フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

ココロコネクト 第4話迄 感想

この入れ替わり現象のことも、いつかはタダの笑い話に出来ればいいって思ってんだよね。

でも・・・無理な望みなのかな・・・・

Logo_hito

自己犠牲野郎のやっかいなところは、惚れられてしまうと言う事態がしばしば発生してしまうことなんだよな~。

優しさが人を傷つけてしまうことが有ることを・・・忘れるなよ!!

・・・・・思い出しちゃいましたよ。

太一の声優がましろ色シンフォニーの瓜生なのを・・・・・

続きを読む "ココロコネクト 第4話迄 感想" »

2012年7月30日 (月)

みつどもえ & みつどもえ増量中

むしゃこらとてちてむっふぅ~~!!

この・・・雌豚ぁ! 

Dscn1988

祝!!

原作作品、週間少年チャンピオン連載再開!!

1年以上前、アニメが終わった後で突如の連載休載。

一体何が・・・・と心配しておりました。

アニメ、人気有ったのにセールスは良くなかったですから・・・・何か有ったの?

と勘ぐってしまうほどに・・・。

でも良かったです。桜井のりお先生、復帰おめでとうございます。

Dscn1991

内容も相変わらずの切れ味!!

 特に2話目のひとはが松岡のお見舞いのため寄せ書きと千羽鶴を用意するネタは大爆笑しました。

 桜井のりお先生、ご無理なさらず、これからの連載を楽しみにしています。

Norio

ということで、テンションマックスのまま、昨日は久しぶりに録画した
アニメみつどもえ・みつどもえ増量中をマラソン視聴してしまいましたよ(笑)

 この手のギャグアニメは、ギャグのキレが全て。

いや~、1年ぶりぐらいで視たので全てのエピソード、飛ばすことなく楽しく笑って視ることが出来ました。

続きを読む "みつどもえ & みつどもえ増量中" »

2012年7月29日 (日)

そらのおとしもの 水無月すう著 第15巻 感想

エンジェロイドで一番すごいのは、アストレアだってさ!!
   
おまえは、自由に生きられるだろ・・・?

 
自分で決める!!
   
絶対お姉ちゃんが救(たす)けてあげるからね!!

・・・やばい!アストレアに非常にやばいフラグが立ちまくっている・・・・

是非とも良い方向に行くフラグでありますように・・・・

Dscn1978

Dscn1979

 

 

アニメの第3期も決まり、今回は第14巻からたった4ヶ月で第15巻が発売になりました。

続きを読む "そらのおとしもの 水無月すう著 第15巻 感想" »

2012年7月28日 (土)

DOG DAYS’ 第3話 感想

ノドもなでて、のど~のど~!ゴロニャ~~ン~

すごいご近所感覚の異世界ね~~。

それにしてもシンク!!フラグ建て過ぎじゃないの~!?

姫様とはラブラブだし!リコちゃんエクレちゃんとも仲良しだし、
ユキちゃんや、お舘様にもかわいがられてるし~!!

シンクに好きな人が出来たら、そんな事していられないでしょうし。

そんな事言ったらベッキーだってそうじゃない?

今みたいにいられる時間が割と長めに続いたらいいなぁ~。

最大16日間の夏休みファンタジー異世界旅行、早くも2日が経ってしまいました。

続きを読む "DOG DAYS’ 第3話 感想" »

2012年7月27日 (金)

人類は衰退しました 第4話迄 感想

彼らは楽しいことが好き!!

自分たちでまねするのも大好き!!

ばれたら・・・のられる!!

流行る・・・これは流行る・・・全国的に流行ってしまう・・・・

腐腐腐・・・・

人類は腐敗してしまいました~~笑

2012070101

ところで・・・・

妖精さん達が作った漫画の中に閉じ込められた私達が、

打ち切りエンドになったら・・・

どうなっちゃうんでしょうね~~~

打ち切りですから・・・・人生終了。

漫画家はつぶしがききませんから~~~

タダではすまぬ!!

妖精さ~~~ん・・・・(大爆笑)

続きを読む "人類は衰退しました 第4話迄 感想" »

2012年7月26日 (木)

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第3話 感想

もっと笑え!もっと怒れ!もっと浮け!

そうすりゃあ、高等部Bクラスが自然とおまえの居場所になる!!

私、このクラスにいたい!!この二人と一緒にいたい!!

笑った!!

初めて見ちゃった!委員長の笑顔!!

Video_heading_cover

一発勝負だ!さあ!こいよ!!

エロだけじゃない・・・想像以上に面白いぞ!!これ!!!

 

続きを読む "はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第3話 感想" »

2012年7月25日 (水)

輪廻のラグランジェ season2 第3話迄 感想

輪廻を開くな!!私だけで十分だ!!

ねえミドリ・・・何が有ったの?・・・なにが・・・・

カニ・サザエ・ミツバチ・・・アステリアはまどかに・・・なんと言ったんだろう・・・・
気になる~~~~爆笑

ジャ~ジ部だましぃ♪、ジャージ部だましぃ♡

これ、ラップ部分いまのところ3話全部ちがいますよね(1話まどか・2話ラン・3話ムギナミ。歌い手だけじゃなく歌詞も全然違う)。

もし・・・最後までちがったら大絶賛なのですが・・・・実際何番まであるんだろう・・・・

大不評みたいなEDですが、個人的には結構気に入っていまして・・・何故かは本文内で。

続きを読む "輪廻のラグランジェ season2 第3話迄 感想" »

2012年7月24日 (火)

TARI TARI 第4話 感想

あの頃のまひるによく似てる。まひるはもっとあかるかったがな。

まだ信じられん。まひるがもういないなんて・・・

和奏、音楽はやめられないよ

Photo

卒業しても歌は続けられる。

けどそれは今とちがう。

今のメンバー、今の気持ち、今の歌は・・・・

今しか歌えない!!!

愛するものを他人にゆずれるほど、歳はとっていないからね!!

続きを読む "TARI TARI 第4話 感想" »

2012年7月23日 (月)

2012年 春アニメ レビュー

 自分が最終回まで視た2012年春アニメを恒例のピッコロさん の「今期終了アニメを評価してみないかい?」企画のフォーマットでレビューしました。

2011年夏アニメレビュー記事
2011年秋アニメレビュー記事
2012年冬アニメレビュー記事

------------------
<評価項目について>

●ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
●キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
●画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
●演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
●音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
●総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

 それぞれの評価項目は各5点満点となっております。6項目ありますから、それらを全て加算した総合点は30点満点となります。
 一応評価の指標として、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点) 2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い
------------------

続きを読む "2012年 春アニメ レビュー" »

2012年7月22日 (日)

戦国コレクション 第1クール+α(15話迄) 感想

徳川家康はアイドルに!

上杉謙信はモデルに!!

前田慶次はコンビニのアルバイトと来たもんだ!!

そして・・・
新撰組はなんと!女子校生へ!!??・・・さすがにそれは無理でしょう(笑)

20120719_130631bmp

現代へ飛ばされた戦国武将達は、どの時代でも適応して前向きに生活していきます。

だが、織田信長はあくまで過去に戻ることに固執します。

豊臣秀吉から仕送りをもらいながら・・・・(笑)


続きを読む "戦国コレクション 第1クール+α(15話迄) 感想" »

もやしもん リターンズ 第3話迄 感想

食の研究社がもっとも望む研究ってなんだと思う?

人体実験じゃない??

そう言う意味ではね、食品添加物は長期にわたる緩やかな人体実験をしてると言える。

おまえだけに隠していること・・・・

オレには及川だけに言っていないことがあるんだよ。

話すよ・・・・来てくれ、及川。

及川葉月役cvの神田朱未さん、このたびご結婚なさったと言うことで、
本当におめでとうございます。

20120720_101201bmp

Twitterより

その一方で・・・
長谷川 遥役cvの大原さやかさん、声帯ポリープと声帯結節が発症、休養されて手術なさるとか。

20120720_102026bmp

※大原さやかオフィシャルページ「業務日誌」より

無事手術が成功してお元気に復帰なさるのを心よりお祈り申し上げます。


中の人達にもいろいろなことが起きている・・・・でも、ちっさな菌達の物語。

続きを読む "もやしもん リターンズ 第3話迄 感想" »

2012年7月21日 (土)

ゆるゆり♪♪ 第3話 & じょしらく 第2話 感想

今期はブログを書きたくなるような作品が結構多く、
書きたくても未だ書けない作品も多々あります。

で、飛ばすつもりだった作品が結構面白くて飛ばせなくなってしまい、
後回しにした作品がますます後回しになっていく・・・・

まあ、おもしろい!と思った作品から書いていますので、そちらの方が優先になって行ってしまう傾向が有るんですよね・・・・

輪廻のラグランジェseason2、織田信奈の野望、百人一首うた恋い。、この3作早くファーストインプレッション書きたいのですが・・・あと戦国コレクションも・・・f^_^;。

ということで、今回もことのほか面白かったゆるゆり♪♪とじょしらく。

でも、感想とかあらすじとか、たくさん内容がある訳でもない。

しかもじょしらくは関東よりも一週間遅れだし・・・
でもやっぱ感想書きたい!!

というわけで、両方とも木曜日深夜放送だし、
しかも放送時間26時からでかぶってるし(苦笑)、
第2話で共にネタまでもかぶったことですし(大苦笑)、
これからこの二つは出来るだけくっつけて書こうかなと思っています。
もちろん一方だけの時もあると思いますが。

Twitter_kigurumi

 

続きを読む "ゆるゆり♪♪ 第3話 & じょしらく 第2話 感想" »

2012年7月20日 (金)

角川声優

本日、ニコ生にて「生徒会の一存」の新アニメ発表が有りました。

生徒会の一存新アニメ公式HP

一番大きな変化は、キャストの変更です。

桜野くりむ役と椎名深夏役は本多真梨子さんと富樫美鈴さんで変更有りませんが、
紅葉 知弦役と椎名 真冬は以下のように変更になりました。

紅葉知弦役
斉藤佑圭さん→美名さん

椎名真冬役
堀中優希さん→野水伊織さん

おおお!!定番の角川声優で固めてきました!!
オール角川声優!!

さすがですね。
ところで角川声優って???

プロダクション・エース所属の声優さんのことです。

続きを読む "角川声優" »

DOG DAYS’ 第2話 感想

いくよシンク!真剣勝負!!

Ready Go!

ついに始まる師弟対決、いや、勇者対決!!

勝負の結果は果たして・・・

下着じゃないから恥ずかしくないモン!

え!?シンク、おまえは服そこまでかよ(爆笑)

そして、

魔法少女リリカルレベッカ登場!!

遊びに行った3人の少年・少女が3国に分かれて各国の勇者に!!

陸のビスコッティ
海のガレット
空のパスティヤージュ

火の勇者シンク
水の勇者ナナミ

レベッカ(ベッキー)はなんの勇者なのでしょうね~。

続きを読む "DOG DAYS’ 第2話 感想" »

2012年7月19日 (木)

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第2話迄 感想

こう見えても魔王の娘だ。人の手に落ちても新の魔王に祭りあげられ
・・・行き着く先は破滅!!

君に娘を託したい・・・か、知らないぞ!どうなっても!!

2

 

2話でいきなり3人おもらし!!

タイトルの「聖水」ってそっちの方の意味かよ。

き・・・鬼畜だ!!これは鬼畜だ!!

