フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 謎の彼女X 第11話感想 | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー 第11話迄 感想 »

2012年6月21日 (木)

咲~Saki~ 阿知賀編 episode of side-A 第10話迄 感想

ついに始まる準決勝!!

目指せ!県民未踏のベスト4!!

・・・・しかし・・・・その先方戦、

大魔王:宮永照の異能は

照魔鏡!!

それによる連続和了(ホウラ)!

だが・・・彼女の連続和了には一つの特徴があった・・・・


公式ページに小野監督と浦畑シリーズ構成のインタビューが掲載されていました

前回ブログ・11話?どころか、全15話でしたね。
しかも尺的には全16話ほどとか。やっぱり尺足りなかったんだ。
というか、これだけダイジェストでも16話分の尺がいるんだから、咲~Saki~同様2クールでもよかったんじゃ・・・人気あるんだし、BD予約的に売れそうなんだし。
2クール確定ほど売れるかどうか読み切れなかったのかなぁ・・・・

それよりも・・・9話から始まった準決勝先鋒戦、TV最終回の12話迄続くんだ・・・宮永照強すぎ・・・

あと、Studio五組大丈夫???
私の大好きなアニメーション制作会社ですが、去年GONZOから独立して出来たばかりなのに、
来期は早くも元請け2本(この中に1人、妹がいる と 織田信奈の野望)という人気スタジオぶり!
そこに3話とはいえ咲~Saki~阿知賀編が入ってくる・・・作画崩壊しないでね・・・・


どちらにしても原作(月刊少年ガンガン -毎月12日発売)が今11話だから、7月12日発売号が12話。
原作1話=アニメ1話という展開だから、原作が15話迄行くのは10月12日。
ということは、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROOT 」みたいに、
アニメの残り3話は月1本のネット配信で行く可能性が非常に強いですね・・・・・

この作品、決着は9月になりそうです・・・・(予想)
でもまあ、この路線ははじめから既定路線だったのでしょう。

そして・・・いよいよ来週6月25日、原作2巻が発売!!
私は原作ガンガンでは読んでいないので、コミック出るのがとっても楽しみです。

見事な戦略だぜい!スクウェアエニックス!!

咲~Saki~ 阿知賀編 episode of side-A 
                  5thインプレッション 10話迄


アニメ 咲~Saki~ 感想ブログ

ファーストインプレッション 1話
2ndインプレッション 4話迄
3rdインプレッション 5話
4thインプレッション 7話迄

ニコニコ動画配信ページ

公式HP
O0570055311905687989

画像入りの同内容メイン記事はこちら

●あらすじ (ネタバレ注意)

一日で劇的に変化は望めないけど・・・でも明日までに強くなりたい!!

 阿知賀の5人は町で偶然会った鶴賀のワハハとステルスモモについていき、
かじゅ(加治木由美 cv小林ゆう)にお願いをする。
5人の気持ちをくみ取ったかじゅは、格下が練習相手では・・・と、奈良県個人戦1位の風越女子キャプテン(福地美穂子 cvほっちゃん)を呼び出す。一緒についてくる池田ァ!(池田華菜 cv森永理科)とみはるん。

 短い時間だったが勉強になった5人は翌日も個人戦のみに出場する選手に声をかけ練習する。
中には去年の個人戦全国2位、ナース荒川 憩(あらかわけい cv三宅麻理恵)もいた。

 阿知賀の善戦をエサにプロ入りするのでは?というレジェンド赤土の誤解も解け、
そして・・・いよいよ始まる準決勝。

相手は宮永照のいる白糸台、2回戦でこてんぱんに負けた千里山女子、福岡の新道寺女子。

先方戦は

白糸台-宮永照(cv中原麻衣)
千里山女子-園城寺 怜
新道寺女子-すばらっ!:花田 煌(はなだきらめ cv新井里美)
          ↑長野の中学で和・タコスの先輩だった。

そして、阿知賀女子は玄ちゃん


全国1位、最強宮永照の異能は

照魔鏡によるプレイヤーの特徴の把握。
そしてそれからの連続和了(連荘(れんちゃん))。

 1巡先を読めるでも宮永照の連荘は止められない。
元々千里山3軍程度の実力がなかった怜は、
ここですばらっ!からのテレパシーで差し込むことによって宮永照を止める戦法を知る。

