フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 謎の彼女X 第10話迄 感想 | トップページ | 這いよれ!ニャル子さん 第10話 感想 »

2012年6月14日 (木)

黄昏乙女×アムネジア 第10話 感想

今、村は大変な時なの。みんなで助け合わなければ!

大丈夫!私は死なないから!!

助け合わないといけないときに、1人だけ逃げるなんて出来ない!!

夕子さんって本当は、こんなに感情豊かな人だったんだ・・・
普通の女の人だもんな。

良かった、アサちゃんは人柱にならずにすんだんだ・・・私が人柱になれば・・・
私が死ねば・・・アサちゃんや紫子にはなにも・・・良かった・・・これで良かったんだ・・・

怖い!怖いよ・・・死ぬのは・・・私死ぬのは・・・嫌ぁ!!


鈴は二つあった・・・・一つは夕子が持ち、もう一つは・・・

この景色は・・・60年前の記憶。夕子さんの中の。
・・・いや、夕子さんが捨てた影夕子の中の記憶・・・

そして、学校の怪談の一つ。「アカヒトさん」
「赤人さん」ではなく「銅人さん」と書いた。

そう・・・夕子さんの生まれ育った地域は昔鉱山(銅山)だったのだ。
その村で流行った疫病・・・・それtが全ての始まりだった・・・・

神回!!

今回(と次回も多分そう)、夕子さんLOVE萌えでご覧になっている方で、
ホラーや悲劇が苦手な方や、心臓が弱い方はご覧にならない方がよいと思われます。

・・・・あ、当時の夕子さんの着替えシーンが見られるOP前のアバンまでならOKですよ。



黄昏乙女×アムネジア 7thインプレッション 10話

ファーストインプレッション 2話迄
2ndインプレッション 5話迄
3rdインプレッション 6話
4thインプレッション 7話
5thインプレッション 8話
6thインプレッション 9話

画像入りの同じ記事はメインブログのこちら

↓公式HP
Img01

↓キャラクター紹介ページ
O0528035011919810925_3


●あらすじ (ネタバレ注意 神回故今回は特に!!)
20120612_101000bmp

夕子さん?いけない、見ちゃダメだ!でも目を背けることが出来ないぃ~!
・・・・そうか、これは夕子さんの記憶の中!

影夕子の記憶の中に入り込んでしまった貞一
記憶の中のため何も出来ない代わりに夕子が味わっている感触は伝わってくる。
※記憶ですから脳からの信号で感覚は共有できるのでしょうね。

60年前、その村には疫病が流行っていた。

村の娘、アサちゃん(cv平田真菜)の家は家族全員疫病で亡くなってしまい、残るはアサ1人となっていた。
彼女も体調を崩していた。夕子は看病と疫病と思うアサの元気づけに通っていたのだ。

夕子の妹であり霧江のおばあさんである、庚紫子(かのえゆかりこ cv佐藤聡美)は、姉さんにまで疫病が移ってしまってはと看病に行くのをやめろと言う。
だが夕子は、
ただの風邪なのになんてことを言うの?今村は大変なのだから助け合わないといけません!
と、紫子の頬をぶち、たしなめる。

夕子姉ちゃんの嘘つき!父ちゃんも母ちゃんもばあちゃんもみんな・・・・
わたしも、もうすぐ疫病で死ぬの・・・

弱気になっているアサに夕子は自分が二つ持っている鈴の一つを分け与えてお守りとする

お見舞いの帰り、不安になって来た紫子と共に夕子は村人達がこっそり会議をしている所で聞いてしまう。

人柱じゃ!!

疫病は戦争の空襲で焼けた神社の跡に学校を建てたたたりだと言う村人達。
学校の下に残っているほこらに生け贄を奉ることにするが、
問題は誰を人柱にするのか・・・さすがにそれは決められない。

そこで、村人の中から「銅人(あかひと)」を決め、
銅人が口にした名前の者を人柱にすることに決める。

それを聞いてしまった夕子と紫子は、アサを自宅にかくまい、
村人達に何とかしてやめさせることが出来ないか考える。

・・・ところがアサが突然家から消える。
アサが人柱(生け贄)にされたと勘違いした夕子は、アサを助けにほこらに行くが・・・

村人達は、アサを銅人にしたのだった。

夕子お姉ちゃん!!

