フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 黄昏乙女×アムネジア 第8話 感想 | トップページ | うぽって!! 第9話 感想 »

2012年6月 2日 (土)

C3 -シーキューブ-  第13話 「林間学校こんふゅーじょん!」 感想

まったく!!バカげているwww

おまえの視線の先には見てはいけないものしかないのか!?


春亮ですから・・・・ラッキースケベは定番ですからwww



個人的に去年の秋アニメではたまゆら~hitotose~の次に好きだった作品C3
発売より一ヶ月遅れで、先日ついに最終巻のレンタルが始まりました。
最終巻の5巻にはテレビ未放送の第13話が収録されています。

大好きな作品なのに買っていないのが申し訳ないですが・・・・f^_^;

ということで、早速5巻を・・・
いや、このタイミングでとばかりに週末1~5巻を借りて
久しぶりにC3を一気視しました。

やはりこの作品良いですね。個人的に本当ツボです。
新キャラ登場の投げっぱなしで終わった最終回。
レンタルしていて言うのもなんですが、はり2期やって欲しい作品です。

C3  インプレッション 第13話 

ファーストインプレション 1話
2ndインプレッション 2話

3rdインプレッション 4話迄

4thインプレッション 5話

5thインプレッション 7話迄

6thインプレッション 9話迄

7thインプレッション 10話
クライマックスインプレッション 11話

ラストインプレッション 12話

↓公式HP
T02200282_0604077411521135998

●あらすじ  (ネタバレ注意)
第十三章「林間学校こんふゅーじょん!」

 春亮をはじめとする、フィアこのは錐霞そして白穂達の学校は林間学校に行くことになった。
と、同時に理事長のガブリエルより指令を受ける。
それは、キャンプ場に出る呪われた魔物の調査だった。

林間学校の現場には、留守番だった筈の黒絵ちゃんサヴェレンティも・・・
キャンプのお手伝いのアルバイトだそうだ。
キャスト全員集合ですね。

みんなで遊び、ご飯のステーキカレー?を作ってたべ、林間学校を満喫する。
その後、例の4人で理事長の指令部分を調べる。

魔物なんているはずないじゃないですか!!

と、油断しているところに聞く女性の悲鳴。
急いでそこに向かうと折れた木に穴の開いた地面・・・そして傷ついた幹。
しかし、それ以上何も見つからなかった。

みろ黒絵、あれが我ら淑乳同盟の敵の姿だ!!

恐ろしい存在感をだしちょる!!

しぼめぇ~~~しぼめぇ~~!

淑乳同盟 ・・・まだフィア黒絵締結していたのね(笑)

お風呂サービスタイムの後、テントで夜を過ごすフィアこのは錐霞
そして、雨が降ってくる。

そこへ聞こえる春亮の悲鳴!!

3人はそこへ向かう。雨の中洞窟の中へ・・・・。

洞窟内で次々に起こる異変!!
蜘蛛が苦手でビビるフィアに対し、どうやらからくりがわかったこのは錐霞

そして、洞窟内で拉致されていた春亮のところにたどり着くフィア達。
春亮を拉致したのは・・・・そして、呪われた魔物の正体は・・・・

バイトで派遣された2人だった!!
そしてそのバイトをやっとった黒幕は・・・・?

まったく!バカげている!!

ということで、とっても楽しい林間学校でした。

楽しい楽しいサービス回でしたね。

●感想

白穂wwwww

個人的に今回は白穂が全部持って行ってしまいました。

サヴェレンティがドジをすると、加速世界に入ったかのようなスピードでフォローする白穂。
そして、テントでサヴェレンティを見失ってくんかくんかしている白穂。
もう腹抱えて笑ってしまいました。

本編では全然あり得ない行動だけにもう・・・・最高でしたね。

というか、この後の白穂はこういうキャラなのかな・・・だとするとやっぱりまだまだこの作品、続きが視たいですね。

本編とは全く関係ない、最後までBD買った人(やレンタルした人)の為のサービス回として、
最近はこういう追加エピソードを最終巻に入れてきますよね。
しかも、本編のストーリー展開には全然関係ない。

まよチキ、緋弾のアリア、これはゾンビですか?、等々・・・多々あります。
この作品もそのパターンでした。

そう言う中でも、
結構重要なエピソードを入れてきた異国迷路のクロワーゼやたまゆら~hitotose~は
やはり自分の中ではそういった面でもすばらしいですね。

でもC3では、そんな癒され回やシリアス回をおまけに入れてもらっても・・・ねぇ。
なので、この作品の締めはこうでなくっちゃですね。
本当、最後笑わせていただきました。