麻雀は1人で打っているのではない

だが、何とか止めただけ、先方前半戦は宮永照の圧倒的勝利で終わる。


先鋒後半戦。宮永照の親はラス親=オオラスに決定。
これは、上がり続けられると終わらない・・・先方戦だけで飛ばされかねないパターン。

阿知賀のメンバーは、宮永照の連荘はだんだんと点数が上がっていく特徴があり、
しかもおそらく、点数を下げてあがることが出来ない縛りがあるのでは?と予測する。

しかし、そんなことがわかったところで宮永照を止められるわけではない。

ついに玄ちゃんはドラを抱えたまま火だるま状態になる。

共同戦線で宮永照を止めにかかっている怜とすばらっ!は、
玄ちゃんがドラを抱えてくれているおかげで何とか戦えていると。
実は玄ちゃんの能力は宮永照を押さえていたのだ。
それは解説もわかっていて宮永照の打点が低いと解説する。

先鋒後半戦東場ラス。親の宮永照3本場。

は、勝負に出るため1巡先ではなく2巡先を読む勝負に出る!!

果たしてこれで宮永照を止められるのか?
いや、それよりも病弱な怜の身体は持つのか???


●感想

宮永照強すぎるよもーーーー!!怖いわもーーーーー!!

2回戦で負けたのに劔谷高校のもーちゃんのキャラがかわいすぎるわもーーー(#^_^#)

それにしても先方戦だけですでに2話使用。テレビ残り2話も先鋒戦!!
やはり宮永照の為に今までがスーパーダイジェストだったわけですね。
宮永照はこんなに強いよ~~~というのを知らしめる為の作品だったですね。
阿知賀編というより千里山編というほどの準決勝。

でも最後はこのOPの歌の通り「ミラクルラッシュ」が待っているのでしょう!!
なんてったってこの作品は阿知賀編!主人公は和の中学時代の親友穏乃ですから。

和ともう一回遊ばないといけませんからね!!



 その強すぎる宮永照。1期最終回で照魔鏡が出ていた時のターゲットはタコス。
ということは団体戦では咲と照はやっぱ対戦しないんだ・・・・

私は咲がお願いして先鋒に来て、和が大将になるかなと思っていましたが(そうすれば和と対戦する阿知賀が主人公の穏乃になるし)、それは無さそうです。


そして、10話アバンの

・・・・夢ですね。でも何故今頃・・・・

さすがスーパーデジタル打ちの和。対戦校・出場校の研究はしてませんから。
デジタル打ちにとって相手は関係ないですものね。

原作の咲~Saki~9巻で

他のチームには興味が有りません!
相手が誰だろうと自分のベストを尽くすだけです!

って言ってますしね。
でもそこで永水女子の薄墨にびびり、姫松女史の愛宕にエトペン蹴飛ばされたんだから・・・
その後すぐなんだし、自分の出身の奈良県代表が準決勝戦うんだから
せめてメンバーの名前ぐらいは見ても良いと思うのですがね。

まあいろいろ作品の時系列の「都合」というものもあるでしょうからww

10話Cパート
清澄の3人、地下鉄に乗って一体何処に行こうとしてるんじゃ??
遊びに行くとも思えないので・・・

もしかして・・・現地?

現地で和が阿知賀とすばらっ!をみてびっくり!!

試合終了後に再会!!というパターンかな??



●おまけ(閑話休題)

私はニコ動が好きです。
テレビ本編で視た作品でも時間があればニコ動でも視聴します。
それはやはりコメントを見るのが楽しいからです。

ニコ動には、同年代の方々も多々見えますが、
主にコメントを打つのはやはり中学生~高校生。それから若いアニメ好きの皆さん。
ここを見ることで、自分と皆さんとのジェネレーションギャップを感じたり、
今の若い方々の感性を感じ取ったりさせていただいています。

その中で最近思うのが、若い方は単語に反応するんだなということです。
しかも、わかりきっていることでも、アニメ内でキャラクター達がその言葉を発すると異様に反応すると言うことです。

今回何故思ったかというと、ブログにも書きました「異能」という言葉。
これは8話でかじゅが玄ちゃんに

私は千里山の園城寺のような異能は持ち合わせていない

と言うのですが、その言葉に反応したコメントがこれ。

20120617_163631bmp

 異能というのは、人より優れた特殊能力のこと。
咲~Saki~のキャラクター達が特殊能力をもっているのは公然のことです。
だれだって知っている事なんですが、それをキャラクター達(=公式)が言うと言うことは
若い方々にとってびっくりだったのでしょうね。

