フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 坂道のアポロン KIDS ON THE SLOPE 第10話迄 感想 | トップページ | アクエリオンEVOL 第24話 感想 »

2012年6月16日 (土)

さんかれあ 第9話迄 感想

関東・関西では今週放送してないメロ!!

えいろめろ(笑)
確かに降谷萌路の名前のモデルはジョージ・A・ロメロ(エー・ロメロ)ですがね(笑)

 キー局のTBSがサッカーで1週休みでしたが、CBCはサッカーの後9話が放送されました。
これで1週遅れになってくれるのかな?
できればこのままこの枠、2週遅れから1週遅れになって欲しいのですが・・・・

公式ページ によるともともとは6月14日深夜に放送する予定だった第11話。
ということは次週に繰り下げてそのまま一週遅れと言うより、どこかで2話同時放送とかやりそうです・・
やっぱ2週遅れのままなんだろうな・・・CBC。

そんなこともあり、ニコ生では緊急放送として

“さんかれあ、礼弥と蘭子と時々千紘”! (番組ID:lv95821799)

が一昨日配信されました。
内容は3声優さんのラジオのようなトーク中心でしたが、
さんかれあの台本をつかっての生アフレコもあり、とても楽しめる1時間でした。
チャンネル放送とはいえ視聴者が多すぎてアクセス集中で最初入場できなかったぐらいでした。

--------------------------------
番組告知:

**6月14日 ポニーキャニオンチャンネルにて緊急生放送決定!**
その名も“礼弥と蘭子と時々千紘”!

6月14日はTBS放送休止のため、散華礼弥役の内田真礼さん、左王子蘭子役の矢作紗友里さん、そして降谷千紘役の木村良平さんに出演いただき、緊急生放送を決定いたしました!礼弥と蘭子、そこに千紘の参戦で盛り上がること間違いなし!
当日は21時から配信スタート予定です。
--------------------------------

ポニーキャニオン、がんばって営業していますよね。
でもその割には・・・といって良いのかわかりませんが、ストーリー展開は異様なほど遅く・・・


さんかれあ 4thインプレッション 9話迄

ファーストインプレッション 1話
2ndインプレッション 3話迄
3rdインプレッション 6話迄

画像入りの同メインブログはこちら

↓公式HP
O0680086011899291500

●あらすじ  (2週遅れですが、ネタバレ注意)
・第7話「おさな・・・なじみ・・・」

蘭子千紘と初めて会ったのは、幼稚園の頃だった。
墓場で迷子になって泣いている蘭子の手を引いてくれたのだ。

私と千紘の出会いは最高だった。私は王子様が現れたのかと思った。

その千紘が従弟と知り、徐々に千紘がアブノーマル(ゾンビ好き)で、
しかもへたれの泣き虫であることを知る蘭子だった。

一度は幼き恋心も冷めてしまうが、2年後蘭子達が引っ越して来たとき、
今度は犬に襲われているのを千紘に助けられる。

それによって恋心再燃。もはや10歳の時には千紘の事が大好きになってしまっていた。

 左王子蘭子の自宅は料亭、京懐石左王子。その手伝いにかり出された蘭子と千紘。
厨房の手伝いの後配達。
その後蘭子は幼き頃をフィードバックさせながら手を繋ぎ、そして・・・キスをしようとする。
だがその場の勢いで流されそうになる千紘をみて、
幼い頃千紘に言った同じ言葉を千紘に投げかける蘭子

もっとちゃんと考えなさいよ!キスって大事なことなんだよ!!

勢いとはいえ目の前で千紘とキスをした礼弥。
あきらめられない。礼弥にあげたくない(取られたくない)。

絶対に絶対に・・・負けないんだからぁ~~~!!

決意も新たに、気合いを入れ直す蘭子だった。

次回予告:プロデューサーが萌路に内緒で蘭子に語りを依頼。
       それを知った萌路ブチギレ!!!

・第8話「偽りの・・・自由・・・」

 ゾンビになった以降、礼弥の観察記録を欠かさない千紘。それを「不死日記」に綴る。
食事の時もカメラを回し続ける千紘に、礼弥

私を撮ってもいい代わりに、私の言うことも聞いてくれますよね?

礼弥のお願いは普通のショッピングデートだった。

 一方前回決意を新たにした蘭子は、真っ昼間から銭湯に入っていてすでに負け組モードだった。
そこに入ってくる萌路と友達達。こいつらお茶の代わりが銭湯ですかwww
ということで、残念ながら萌路ちゃん達と更に長風呂・・・礼弥との銭湯・・・いやいや戦闘にはなりそうにありません。
モードじゃなくて完全に負け組・・・(×_×;)・・・・不憫・・・・

 服を買った後お化け屋敷に入ったり食事したり、そして礼弥にプレゼントまであげる千紘。
完全にカップル状態。あまりに嬉しくて感極まる礼弥だが、

初めて知った・・・ゾンビって、泣こうとしても涙が出ないんですね。

ところがそこに現れる団一郎の刺客!!
だが、脳のリミッターが切れている礼弥は力の加減を知らないため強かった!!

