フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« リコーダーとランドセル レ♪ 第26話迄(最終回)感想 & しばいぬ子さん感想 | トップページ | TARI TARI 第2話迄 感想 »

2012年7月 9日 (月)

究極超人あ~る OVA

やぁ!

なつかしい~~~!!
この夏伊那市駅開業100周年記念事業の一つとして、
OVA究極超人あ~るの聖地田切駅~伊那市駅をあーる達のように自転車でツーリングしようというイベントが開催されます。

その記事を読んだら・・・やはり視てしまいました。
本棚の奥から引きずり出した究極超人あ~るOVAのDVD。

Kicx1911

懐かしく、そして完成度の高さに改めて感動しました。

 春アニメ最終回&夏アニメ初回視聴ラッシュで大変なのですが、
私はブログに一度書くと最後迄視聴、締めたいというのがありますので、
途中でハズレを引くのがとっても嫌なので・・・(主観で書くため文句書いてしまう)。
なので、新作アニメは2話以降から感想を書く事が多いので、
この時期は少しブログに余裕があるのですね。
 なので懐かしアニメとかがこの時期に集中するのです・・・f^_^;。



究極超人あ~る OVA メモリアル

R_title
ゆうきまさみ先生HPあ~る紹介ページ

amazonで売価\1,500-??安!
まあ、自分が当時買ったときの定価が\5,040-だったわけだし、
元々はVHSのOVAと考えればこんなもんか・・・

 1991年の作品。ゆうきまさみ先生というと機動警察パトレイバーを思い出しますが、
原作では究極超人あ~るの方の後にパトレイバーの連載が始まりました。
ところがアニメでは、機動警察パトレイバーの方が先。
究極超人あ~るのアニメはこのOVAが唯一です。

 ところでこのDVD、なんと映像特典でアフレコの様子や1991年8月11日のコンサートイベントのダイジェストも収録。今はこんなイベント、プロモーションの一環で当たり前なのですが、当時は画期的でした!!
そして最後には冨永みーなさん、笠原弘子さんが2人で現地の伊豆下田を聖地巡礼。
みーなちゃん、わか~~い!!!
みーなちゃんが私を声優狂いにさせた張本人です!!

盛りだくさんの2時間なので、もしお好きな作品でしたら、無くなる前に絶対買っておくのをオススメします。映画1本よりも安いのです!!

20120624_123010bmp


●あらすじ
 さんご(cv笠原弘子)やあ~る(cv故:塩沢兼人)達が卒業した翌年の夏休み、
西園寺まりい(cv川村万梨阿)の差し金にまんまと乗った鳥坂先輩(cv神谷明)の先導により、撮影旅行も兼ねたスタンプラリーが始まった。

コースは下記(クリックで拡大)。
東京から伊豆の下田へ。そして二日目は豊橋から18時までに伊那市到着が条件。

R

参加者は鳥坂・さんご・あ~るの他にしいちゃん(cv冨永みーな)、あさの(cv伊崎寿克)、きしだ(cv長谷有洋)、幽霊部長小夜子(cv兵藤まこ)、そして2年生3人組兵藤信(cv鳥海勝美)、曲垣剛(cv古谷徹)、西園寺えりか(cvかないみか)の計10人。

そして、陰でそれをこっそりと車で追いかける西園寺まりいと鰯水(cv故:鈴置洋孝)。
ツアーを邪魔しようとする成原成行博士(cv故:青野武)。

・・・・こうしてみると超豪華声優ですね。そして・・・すでに3名の方がお亡くなりに・・・ご冥福をお祈りいたします。

思いっきり下田で海水浴を楽しみ、初日無事に豊橋へ着いた光画部。
だが二日目、飯田線で嵐のようなスタンプ地獄が待っていた。

いろいろハプニングが有る中、飯田線恒例の下山ダッシュも済ませ、
無事田切に着いた光画部メンバー。

あれ?ゴールは伊那市なのでは・・・・でも、もう時間内に伊那市に着く電車は無く・・・
光画部(鳥坂)がとった伊那市へ行く方法とは・・・!?

Image0

DVDパッケージの裏表紙がネタバレですな(笑)



●聖地巡礼

あ~るといえば聖地田切!
アニメで「聖地」という言葉を一番最初にアニメファンが使い始めたのは
この作品では無かったでしょうか。
当時、究極超人あ~るを視た方々が続々と田切に聖地巡礼に行ったのを覚えています。

かくいう私も、豊橋在住ですから当然!
当時飯田線に乗って田切まで聖地巡礼に行きました。
片道5時間ですよ(笑)。でも今となっては懐かしい想い出です。
写真撮りましたが、本当そのままでしたよ。
Imgp0783_edited