公式が特殊能力使っているのを認めちゃったよって。
この作品は公式も認めた超能力麻雀バトルですよってことになるのだそうです。

私は咲~Saki~本編もニコ動で視ていました。咲~Saki~では、このことを藤田プロは

牌に愛された子達

と表現しました。これはOKなんですね。このときはこんなツッコミはきませんでした。
私は本編をテレビで視たとき、このシーン別になんとも思いませんでした。
そんなのわかっていることジャン!って。

なので、このシーンのこのツッコミは新鮮でしたね。

私はこういった単語よりも、文章に、脚本内容に反応するのですが、
こういった単語に反応するのが、今のアニメの世界なんだなって思いました。
このシーンだけではなく、他の作品でも前後のセリフの流れより、
単語に反応することが非常に多いです。

これは今の若い方が・・・ということではなく、時代がこうなっているのだと思います。
有名人や公式の発表がTwitterでされる時代。
Twitterって140文字です。これだけで大切なことが伝えられるとは思えません。
私も(↓のように)Twitterのコメントを拾って来ますが、必ず前後のツイートを読んで、
つじつまが合っているのをみて取ってきます。
ですが、最近の新聞や週刊誌、ネット記事ではそこだけを取り上げることが多々あるのです。

私が若い頃はこういう事を「揚げ足を取る」といい、いけないことだと教わりました。
今はそう言う時代じゃないというのもこういうことで学びました。
そして、今のアニメの脚本家の方々は本当大変だな~~とも思いました。

---------

最後に・・・
Studio五組&小野学監督&浦畑達彦脚本つながりで・・・・
先週の土曜日NHK-FMで放送された「今日は一日アニソン三昧Z 」。
朝の9時から翌日深夜1時までの16時間放送されました。

私もラジオ故にいろいろ別のことをしながらも・・・結局全部聴いてしまいました。
ゲストに田中公平さんが来たり、RIAさんが来て鳥の詩生歌うたってくれたり・・・
ちょうど6月9日が故川上とも子さんの一周忌でしたのでちょっと来るものがありました。

16時間で流れた歌は総数165曲。
そしてその165曲目、オオトリをつとめた曲は・・・なんと「Morning Arch」。
そう、咲と同じスタッフによって作られた作品「Aチャンネル」の主題歌だったのです。
実は自分もMorningArch番組にリクエストしていたので、これは嬉しかったですね。
河野マリナさんの声は非常に澄んでいて良く、またプロデュースが神前暁さんと言うこともあり、
当時ブログを書いた ぐらい新人の時から応援していたのでした。

このオオトリで河野マリナさん 本人大感激、るん役cvの福原香織さん 大騒ぎ!原作の黒田bb先生 大緊張!!
小野学監督 大喜びと!Aチャンネル関係者はお祭り状態でした。

私もツイッターでハイテンション!その後風呂入りながら河野マリナさの曲を聴きまくっていました。
すごく嬉しかった土曜日の夜だったのでした。

Aチャンネルは究極の日常アニメとして私はとっても大好きな作品です。
携帯のメール着信音は未だにるんちゃんと同じ「焼き肉」の音です(笑)。

そして、私の大好きなアニメ制作会社Studio五組がGONZO第5スタジオからメンバーが独立して初めてのテレビ元請け制作作品だったので(処女作はOVAのこえでおしごと )、思い入れもひとしおです。

刺激が欲しい方には物足りない内容かもしれませんが、女子高校生達の日常を描いた作品としてもし機会があったらご覧になってみてはいかがでしょうか(第1話だけ正直今イチです。2話以降は何話でもオススメです)。

Aチャンネル感想    ・Aチャンネル+smile感想

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

 

« 謎の彼女X 第11話感想 | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー 第11話迄 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事

Studio五組制作」カテゴリの記事

コメント

結局、原作が圧倒的に足りないのですよね・・・でも溜まるまで待つと
 セールスの好機を失ってしまう。
勿体ない話ですからねぇ。
それと勝手な想像ですが、長期の連載を考えていた訳では無かったのではと
 思います。
個人戦で和、咲を2位、3位にしたところ等・・・
宮永照の実力、強大さを見せるためのシリーズで、対戦相手も考えられて
 いますよね。
玄ちゃんは、残念ながら、最高のやられ役です。