2期は多分厳しいでしょうから、C3というアニメ作品はこれにて終わりでしょうか。
本当すばらしい作品でした。ありがとうございました。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

« 黄昏乙女×アムネジア 第8話 感想 | トップページ | うぽって!! 第9話 感想 »

2011 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

これは見ないといけないですねo(*^▽^*)o
1クールが13話なので端数を埋めるために作ったりするのかとも
 思いましたが、最近は12話でも作ってたりしますね。

販売側も高くて売れないことを理解しているのかなとも考えてしまいます。
BDならエリアコードが同じ海外版が安いです。
つまり狭い日本だけで儲けようとし過ぎな気もします。
携帯と同じでガラパゴスな世界なのかもしれないです。

2期を作れる最後でしたが、BD売れてないですね。

>ぬる~くまったりとさん
BD・DVDさえ売れさえすれば、逆に言うとテレビ放映は深夜枠とはいえ費用がかかりすぎるんですよね。
なら1本分テレビ放映しなければコストが下げられるし、最終巻手前まで買ってくれた人は当然、買わない人も私みたいに最終巻だけはレンタルor購入するかもと、そういう考えなのでしょうか。
日本だけのセール故、キャパシティは限られていますから、対コストで考えるとあんなに高くなるでしょうね。
ガラパゴスセールス、そしてそれをわかっていても買わざるを得ない現状がきついですよね・・・

連投すいません。
元GAINAX社長の岡田斗司夫さんのふしぎの海のナディアの裏話をネットで読みました。
あの作品は間に5,6社入って搾取されても1本1000万円で39話の契約だったらしいです。
恐らくは?NHKは2000万円程度は払っているのでしょうね。
なんと言う無駄、情報公開が必要です。

レコード業界、映画業界と同じで制作者には還元されないようです。
出資者にTV局が参加している場合は、特典映像は、その分がカットされそうですね。
放送局のコストってどれくらいなのでしょう・・・

我々でもクレジットカードが有れば英国版のBDは密林で購入できますよ。
半額位で購入できるそうです、内容も字幕が増えているだけだそうです。
吹き替えはコストがかかりますから。
DVDはエリアコードが問題で・・・

>ぬる~くまったりとさん
そうなんですよね。アニメ制作費用って1本約1000万円って私も聞いたことがあります。
問題はテレビの放送枠で、朝枠とか、夕方枠の場合当然高いです(いくらかわかりませんが・・)。ただし商売になると言うことで大手がスポンサーになりお金を払うので、スポンサー主導で作品が決まります。だからプリキュアみたいに変身アイテムとか売れればバンダイはOKなので金を払う。
サザエさんとかは視聴率が良いし、作品自体のイメージがよいので東芝が金を払います。
・・・が、深夜アニメは放映料が安いので大手じゃなくてもスポンサーになれるレベルだそうです。だから原作の出版社やBD発売する会社でも、スポンサーになれるのですね。スポンサーはTV放映料と制作会社への費用分をBD・DVDの売り上げで回収しないといけないから・・・・結局は今のビジネススタイルに成り、そこからの逆算でBDの値段が決まると。ということは、あの値段で売っている角川はいろんなところで金使いすぎです。もしくはぼってるか・・・
 それにしても・・・英国版のBDの方が半額近い金額で買えるとは・・・円高とはいえ・・・全くおかしい話ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/54733162

この記事へのトラックバック一覧です: C3 -シーキューブ-  第13話 「林間学校こんふゅーじょん!」 感想:

» シーキューブ 第13話 『林間学校こんふゅーじょん!』 [こいさんの放送中アニメの感想]
春亮は小さい子に反応しすぎ。林間学校で川遊び。何故水着じゃないんだ、神も仏も居ないのか!!という個人的感情はさておき、体操服で水をバチャバチャ戯れるフィア。しかし転んで全身ずぶ濡れ、体操服が透けてしまう。すると顔を真赤にする春亮。更に黒絵がサヴェレンティの盾にされてこれまたずぶ濡れ。またも顔真っ赤っかな春亮。こやつ、ロリコンじゃなかろうか。 出先でも呪い探索。このは違うクラスなのに班が一緒というのが何とも不思議ですね。更に現地では黒絵とサヴェレンティが待っていた。何故か現地に全員集... [続きを読む]

« 黄昏乙女×アムネジア 第8話 感想 | トップページ | うぽって!! 第9話 感想 »