100パァセントォーーーーーーー!! (作品が違うwww)

木のベンチを引き抜き大暴れする礼弥
とはいえそのままおいそれと引き上げるわけにはいかない刺客達は、
礼弥と千紘を強引に拉致、そのまま団一郎の所へつれて行くのだった。

次回予告:折衷案で蘭子と萌路の2人でナレーション・・・だが蘭子が入りをミスって撮り直し。
       この程度の原稿でNG出すのは勘弁していただきたいものだ!!
       どんどんと黒い本性が出てくる井口裕香・・・ちがった萌路ちゃんだったwww

・第9話「母の・・・手・・・」

さて、皆様におかれましては、兄(にい)と礼弥殿の先行きも気になるところであろうが、
今回はちょっと箸休め的に私降谷萌路の話におつきあい頂き等存じまする。

 

萌路ちゃんの中学校でゾンビの話をするのは、
萌路と7話で蘭子達と一緒に銭湯に入った友達の忍田一恵(cv又吉愛)と八坂御子(cv蔵口桃)。
好奇心旺盛な一恵と御子は、萌路と一緒にゾンビスクープハンターとなり、
ゾンビを見つけ雑誌に投稿しようとする。

妙な行動をする美術の山之内瑞貴先生(cv水杜明寿香)・・・は飼っているワニが原因だった。
変な臭いのする家・・・はスープ実験中のラーメン屋だった。

そんな2人だが、萌路が言う我が家にゾンビっ娘がいるという話には乗ってこなかった。

降谷家には母親がいない。1人晩ご飯の材料を買って家に帰る萌路だったが、
千紘と蘭子が痴話げんかしていたため家に入れず、お墓でお参りして時間をつぶす。

そこに偶然現れる礼弥。その墓が母親のと知り、驚く礼弥。
そこでの礼弥の行動が、偶然とはいえ昔の少ない記憶の中の母親とオーバーラップした。

礼弥から何故か母の面影を感じた萌路だった。

次回予告:井口・・じゃない、萌路ブチギレ・蘭子狼狽の所にKYで礼弥乱入。
       そのまま蘭子と礼弥で次回予告をしてしまう。萌路にトドメをさす礼弥。
       果たして萌路の機嫌やいかに・・・・(予告の方がどろどろ展開じゃww)



●感想

3エピソードのうち2エピソードが蘭子・萌路に絞ったキャラクター回でした。
ほとんどストーリー進んでいないのに各キャラクター回をエピソードに入れてくる。

これって2クール作品でしたっけ?1クール作品ですよね?

原作は既巻6巻まで、7巻は11月発売予定。
で、6巻には0話のアニメエピソードが、そして7巻にもアニメDVDがついてきます。

おもいっきり1クール作品。
その割にはストーリーの進行が遅く、逆に萌路回でさらに伏線をはってきています。
う~~ん・・・・今深夜アニメは作られすぎ、しかもほとんどが1クールなため使えそうな原作が枯渇。
面白そうな原作が始まると話がほとんど進んでいないのにアニメ化されているというのは、否定できない現状みたいですね。

このままですと、(原作は知りませんが)8話の内容から父親と千紘の礼弥の取り合いで終わりそうな感じです。
まだ全然根底の所に言及していないのに・・・
続きはコミック限定版添付のDVDで・・・という講談社が始めた販売方法になるのかな・・・
(最近他の出版社もやり始めた。原作を売るためのアニメ化と言われる所以である)

・礼弥はいつまでゾンビでいられるのか?
・じいちゃんは何故ゾンビになる「蘇生丸」の作り方を本に書いたのか(知っていたのか)
・そもそもじいちゃんは人間なのか?(ゾンビではないのか?)

そして今回追加された伏線・・・
・千紘と萌路の母親もゾンビだったのでは?

全部まとめて放り投げそうですね。
投げるのに後半になってはる伏線って・・・・

これだけ伏線をはられると否が応でも、

「千紘と萌路の母親が死んだとき、じいちゃんは母親を生き返らせようと千紘と同じ事をして、
母親をゾンビに生き返らせた。
・・・が、蘇生丸はその時点では今よりももっと完成していなく、結局母親は途中で肉体の腐敗を止めることが出来ずゾンビとしても死んでいった。
じいちゃんがおかしくなった、あの肌の色になったのも蘇生丸を開発するときの実験の後遺症。
後遺症は今でもあり、毒であるアジサイの葉っぱをじいちゃんが食べるのもそのせい。」