アサが呼んだために、結局は夕子が生け贄にされてしまう。
地下のほこらで1人気がつく夕子。足の骨が折れていた。

良かった、アサちゃんは人柱にならずにすんだんだ・・・私が人柱になれば・・・
私が死ねば・・・アサちゃんや紫子にはなにも・・・良かった・・・これで良かったんだ・・・

手をふるわせながら自分にそう言い聞かせる夕子だったが、
ほこらにある鏡に映った自分の醜い顔を見て本当の心が表に出てきてしまう。

怖い!怖いよ・・・死ぬのは・・・私死ぬのは・・・嫌ぁ!!
だれか!!お願い助けて、ここから出して!!
助けなさいよぉ!!いやぁ~~~~~!

しかし助けは来ない。
夕子は自分がこんな目にあったのは銅人、アサのせいだと思ってしまう。

あの子が憎い・・・

私はなにを考えてるの?あの子が悪い訳じゃない・・・

ここで夕子の精神が分裂する!!

それは私じゃない。私は怒ったりしない・・・悪いのは私じゃない。
他の誰か。私は憎んだりしない・・・

そう!憎んだのは私!!
憎い!私を生け贄に生き延びようとした者が憎い!私を殺した者が憎い!!
憎い!憎い!憎い!憎い!!


これが・・・影夕子の記憶・・・これが・・・夕子さんの怪談の始まり。

私はここで何をしてるの?

私を切り捨てたあなたが・・・憎い!!

ねじ曲がって行った結果、あなた=夕子になってしまった影夕子・・・
次回「紅涙乙女」に続く


●感想

鳥肌が立ちましたね。

話の展開は前回思った以上の悲惨なお話でした。
当時の夕子さんの性格も全然違いました。

決して聖人ではなく、感情が豊かな、本当に普通のかわいい女の子でした。

自ら人柱になるのを選んだのではなく、そんなバカな儀式をやめさせようとしたんですね。
で、一番危なそうなアサちゃんをかくまうが、そのアサちゃんが人柱ではなく銅人さんに祭り上げられてしまうとは。

 そのせいで、夕子はそのまま人柱にされてしまうが、
村人を憎む気持ちがだんだんと自分の名前を呼んだアサちゃんに向いて行ってしまいます。
その思いを恥じた途端、そこでついに夕子と影夕子が分裂するんですね。
精神の崩壊というやつです。

影夕子はその時点で夕子より先に悪霊に変化!!
※この時点でお守りの鈴を影夕子の方が持って行ってます。
アサちゃんとのつながりは影夕子の方が根深いので当然でしょうね。
ここ、キーポイントだと思います。

実体の夕子はそのまま果てて行ったのでしょう・・・・
果てた時点で、今のかわいい夕子さんが幽霊化したのでしょうね。
こんな状態では生前の夕子さんは恋なんてしている余裕は無かったでしょうから、
貞一が始めて好きになった男の人というのはあながち嘘では無さそうです。
今夕子さんが貞一にべたべたなのも、嫉妬深いのも妙に納得です。

でも、これで夕子の記憶は終わりでしょうか?
前回の夕子の方の記憶ではもっと悲惨なシーンが有りました。

 また、人柱の件は紫子も聞いていましたし、
アサちゃんも自分のせいで夕子さんが人柱にさせられたのを知っています。

アサちゃんはあの後だけにトラウマになるのは仕方無いですが、
紫子は夕子が行方不明になった時点で、姉が人柱になったのでは・・・と思うでしょう。
ほこらに姉を助けに行こうとは思わなかったのでしょうか・・・・
例えその時じゃなくても、学園に夕子さんの怪談が流れ始めたら地下のほこらを探して夕子の遺体を探し、供養しようとは思わなかったのでしょうか・・・
孫の霧江に細かく話していないのと、夕子の怪談が生け贄から神隠しに変わっているのをみると、
紫子さんもトラウマになっているのでしょうかね。