鬼畜主人公というとR-18作品のランスをすぐに思い浮かべます。
あの鬼畜具合はハンパ無いですから!!
でもこの作品はR-18指定作品ではありません。
その証拠に聖水のシーンは魔方陣だったのですから・・・・f^_^;

それでも、この主人公はいいですね。

個人的にはとても好感が持てます。

やはりタイトル通り鬼畜ですが!!(笑)

 エロ枠・ハーレム枠作品群トップで気に入ったのは、
一番期待していなかったこの作品から・・・・

 

続きを読む "はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第2話迄 感想" »

2012年7月18日 (水)

ココロコネクト 第2話迄 感想

たまたまみなさんがなかなか面白いから

適当に入れ替わってもらって・・・
ああ、そこそこ面白かったなぁ、という感じになれば、その時点で終わりますから。

みなさん、あまり気にしないで普通に生活してください。

Logo_hito

・・・・5人の人格が突然勝手に・・・そしてランダムに入れ替わる。

パーマンのコピーロボットじゃないから入れ替わっている間、
相手(自分の身体)が何をやっているかわからない。

それなのに普通に生活しろって・・・

これ、学園ものではあるが一種のホラーだ!!

大沼心総監督起用な理由がわかったような気がします。

 

続きを読む "ココロコネクト 第2話迄 感想" »

2012年7月17日 (火)

TARI TARI 第3話 感想

「合唱時々バドミントン部」結成!!

晴れTARI、泣いTARI、後は時々歌ってみTARI
ついでにシャトルも打ってみTARI

Tarikonatu_2

音楽科が有るほどの高校なのに、何故合唱部がなかったのか?

なぜ、声楽部なのか・・・・

そう・・・かつてあったのだ!!

白浜坂高校には合唱部が・・・・

かつて全国コンクールで優勝したほどの名門部活が・・・・

続きを読む "TARI TARI 第3話 感想" »

2012年7月16日 (月)

さんかれあ 第12話(最終回) 感想

ようするにさ、私と礼弥ちゃんはライバルってことだよね?

でも私はわんこさんほど・・・

時間がないんだったら、なおさら後悔しないように生きなきゃ!女の子なら!!

わんこさん・・・私もう死んでますけど・・・

私は負けない!だから礼弥ちゃんは礼弥ちゃんでがんばって!!

ゾンビになってしまった娘と、ゾンビ大好き変人の恋物語・・・・はこれから始まる!!



続きを読む "さんかれあ 第12話(最終回) 感想" »

2012年7月15日 (日)

アクセル・ワールド 第14話迄 感想

ブレインバーストは、ゲームであってゲームではない

どうして?
たかがゲームなのに、みんなどうかしてる!!おかしいよ!!

戻りたい・・・みんなで遊んだあの頃に・・・だから私はバーストリンカーになったんだもん!!

O0800044311942437477

千百合参戦!

彼女のデュエルアバター:LIME BELL(ライムベル)はヒーラー。
HPを復活させる力を持っていた。

まさに千百合=ちゆり=治癒ですね。

しかし、そんな彼女と春雪を嵌めたのは・・・・

能美征二
彼もバーストリンカー。果たして能美の目的はいったい・・・

続きを読む "アクセル・ワールド 第14話迄 感想" »

2012年7月14日 (土)

じょしらく 第1話 感想

漫画は漫画として読めばいい!!なんでアニメにするのか??
動く必要のない会話劇の、しかもほぼ楽屋しか出てこない漫画を何故アニメにする必要が有るのか?

いきなりの自虐久米田節炸裂!!

20120713_115402bmp

女の子の「かわいさ」?????

女の子の「腹黒さ」ですよね??

Twitter_marry

つまんねぇこと聞くなよ!!

・・・・とっても面白い作品なのですが、

これ、感想ブログ書くの大変かも(笑)

 

続きを読む "じょしらく 第1話 感想" »

2012年7月13日 (金)

ゆるゆり♪♪ 第2話迄 感想

\アッカリ~ン/

は~~い!!

ゆるゆり、また、はっじまるよぉ~~

20120710_55713bmp

OPのこのあかりちゃんでいきなり大爆笑しました。

そして・・・

あかりちゃんのお団子、地毛じゃなくて取り付けていたんだwww
1期1話視直したら確かにつけてる!!
2期にして初めて知った驚愕の事実でした(笑)

でも今回は\アッカリ~ン/だけのネタではないのです。

正常進化したゆるゆり第2期は期待以上のできあがりです!!

もう一度、笑われればいいと思うよ。

続きを読む "ゆるゆり♪♪ 第2話迄 感想" »

2012年7月12日 (木)

DOG DAYS’ 第1話 感想

エクレただいま!約束通り割と早めに帰って来た!!

まったく!!来るのが遅い!!

そして・・・

レオ様からのお呼びに預かり、ガレットの勇者高槻七海、華麗に見参!!

シンクのライバル、ナナミが的の勇者として参戦!!
フロニャルド、そして犬と人間の少年・少女の物語

再度始まり始まりぃ~!!

続きを読む "DOG DAYS’ 第1話 感想" »

人類は衰退しました 第2話迄 感想

妖精さん・・・

かわいらしい外見からは想像もつかないほどの超常的科学技術を持つ、現地球人類。

それが妖精さんです!!

「わたし」は国連の調停官であり、妖精さんと人間との間を取り持つ専門家であったりするのです。

でもそんな「わたし」の本性は・・・・

2012070103

事実の隠蔽

印象操作

脅迫的誘導

にっこり笑って別の言葉でこのことを言う・・・・そして

責任の所在

補償・処罰・・・

問題が起きるのが怖いなら危険な橋を渡らなければいいのに・・・

ぐさっとトドメを刺す!!
おっそろしいほどに腹黒な主人公ヒロインですwww
いや、これが彼女の仕事。お役所仕事ってこういうものなのですwww

この作品すげぇです!!

今期良い方向に裏切られた作品第1号!!
本当はDOGDAYS’を書いてアップする予定でしたが、ガマンできずこちらを先に書いちゃいました。
それほどシュールで面白い作品です!!!
(DOGDAYS’も面白かったので今晩もしくは明朝にアップする予定です)

視る人をかなり選びますが・・・・

続きを読む "人類は衰退しました 第2話迄 感想" »

2012年7月11日 (水)

これはゾンビですか? OF THE DEAD DVD第2巻 感想

尻だ!!!

許可無く近づくな!ご主人様!!

さっさと決めろ!!クズ共が!!

サラスwwww。
面白すぎます!!

しかし、同じ吸血忍者、セラとかぶるだけに・・・・
セラの出番が・・・

水入りますか?コスプレ店員を眺めに来たムッツリクソ虫の分際で!!

サラスにとられてる・・・(×_×;)

 皆様、春アニメ最終回&夏アニメ初回視聴ラッシュで大変なのか、今回は思ったより早くレンタルしてくる事が出来ました。と言っても2巻販売&レンタル開始から2週間後なんですけどね。愛知は地上波放送していなかったので、見てない人も多く、最初のウチは人気なんですよね~~。

 前回も書きましたが、普通、DVD版の感想というと、TV版との比較とか、特典映像とかの内容になるのですが、 これははっきり言ってテレビで視たレベルの感想記事になります。 んでもって、当然ながらこの後の展開は(他の方の感想ブログとか読んでいて少しは知っていますが)、未視聴で知りません。 それを踏まえての感想になることをご了承ください。

続きを読む "これはゾンビですか? OF THE DEAD DVD第2巻 感想" »

2012年7月10日 (火)

TARI TARI 第2話迄 感想

あんた、これだけの人を巻き込んでおいて何もしないで帰る気?

悔いはないの?

もう次はないんだよ!!!


坂井さん、この前の答え探してくるね!!!

歌ってなんぼだ!恥かいてもいい!

じゃあ一曲歌って帰りますか!!

Tarikonatu_2

※↑この画像は公式ツイッターがMX放送終了後にツイッターアイコンとしてアップしてくれます。
毎週違うものが出るそうなので楽しみですね。前回は和奏今回は来夏でした。


 

音楽は楽しむものなのか、それとも楽しませるものなのか・・・

歌を愛すもの・・・・

歌に愛されるもの・・・・

歌に愛されたものでないと・・・一度失敗してしまったら

公式な発表会で歌を歌ってはいけないのか??

 

晴れTARI、泣いTARI、後は時々歌ってみTARI

 

続きを読む "TARI TARI 第2話迄 感想" »

2012年7月 9日 (月)

究極超人あ~る OVA

やぁ!

なつかしい~~~!!
この夏伊那市駅開業100周年記念事業の一つとして、
OVA究極超人あ~るの聖地田切駅~伊那市駅をあーる達のように自転車でツーリングしようというイベントが開催されます。

その記事を読んだら・・・やはり視てしまいました。
本棚の奥から引きずり出した究極超人あ~るOVAのDVD。

Kicx1911

懐かしく、そして完成度の高さに改めて感動しました。

 春アニメ最終回&夏アニメ初回視聴ラッシュで大変なのですが、
私はブログに一度書くと最後迄視聴、締めたいというのがありますので、
途中でハズレを引くのがとっても嫌なので・・・(主観で書くため文句書いてしまう)。
なので、新作アニメは2話以降から感想を書く事が多いので、
この時期は少しブログに余裕があるのですね。
 なので懐かしアニメとかがこの時期に集中するのです・・・f^_^;。

続きを読む "究極超人あ~る OVA" »

2012年7月 8日 (日)

リコーダーとランドセル レ♪ 第26話迄(最終回)感想 & しばいぬ子さん感想

逮捕で始まり・・・逮捕で終わった(笑)

しかも最後は姉に手を出していることになって・・・・

出オチとも言えるギャグ作品、フィナーレです。

しかし・・・「資本主義の犬」は終わることなく、ちゃっかり続く!!

よろしくぅ~~ん♡

続きを読む "リコーダーとランドセル レ♪ 第26話迄(最終回)感想 & しばいぬ子さん感想" »

魔法のスターマジカルエミ

舞でやる方が・・・おもしろい!!
そうだ、返そう!魔法を返そう!!

T02200210_0431041211815225815

魔法の天使クリィミーマミ・魔法の妖精ペルシャに続く、
スタジオぴえろ魔法シリーズ第3弾。

おそらく今再放送したら、大絶賛であろう作品です。
多分魔法の天使クリィミーマミより人気になったであろう作品です。

・・・・そうですね。
個人的な意見ですが、雰囲気が「けいおん!」に非常に似ています。
もちろん、ストーリーや内容は全然違います。
ですが、時間の流れがゆっくり流れること、ストーリーよりも演出に力を入れているところ。
そのためぱっと見は地味な作品に見えること。
そのへんが非常にそっくりだと思います。

それが、今やったらヒットするだろうと思う所以です。

O0615042011814882947


続きを読む "魔法のスターマジカルエミ" »

2012年7月 7日 (土)

もやしもん リターンズ 第1話 感想

ごぶさたで~~~す。もやしもんで~~す!

今回も、かもすぞぉ~~~~!!

粘菌術は人類が見つけた最大の技術だ~!!
味噌は世界に誇る個体発酵の最高傑作なのだ~!!

Ktb01

 菌が見える男、主人公の沢木 惣右衛門 直保は、東京の農業大学に入学した。
沢木の実家は「もやし屋」という麹屋さん。その大学にはおじいちゃんの友人で教授の樹 慶蔵(いつき けいぞう cv西村知道)がいて、樹教授のゼミに入るのが、実家が東京の大学に行くのを許可した条件。

 そんな農業大学の樹教授研究ゼミで繰り広げられる、
菌をテーマにしたドタバタコメディ(ミニマムな団体劇だそうだ)。第2期スタート!!

なにげに菌の勉強になる、知的作品でも有ります。

続きを読む "もやしもん リターンズ 第1話 感想" »

2012年7月 6日 (金)

さんかれあ 第11話迄 感想

どちらが礼弥を守る資格がある者なのか、決着をつけようじゃないか!!

だからつまり・・・キンモイ!!

礼弥が望んでいるのは特別じゃない!!

今まで礼弥が自ら望んだことをいくつかなえてあげた?

あんたの押しつけじゃなくて!!!

私の名前は左王子蘭子。千紘の(従)姉で許嫁です。

もちろん!人間の!!!

