フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 非公認戦隊アキバレンジャー 第5話迄 感想 | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第5.5話「あったかい風の想い出なので」 感想 »

2012年5月 6日 (日)

黄昏乙女×アムネジア 第5話迄 感想

夕子さんは、霧江さんのおばあさんのお姉さん。


その姿は、見る人の見たい姿に見える幽霊。


存在を意識していない人には姿どころか、行動さえも見えない。




謎なんて、解けてしまえば退屈なもの。


私の記憶なんて、思い出してしまえば退屈なもの。


そんなもののために、「今」が壊れるくらいなら・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








黄昏乙女×アムネジア 2ndインプレッション 5話迄




ファーストインプレッション 2話迄






↓公式HP


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








↓キャラクター紹介ページ


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言










●あらすじ (ネタバレ注意)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






君の後ろの女の子について話をしたい。




新谷貞一のポケットに入っていたメッセージ。


それは、庚霧江からのだった。


彼女は貞一に忠告をする。




君に取り憑いているのは、悪霊だよ。


もし見てはいけない物が見えてしまったら、私は見えていないフリをするよ。




ねえ、貞一君には私はどんな風に見えてるの?




貞一の見ている夕子は夕子本人が鏡で見えているのと同じだった。


しかし、霧江がその場に現れ突っ込むと、そこには酷く醜い夕子が見えた。


彼女は幽霊、庚夕子さんの血縁だった。




夕子は50年前に死んでいたのだった・・・・




僕はもっとしっかり夕子さんを見ないといけないんです!!


夕子さんと向き合うために。




貞一と霧江の二人は夕子の死体のある場所に行く。


そこでみたものは、




足の骨が折れている夕子の白骨死体の他に・・・・神殿があった!!




この学園が神社の後に建てられたことによるたたり、


実は夕子さん自体が神隠しにあって消えた(たたられていた)ということらしい・・・




霧江は夕子が悪霊ではないと判断。


貞一・小此木 ももえと一緒に夕子さんを調べることにし、怪異調査部に入部する。






かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 怪異調査部は旧校舎の宿直室で夏休み強化合宿を行う。


霧江貞一小此木はやる気満々だが、夕子は何故かすねている。


単に夏休みで貞一にほったらかしにされたからという理由だけだった。




霧江が合宿を行った理由は、怒りと憎しみに満ちた「影」。


それを調べたいためだった。




この学園には、確かに悪霊が存在する!




しかし、それは当初霧江が思っていた夕子ではなかった。


この学校には「夕子さん」以外にもたくさんの怪談がある。




今回の怪談は


「宿直室の幽霊」


 ・宿直室のドアとたたく音がするがそこには誰もいない


それは夕子のせいだった。冬に夕子が暖を取るために。




そして・・・




「呪い石」


 ・石に名前が書いてあり、自分の名前を見つけたその人は呪われて死ぬ。


実際にその石は有ったが、全然呪われていなかった。




人は、自分で信じる・信じないの選択すら出来ないことに気づかない。


無意識のうちにでも信じてしまえば、そこに呪いの力が生まれる。




学園から二つの怪談話が消えた。




しかし・・・影には謎の笑う影があった・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「誠教祭」


学園祭でお化け屋敷の出し物をする怪異調査部。




幽霊は本物の夕子さん。




何でこんなに不愉快なんだ!?




夕子さんと貞一がいちゃいちゃしているのを見ていらつく霧江


実は彼女、とっても恐がりだった。




 貞一が思っている以上にお化け屋敷は盛況で、みんな夕子さんの幽霊を見てしまう。


見えると思える状況になると、普段は見えない人でも夕子さんの幽霊は見えてしまうらしい。




一方、霧江はももえ達の策略で妹喫茶(メイド系喫茶)の手伝いをさせられる。


これがまたかわいい!!


霧江のおかげで大盛況。無事学園祭初日を終える。




鏡を見て霧江は気づく。


ウイッグをつけて髪の毛を長くすると、自分が夕子さんにそっくりなことを。




何で?何でこんなに不愉快なんだ!!




それって私に似てるから?あなたは私が気になるのね?


あなたは私に憧れてるのよ!!




霧江は自分の気持ちを貞一にぶつける。




夕子と見間違えないんだな。新谷は夕子の何処が良いのだ?


私より夕子の方が優れているのか?夕子は幽霊なんだぞ!!




人を好きになるのに、幽霊かどうかはあんまり関係無いんじゃないですか?


霧江さんだって女の子じゃないですか。




このお化け屋敷は・・・自分の怖いものが見えるんだったな・・・




私がさっき見たのは夕子自身じゃない、


私が怖いと思ったのは自分を好きになれなかった自分自身。




夕子さんに対する嫉妬も減り、初めて夕子に触れ、


そして、自分に少しだけ自信を持てた霧江だった。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






●感想




幽霊には触れることが出来る。


そして、見ることが出来る。その姿は、見ている者がイメージしている姿で映る。


だから、そこに幽霊を感じることが出来ない者には見ることもできないし、存在すら感じない。




この設定言い得て妙ですよね。


的を得ています。


現実に幽霊を見たという人や霊感の強い人はこうなのでしょうかね。


私はどちらかというと小此木 ももえちゃんタイプなので、全然鈍感なのですが(笑)。






 3話で霧江が怪異調査部に加わった理由の紹介。


これでプロローグ終了って感じですかね。




4話以降は、怪異調査部の4人がだんだんと打ち解け合っていき、


この学校の怪談話の謎を解いていき、


最後は霧江がみた悪霊の謎を解いて、最終回って感じかな。




でも、来週のサブタイトルが「復讐乙女」だから、


もしかしたらいきなり核心に迫るのかも。


ま、原作も知らないので、勝手にこういう想像をしています。


原作ご存じな方すみません。




五話迄視ましたが、どうやら本当に夕子さんは悪霊では無さそうですね。


世に言う地縛霊?


ただ、3話の状況からすると、たたりを沈めるために・・・世に言う「いけにえ」になった可能性もありますね。


いけにえになった女の子って、後悔や無念は無かったのだろうか。


まあ、これは夕子さん自体がアムネジア(=忘れてしまっている)状態だからなので、


自分が死んだ原因と、その時の気持ち、それらを思い出したときどうなるかですね。




私の記憶なんて、思い出してしまえば退屈なもの。




と言えるのかどうか。




とにかく、幽霊と一緒に怪談話を解決していく・・・言ってみれば「名探偵コナン」のようなものなので、


人気が有れば2期・3期と続けることは可能な作品です。




ただ、、、根本的にはホラー色が強いにもかかわらず


「夕子さん萌え」「夕子さんエロイ!」という方面に傾いているので、


だらだらと同じような展開が続くのなら飽きるのも早いかも。




でも、今はとっても面白いです!!


幽霊っぽい時の夕子さんは結構ぞくぞくっと来ますし、

肌を晒しているときの夕子さんは大人の色気満載です。


本当、毎週楽しく視ています。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第2巻 【Blu-ray】




【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第3巻 【Blu-ray】




【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第4巻 【Blu-ray】




【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第5巻 【Blu-ray】




【送料無料】黄昏乙女×アムネジア 第6巻 【Blu-ray】












そこあに




« 非公認戦隊アキバレンジャー 第5話迄 感想 | トップページ | たまゆら ~hitotose~ 第5.5話「あったかい風の想い出なので」 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事