この辺りが次回のクライマックスにかけて展開していきそうな気がします。


 1話で出てきたかえで坂の途中にある夕子の名前の彫ってある墓。
そこから鈴が出てきています。
ということは、あのお墓はアサちゃんが建てたのでしょう。
あのときにお守りとして夕子からもらった鈴を埋めて・・・・

影夕子と夕子が一つになるのは、この辺りがキーポイントになりそうですね。
OP、教室とか屋上に降ってくる演出もかえでの葉っぱですしね。

 それから2話、鏡の前で初めて夕子さんと貞一君が会ったとき、

あら、ひどい!私、そんなに怖い顔しているかしら?

と夕子さんは言いますが、
10話、同じ鏡の前で貞一が影夕子の記憶で見た顔は・・・とても怖い顔をしていました。

6話の銅人さん、気が狂ってしまった同級生達は、そのまま10話の村人達を連想させられます。
偽りを捧げた罪は重い・・・

もう1話から伏線がてんこ盛りです!!
クライマックスがどういう展開になるのか、そしてラストは・・・・?
この学園の怪談は全て夕子さんのことがねじ曲がって伝わったもの。
謎(60年前の真実)もクライマックスです。

・動くエレベーターの謎 → 今の夕子さんが移動のために使っていた
・宿直室の怪談 → 夕子さんが暖を取りに来ていただけ
・夕子は神隠しの幽霊  →  夕子がたたりで神隠しにあったとねじ曲げられた

・合わせ鏡の呪い → 夕子が人柱の時に見た恐ろしい顔をした自分
・怪人銅人(あかひと)さんの噂 → 夕子が60年前人柱になった原因
・呪い石 → 疫病で亡くなった人達の慰霊碑
残るは、
・かえで坂の途中にある夕子さんのお墓 → おそらくアサちゃんが建てたのでは?

そして、物語の始まりである疫病・・・
これ、たたりなんかじゃなく、「足尾銅山鉱毒事件」と同じで、
鉱山の村故の公害によって、次々と人が亡くなっただけ
なのでは・・・・・

 夕子さん萌え萌えでゆるい幽霊LOVE作品を楽しんでみえた方には衝撃展開ですので、
原作ご存じな方には賛否両論有りそうなオリジナルストーリー展開ですが、
私はとても面白くて仕方有りません。

私、こういう展開大好きなんです。
鬱展開やバットエンド作品苦手のくせにですf^_^;。

なので、ここ数話で「黄昏乙女×アムネジア」が「うぽって!!」や「謎の彼女X」、「坂道のアポロン」を一気にまくって今期1クール作品ナンバー1にのし上がってきています。
ただ、ラストがハッピーエンド大前提なので、
ラストでブラック★ロックシューターのようなナンバー1作品になるか、
Airのようなトラウマ作品になるのかが決まります。
※ちなみに今一番びびっているのはそらのおとしもの。
 どっぷりつかっているだけにこれが最後エンジェロイド達が悲惨なことになるバットエンドだったらとんでもないトラウマになりそう・・・

お願いだから黄昏乙女×アムネジアもそういうバッドエンドにはならないでね。
夕子さん成仏で消滅みたいな。
(多分途中の展開からしてこの作品は大丈夫だろうという確信がありますが。
ただうやむやにして投げたまま終わりそうな可能性が・・高山カツヒコ脚本ですし・・・
原作継続中の大沼心監督作品ですし。)

・・・・影夕子成仏で終わりだろうなぁ・・・・お墓から出てきた鈴がキーポイントで。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« 謎の彼女X 第10話迄 感想 | トップページ | 這いよれ!ニャル子さん 第10話 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事

コメント

生前の夕子目線の映像が凝った物でした。
ただあくまで影夕子目線なので、縁子目線や他人からの
 目線が無いと真実には到達しないとは思いますが、どこまで
 放送するのでしょうか?
そこがキ-になりそうです。
あまり暗い展開ばかりも疲れそうで・・・