というエピソードが見えてきます。
萌路が母親の影を礼弥に見たのもそのせいでしょう。

千紘はそれを知り、自分の母親と同じ運命を礼弥にたどらせないために努力するのでしょうね。

・・・なんて勝手な想像をしてみました。

どちらにしろ、前やったイベント(ニコ生で同時放送された。今回の放送の前の回)で、原作のはっとりみつる先生は、
最終回はもう決まっているとおっしゃって見えましたので、
スタッフ(少なくとも監督)は、さんかれあという作品の結末を知っていてこのアニメを作っているはずです。
原作がこれからやるであろう伏線がアニメではられていてもおかしくはありません。

このさんかれあ、
人気が有れば2期もあるでしょうが、今の深夜アニメでも異色な作品。

礼弥ちゃんかわいい!蘭子大好き!!
だけの萌えモードでは、この作品ついて行けないと思うほど、
礼弥の父親を始め、まともな人間がいない狂った作品ですので、かなり視聴者を選びそうです。

面白いと思った方しかついて来れないでしょうし(それほどまでに散華家が異常だし、降谷家もある意味異常)、逆に嫌いと思われた方は流してみることもしないぐらい嫌いな作品になると思うので。

こういうノリ・展開こそがはとりみつる先生の真骨頂だと思うんですけどね。
ウミショーもそうでしたから。
絵がとてもかわいいので、一見エロ萌え作品に見えるのですが、その実は人間の本性をえぐる作品なんですよね。

ということで、なんか中途半端でクライマックスを迎えそうなさんかれあ。
個人的にはとても面白い作品なので、是非とも2クール、いや原作がたまったら是非とも第2期をやって欲しい作品なのですが・・・・


●閑話休題

今日は朝9時から16時間ぶっ通しでNHK-FMアニソン三昧をやっています。
ただいま20時で、11時間経過しました。
ラジオだけあって外に持ち運べても聴けるし、最近はスマホにも対応しているし、
拘束度は低いため一日アニソン聴いています。どっぷりです。
この企画はやばすぎですから、また是非ともやってください(笑)

2012年6月16日(土) 午前9時00分~翌1時00分(途中、ニュース中断あり)
今日は一日“アニソン”三昧 Z(ゼット)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

« 坂道のアポロン KIDS ON THE SLOPE 第10話迄 感想 | トップページ | アクエリオンEVOL 第24話 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事

コメント

この作品は視聴者が多いと思います。
その次は亞里亞回でした、なので若干はストーリーが進行しますが、
 それでもほとんど進んではいないです。
少なくとも1クールで全てを解決せずに2期も作れる展開になるのだと
 思っています。

まあ、それでも良いんじゃないかなとも思います。
散華家も降谷家も異常と言えば異常ですね。

次回予告も、かなり深刻になってきて・・・ミニコントが楽しいですね。

>ぬる~くまったりとさん
次は原作のはっとりみつる先生が一番好きなキャラ、散華家母ちゃんの回ですか。
中途半端にストーリー進むオリジナル入れるよりも、帰って潔くて良いかもしれませんね。
>散華家も降谷家も異常と言えば異常ですね。
ですよね。この異常について行けないと、多分どん引きしちゃう作品になってしまうのでしょうね。
次回予告・・・楽しみです!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/54977036

この記事へのトラックバック一覧です: さんかれあ 第9話迄 感想:

» さんかれあ 第9話「母の…手…」感想! [くろくろDictionary]
さんかれあ 第9話「母の…手…」 今回は萌路ちゃんのお話。 友達の一恵が「世界中でゾンビの目撃が急増中!」という雑誌の記事を持ってきた。 しかし、同じく萌路の友達の御子は「ゾンビなんていません...... [続きを読む]

» さんかれあ TBS(5/31)#09 [ぬる~くまったりと]
第9話 母の・・・手・・・ 公式サイトから千紘と白黒つけたがっているラスボスとの直接対決の前に、今回は閑話休題。降谷家の家事全般をクールにこなすしっかり者の妹・萌路は、新たな同居人である礼弥との距離感にやや戸惑っている。学校ではクラスメイト・忍田一恵が雑誌ムォーのゾンビ目撃情報にすっかり夢中。親友の八坂御子と萌路を誘いゾンビを発見すべく行動を開始する。……家にはホンモノがいるのだが、何か問題でも? 降谷萌路、ゾンビとの第4種接近遭遇に成功!? 礼弥が外にいる、掃除をする萌路に 手を振るが反応が無い。... [続きを読む]

» ◎さんかれあ第9話「母の…手…」 [ぺろぺろキャンディー]
|メロ;ちょっとした変化があったが家事全般をこなしていくのがフルヤメロの勤めである|レア:メロちゃん。・・・あれ?|ニイとレアのことも気になるでしょうが、メロの話にお付... [続きを読む]

« 坂道のアポロン KIDS ON THE SLOPE 第10話迄 感想 | トップページ | アクエリオンEVOL 第24話 感想 »