雪と黒雪姫が仲良くしているのが、


幼なじみの女の子倉嶋千百合(クラシマチユリ cv豊崎愛生)にとっては気分が良くない。


彼女は本当は春亮が好きだったが、


春雪と、もう一人の幼なじみ黛拓武(マユズミタクム cv浅沼晋太郎)が親友でいられるために、


千百合は武とつきあっていたのだった。




 その千百合が黒雪姫を狙っているバーストリンカーだとあたりをつけていた黒雪姫。


春雪に千百合の調査を依頼するが、そこで直結によって春雪が見つけたものは・・・・




BACKDOORウイルス!!




なんと千百合のニューロリンカーにはウイルスが仕掛けてあり、


犯人のバーストリンカーは千百合経由で黒雪姫に戦いを挑んでいたのだった。




それを黒雪姫にいう春雪だが、黒雪姫の本当の気持ち(春雪を好き)には気づかず彼女を泣かせてしまう。


そこへ飛び込む車。運転している荒谷は春雪と黒雪姫への恨みで二人をはねようとしたのだった。




加速世界でレベル9の能力を使い春雪を身をもってかばって車にひかれ、瀕死の重傷を負ってしまう黒雪姫。


最後の言葉・・・・それは告白だった。




春雪君・・・私は君が好きだ。


いつか・・・きっとまた会えるから・・・・




病院の集中治療室で危篤状態、危険な状態のまま治療を受ける黒雪姫。


一人待合室で黒雪姫の安否を気遣う春雪。




ここで予想外のことが起きる。


黒雪姫の脳波を取るため彼女のニューロリンカーは院内ネットワークにアクセスしたままになってしまう。


こんなところをバーストリンカーに狙われたら・・・・彼女のレベル10への夢は消えてしまう。




それを守るため、春雪は戦うことを決心する・・・が、そこへやってきたのは幼なじみで親友でもある武だった。




バーストリンク!!!




BLACK LOTUSを狙うCYAN PILE




なぜ?どうして??




果たしてSILVER CROWBLACK LOTUSを守ることが出来るのか?




いや、その前に・・・間に合うのか??






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








●感想




強烈な厨二アニメです!!設定の嵐!!!




現実の世界で戦う対戦格闘ゲーム、そしてそれにからむラブコメ。




ところがこれが結構面白いです。


私は対戦ゲームの世界は初期のバーチャファイター・鉄拳で終わっているので、


通信機能を使った対戦格闘ゲームは全く詳しくありません。


でも、それでも一応はついて行けるかなと・・・・。




でも、最初の2話迄はきつかったです。


ゲームをプレイするにあたって、操作説明書を読んでコマンドやルールを覚えないと行けない。


この作品、3話迄はその操作説明書にあたります。


説明が長い長い・・・・・セリフが多い多い・・・・会話シーンだから画面の展開が無い無い(苦笑)




途中何度か眠くなりましたよ。というか寝たな~~(笑)。




でも・・・・なんでだろう・・・・切らなかったんですよね。


まあ、前評判が高かったというのもあるのですが。




で、やっと3話で説明書も終わり、4話で物語が動きました。


面白くなってきました!!




ふとブルーレイの発売予定巻数みたら8巻迄・・・ということはこれ2クールなのですね。


物語の展開が遅い理由がわかりました。1クールで3話使って設定説明あっても・・・ねぇ。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 ぱっと思ったのが、なんとなくウイングマン


に似てるな~~~。ということです。


舞台が中学校。


ヒロインの願いを叶えるために戦う主人公。


そして、主人公のスペックをもらった


黒雪姫 - アオイ。




戦う世界は現実がほぼ止まっている世界。


加速世界 - ポドリアルスペース




幼なじみがかわいそうポジション


倉嶋千百合 - 小川 美紅




ってな感じですか。


ただ大きく違うのが主人公。


ウイングマンの広野健太は、スペック高くないが正義の心に満ちた好青年。




こっちの春雪は・・・劣等感の固まりのような人間。


しかも外観はさすがの猿飛

の肉丸君ときたもんだ。




だから、黒雪姫や千百合がストレートに好意を出してきても、完璧に跳ね返す。


ある意味めんどくさいキャラ(笑)。




まあ、こういったキャラがもてるのがアニメでも現実でも有るので、


あばたもえくぼ


という言葉があるのでしょうね。




でも、正直この二人のヒロインがいいキャラなので、3話迄つまらなくても視ていられたのでしょう。


ラブコメというより、バトルアニメだと思うので、これから先の展開が楽しみでもあり、


厨二過ぎるとついて行けなくなりそうで不安でもある作品なのでした。




神のみぞ知るセカイでも思いましたが、最近はこういったバーチャルとリアルがぐっちゃぐちゃになる作品が多いですね。


・・・・面白いのが玉にきずですが。ということは私も厨二なのでしょうね・・・・f^_^;。



厨二ついでにちょっとだけ突っ込みます・・・

・中学生の娘が危篤状態なのに次の日まで来ない黒雪姫の家族・親族・・・・

・集中治療室で全裸で治療中の黒雪姫の画像が外のモニターで見られる病院・・・


・・・・どうなんでしょうf^_^;。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











【送料無料】アクセル・ワールド 2【初回限定版】【Blu-ray】




【送料無料】アクセル・ワールド 3【初回限定版】【Blu-ray】




【送料無料】アクセル・ワールド 4【初回限定版】【Blu-ray】




【送料無料】アクセル・ワールド 5【初回限定版】【Blu-ray】




【送料無料】アクセル・ワールド 6【初回限定版】【Blu-ray】




【送料無料】アクセル・ワールド 7【初回限定版】【Blu-ray】




【送料無料】アクセル・ワールド 8【初回限定版】【Blu-ray】









« うぽって!! 第4話 感想 | トップページ | モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第17話 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事