フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 這いよれ!ニャル子さん 第12話迄(最終回) 感想 | トップページ | 坂道のアポロン KIDS ON THE SLOPE 第12話(最終回) 感想 »

2012年6月29日 (金)

黄昏乙女×アムネジア 第12話(最終回) 感想

私以外に幽霊って見たことある?

この世に幽霊なんて存在しないの。

例え存在しても、いつまでも現世にとどまれない・・・・

だから・・・

貞一君、いままでありがとう・・・そして・・・さようなら・・・・

 

良い終わり方でしたね。

原作続き物ではこれ以上はムリかな~って思う終わり方でした。

一つの作品としてはまあ、綺麗にまとまっていたかなって思います。

・・・私がひねくれているだけなんですよ・・・f^_^;

黄昏乙女×アムネジア ラストインプレッション 12話

ファーストインプレッション 2話迄       2ndインプレッション 5話迄
3rdインプレッション 6話            4thインプレッション 7話
5thインプレッション 8話            6thインプレッション 9話
7thインプレッション 10話           クライマックスインプレッション 11話

↓公式HP
かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


●あらすじ (ネタバレ注意)
20120626_185251bmp

貞一君!デートしよ!!

 夕子の死体も正式に発見され、検死の後無事葬式も済まされた。
地下のほこらは移転して奉り直され、アサちゃんの作ったお墓も庚家の墓に移す。
そして旧校舎は取り壊されることなく残ることになった。

そんな後、影夕子とついに一つになり、本当の庚夕子の幽霊に戻った夕子さん貞一と学校内でデートをする。

・初めての誰の邪魔も入らない2人だけのデート
・初めて出来た、だし巻き玉子を貞一君にあ~ん
・とても幸せな、2人のひととき

・・・しかし・・・その時はだんだんとやってきてしまう。
幽霊は、この世の未練や怨念が無くなったら・・・
・・・成仏してしまうんだ・・・

そう、これは夕子さんにとって自分が消えると言うことを悟っていた、最後のデートだったのだ。

いままでありがとう・・・そして・・・さようなら・・・・
貞一君、お別れしましょう・・・

影夕子と一緒になってわかる、影夕子も貞一が好きだったこと。
最初に貞一を読んだのは影夕子だったと言うこと。

だから・・・夕子さんのこの世の未練は無くなってしまったのだ。
何とかして成仏を止めようとする貞一に対して、夕子さんは言う。

私がいなくなった後も、貞一君は生きていかなければならない。
貞一君は新しい人を見つけて、新しい恋をして、新しい幸せを手に入れないといけない。
その為には、早く私を忘れないといけないの・・・・

1人寂しく消えようとする夕子さんを止め、最後まで一緒にいるという貞一。
2人一緒に、初めて会った旧校舎で最後の時を過ごす貞一と夕子さん。

ついに夕子さんの声も聞こえなくなり・・・姿もどんどんと透けていき・・・・

そして・・・お別れの時は来た・・・・

最後のお別れに・・・2人、そっと口づけをする・・・

そして・・・・夕子さんは消えてしまった・・・

さようなら 夕子さん・・・・

 

 夕子さんが消えた後、貞一は小此木ももえと一緒に真・怪異調査部を作る。
そして・・・貞一の初恋は終わり、少年は一つ大人になる。

・・・※やっぱここで終わって欲しかったですね~。
ここで終わればハッピーエンド。「あの花 」の最終回同様、
個人的には感動の王道最終回だったかな。

 

だが夕子さんは現れた。

あ~あ、開けちゃった・・・・(ここでのOP挿入は良かったですね)

ただいま!!

この世に心残りなんて無かった筈なのに・・・最後にした貞一とのキスが忘れられなくて。
そのキスがすごくて、この世に未練が残っちゃったんだと・・・・f^_^;

んなあほな~~!!!
さすが高山カツヒコ脚本。おみごと!!(大爆笑)。

 

●感想

クライマックス、最後のデートを楽しむが、どんどんと姿が透けていく夕子、
そして、それを何とかして止めようとする貞一、別れたくないけど別れようとする夕子さん。

本当は涙ぽろぽろのシーンなのですが・・・・普通の私なら涙しながら視ているはずなのですが・・・
にやにや笑って視ていましたf^_^;。

さあ、高山カツヒコさん、どうやって夕子さん帰って来るオチをつけるんだろうなぁ~って。
いかんですね・・・裏読みなんかせず、素直に作品を楽しまないといけないんですけどね・・・

 キスしたことによってこの世に残りたくなったって・・・f^_^;

貞一君と一緒にいるデートより、キスするという行為の方が未練強いんですか。
まあ、あのデートは夕子が生前できなかったデートという行為、
そして幽霊の時出来なかったお弁当あ~んとか、夕子の心残りをクリアして成仏しようとする、
未練を断ち切るための夕子さん決意のデートでしたから、わかるっちゃあわかるんですよね。

それにしても、
キスが出来なくて未練が残ったのではなくて、
キスしたことにより未練が出来たとは・・・もう大爆笑してしまいましたよ。
たしかに、本能で動く夕子さんらしいとえばらしいのですが・・・・(笑)

だとすると、S●Xしちゃったら、あまりの気持ちよさに成仏どころか、
どっかの愛人ドロドロ劇のごとく、まさに幽霊!
これからずっととり憑かれてしまうのでしょうね(大爆笑)

 