そっか・・・この人、降谷君のことが・・・・好き・・・なんだ・・・

ゾンビ vs 人間 の千紘恋の争奪戦。
普通は人間の勝ちに決まっていますが、この作品は普通ではないので・・・

さんかれあ クライマックスインプレッション 11話迄

ファーストインプレッション 1話
2ndインプレッション 3話迄
3rdインプレッション 6話迄
4thインプレッション 9話迄

↓公式HP
かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


CBCも関東同様サッカーで一週休み。またもや2週遅れになりました。
 なんか、最終回が他のブロガー様の記事見ると物議を醸していますね。
一体どんな終わり方をしたんだろう・・・・
原作のはっとりみつる先生のブログによると、サッカー対策で本当は13話迄有ったらしい。
だが12話でも終わって良いように、ストーリーは12話で決着をつけていると。
それでいてこの皆様の納得いかない感・・・・・なんか来週の最終回が心配になってきました。
見るメロも当然のごとく無くて。でも、13話用の予告も作っていたのだから、 予告の茶番劇は11話で「未完」なのですね・・・・それも残念。



●あらすじ  (ネタバレ注意)
・第10話:強い・・・思い・・・

物語はクライマックスへ!!・・・・というよりやっと動き出します。

 8話ラストで礼弥奪回を失敗、代わりに千紘を誘拐・監禁した散華団一郎
縛られても尚かつ大暴れする千紘の所にやってきたのは・・・

 

散華亜里亜(さんかありあ cv浅野まゆみ)。団一郎の妻、礼弥の母親だった。

そこで千紘は、彼女が団一郎の2番目の妻で、礼弥は死んだ前妻の子供だったことを知る。
そして・・・亜里亜も女性として、女として団一郎に愛してもらえていない事も知った。
一生懸命尽くしているのに・・・かわいそうな女性だった。

 千紘がさらわれたのを見て、1人散華家に向かう礼弥

一方ついに団一郎と会う千紘。
子供の頃からずっと団一郎が撮っていた礼弥の裸写真を展示してある部屋で・・・・

・次回予告:前回で怒り爆発!すねた萌路を説得に千紘登場!
千紘と萌路で次回予告するがすねたままの萌路に千紘までもキレる!!
本編よりも予告の方が次回どうなるか気になりましたよ(笑)



・第11話:特別・・・なんかじゃ・・・ない

父を呼んでください!!

散華家に戻った礼弥だったが、2人のメイドに捕まり軟禁、コスプレで遊ばれてしまう。
※礼弥がゾンビになってからまだ数日しか経っていないのですね。なんか1ヶ月ぐらい経ってる気がする。

その間に始まる、団一郎千紘のフェンシング勝負。
しかし、千紘は勝負を拒否。

その上今まで誰も言わなかった(言えなかった)団一郎の本質を突き、団一郎の逆鱗に触れる。
本当に千紘の腹をフェンシングの剣で刺してしまう!!

しかし、千紘は大丈夫だった。
6話ラスト、礼弥が千紘の傷口を舐めたことでゾンビの毒が回り、千尋は助かったのだ。
(もう、この伏線完全に忘れていましたよww)

そこに現れるコスプレ現場から逃げてきた礼弥。

礼弥と千紘、2人で団一郎を説得。

海外で礼弥がゾンビから戻すことが出来る方法を見つけるまで、
降谷家で過ごすことを許可する。

 ひとまずは一件落着・・・と思いきや、そこに蘭子が千紘の怪我を知り乱入。
これはいよいよもってやばいと思った蘭子は、千紘と許嫁宣言。

礼弥を千紘から引き離そうとする作戦にでる!!

それを見た礼弥は思う。

そっか・・・この人、降谷君のことが・・・・好き・・・なんだ・・・

・次回予告:萌路配役から降り、千紘と礼弥で次回予告。
しかし・・・・・「みんな!見るメロ!!」萌路乱入!「もう逃げたりせぬわ!
・・・ラスト1回の予告、どんなだったか見たかったなぁ・・・


●感想

 礼弥を産んだ母親が一番奇っ怪ですね(笑)。まあ団一郎も奇っ怪というかおかしすぎるのですが。

 散華家のブランドではなく、自分を普通の人間として、接してくれたのが嬉しかったのでしょう。
即団一郎は彼女に求婚するのですが、その時点で礼弥の母親は15歳。

よくOKしましたよね!!
ただ、礼弥を産んですぐ彼女は亡くなったのだから、もしかしたらその時点で不治の病だったのかもしれません。車いすだったですし。
自分が死ぬ前に自分の分身を産みたかったとすると、納得出来るかな。

そう言う理由があったとしても、
あんな男と結婚したことが、愛しあったことが、礼弥の母親が一番奇っ怪だと思う理由です。
彼女が死んだ後団一郎の性格が変わったのならともかく、描写視るとそうでもないですし(笑)。

ところで、団一郎と礼弥の母親が初めて会ったのが彼女が15歳の時。
そして、礼弥は今高校1年生(15歳か16歳)。

娘と言うより、15年かけて妻にもう一度会いたい、
というか、礼弥を使ってもう一度礼弥の母親と結婚生活を送りたかったのでしょうね。

礼弥が受け入れる遺伝子はただ一つ

って言っていましたからね。
実の娘と一発やりたかったんですか・・・・

・・・・完全に気が狂ってますね(笑)
変態の域を超えています。

そんな人間なのに、よくぞ最後千紘の言うことに納得しましたね。
自分がやっていることはおかしいという自覚症状はあるみたいですね。

まあ、相手が殺そうと刺しても死ななかったと言うのもありますが、あの団一郎とは思えない行動でした。
これも礼弥のことを愛する故の行動・・・と理解しておきましょう。

 

 しかし千紘の変態具合も団一郎に匹敵しますね。
いくらゾンビっ子にしか興味がないとはいえ、
巨乳美人で最近ずっと日照りの人妻と、同じく巨乳美人で面倒見がよく良い性格の幼なじみ従姉が迫っても全然反応しませんものね。

動揺して拒否ってるのではなく、「無反応」ですからね!!

 貧乳属性?いやいや、それでも普通は反応するでしょ。
恐ろしい程までのゾンビ属性。
まあゾンビ映画とか見ていたら裸とか見慣れているでしょうしね。

これだけおかしくないと団一郎には立ち向かえないのでしょうね。

何はともあれ、クライマックス終了。
当面のラスボスである団一郎との決着もひとまずつき、次回最終回。

最後は

ゾンビ vs 人間

の千紘、恋の争奪戦になりそうですが・・・
蘭子勝ち目無いよなぁ・・・・。
人間というのもこの作品だと敗北要因だし。。。。

最終回、真っ向から取り合ってくれればくれれば良いですが、
礼弥の方が引くような展開だと、蘭子がよけいみじめ・・・というかかわいそうなので・・・・
その展開だけはやめて欲しいなぁ・・・・

良い感じで終わってくれるのを期待しています。

はっとりみつる先生作品だからそれを期待しちゃあいけないのかもね(笑)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

非公認戦隊アキバレンジャー 第13話(最終回) 感想

今発売中の雑誌ビーエルティーの8月号で声優井口裕香さんの水着グラビア写真が載っていますが、
最近ネットでは、これの水玉コラが出回っています。

A34d93e2s

こういうネタや、水玉コラの意味を知ったのもアキバレンジャー(2話) だったなぁ・・・・(笑)

一切の妥協をせず、戦隊のパロディとアキバオタク文化を追求した、
新しい時代のとんでもない作品非公認戦隊アキバレンジャー。
1クール終了して、ついに完結。

痛さは、強さ!!
良い子は見ちゃんダメ!!



非公認戦隊アキバレンジャー レビュー 13話

ファーストインプレッション 1話     2ndインプレッション 2話
3rdインプレッション 3話         4thインプレッション 5話迄
5thインプレッション 6話         6thインプレッション 7話
7thインプレッション 8話         8thインプレッション 9話
クライマックスインプレッション 11話迄
ラストインプレッション 12話

バンダイチャンネル配信ページ 1話・最新話一週間無料
 
公式HP
O0800039611910120591

にじよめ学園ズキューーン葵HP
O0425025711965529156

●あらすじ

第13話「最終話 反省会!痛くなければザッツオーライ!」
20120703_100924bmp

 ドクターZとの戦いも終わり、その後何故か変身も封じられ鬱屈とした日々を送っていた
信夫・美月・ゆめりあ。
 ある日、ひみつきちに届く一枚のDVD。

第2シーズンをやりたいなら、これを視て自分たちの何が悪かったか反省しなさい。

と言うことでDVDを視てコメントする4人。
ところが途中で赤木が、これは13話総集編用のコメンタリーだと言うことに気づく。

視聴者にサービスするとて、顔出しスーツ衣装を着てサービスする3人。
ズキューーン葵の歌を歌ってサービスする葉加瀬紘世。

第2シーズンは、応援次第!よろしくね~~~。

Fin.

O0609037111920479448


●感想

映像スタッフのツイートを田崎監督がリツイートしていましたが・・・

20120703_104519bmp

・・・アキバレンジャーだけに絶対何か仕掛けがあるな?って思われていたんだろうなぁ~。
実際私もそう勘ぐっていましたし(笑)

でも、本当に普通の総集編でした。
最後に顔出しサービスと、内田真礼さん、いや葉加瀬紘世の生歌聴けたぐらいでした。
そして・・・エンドロールはロケの時の写真集。

私がおお!っと思ったのはメイン3人とスーツアクターの3人、計6人で写っていた写真。
こういうのも公認では出来ませんしね。
そしてきっと、スタッフ達は撮影時の苦労を思い出して泣いたのでしょうねw。

 

O0686059911910316277

 最初は本当に何の気無しでした。

バンダイチャンネル視ていたら、一覧の中に有る「非公認戦隊アキバレンジャー」という名前。
なんでバンダイチャンネルにご当地ヒーローの映像が???

と思ったら東映が作っていると知りびっくり!!
公認戦隊なんて正直子供の頃以来視ていなかったですが、
大手が作ると知り試しに視てみよう。。。。と視始めたのがきっかけでした。

アバンでいきなりとっても痛い赤木信夫君が登場!!
デカレンジャーと同じ入りで始まり、戦隊好きを驚かせ、
そしてアニメ視ている人間も引き込んだのはズキューーン葵。

そしてオープニングはまさかのモモーイ(桃井はるこさん)。
真ん中のアイキャッチに使うは初音ミク!!
葉加瀬紘世がびっくりの声優内田真礼さん。

最後のオチが、戦ったこと全てが妄想という事実!!