影夕子と一体化するのか?
影夕子も喜怒哀楽全てを感じられるようになるのか?
貞一と霧絵がどう絡んでくるのか?
あさちゃんのその後も含めて、次回が気になりますね。

ただ時代背景が60年前よりも古い時代なら分かるような
 設定に思えます・・・

>ぬる~くまったりとさん
>あまり暗い展開ばかりも疲れそうで・・・
ホラー?と思った人達が、え?、っと思うほどの前半萌え萌え展開でしたから、
一気に来た急展開にこれは疲れますよね。
ここ数話で一気に悲劇になっていますから・・・

そうなんですよね。紫子やアサちゃん視点がまだ無いんですよね。
それが次回かなって思っていますが、このまま記憶から貞一君でてきそうなのでその辺りがうやむやになりそうなのが不安です。

>時代背景が60年前よりも古い時代なら分かるような設定に思えます・・・
わたしもそう思いました。昭和30年だとさすがにこれは・・・。
私のおじいちゃんやおばあちゃんは結構信じていたので、時代設定は大正か明治ぐらいにしておいた方が良かったかなっておもいます。ひいおばあちゃん、いやひいひいおばあちゃんぐらいですよね。
あの村で会議していたのがじいちゃん達ばかりなら納得ですが。まあその辺りも伏線はっていて、あれ、あいつらだけでこっそりやっているんですよね。ほとんどの村人達は夕子さんと同じ考え(こんな科学の時代にそんな迷信で人柱なんてありえない)だったのでしょうね。
なので、呪いの石(慰霊碑)に夕子さんの名前が載っていたのでしょう。疫病で死んだとあいつらがねじ曲げたのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/54942669

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏乙女×アムネジア 第10話 感想:

» 黄昏乙女Xアムネジア チバテレ(6/10)#10 [ぬる~くまったりと]
10ノ怪 喪失乙女 夕子の記憶を追体験する貞一。何故か子供の貞一。50年前の影夕子の記憶。妹の縁子が麻の所に行くのを止めろと話す。姉様に疫病がうつったら・・・ 銅山の村、麻ちゃんの家に向かう夕子。弁当を持って来たが元気がない。両親も姉も死んだ。自分も疫病で死ぬと思い込んでいた。飴をあげようと缶入りドロップを手渡す。鈴をお守りとして渡す。 紫子が心配して待っていた。村人が村長と共に学校に向かって集まっていた。二人で学校に向かう。衣服や家財道具も全て燃やしたが疫病の 進行が止まらない。どうすれば良いんだ... [続きを読む]

» 黄昏乙女×アムネジア 第10話 『喪失乙女』 [こいさんの放送中アニメの感想]
今回は見るのが怖い。夕子さんの色香に迷ってる余裕とか無さそう。貞一が過去の夕子の記憶と感覚を共有。いよいよ夕子が失った記憶=アムネジアの真実が語られます。今更ですがアムネジアは英語で「健忘」、特定記憶の欠落を意味します。 昔といっても昭和27年、戦後であり高度成長期を目前にした現代です。当時町では病気が蔓延、犠牲者は増える一方という状況でした。因みに当時は銅を採取していたそうで、それって病気じゃなくて鉱毒なんじゃね?足尾鉱毒事件とか田中正造が頭をよぎりますが、アチラは1890年(明治23年)頃の話... [続きを読む]

» 黄昏乙女×アムネジア 十ノ怪「喪失乙女」 [無限回廊幻想記譚]
新谷貞一は影夕子を通じて庚夕子の捨てた過去の記憶を覗く事になる。何故かいきなり夕 [続きを読む]

» ◎黄昏乙女×アムネジア十ノ怪「喪失乙女」 [ぺろぺろキャンディー]
→影ユウコの記憶がテイイチに・ユウコさんが着替え始める。|60年前の記憶、影ユウコの記憶|胸の重さが、ユウコさんの記憶が僕に。ユカリ:姉さま。|ユウコさんの妹、キリエさ... [続きを読む]

« 謎の彼女X 第10話迄 感想 | トップページ | 這いよれ!ニャル子さん 第10話 感想 »