Imgp0788

この田切は咲~Saki~風越女子の聖地でもあります。
あの頃は当然咲なんて影も形もなかったですから、機会があったら・・・もう一度行きたいですね。聖地田切。

 そんな田切駅~伊那市駅間を今月の28日、アニメのように?自転車でツーリングしようという聖地巡礼企画が伊那市駅開業100周年記念事業の一つとして開かれます。
究極超人あ~るのOVA発売が1991年ですから、OVAからも20周年ですね。

20120624_91749bmp

信州LiveONより引用(クリックで拡大)

ちなみに撮影旅行先が飯田線沿線というのはOVAアニメだけの設定ではなく、
原作でもそうです。1巻夏休み、光画部が撮影旅行に行ったの昇天峡は長野の天竜峡。
なので山田さん温泉は田切駅というのも原作準拠と言えるでしょう。
(OVA視るまでは私、昇天峡のモデルは山梨県の昇仙峡と思っていました。)

Archivesl04

 下山村~伊那上郷間の飯田線Ωカーブで電車と人間の競争(下山ダッシュ)もこの作品が起源。
当時探偵ナイトスクープで本当に出来るかどうか、清水圭さんが実験していました。

20120624_120839bmp




●感想
 この作品を視るにあたっては、原作を知っているかいないかで面白さが全然違います。
そして、この作品のすばらしいところに、原作にないオリジナルストーリーなのに、
原作に有ったかのような完成度なところです。
 こういったOVAや映画のオリジナルストーリーの場合、監督や脚本家のパーソナリティが濃く出るのですが、この作品はそれがないのです。まんまゆうきまさみ先生のテイストが出来ています。知吹愛弓監督のあ~る愛が非常によくわかります。
 そして音楽。田中公平さんと山本正之さん。本当にすばらしい音楽になってますし、カラオケに行くと歌っちゃいますね。「飯田線のバラード」。

 どたばたギャグアニメなので、ストーリーは有ってないようなもの。
特にこの究極超人あ~ると言う作品は話が進まないと言うことでも有名(笑)。
なのでこの作品はこれで良いんです。これこそが究極超人あ~るなのですから。


最後に・・・・
我が地元豊橋駅、今はもう新しい駅舎になってしまっています。
古い駅舎がアニメの中で描かれているのが、嬉しくもあり、懐かしくもあるのでした。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります


そこあに

« リコーダーとランドセル レ♪ 第26話迄(最終回)感想 & しばいぬ子さん感想 | トップページ | TARI TARI 第2話迄 感想 »

懐かしアニメ」カテゴリの記事

コメント

懐かしいような・・・そうなのか?・・・
雑誌では読んでましたが、それ程記憶も無いと言うか忘れたのか?
でも鳥坂先輩や西園寺まりいの名は覚えてますね。

下山ダッシュも覚えてますが・・・どちらだろうか?
川村万梨阿、塩沢兼人、神谷明と懐かしい名前も・・・

この頃はレーザーディスクの販売促進もありOVAが盛んに作られ、
レンタルビデオ店へのVHS販売で元が取れる時代だったような・・・
ある意味コンテンツの少ない時代でもあったような。
今と違って面白い作品を残す時代、今はゲーム、出版の販促が多い。

>ぬる~くまったりとさん
本当にゆるい作品でしたから、記憶が曖昧になるのも当然かと思います。
かくいう私も久しぶりに原作も読んで思い出したみたいな感じでした。
この後のパトレイバーの方がインパクト強かったですからね。

この頃のOVAは買う方も大変でしたからレンタル中心でしたよね。
普通で14800円、安くても9800円しましたから・・・
しかもコピーガードが当然のごとくかかっていて、ダビングできない。
また視たくなったらまた借りて・・・という感じでした。
VHS→βならダビングできたり、レーザーディスクからのダビングはOKという面白い時代でしたね。
レーザーディスクは欲しかったですが高くて買えず、友人宅に遊びに行って見せてもらった記憶が有りますね。
ちなみに私が初めて買ったOVAは「プロジェクトA子」。当時14800円でしたよ・・・

ササニシキをおかずにコシヒカリを食べるデスね。
今思うとゴハンはおかずはコレが最初ですね。

あぁ考えるとお腹が空くじゃないか。
ってわかる人は読んでた同年代しか居ないかな?

>たーさんさん
このカレーライス食えねぇ・・・・
あ~るくん、何食べてるの?おいしそう!!

おかゆライスですがかまいませんか?

・・・こうして見るとやはり懐かし作品なんですよねf^_^;。

塩沢さん・鈴置さん・青野さんの他に、きしだ役の長谷有洋さんもお亡くなりになってましたねぇ。マクロスの一条輝をやってらっしゃいましたね。
原作はリアルタイムではないですが、かなりハマってましたが・・・鳥坂の中指立てポーズの危険度も知らなかった少年時代w

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55038633

この記事へのトラックバック一覧です: 究極超人あ~る OVA:

« リコーダーとランドセル レ♪ 第26話迄(最終回)感想 & しばいぬ子さん感想 | トップページ | TARI TARI 第2話迄 感想 »