とにかく1話が神がかっていました。
あまりの衝撃に、逆にこの先の展開を疑ってしまうほど(笑)。

でも2話も同じノリだったので、これはとんでもない作品がでて来たぞぉ~~~と、
一気にはまってしまったのです。

インターネットの公式ページで裏のネタや楽屋オチを

もう一度みたくなる(かも)トリビア♯

として教えてくれたのも、この作品に合っていたと思います。
あのおかげで、スーパー戦隊から遠ざかっていて知らないネタを補完してくれました。

この13話で、戦隊好き・戦隊マニアまでは行かずとも、かなりの戦隊オタッキー知識を得たと思っています。
 それはまさに、もう一度スーパー戦隊視てみようかなぁ・・・と思えてしまう、見事な効果だったと思います。


また、ロケ地がオタクの聖地秋葉原というのもあり、ロケしていることがツイッターでつぶやかれたり、
マシンイタッシャーがアキバで一時期展示されていたりと、
この作品は、派手な宣伝で知名度が上がると言うより、ネットでの口コミの力で徐々に知名度が上がって来ました。

BDの売り方、イベントの方法等も最近の深夜アニメとほぼ同じ手法をとり、
うまい煽り方だったのではないかと思います。

まさに、「高いが安い!!」
※9月発売のモエモエズキューーン(MMZ-01)は、すでに売り切れていて予約打ち切りと言う状態。


 2期が視たいですが、こういった作品の2期は非常に難しいと思います。
これは、前回ブログで書きましたがgdgd妖精sにも言えると思います。

ゲリラによってヒットした作品。2作目はゲリラではなくなる。
そんな中で1作目以上の驚きとクオリティを出すには、相当内容を練り込まないといけません。

でも練り込みすぎて、ぶっ飛びすぎると某探偵アニメのように視聴者置いてきぼりになってしまいます。

 番組内でやたら6ヶ月後を連呼していたのが気になるのと、
そして一番驚いたのは今日7月6日から配信開始となるネットラジオ

非公認戦隊アキバレンジャー公認WEBラジオ(仮)

普通こういうものはオンエア中に配信されるべきもの。
まさかの全て放送が終わってからの配信にびっくりですよ。

これはつまり、2期、もしくはOVA(アニメじゃないからこうは呼ばないか・・・なんて呼ぶんだろ)を
する気があると言うことです。

全てはBD・DVD、そしてメインスポンサーのバンダイが発売するフィギュアの売れ行きにかかっていると言うことでしょうか。

終わったのに終わったような気がしないアキバレンジャー。
この後のセールスがどうなのか、とても楽しみです。

 何はともあれ、常識を越えたすばらしい作品を本当にありがとうございました。
アニメではありませんが、深夜放送アニメ類作品の中で、間違えなく今期トップのできばえでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ワンクリックいただけると励みになります


 そこあに

2012年7月 5日 (木)

咲~Saki~ 阿知賀編 episode of side-A 第12話(TV最終回) 感想

そうやチャンピオン!それが阿知賀の・・・あがり牌や!!

死闘!!

それはまさしく、読んで字のごとく命を削って戦う者、
そして、自分の今までを殺して新しい自分と向き合う者、

まさに死闘でした。
・・・そしてその死闘は、阿知賀レジェンドのトラウマを治していく・・・

最強のチャンピオン相手に3-1の共闘で戦った先鋒戦、決着!!
そしてTVの最終回!
Interview1_ono_urahata_photo3

咲~Saki~ 阿知賀編 episode of side-A 
           TVラストインプレッション 12話


アニメ 咲~Saki~ 感想ブログ
    ファーストインプレッション 1話
2ndインプレッション 4話迄        3rdインプレッション 5話
4thインプレッション 7話迄        5thインプレッション 10話迄
TVクライマックスインプレッション 11話    
   
8thインプレッション 13話  9thインプレッション 14話 

ニコニコ動画配信ページ

公式HP
O0570055311905687989


●あらすじ (ネタバレ注意)
先鋒戦オーラス。連チャンが止まらない白糸台の宮永照。

Ep12_02

トリプル・・・三つ先へ!!

 前回と同じひきだが数字は一個増え、三巡先を読みに行く千里山の園城寺怜
それは、麻雀の実力がないのに、ずっと一緒でいてくれた・・・・
中学時代から変わらぬ友達でいてくれた竜華とセーラのココロ。それが怜を三巡先に導く。

見えた!!

倒れてもおかしくない中、放心状態・・・ほとんど気力だけで麻雀をする怜。

 宮永照は点数を上げながら上がり続けなければならないため、リーチをかける。
次にあがるとすると親っパネ以上が炸裂する!!
一発を消すために鳴くすばらっ!。

一方の玄ちゃんは天牌するが、ドラが来るために天牌に持っていかず悩み続ける。
3人の中で一番上がりに近いのは玄ちゃんと三巡先を読んで気づいた怜は、玄ちゃんの安牌を増やしていく。

Ep12_02b

みんなの気持ちを受けたのか、前を向くためにここで玄ちゃんはなんとドラを切る!!

今まで自分から別れを決めたことはなかったけど、
前を向くためいったんお別れ。

帰ってこなくても、私は待ってる!!

松実玄 = まつみくろ = 待つ身玄
名前が玄ちゃんを物語っていたんですね。

はじめて河にドラが出ましたね!!すばらです!!

一番驚いたのは宮永照。
玄ちゃんからドラは出ないと決めつけ、待ちを変えていたのだ。

そして・・・玄ちゃんのあがり牌を照に切らせるため、怜は鳴いて牌の改変をし、
自分に来る予定の玄のあがり牌を照に回す。
あとは・・・・

ロン!メンタンピンイーペーコードラ6!!16000の二本場は16600です!

玄ちゃんは照に倍満を直撃!!
3人で宮永照に一矢を報いた。

 しかし、戦いの代償は大きく、怜はその場で倒れ、救急車で運ばれる。
怜を見送った千里山のメンバーは(死んではいないが)弔い合戦と更に燃える!!

そして、ここでついに出会う!!

原村和と、穏乃・憧・玄ちゃん。

Ep12_03

和、うちら必ず決勝に行くから・・和も必ず来てよ!・・・じゃあ、決勝で!!

はい!!

一気にエンジンがかかる主人公(のはずの)高鴨静乃だった!!

必ず勝つから!!

O0384030812034940931

●感想

いやぁ!!!
めっちゃくちゃアツイTV最終回でしたね!!!

咲のときの団体戦決勝大将戦と良い勝負だったと思います。
これやりたいための前ふりが・・・長かったなぁ~~~。
でも、それだけの価値がある先鋒戦でした。

 私はあの、高校でみんなが来るまで部室をずっと掃除して、
1人みんなが来るのを待っていた玄ちゃんのエピソード以来玄ちゃん推しなので、
最後おいしいところを持っていってくれて本当良かったです。

阿知賀編TV最終回のタイトル通りでしたね。
今回もアバンからずっと・・・そう、玄ちゃん覚醒と3人が和と再会するシーン以外は千里山編でしたからf^_^;。


・・・これ、もしかしたら白糸台が3位で負けるのでは???

と思えるほどの千里山と阿知賀のモチベーションがアップしました。

でもさ・・・・・冷静にみると先鋒戦終了時で

・白糸台:   196200
・千里山女子: 80900
・阿知賀女子: 74700
・新道寺女子: 48200

白糸台はここから2校が削れる相手ではありません。
まあ、咲~Saki~の最終回でネタばれされているので、白糸台は間違えなく決勝に行くので。

・・・・そうすると、千里山女子がおちるんだろうなぁ・・・・この作品は阿知賀編なんだから・・・

 そして、この作品はレジェンドと言われた顧問、赤土晴絵さんのリハビリでもあります。
見事に10年前を再現している準決勝ですね。

・赤土晴絵 = 松実玄ちゃん。
・小鍛治プロ = 宮永照

当時宮永照より遥かに化け物だった小鍛治さんに唯一ハネ満以上をあて、一矢を報いた赤土晴絵。
でも結局はそのマイナスが取り戻せず、阿知賀は決勝にいけなかった。

一つ目のトラウマは今回玄ちゃんが解消しました。
残るは二つめのトラウマ、ここから追い上げての準決勝突破。
二つめのトラウマを溶かすのは、赤土晴絵大好きな灼か?それとも大将の穏乃か?

どういう配分するんだろう・・・・ダイジェストで一気に大将戦に行き、穏乃で2.5話ぐらい使うのか、
それとも穏乃1話・憧(それか灼)1話、残り2人で1話と平均的にするのか・・・

なんか前者のような気がします!!

 和と会い、エンジンがかかった主人公穏乃のミラクルラッシュに期待ですが・・・
それはネット配信の残り3話にお預けですね。

 でもね・・・・このOPの穏乃。

20120705_00914bmp

この後すぐ和が出るんですよね。これが2話以降ずっと引っかかっていて・・・。
しかも、今回「ウチら必ず決勝行くから。必ず勝つから」という、
世に言う負けフラグも立ててるし・・・

本当にミラクルラッシュ、有るよね?有るよね?主題歌なんだし!!

でもこの主題歌・・・歌っているStylips、全員千里山のメンバーなんですよね。

しかも大将戦・・・1年前なら悠木碧さん(穏乃)なんだけど、
今メインヒロインの中の人として勢いのあるのは石原夏織さん(竜華)の方なんだよな~~。

ミラクルラッシュがかかるのは千里山の方で・・・阿知賀・・・・負け??

とにかく、1ヶ月以上先になると思いますが、ネット配信の13話、楽しみです。


 一つ気がついたのは、千里山の監督の名字が愛宕!!
同じ大阪だし、もしかして監督、姫松の愛宕姉妹の関係者かな??
親戚か・・・もしくは肉親とか・・・・

この作品、赤土さんをプロに誘っている
熊倉さんが、
咲~Saki~本編の原作読むとで
岩手代表宮守女子の監督やっているんですよね。
なので、愛宕という名字も偶然出したとは思えないので。

いろいろな人達の人間模様が絡み合う咲&咲 阿知賀編。
こういうところもこの作品が面白いと思うところです。

そういえば・・・すばらっ!煌先輩と和・タコスが会うシーンは無かったなぁ。
13~15話であるのか?それともこのままそのシーンはカットなのか・・・
それとも何年か後にあるであろう咲~Saki~本編の方でやるのかな。
先輩という設定は原作咲本編でのエピソードですし。


Ep12_01

●宮永咲と宮永照

この阿知賀編のおかげで、宮永照がいかにすごいのかがわかりました。

こんな姉ちゃん相手に咲は家族麻雀で±0だったわけですよね。
そうして考えると・・・やはり最強の大魔王は「咲」の方なのでしょう。

で、その照の能力は人を見る力「照魔鏡」。

おそらく照は、咲が点数調整しているのを照魔鏡で見てしまったのでしょうね。
それを見て照はどう思ったのでしょう・・・。

これが照が、咲を無視している理由なんじゃないでしょうか。

多分、咲のクライマックス、全国大会個人戦では咲と照がぶつかるはずですから、
その時、もし咲が最初からフルパワーで照にぶつかったとしたら、照がどういう反応するかです。

それが、咲~Saki~前半で言っていた

「麻雀ならお姉ちゃんと話が出来るような気がする」

の言葉の意味でしょうから。
わだかまりが解けるのか・・・強すぎる妹に余計へそを曲げてしまう姉なのか。
どちらでしょうね。

なんか強い、本気でぶつかってくる妹を待っているような気がするんですよね。
宮永照。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

2012年7月 4日 (水)

謎の彼女X 第13話迄(最終回) 感想

1話の時、私は椿君の彼女と言っておきながら鉄壁の防御を誇った卜部美琴ちゃん。

12話最後ではほぼノーガード状態になり、13話では誰がみてもほほえましいカップルになっていました。

空前絶後の異色傑作作品!

よだれによるコミュケーションの純愛恋愛コメディは冬を越え、もうすぐ春がやってきます。

椿の花に・・・アゲハがとまり、密を吸い始めました。
そして・・・椿の花からはたくさんのよだれが・・・違った!蜜が・・・

20120703_120234bmp

よだれがテーマのラブストーリー、最終回です。



謎の彼女X ラストインプレッション 13話迄

ファーストインプレッション 3話迄
2ndインプレッション 4話
3rdインプレッション 6話迄
4thインプレッション 8話迄
5thインプレッション 10話迄
クライマックスインプレッション 11話

OVA 謎の夏休み インプレッション

ニコニコ動画配信ページ
バンダイチャンネル配信ページ

↓公式HP
O0360048211929745960

恋のオーケストラ  吉谷彩子(BD1巻購入特典)

 

●あらすじ  (ネタバレ注意)
20120702_131909bmp

椿君、あのとき見たきれいな卜部さんの裸が頭の中でいろいろちらついちゃって大変だと思って!!