 私は、戻って来た夕子さんが貞一に「キスが・・・」と言った時、

実は最後のキスが出来ずに、互いの唇が触れるか触れないかのところで夕子さんが消えたんじゃないか

と思ったんです。
キスできなかったことが心残りで成仏できなかったと。
これならオチとしては最高に面白かったですねぇ。

 キスすると夕子さん成仏しちゃうので、この先2人はキスできない。
でも2人は好き合っているからキスしたい・・・
う~~ん、これはこの後大変だって!。まさにホラーコメディ!!(爆笑)。

でも、ちがいましたね。裏読みしすぎですね。・・・・反省f^_^;。

 

 幽霊モノの本当の意味でのハッピーエンドとは、成仏することだと私は思います。
なので、この作品ですと、夕子さんが消え、貞一が小此木と霧江の3人で真・怪異調査部を作り、
新しい一歩を踏み出そうとした、あのシーンで終わるのがハッピーエンドだと思います。

夕子さんはかわいそうかもしれませんが、でも、劇中で夕子さんが言っていたように(↑の赤字の所)、
貞一が夕子を心の中の初恋の相手とし、中学1年生の少年が大人になるための良き想い出となる。
これが、貞一の本来の幸せだと思います。
そして幽霊は成仏することが本来のハッピーエンドなんです。

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 」が王道ですね。
なので、あそこで終わっておけばこの物語は神作品だったといえるのですが、
いかんせん黄昏乙女×アムネジアは原作続行中の作品。
そうしたくても、それはできない。

なので、この終わり方は仕方無いんですけどね。
というより、本当、良い終わり方でしたよ。

 

 いろいろ書きましたが、これは決してdisっているわけではなく、
とても綺麗にまとまっていたとこころから思う、本当に良い最終回でした。

私のようにひねくれ者ではなく、素直に視たら涙あり、感動有りのすばらしい最終回だったと思います。

そして、この作品の完成度の高さ、面白さ、夕子さんのかわいさは間違えなく今期の中でも
屈指の作品だったと思います!!(個人的には今期ナンバーワン)

その証拠に5話以降一週たりとてブログを飛ばすことが出来ませんでした。
本当にすばらしい作品でした。

大沼心監督、高山カツヒコシリーズ構成、スタッフ、キャストの皆様、
楽しませていただき、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« 這いよれ!ニャル子さん 第12話迄(最終回) 感想 | トップページ | 坂道のアポロン KIDS ON THE SLOPE 第12話(最終回) 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事

コメント

結果は分かっている、予定調和的なお約束の最後でしたね。
原作との差を抑えるためにも、こうして2期を続行できる形にするしか
 ないですからね。

ここで終わるよりも2期を見られる方が嬉しいので、これで良いんだと思います。
もし終わるなら、もっとこの世に留まるために必死で足掻く夕子さんも
 描いて欲しい所ですね。

でも2期はネタが難しそうではあります・・・
夏のあらし も2期は駄目だったような気がする。

>ぬる~くまったりとさん
本当、後半のオリジナル展開の脚本のすばらしさ、そして良い終わり方でしたよね。
2期がもし見られるなら、期待して待ちたいなって思います。
どんなお話になるのか・・・確かにストーリーとして一区切り、いや完結しているのでネタ作りは難しいものになりそうですね。
これはゾンビですか?OF THE DEADみたいにコメディオンリーや夕子さんかわいいで飛ばしてもらっても良いように思えます。

でもその前にまずBD・DVDが売れないといけませんね。・・・ちょっと厳しそうですね・・・(×_×;)

余談ですがBD売れ数はある程度想像できます。
ブログを書いてる方の数で想像できます。

TB数の数が結構正しいように思います。
モーパイ、Fate/Zero、ニャル子、アクセル・ワールド、さんかれあ、咲、氷菓が多いですね。
これらは売れる、売れていると思います。

>ぬる~くまったりとさん
感想ブログを書いてみえる方に売り上げは比例する。
納得です。
ブログ書いてトラックバックすると言うことはその作品が面白く、紹介したいからこそ書かれるわけですからね。
そう言う方の多くはBD買われるでしょうし、その記事を読んで、その作品視てみたいと思う方も増えるでしょうし。
一つの指針になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55074680

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏乙女×アムネジア 第12話(最終回) 感想:

» 黄昏乙女Xアムネジア チバテレ(6/24)#12終 [ぬる~くまったりと]
十二ノ怪 最終話 黄昏乙女 大変です、旧校舎が立ち入り禁止になったんです。部室も荒れてポルターガイストが暴れたみたいに なってます。心配は要らないよ。正体を知っているからですね。それは夕子さんなんですね。降霊術をするのも良いですが専用の日誌を使った 方が良いですよ。日誌を書く時に目がいっちゃって。 塩で清めて学校に入る貞一と霧絵。 夕子の遺体は葬儀した、地下の祠は移転して祀り直す。浅葱さんが作った楓坂の夕子の墓は庚家の墓に移した。地下道は埋めて部室は元通り物置。これで一件落着だ。 貞一君デートしよう... [続きを読む]

» ◎黄昏乙女×アムネジア十二ノ怪「黄昏乙女」 [ぺろぺろキャンディー]
モモコ:大変です、部室にいったら立ち入り禁止になっていたんです。:女子高生の遺体を発見したんだそうです。:儀式のあとがあって、人柱になった人なんじゃないかって。:なぜか... [続きを読む]

« 這いよれ!ニャル子さん 第12話迄(最終回) 感想 | トップページ | 坂道のアポロン KIDS ON THE SLOPE 第12話(最終回) 感想 »