すばらっ煌って和とタコス優希の先輩だったのですか、知らなかったです。
池田と同じで本編では相手に恵まれていないだけで実力者なんですね。

30分をフルに使った13,14,15話、TV放送だと40分?番組となりそうなので
 ネット配信かなと思われますね・・・

小野、浦畑ペアは7月からホライゾンが始まります、サンライズ制作ですが、
 阿知賀編とのスケジュールは大丈夫かな?
原作の量が圧倒的過ぎるようですから。

単語に反応する・・・結構ありますよね、気になる単語って。
ネットの気軽さ、匿名性が良く表れているのかもしれません。

>ぬる~くまったりとさん
おっしゃるとおりですよね。原作が圧倒的に足りない。
なのでサイドストーリーを別の先生に書いていただき、同時進行でそれをアニメにする。
その間に本編を進めて・・・ということなのですが、
その本編がまだ2回戦。この後準決勝があって、その後初めて阿知賀編に追いつきますからね。
咲vs照は個人戦になりそうですね。そうして考えますと、おっしゃるとおり長期連載と言うよりも今回の全国大会で決着をつけようと考えて連載している節がありますね。

 そんな中、阿知賀のメンバーが不憫です。超能力バトルの中では余りにも弱いのと玄ちゃんじゃないですがやられ役っぽくなっちゃってます。だからこそOPのタイトル「ミラクルラッシュ」が完全に空気になってる主人公穏乃に現れるのではないかなって期待しています。和とはやっぱり穏乃が当たってほしいです。灼とは先輩でもありそんなに仲良くない(いまのところのエピソードでは)んですよね。
 すばらっ!煌さんと和・タコスのエピソードは本編原作9巻最後のエピソードで載っています。本編で出してきてるってことは多分最後再会すると思うんですよね。

ホライゾン、そうなんですよね。このお二人のコンビですし、1期のときオススメいただいていますので、何とかして2期始まる前に視ようと思っていますが・・・ゆっくりまとめてみる時間が・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55012328

この記事へのトラックバック一覧です: 咲~Saki~ 阿知賀編 episode of side-A 第10話迄 感想:

» 咲-saki-阿知賀編 テレ東(6/17)#10 [ぬる~くまったりと]
第10話 連荘 公式サイトからインターハイ準決勝先鋒戦も前半戦が終了。圧倒的な力を見せつけ、和了を続けるチャンピオン宮永照。なんとかその和了を止めようと千里山のエース園城寺怜 も1巡先を読むが、追いつくことができない。そんな中、阿知賀の松実玄は前半戦オーラスでの照の和了に疑問を感じていた。 仮眠で夢を見る和。阿知賀の穏乃、憧、玄、赤土晴恵と 出会うシーン。でも穏乃は中学生、憧は小学生、自分は高校生。どうして、こんな夢を見るんだろう?和は穏乃達、阿知賀メンバーが出場しているのを 知らないのですね。 親... [続きを読む]

» 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第10話「連荘」 [のらりんすけっち]
もう完全に千里山編になってますね^^; まあこのメンツで一番照に対抗できるのは怜ちゃんなので、千里山視点の描写が多いのもやむなしか。 …玄ちゃんが盛り返すかと思ったらあっさり親番流された 照の弱点...... [続きを読む]

» 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第10局「連荘」 [ボヘミアンな京都住まい]
怜が二巡先読みにチャレンジするところで今回は引き。阿知賀編と銘打ってあるのに、まるで千里山というか怜が主人公のような回でしたね。ちょっとしたサービスシーンもありましたし(笑)。 しとらす的には変なイントネーションの関西弁を聞かされるのは不快なのでアニメで千里山にはあまり長々とスポットライトをあててほしくないんですけどね(苦笑)。あと実況アナがリアルのサッカー中継でのそれ以上にウザいのはなぁ・・・漫画だと読み飛ばせてもアニメは否が応でも聞かされますからねぇ。 さて、照攻略の緒がわずかにでも見えた?とま... [続きを読む]

» 咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第10局「連荘」 [無限回廊幻想記譚]
夢を……夢を見ていたんです。夢の中のあの人は……と、いうスクライドネタはさておい [続きを読む]

» 咲-Saki-阿知賀編 第10話「連荘」感想! [くろくろDictionary]
咲-Saki-阿知賀編 第10話「連荘」 宮永照に弱点発覚? 六・九であがれたのに、玄が捨てた九には反応せず。 和了を重ねるごとに点数が上がるというのが制約になってるみたい。 でもそれが分かっ...... [続きを読む]

» ◎咲-Saki-阿知賀編episodeofside-A第10話「連荘」 [ぺろぺろキャンディー]
∥ノドカがアコたちの夢を見る|Aブロック準決勝|テルをとめたのはキラメ、|しかし、宮永の連続ホウダがまたはじまってしまうのか!クロ;一日で強くなるなんて無理だったのかな... [続きを読む]

« 謎の彼女X 第11話感想 | トップページ | 非公認戦隊アキバレンジャー 第11話迄 感想 »