果たして丘さんの言っていることは本当で、あの文化祭以来椿君は卜部の裸が目の前にちらつき、
ふと抱きしめたくなる衝動にかられてしまっている。

一方の卜部も、丘さんに言われた後、椿とよだれのコミュニケーションをすると暑くなるほど椿のよだれの影響を受ける。

ホントに・・・エッチなんだから・・・

それはついに爆発!!学校の帰り思わず卜部に抱きついてしまう椿。
卜部もいつものパンツハサミで反撃するが、手元が狂い椿の額をハサミで切ってしまう。

Pic_photo_story_12_01

怪我の手当で卜部の家に行く椿だったが、
またも頭をぶってしまう椿を卜部は椿をぎゅっと抱きしめるのだった。
そのおかげで少し落ち着く卜部、更に幸せモードに入る椿。

椿君もエッチだけど・・・私もエッチなのね。

 翌日、手当したガーゼをクラスメイトの諏訪野亮子(すわの りょうこ cv藤村歩)に
卜部の前で取られてしまうが、取り返し貼り直す椿。
それを見た卜部は更にキュン!となり・・・

いつもの日課の時またもや卜部を抱きしめてしまう椿だったが・・・・

椿君にくっつきたいなと思ったのは・・・私の方だから。

ついに2人、カップルとして一歩前進したのでした。

Pic_photo_story_13_01

 町で偶然に出会った卜部と椿の姉の椿陽子(つばき ようこ cv福圓美里)
そのまま喫茶店で陽子の学生時代の恋の話と、椿のお母さんが亡くなっていたことを聞く。

二日後の月曜日、そのことを椿に話す卜部。
椿の母親は桜餅が好きだったこと、母親が死んだのは椿が小さい頃で、ほとんど母親の記憶がないことを知る。
そして次の日曜日、お母さんの墓参りに行きたいとお願いする。

すごくおめかししてかわいい格好をしてきた卜部は、
椿の母親の墓前に自分の一番得意料理な肉のベーコン巻を供え、お参りする。

椿の手を墓に乗せ、互いによだれの交換をすると・・・・

涙が流れて止まらなくなる2人。

それは、今はもう覚えていない椿の(母親が死んだ)当時の気持ち。

あなたは泣く以上に、たくさん笑っていたのね。
それはお母さんとお父さんとお姉さんのおかげ。
私も将来、あなたにとって、そんな存在になりたいわ・・・

20120702_131903bmp

母さんのお墓の前でよだれを舐め合うのは、ちょっと不謹慎だったかな

でもそれは仕方無いわ、私達はこれから先・・・
もっと不謹慎なことをすることになるんだから・・・

母さん、僕に生まれて初めての彼女が出来たんだよ。
名前を卜部美琴という!!

Fin.


その不謹慎なことを見たい人(2期希望者)はBD買えってかぁ~~~!!!

●感想

E66868db

13話真ん中のこのアイキャッチ!!!
もうこの破壊力がすごすぎて!!!

パソコンや携帯電話の壁紙にしたい程の傑作です!!
そして、墓参りの後、「もっと不謹慎なことをすることになるんだから」の後振り向いた時の卜部!!

もう、この2カットの卜部美琴だけでノックダウンでした!!

とにかくこの作品はすごかったです!!

1話が最強!よだれ以外は全部NG!!
鉄壁の防御と攻撃力を誇った卜部美琴という謎の彼女Xと椿明のカップルは、
よだれという固い絆の元・・・徐々に普通のカップルとして2人の距離が縮まっていった。

弱々しく見えますが、ちゃんと卜部一本で心を通した椿君。
彼の気持ちにより、鉄壁の防御は、徐々に崩れ始め、耳→髪の毛と弱点も披露。
しかも中盤早川の登場により部分的に立場は逆転。
実際は(天然とはいえ)うまいこと卜部の女心をくすぐった椿君は立派な卜部の彼氏でしたね。

とにかくやってることはとんでもないですが、内容は純愛という、
恐ろしくもすばらしい作品でした。

ついにこの近年まれに見る傑作(奇作)が終わってしまいましたね。
しかし、ストーリー展開はまさに王道!ピュアーな2人の高校生が、彼氏・彼女としてだんだんと距離を縮めていく、とってもすばらしいラブストーリーでした。


 さて、私がこの作品に取り憑かれた魅力の一つに、卜部美琴役の吉谷彩子さんの演技がありました。
 彼女は声優ではありません。ドラマとかに出る俳優・女優です。アニメの声優も初体験。それだけに声優のように、声を作ると言うことをしません。
でも、女優として、演技が天下一品なのです。朝起きたときの卜部ちゃんのあくび、椿に抱きつかれたときの動揺した「抱きついちゃダメ」の演技。
これは逆に声優の演技というものになれた私にとってすごく新鮮でした。

彼女の配役は渡辺歩監督がピンと来た事による抜擢だったとか。

アニメ「謎の彼女X」配役発表、卜部役は気鋭の若手女優

 こうして見ると、一番のGJは個人的には彼女を起用した監督だったと思います。
ジブリ作品とかで最近は俳優や歌手・芸人さん等を声優に起用することがあります。
わたしが声優とその他の方との最大の違いは上に書いたとおり「声を作ることが出来ない」だと思います。
 逆に俳優は入り込みさえすれば自分の持っている地声ですばらしい演技が出来ます。
その声とアニメのキャラクターが見事に合えば、今回の卜部美琴と吉谷彩子さんみたいに化学反応が起きて、卜部美琴というキャラクターに命が吹き込まれるんだなと、
今回心から思いました。

 もちろん、アニメとしての演出も見事で、椿君の嫉妬が大きい回だけ夕焼けが妙に赤かったり、卜部お餅うにょ~んが彼女の胸の柔らかさを表現していたり、最後のアゲハチョウが椿の花に蜜を吸いに来たのに大量の蜜を出したという演出には度肝を抜かれました。

 ところで卜部ちゃん、肉のベーコン巻が一番の得意料理・・・それは、丘の影響なのだろうか?
それとも元々だったのだろうか・・・
この作品はずう~~っとベーコン巻推しでしたね~。
この演出の意図は・・・・どんなだったんだろうな・・・・この作品ですからきっと何か有ったのでしょうね。

エンドカードは原作者の植芝理一先生書き下ろしでした。

20120702_133053bmp

 こちらこそ、こんなぶっ飛んだ、そしてすばらしい作品を世の中に出していただき、
本当にありがとうございました。
 これはもう原作の先生の力が非常に強い、他に例のないラブコメ作品でした。

 またスタッフ・キャストの皆様、本当に楽しかったです。ありがとうございました。
是非2期が視たいです!!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

2012年7月 3日 (火)

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第26話(最終回) 感想

信じているから!!あんたと・・・私達の未来。

チアキちゃん、まかせて!!

チアキよ・・・この先、おまえはどうしたい?

キャプテン茉莉香といくか?

Icon4

この最高な作品がついに最終回・・・・

半年間本当に毎週が楽しみでした。
アニメでこんな気持ちになったのは何十年ぶりだろう・・・
(何年ぶりでも、十何年ぶりでもない)

でも!!!

しかし!!!

20120702_111928bmp

祝!映画化!!

この作品は映画にうってつけですからね!!!
これは楽しみです。
ストーリーの考えられるパターンは3つ。

A:原作4~6巻のストーリーを映画化!!
B:佐藤竜雄オリジナルストーリー
C:原作の笹本祐一先生の映画専用書き下ろしオリジナルストーリー

Aはもったいないですねぇ。
なんかダイジェストっぽくなりそうで。
BかCがいいなぁ。

で、映画がヒットしてアニメ第2期で原作4巻以降をアニメの設定に合わせ直してやる!!
うん!これが一番うれしいです!!

Icon2


モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) ラストインプレッション 26話

ファーストインプレッション 2話迄    2ndインプレッション 4話迄
3rdインプレッション 5話         4thインプレッション 6話
5thインプレッション 7話         6thインプレッション 8話
7thインプレッション 9話         8thインプレッション 10話
9th(1クール目クライマックス)インプレッション 11話
10thインプレッション 12話       11thインプレッション 13話
12thインプレッション 14話        13thインプレッション 15話
14thインプレッション 16話       15thインプレッション 17話
16thインプレッション 18話       17thインプレッション 20話迄
18thインプレッション 21話       19thインプレッション 22話
20thインプレッション 23話       21thインプレッション 24話
クライマックスインプレッション 25話

ニコニコ動画配信ページ
バンダイチャンネル配信ページ
Gyao配信ページ   (最新話無料)
 
公式HP

過去にも独占インタビュー をしていたエキレビが、
最終回前と言うことで、再度佐藤竜雄監督にインタビューをしてくれました。

・「グリューエルは気が利くね~」あの一言に集約〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督に更に聞く1〉
・さぁ、劇場版の時間だ!〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督に更に聞く2〉

宇宙海賊と私掠船免状海賊の違いは、総合格闘技とプロレスの違いと同じ。
プロレスはショーだと言われていても、やっている人達は誇りを持ってプロレスラーをやっている。

言い得て妙ですが、めっちゃくちゃ納得してしまいました。
そこからこのオリジナルの5話になってくるんですね~~

映画の話も出ていますので、モーレツ宇宙海賊お好きな方なら必見です。


●あらすじ
 (ネタバレ注意)

20120702_105844bmp

いよいよ最終決戦!!

海賊連合側は弁天丸・バルバルーサも入れて10隻。

グランドクロスは・・・・3隻!?

電子戦は5分5分だった。10隻がリンクを張っての共同戦線で対抗した。
クーリエ大活躍!!

私は海賊の経験を信じる!!
だって私は海賊だから!!!

ここでキャプテン茉莉香が気づく。
グランドクロスは3隻ともクォーツ・クリスティアが動かしていた。
無人操作の2隻は海賊連合が潰し、残るはメインの一隻。

見栄えで負けたら、海賊としてしゃくじゃない?

そう言うところは母親似なのね。

茉莉香の取った作戦は白兵戦。
クォーツ・クリスティアの船に乗り込んでいく!!

さあ!!海賊の時間だ!!!

Icon3

※茉莉香の戦闘服、これ絶対元ネタクイーンエメラルダスでしょう!!!
マントがもう少し長くて腰に剣をさしていたらアウトでした(爆笑)

 百眼・シュニッッアーの力もあり、ついにブリッジにたどり着くキャプテン茉莉香。
この時点で勝負はついた。

脱出ポッドで脱出するクォーツ・クリスティア。
最後のグランドクロスも自爆してしまった・・・・

そして、勝負は海賊連合側の勝利に終わった!!!

Icon2

 

物語はエピローグへ・・・・

・・・残念ながらグリューエルなんちゃって海賊船長、そしてジェニー率いるオデット2世の応援は最終決戦に間に合わなかった。
しかし・・・なんと鉄の髭に仕事を依頼したのは・・・・グリューエルなんちゃって海賊船長だった。
そして・・・鉄の髭はやはりゴンザエモン加藤。茉莉香の父親だったのだ。

ねえ船長、弁天丸はこの先どうやって・・・何処へ向かって行くのですか?

遠慮無く、女子校生海賊でしばらくいかせてもらいます!!

それが私の今!!

無事後期試験もクリアーして・・・・

・・・そして・・・海賊は行く!!

20120702_111905bmp

Fin.


●感想

まずはいつものごとく考察好きの裏読み&戯言から(笑)。

鉄の髭が受けた依頼・・・・それは二つあったのではないでしょうか?

一つは銀河連邦の女王陛下から、じゃじゃ馬クォーツ・クリスティアの護衛依頼。
※多分、クォーツ・クリスティアはグリューエル同様、銀河帝国のお姫様なんじゃないでしょうか。

そしてもう一つの依頼は、
セレニティのお姫様グリューエルから、キャプテン茉莉香を海賊狩りから助けて欲しい。

この二つをほぼ同時に受けたのではないかと思っています。

でないと、グリューエル以下とオデット2世が応援であそこにいる理由がありません。
最初からゴンザエモン加藤の存在を知っていないと、
帰りを送ってもらうお願いをするあのシーンに行き着きません。
そうでないとあのグリューエルと鉄の髭が会ったシーンの会話は不自然すぎます。

ゴンザエモン様、私の依頼、引き受けていただいて、ありがとうございました

 過去形ですよね。オデット2世のみんなを海明星へ送り届けるのは、これから。
なので、ここでのお礼が過去形なのは送り届けることに依頼に対してではない。

 海賊狩りの件を独自に調べていたグリューエルとリン。
特にこの2人はゴンザエモン加藤からもらったあのIDリングを解析しています。
19話でグリュンヒルデが茉莉香にIDリングを返したとき、リンが言っていました。

下手すりゃ銀河帝国も黙ってないぞ!!

そして、グリューエル

困りますわ、ゴンザエモン様からお預かりした大事な絆の証を。

と。
つまり、あそこでゴンザエモン加藤が在命なのを知ったのではないでしょうか。
そして、銀河帝国所属で海賊をしていることも・・・・
プラス、セレニティやジェニーのの情報網もありますしね。

で、グリューエルがゴンザエモン加藤に依頼をして、
その上でリン達と一緒にオデット2世で応援に向かったと。
だから、鉄の髭はオデット2世でみんながやってくることを知っていた!!
なので、スムーズにパラメラムでヨット部を送り返すという手はずになったのでは。

私はそういう風に解釈しました。

ところで・・・もし本当にクォーツ・クリスティアが銀河帝国のお姫様だとしたら・・・

ゴンザエモン加藤ってとんでもないお姫様キラーのロリコンオヤジなのでは・・・ないでしょうか(笑)
 
 そしてこのロリコンオヤジは、親ばかオヤジでもありまして・・・。

おそらくですが、ゴンザエモン加藤は弁天丸船長の時、もっと広い宇宙に出たかったのでしょう。
ですが、私掠船免状海賊としての弁天丸。これでは大宇宙に出られない。

 そこで自分が連れてきた若手のケインを使って、弁天丸で一芝居打った。
弁天丸で死んだことにしたら、主治医のミーサが検死をすることになるので、そうじゃなく、
銀河帝国のどこかで食中毒でそのまま死んだことにし、書類はケインが弁天丸に持ってきた。
 銀河の中でも辺境の田舎である海明星は、絶対的上位の銀河帝国からの書類なのでそのまま受け入れ、書類上ゴンザエモン加藤の死が確定した。

 困ったのは一芝居打たれた弁天丸の方で、結局は親のやりたいことに娘がかり出された事になってしまった。茉莉香は父親に弁天丸を押しつけられた格好になる。

・・・そのまま好き勝手やっていればよいものの、やはり娘が気になり、
加藤親子不可侵条約などと言う、親ばかな条約を作って娘を保護する。

が、それを破ろうとする輩が現れ、だんだんと娘のことが気になる親ばかオヤジは、
結局の所グリューエルの依頼をこれ幸いと、しゃしゃり出てきた・・・そんな所ではないでしょうか。

・・・・困ったおやじだこと(笑)。

Icon1

さて・・・この傑作がついに終わってしまいました・・・・


 いやぁ、最終回めちゃくちゃ面白かったです!!

アニメーションならではの派手な演出!ドンパチ!!

そして最後は白兵戦!!

ハーロックやエメラルダス大好き世代にはもうたまりませんでしたね!!

それでいて戦いはと言うと、ちゃんと現代風になっていて、電子戦の攻防がまずありき!!
本当終始わくわくしていました!!

しかし、足でキーボード打てるクーリエ!!
恐ろしきスペックです!!各海賊の電子戦担当者じゃなくてもファンになってしまいますね。
彼女無くしてこの時代の戦いは絶対勝てません。

そしてミーサ。最後は見守るだけでしたね。
前半あれだけ口うるさく茉莉香を注意・叱っていたのに。
最後に怒られたのはマスターIDリング無くしたときでしたか・・・。

 でも、私は今回ぞっくぞくしたのはケンジョー・クリハラです。
キャプテンハーロックが娘を持つとこんな感じになるんじゃ無いのかなぁ~。

俺は海賊として好き勝手やっている。
だが娘のおまえは決まりに従わず、おまえも好きなことして良いんだぞ!
決して俺の船に乗っている必要は無い。
って。

チアキは間違えなくキャプテンタイプではなく参謀タイプなので、
あとはオヤジについていきたいか茉莉香についていきたいかの選択。
チアキは茉莉香と一緒に新しい海賊として生きていきたいのでしょうね。

そしてあの戦い方と
「お嬢ちゃん・・・」
の言葉、いやぁ、茉莉香が女子校生キャプテンだからこそ、
ケンジョー・クリハラのかっこいい海賊っぽさが、懐かしさを覚えました。
ハーロックとダブったなぁ・・・。

 鉄の髭が中途半端に濁すのではなくはっきりとゴンザエモン加藤としたのも好感が持てます。
それでいて茉莉香には会わないし、正体も明かさない。
莉理香がいたことも茉莉香は知らないままの状況・・・いや、オデット2世が来ていたことさえも知らなかったでしょう。
でも、あのウルスラ以下のおばか組がいつか話しそうだなぁ~~~
パラメラム号に茉莉香のお母さん乗ってたよ~~って。(笑)

いろいろな伏線をほとんど回収し、それでいて見事に最終回らしく物語も締めてくれました。

このすばらしい作品に「拍手喝采」です。
佐藤竜雄監督、スタッフ・キャストの皆様、本当にありがとうございました。

次は劇場ですね!!
映画公開を楽しみに待ちたいと思います。

・・・・原作読んでみようかな・・・・

20120702_111842bmp

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります


そこあに

2012年7月 2日 (月)

こえでおしごと! 第8巻 紺野あずれ著 感想

エロゲー声優の素質を持った天才は柑菜だけじゃなかった!!

「天才がもう一人、現れたってわけか・・・・」

先月の25日、待望の8巻が発売されました。
Dscn1974

今回の限定版特典は、ドラマCD「催眠オ○ニーPANIC♡」
Dscn1972

本編内Scene45~48のサイドストーリーです。約35分のドラマ。
自分たちがイっちゃってるのをいつも冷静に見ている元樹へ復讐するとて
柑奈・葉月・小鳥・絢雨、彼女達が声をあてているエロゲー作品「催眠陵辱クラスメイト」のシナリオを使って演技し、眠っている元樹を催眠にかけ、元樹をイかせちゃおうというものです。

内容はエロゲーのそう言うシーンそのもの。そういう演技スタートは13分以降。

・・・・すごいですよ!!!MAKOさん!!
今回はマジすごいです。
MAKOさん、エロゲー声優になっちゃった?・・・と言うほどの熱演です。
正直他の3人の演技の比較になりません!!
これR-18でしょ??っていう程ですよ。

 MAKOさん、最初に彼女を知ったのは「はなまる幼稚園」の小梅ちゃんです。
小倉唯さんと同じで、一度聴くとすぐわかるオンリーワンのかわいい声ですね。
かわいい子や小さい子の演技が中心かと思っていた矢先、
このこえでおしごとのヒロインをやるとは思いませんでした。
そして、矢継ぎ早に「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」の
エロゲーヒロイン静留ちゃん役。おいおい、こっちの方面行っちゃうの?
と心配するぐらいでした。が、この2作品の後、明らかに通常作品の演技が変わりました。
アニメTake2の演技はまだ?と思うところがあるのですが、このドラマCDの演技は圧巻です。成長したんだなぁ~~~。
 最新では咲~Saki~ 阿知賀編、阿知賀の暖かい牌を集めるお姉ちゃん、松実宥役ですね。

とにかくMAKOさん、いや柑奈の絶頂演技だけでも限定版を買う価値は有りますよ。
しかもシナリオの妙で名前を呼んでいません。そういう面でもリスナーの自分に語りかけてきているような感じになります。
オナニー・おちんちん等の言葉にはニャン音(ピー音)が入っているのが唯一の残念な点ですね。

 そして、単行本の裏帯には妙な記述が・・・・・

Dscn1976

スペシャルブルーレイBOX???9月19日発売????
だってこの作品、Take.2までしか出てませんよ??
たった2本でブルーレイBOX???買う人いないでしょう・・・・
もうすでに買いたい人はみんなブルーレイ持ってますって!!

ただこの作品、Take.1が出たときは3本まで出るような雰囲気だったんですよね。
現にTake.2の終わり方は全然一区切りついていない。

その証拠にOPには未放送のコミケでの描写シーンも有るんですよね。
多分そのコミケがTake.3の内容でそこで一区切りかと思っていたので・・・
ああ・・・Take.3は打ち切りだったんだ・・・と。

もしかしてTake.3も入ってくるとか・・・・???
なら「Special」の意味も納得なのですが・・・・

詳しくは公式HPへ・・・・っと・・・・
20120629_150209bmp

お~~い、去年の8月以降全く更新されてないんですが・・・・
連動してないよぉ~~~ワニブックス&ポニーキャニオンさん!!

Take3が入るのか入らないのかだけでも知りたいです・・・
入るならもっと派手に宣伝するでしょうから・・・入らないでしょうねぇ。f^_^;

 

・・・・・っと、前置きが長くなってすみません。
では本編の感想行きたいと思います。

【送料無料】こえでおしごと!(8巻)

【送料無料】こえでおしごと!(8巻)
価格:609円(税込、送料別)



こえでおしごと! 第8巻 インプレッション&レビュー

第6巻の感想
限定版第6巻特典ゲームの感想
第7巻の感想

アニメ(OVA-Take2)の感想


●前巻まで

 海津元樹(かいづもとき)の幼なじみで、オナニーやイクさえも知らない純粋培養のお嬢様城山綾雨(しろやまあやめ)。
元樹が大好きで子供の頃から元樹のお嫁さんになるのが夢だった彼女は、なんと海津のいる高校へ転校して来てしまった。

 だが、元樹にはすでにメインヒロインの青柳柑奈(あおやぎかんな)がいた。しかもその柑菜は元樹にいやらしい言葉を連発!!
カルチャーショックを受ける絢雨。真相を知ってびっくり!

え!?声優のお仕事??じゃあ私もエロゲーの声優になる!!

ということで純粋培養のお嬢様がエロゲー声優になっちゃった。
だが、恥ずかしがり具合は柑奈以上。しかもイクの想像も出来ないからなかなかうまくいかない。そんなある日、「私をお嫁さんにしてくれる?」のセリフに、
セリフ通り「やだよ!」と返した途端、とってもおとなしい絢雨が元樹に繰り出す

アッパーカット!!

え!?なぜ?どうして・・・・?

Koegoto8


●あらすじ (ネタばれ注意:核心まで書いてあります)
・Scene43~
Scene44
 絢雨ちゃんが無意識に繰り出した元樹へのアッパーカット!
それは、もともとは活気のある女の子だったのに元樹に嫌われないよういい女の子を演じ、しかも柑奈という女の子が元樹にはいて、しかも2人は経験豊富と勘違いし、ついには身を引こうとまでしていたため、爆発してしまったのだった。

 柑奈は自分と元樹はつきあってもないし、そう言った経験もない事を絢雨に説明。
納得した絢雨だが、自分はやはりこの2人のカップルには勝てないと、柑奈を応援することにするが、あきらめさせてくれるまでは!!と、元樹にキスをしてしまう。
以降、明らかに声優としての演技が変わった絢雨ちゃん。

 一方、これだけ周りが後押ししてくれてるのに・・・と、ついに元樹に告白する決心をした柑奈だったが、逆に元樹にキスをされ、元樹から柑奈に告白!!


・・・しようとするがキスで柑奈はいつものトランス状態に入り・・・ちゃんちゃん!!

・Scene45~Scene48
ブルーマーチ、次のエロゲー作品は「ジョク」もの。
陵辱と言う言葉を通常の場で使いにくいためこうなった業界用語。
タイトルは
「催眠陵辱クラスメイト」
かなり強烈な内容のものである。

文花の指導の下、練習を始める4人娘だったが、
柑奈を除いてアヘった感じが出ない。
さらに練習を重ねる3人。
葉月・小鳥は出来るようになるが絢雨はそもそもイクと言うことをしらない(オナニーをしたことがない)のだからアヘ顔を出せるわけがない。

冗談で葉月が絢雨に催眠術をかけると・・・なんとかかった!!かかってしまった!!
絢雨は無意識に元樹へアッパーカットを入れるぐらいだから、
自己催眠(自己暗示)にかかりやすいことがわかった。

それを利用して、絢雨ちゃんに柑奈同様元樹がハグすると・・・・

トランス状態に入った!!

柑奈同様、もう一人のエロゲー声優の天才が現れた瞬間だった。

無意識のうちにそれに触発された柑奈。
今までとは違う、究極の演技をしてしまう。
それは・・・

声だけで人をイかせる能力

それにより「催眠陵辱クラスメイト」は空前の大ヒットを飛ばし、
声優「青井かんな(柑奈の芸名)」も業界関係者やファンの間に轟くことになるのだった。

Kanna8

●感想

 エロゲーだけに関わらず、AVとかでもそうですが、恥辱・陵辱ものって人気有りますよね。結構過激なものも多いです。
 かくいう私もその手のものが好きですね(笑)。
だからというわけではありませんが、今回非常に面白かったです。

ところが、面白かった理由は、巻末のあとがきに書いてありました。

紺野あずれ先生、Q%Aで
Q:声優好きなんですか?
A:実は全く詳しくないです

Q:エロゲー良くやってるんですか?
A:実はあんまりやらないし詳しくもないです。

Q:じゃあなんでエロゲーの声優漫画を書こうと思ったのですか?
A:女子校生に合法的にセクハラが出来てなおかつ赤面を描くのに最高の設定だったから

・・・なっとく(笑)。
恥ずかしいって言うのはまさに恥辱・陵辱の世界ですからね。
原作者の先生もこの辺りのエピソードはきっとノリノリで描かれたんだろうなぁ、って想像できます。

でも、ストーリー展開的にはそろそろ安定してきましたね。
柑奈のライバルが出てきて、同等の能力を持ち、それで柑奈が覚醒。
そのソフトが空前のヒットをして一気に人気声優にまでなってしまいました。

・・・あと何やるの?
元樹とのラブコメも来るところまで来ています。
さて、これ以上面白いネタが有るのかなぁ。
それともドラゴンボールではないですが、またキャラ出てくる・・・と言うパターンかなぁ。

そろそろ起承転結の「転」がやってきそうな気がします。
柑奈がスランプになるのか、女子校生がR-18ゲームの声優やっていることがばれて問題になるとか・・・・

でも、紺野あずれ先生の後書き読んでいると、そんな事描きたくてこの作品を書き始めたのでは無いわけですから、きっともっと楽しく笑いながらさわやかなエロを楽しめる声優漫画として9巻も出てきてくれるのでしょう!!

とにかく今回は本編・ドラマCD共にとても楽しめる、すばらしい内容でした!!

  

    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります







アクセル・ワールド 第12話迄 感想

ブレインバーストでの親子の関係・・・それは、

戦いたくても、現実世界での影響力を無視できずに戦うことが出来ない・・・

たとえ、どのような未来が訪れても、私は君を選んだことを後悔だけはしないよ

まさにニコとがそれを春雪の前で実戦したのでした・・・・

そして・・・災禍の鎧の欠片がSILVER CROWに・・・

O0500034211968493456

エンディングのないネットゲームの終わりほど・・・寂しく悲しいものはない。

ゲームである以上、エンディングは目指さないといけない。
理不尽な形で世界の終わりを見せられるよりか、それは正しいことなんだ!!

・・・実際はそうですが、リアルの優しさがアダになりそうな・・・春雪君ですね・・・・



アクセル・ワールド 4thインプレッション 12話迄

ファーストインプレッション 4話迄   2ndインプレッション 6話迄
3rdインプレッション 9話迄       4thインプレッション 12話迄
5thインプレッション 14話迄          6thインプレッション 18話迄
7thインプレッション 19話 

↓公式HP
アクセル・ワールド

先日のニコ生で、2クール目のOPとEDが紹介されました。

【ゲスト:ALTIMA】三澤紗千香のアクセル全開!世界会議 (番組ID:lv94709588)

この番組、黒雪姫役の三澤紗千香さんがいろいろ体当たりの放送をしていてとっても面白いです。
しかも、三澤紗千香さん、めっちゃかわいいし若い!!19歳大学生でしたか!!
プレミアム会員、今日ならまだタイムシフトで視られます!!
おすすめですよ~。

ということで、第1クールクライマックスです。


●あらすじ  (ネタバレ注意)

そのブレインなんチャラってゲーム、私にもコピーインストールして!!
それて私も、海賊王に・・・じゃなかった、バーストリンカーになる!!

千百合がそう言ったことで明かされる、ブレインバーストをインストールした親と子の関係。
親がコピーインストール出来る子は一人だけ。
だからこそ親子の関係は大切!
そして、親子の関係は例外なく、互いのリアルを知る。
リアルでの感情が入ってしまい、加速世界でまともに戦えない!!

呪われた災禍の鎧を身にまとうSCARLET RAINのグループの5代目クロム・ディザスター(CHERRY ROOK)
彼を倒しに「無制限フィールド」へ移動するSILVER CROWBLACK LOTUSSCARLET RAINCYAN PILEの4人。

ところがそこに現れたのは・・・黄の王:YELLOW RADIO(cv石田彰)
彼が今回の黒幕だった。CHERRY ROOKに災禍の鎧を渡し、SCARLET RAINをおびき寄せようとしたのだった。
計算外だったのはBLACK LOTUSが一緒についてきたこと。
レベル9+多数の部下とはいえ、レベル9(赤の王・黒の王)2人では分が悪い。
YELLOW RADIOは昔先代赤の王の首をはねたときの映像を春雪(SILVER CROW)の前で見せ、
BLACK LOTUS
の過去の過ちをえぐり、戦闘不能にさせる。

闘士無きバーストリンカーにデュエルアバターは動かせない!!

※やる気がないとコントローラーで操作しても動かないってことね・・・・

砲台の装甲が剥がされ、絶体絶命のSCARLET RAIN、そして押さえつけられ動けないSILVER CROW
しかし、春雪の必死の声かけ・説得でついに目覚める黒雪姫(BLACK LOTUS)。
彼女の大暴れで形勢逆転。加速世界初のレベル9同士ガチバトル!!

しかし・・・勝負に邪魔が入った!!
突如現れたのは・・・・クロム・ディザスター(CHERRY ROOK)だった!!

O0800043911942437478

とてつもない戦闘能力のクロム・ディザスター(CHERRY ROOK)に負けるのが怖いSILVER CROWは戦闘不能になってしまう。
春雪の気持ちを知り、説得の後1人立ち向かうBLACK LOTUS

ところが、それを止めたのは・・・SCARLET RAIN。ちょっと間違えた方法で。

だが、SCARLET RAINはジャッジメントブローブローを撃てなかった。
クロム・ディザスター(CHERRY ROOK)SCARLET RAINの親だった。
2人はリアルで同じ学校の仲の良い友達だった。しかも2人とも親を知らない孤児だった。

仲良くバーストリンカーとして戦っていたのだが・・・
しかし、いつの間にかSCARLET RAINの方がレベルが上になり、
リアルでは親なのに、バーチャルではCHERRY ROOKの方が部下になってしまっていたのだ。
SCARLET RAINに力で追いつくため、強くなりたいが為に災禍の鎧に手を出してしまったのだ。

SILVER CROWの加勢により、自分を取り戻したSCARLET RAINは、ついにジャッジメントブロー発動。
CHERRY ROOKにトドメを刺す。

災禍の鎧も無くなり、一件落着。
・・・・の筈だったが・・・SILVER CROWの背中には災禍の鎧の欠片が憑いていた・・・・・

 そして物語はクロムディザスター編エピローグへ・・・
ニコは相変わらず春雪の家に入り浸っていた。
彼女は春雪にCHERRY ROOKの後日談を話し、リアルで仲良く出来そうなことを報告。
そのお礼にとクッキーを春雪に渡す。

とってもおいしいよ・・・と喜び涙しながらそれを食べる春雪だった・・・・

O0800044311942437477

●感想

黒雪姫やべぇ!

黒雪姫と春雪よりも、ニコと春雪の方がお似合いな気がする(笑)

黒雪姫は春雪のことを恋人のように好いているのですが、
いかんせん春雪は黒雪姫を恋人と思えるほど成長していませんからね~~。

そんな春雪と丁度兄妹のような関係を築いているニコの方が一緒にいてしっくり来るのは当然なのかもしれませんね。

おにいちゃん!

ですからね。で、春雪自身が

いっぺんに姉と妹ができた、夢のような・・・

と言っているとおり、黒雪姫のことは恋人というよりお姉さんポジションですから。
でも、黒雪姫は加速世界では姑レベルの経験を持っていますが、
リアルの恋愛はどう見ても普通の中学生レベル。
この世界、中学生が中学生らしいのがいいですね。まさに中2(厨二)!!

だから普通にやきもちも妬くし、行動自体が凄く子供じみている。
これが個人的に黒雪姫にはまっている理由なのですが・・・・

とにかくニコと黒雪姫の春雪争奪戦、あの子供じみた戦いは個人的に大好きです!!

でも、第3者的にみると、春雪とお似合いなのは、どう見ても・・・ニコだよなぁ。

O0690049211941254993

ところで・・・・この加速世界の親子の関係、

なんというリアル会社世界!!!

新入社員で入って来た新人を、先輩として手取り足取り教えて仲良く仕事していた人がいました。
プライベートでも休みの日に一緒にいろいろ遊びに行ったりして、そいつとはとても仲良く、公私にわたり楽しい生活を送っていた。

だが、いつの間にか仕事の世界で、その人の方が出世してしまい上司になってしまう。
いろいろ教えた後輩に指示や命令を受けなければならなくなってしまったのだ。

上司の方も、先輩を部下として使わなければいけないのは非常にやりにくいはず。
でもそれ以上に・・。。追い抜かれてしまった方は必死になるでしょうね。

・・・で、本来会社ではやっていけないことをついついやってしまった・・・

う~~~ん・・・笑えない・・・f^_^;
なので、会社勤めの方で、ニコに同情する人、
また逆にCHERRY ROOKの気持ちがわかる人、
たくさん見えるのでは・・・・

ねぇ・・・・f^_^;。


ということで、かわいそうに1人蚊帳の外な「博士君」「めがねくん」の二つ名を得た拓君が、
実は今回に限っては一番よかったのでは??(笑)

で、その博士君の(見かけ上の彼女)、 千百合ちゃんに参戦フラグが立ちましたね。
いい感じに入って来てくれると楽しくなりそうですが、
千百合の目が春雪ばかりに向いてしまい、またもや博士君が・・・というのは個人的に勘弁して欲しいなって思います。

せっかくの良い子なのに、ますます「千百合いらねぇ~、邪魔」とかブログで口走ってしまいそうなので・・・f^_^;

次回から第2クールスタート。
愛知県はアクセル・ワールドが土曜日深夜放送。
そして、その前に同じ川原礫先生原作のソードアート・オンラインが始まります。
毎週土曜日深夜は川原礫先生タイムです!!

その川原先生、ツイッターで作品の解説実況を(関東準拠ですが)してくれています。
本来こういうのを見ながらアニメ視るのはあまり好きではないのですが、
いろいろと厨二設定があり、おじさんではたまについて行けないときがあるので、
解説読みながらこの作品は楽しんでいます。

川原礫先生のツイッターアカウントはこちら

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに
アクセル・ワールド
ソードアート・オンライン

2012年7月 1日 (日)

アクエリオンEVOL 第26話迄(最終回) 感想

わかった!!

この作品はアニメで描かれた神話だったんだ!!

つまり・・・
神話をテーマにしたアニメ作品ではなく、この作品そのものが神話だったんだ!!

神話を使ったギャグアニメとか、愛をテーマにしたアニメ作品とか、ロボットアニメとか、
いろいろ今までのアニメ作品と比較するからおかしくなったのであって、
昔から有ったギリシャ神話とかと並列にみた、アニメで描いた神話だからこそ、
不条理なことや、人間や肉親とは思えない酷い行動しても許されるわけですし、
あり得ないことや力業としか思えないストーリーでも受け入れざるを得ないんだ!!

どっかの神話にも良く有るじゃないですか!!
神様が泣いたらその涙が雨になり、川となったとか・・・
七夕の日に雨が降るのは織り姫と彦星の涙雨だって・・・

この世界は24000年前からアクエリオン=神なんだから、

神様が涙流したら干上がった地球も元に戻っちゃうよね~。そりゃあ!!

この神話がわれわれに言いたいこと、それは、

運命なんてものは最初から無い。お話は自分で作っていくものだ。

と言うことですね。
アマタとカグラの戦い、それは、

俺は運命を手に入れる! vs 俺は運命を超えて今を抱きしめる

だったわけですから。
なるほど!良い神話だ!!
後世に言い伝えられるほどの神話かどうかはわからないけどww

・・・と、自分に納得させました(笑)

それから・・・

アニメの演出の力ってすげぇなぁ~~~(爆笑)


アクエリオンEVOL ラストインプレッション 26話迄

ファーストインプレッション 2話迄        2ndインプレッション 4話迄
3rdインプレッション 7話迄             4thインプレッション 8話
5thインプレッション 10話迄             6thインプレッション 14話迄
7thインプレッション 16話迄            8thインプレッション 20話迄
クライマックスインプレッション 23話迄
2ndクライマックスインプレッション 24話

↓公式HP
T02200125_0800045311749827363

ニコニコ動画配信ページ



●あらすじ
  (ネタバレ注意)

 イズモと母親のアリシア。やっと出会えた両親2人が目の前で死亡。
アマタの怒りの矛先は、カグラに向かう。

カグラは、イズモが自分の父親なのを知らなかった。
カグラとアマタ、無意味な戦いが始まった。
それに反応し、アルテアはヴェーガ(地球)へ次元を超えて移動。
二つの星がぶつかり合う危機が訪れる。

それを静かに見る不動ZEN。彼は、なんと(やはり)24000年前のアポロニアスだった。

 一方MIXY vs ゲパルト。アンディの必死の説得と愛で
MIXYは記憶が戻り、MIXになった。

 ここでついにミカゲが表に出てくる。
12000年前のトーマは創聖合体の時、アポロがアポロニアスの転生ではなく犬の転生だった事を知った。
ダマされたと思ったトーマは復習の固まりミカゲとして復活したのだった。

その復習の執念でミコノを拉致、そしてカグラを取り込み合体。
神話型のアクエリオンは黒いアクエリオンとなる。

Bg_lower_men

 黒いアクエリオンを手に入れたミカゲは花嫁だけいればいいと、
ミコノだけ残してカグラとゼシカを排出する。

それに立ち向かう、

アマタ・アンディ・MIX - アクエリオンEVOL

カイエン・ユノハ・クレア理事長 - アクエリオンゲパーダ

二つのアクエリオン。

なんかいろいろと派手な演出の後、いろいろ24000年分の誤解が解ける。

・ミカゲはトーマにあらず。黄昏乙女×アムネジアの影夕子さんでした(爆笑)
トーマから恨みの部分だけが飛び出したんですね。影夕子の方がはるかにかわいい。
・セリアンは、トーマの存在を知っていてアポロニアスと恋に落ちた。そしてずっとトーマから逃げていた。ミコノはそれを知り、ミカゲに謝り、今を繋ごうとする。

アマタ・カグラ・ゼシカ で純愛合体。

そして、アマタ・ミコノ・ミカゲのアクエリオンLOVEでミコノを救い、ミカゲを倒す。
涙を流すアクエリオンLOVE。
その涙が二つの地球を繋ぎ、ひからびた地球を潤す。

身体の無くなったミカゲは不動ZENがアポロニアスとなり取り込み、
2人でみんなを見守ろうと説得。

あれだけひねくれていたカグラも、鬱の極致を極めていたゼシカも、とっても良い子になりました。
もしかしてカグラとゼシカでつきあっちゃうんじゃない?ってぐらい。
そしてMIXの胸もなぜか元に戻り、何はともあれ、めでたしめでたし。

T02200423_0312060011749881900


●感想 

恐ろしい力業で最後まとめましたねぇ~~~(笑)

最後強引に盛り上げ、力業で感動作品に持って行くところは岡田磨里脚本の真骨頂でしたね。
ブラック★ロックシューターも、見る人によってはすごい力業だったと思った方も居たでしょうし。

 これ、ゼシカ好きな方や、ユノハ好きな方、その他各ヒロインキャラに思い入れがあった方達はこの結末どう思われたんだろう・・・

 私は創聖のアクエリオンの時はシルヴィア、EVOLはミコノ押しでしたので、
最後シルヴィアが出てきてミコノとつながったシーン、
次いでミカゲにミコノがセリアンの替わりとして謝るシーン、
そしてアマタを受け入れたときのミコノの表情を視たら・・・
この演出にダマされてしまいちょっとだけ感動してしまいました(笑)

というより、
シュシュがはずれてミコノがシルヴィアと同じ髪型になるってのはずるくない??

河森監督が物語の前半でのインタビューで、
「シュシュはとても大事なキャラクターです。それは最後わかります」
って言っていたけど・・・シュシュ、ミコノの髪留め外す役だっただけじゃん!!!

でも、それに見事にはめられましたね。確かに大切なキャラだ!!
 (それ以外にもミコノのココロ・記憶の壁が取れたという、壁の役割も有ったんですけどね)
あそこでミコノがシルヴィアとかぶさったから、その前の前座が効いてくるんですよね。

20120629_05834bmp

 まずシルヴィアとミコノがシンクロして、その後ミコノがセリアンとシンクロしてがミカゲに謝る。
で、アマタがミコノに告白して突っ込んでくる。
そこでミコノの髪がほどけてシルヴィアとシンクロする。
12000年前はそこで1人だけ残されたシルヴィア、
でも今回はついにシルヴィアもアポロと愛しあうことが出来た。

12000年前置いてきぼりにされたことが、アマタの置いてきぼりに移ってしまっていたんですね。

いやぁ~~、爆笑しながらも、ちょっと泣いちゃいましたよ(笑)。
完全に、ミコノをシルヴィアにかぶせる演出にダマされました。
まあ、自分がミコノ押しだったからでしょうね。
後シルヴィアも好きだったからそれにターボがかかり、茅野愛衣さん萌声でトドメを刺されましたかね。

まさにシルヴィア好き・ミコノ好きにとっては演出の勝利!!
いままでの気に入らなかったところを、全て忘れてしまうところでした(笑)

Evolmicono


 ラスト2話も、いろいろ突っ込みどころ満載のストーリーでしたので、
それは、ミコノ・シルヴィアがかわいかったと言うことで、文句は前回のブログ でやめておきますが、
2つだけ・・・。

24000年前堕天使を裏切ってまでセリアンと恋に落ちたアポロニアスは、
12000年前、そのセリアンが自分の飼い犬と恋に落ちていったのを平然と見守っていて、
そして今回はセリアンじゃなくて最後は許嫁だったトーマの所に行くなんて・・・・

アポロニアス-不動GEN-不動ZEN

このルートが戦犯だったじゃないかぁ~~。

おのれ、たばかりおって~~~!!

のミカゲの言葉は、私だけじゃない、視聴者の言葉の代弁だったのでしょうね。
きっとそう思います。

 それからアマタ!!
最後1人突撃するとき、かっこよくミコノに言っておきながら、
すぐその後(5秒後ぐらい?) 「ここまでなのか・・・」 はないでしょう(大爆笑)。
みんなが励ましてくれて復活しましたが、余りにも決心の後すぐにヘタレ過ぎwww

Bg_lower_women



●個人的解決・・・アクエリオンという物語は「神話」そのもの
 

前回のブログ でめっちゃくちゃ文句を書きました。
今回も、金曜日深夜最終回視聴直後では「酷いストーリー!最悪」と思っていました。

が、このブログを書くとて、23~26話を視直していたら、ちょっと違った見方が出てきました。

それが、この作品は「神話」だったんだということ。
「神話」がテーマの作品では無く、「神話」そのものだったと言うことに気がつきました。
 (合っているのかどうかはわかりませんが)

 神話というのは結構人間の汚い部分、本質やエゴをお話にしてきています。
そして、それを神々達がまとめ、戒めにする。
とか、人間の本質をそのまま神達に当てはめ、悪の神として戒めるというパターンも有ります。

つまり、神話に出てくるキャラクターだからこそ、アマタの両親はあんな行動をしたのでしょうし、
ミカゲは恨みの神として、あれだけ酷いことを平然と出来たのでしょう。

同じように不動ZENも元はアポロニアスという「神」。
転生した元恋人が目の前で自分に目もくれず、犬と恋におちていても平然としていられたわけですし、
クレア理事長があれだけ言っても、人間がやっているお話には一切口出しをしなかったのでしょう。
(動いたのは同じ「神」のミカゲを助けた時だけですからね)

 一方ミコノの大元、セリアンは人間です。しかも戦士とはいえ女性。
人間らしい行動をシルヴィアもミコノもしています。

犬だったアポロ・カグラも犬らしく本能で愛する女性に突っ走っていきます(アポロの時この設定が有ったかどうかは疑問ですが)。

アマタはアポロの転生ではなく、現代の一般人ということなのでしょう。
ようは、(分裂後は)だれの転生でもない。
アポロの転生部分はカグラが持って行ったと言うことで。

なので最後は

カグラはミコノの格好をしているセリアン(シルヴィア)を愛し、
アマタはミコノ・スズシロという1人の女性を愛した。

ということになるのでしょうね。
シルヴィアとミコノがシンクロした後の彼女が選んだのはアマタ・ソラ。

残念ながらシルヴィアとミコノは、犬よりも人間の方を愛した
シルヴィアとミコノは過去を知った上で、これからの愛に生きることを決めたんですね。
だからアマタを受け入れた。

そして、そもそも神(堕天使)と人間が恋におちたことが間違えだった。
最初の神話が間違えだったと言うことで、
アポロニアスとトーマ、2人の神(堕天使)も、ミカゲと不動ZEN。元のさやにもどったと言うわけです。

なるほど・・・ちゃんと「愛」を語る「神話」になっている!!!

だから、この作品はキャラクター達と現実の人間をオーバーラップさせてはいけなくて、
(ようは、「そんなバカなことあり得ないよ!」とか「こいつ最低の人間やなぁ」とか思ってはいけなくて)、
絵本や昔話、おとぎ話を読むようなイメージで視ないといけないんだなと。

なので、自分で勝手に結論をつけました。

アクエリオンEVOLという作品は「神話」。
神と人間が愛しあってしまったためにできた「神話」なのです。


ほ~~ら、そうしてみると、童話「ヘンゼルとグレーテル」を読むのと、大して内容変わらないでしょ?(爆笑)

なんにしても2クールお疲れ様でした。
最後、前回からの使い回しでない、
新しく書き下ろされたシルヴィアにも会えましたのでとっても良かったです。
スタッフの皆様、ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »