フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« TARI TARI 第3話 感想 | トップページ | はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第2話迄 感想 »

2012年7月18日 (水)

ココロコネクト 第2話迄 感想

たまたまみなさんがなかなか面白いから

適当に入れ替わってもらって・・・
ああ、そこそこ面白かったなぁ、という感じになれば、その時点で終わりますから。

みなさん、あまり気にしないで普通に生活してください。

Logo_hito

・・・・5人の人格が突然勝手に・・・そしてランダムに入れ替わる。

パーマンのコピーロボットじゃないから入れ替わっている間、
相手(自分の身体)が何をやっているかわからない。

それなのに普通に生活しろって・・・

これ、学園ものではあるが一種のホラーだ!!

大沼心総監督起用な理由がわかったような気がします。

 

ココロコネクト ファーストインプレッション 2話迄
  ~ヒトランダム編~

ヒトランダム編
ファーストインプレッション 2話迄   2ndインプレッション 4話迄
3rdインプレッション 5話
 
キズランダム編
4thインプレッション 6話        5thインプレッション 7話
6thインプレッション 9話迄       7thインプレッション 10話
カコランダム編
8thインプレッション 11話         TVラストインプレッション 13話迄  

ニコニコ動画配信ページ
バンダイチャンネル配信ページ


↓公式HP
Mainkokoro


●キャラクター


Kokoro

メインキャラは5人。左より
八重樫 太一(やえがし たいち)・・・cv水島大宙
    ・入部届:プロレス研究会(存在しない部活)

永瀬 伊織(ながせ いおり)・・・cv豊崎愛生
    ・入部届:どの部に入るか担任に一任

稲葉 姫子(いなば ひめこ)・・・cvみゆきち(沢城みゆき)
    ・入部届:パソコン部に入ろうとしたが部長と衝突!入部拒否

桐山 唯(きりやま ゆい)・・・cvひーちゃん(金元寿子)
    ・入部届:ファンシー部(すでに消滅した部活)

青木 義文(あおき よしふみ)・・・cv寺島拓篤
    ・入部届:遊びサークル部(そんな部があると信じ込んでいた)

そんな5人が文化研究部(文研部)という新しい部活を作った。部長は伊織。

最近流行の男女5人・学園ものの偶像劇です。
愛知県は同じ月曜日、このココロコネクトの後TARI TARIをやるんですよね。
こちらも男女5人・学園部活もの。
同じ曜日に、似たようなパターンの作品が連続すると、どっちかが喰われるのですが。
・・・さて・・・


●あらすじ  (ネタバレ注意)

夢じゃなかった・・・・文研部の集まりで唯と青木がとんでもない相談をする。

実は俺たち、昨日の夜・・・魂が入れ替わってたんだ!!

当然誰も信じない。
唯に何度も告白しても相手にされないからかと思われたが・・・

今度は突如伊織と太一が入れ替わる。

稲葉はまだ信じられないが、唯と青木は夕べの夜のことからも信じざるを得ない。
何が何だかわからないまま・・・30分ほどして突如元に戻る。

Conect1

翌朝・・・
今度は稲葉・唯・青木の3人で入れ替わってしまう!!
授業をエスケープして文研部で相談をする5人。
なんの対策も出来ないまま、またもや突如元に戻る。

お昼職員室に呼び出しをくらう5人。
稲葉・太一・伊織の担任の後藤 龍善先生(cv藤原啓治)に事情徴収されるが、うまくあしらって逃げる。

そのままお昼休み・・・突如太一と唯が入れ替わる・・・が、すぐに戻る。

さて・・・その放課後、胸を揉んだ件、女子トイレにいた件・・・太一に有らぬ疑惑がかけられる。たしかに異性になると、やりたくなりますよね・・・。

そこに突如現れる後藤先生。
・・・おかしい!!なんと入れ替わっていたのだ!!
そいつの名は「ふうせんかずら」(仮名?)。
5人を監視する立場にいるらしい。

5人の中で時々アットランダムに人格が入れ替わる。いつ・どれだけ入れ替わるのかはわからない。

しかし、目的ははっきりしない。
どうして入れ替わるのかという原理さえもわからないまま・・・
5人は現状を受け入れざるを得なくなってしまった。

今後人格の入れ替わりが起きたときには、可能な限り連絡を取り合い状況を確認する。
なるべく人目を避ける。他人に相対するときは本人になりきる。

そうせざるを得ないが・・・やはりなかなか出来ない。
異性同士の入れ替わりも非常に気になる・・・そして、家庭環境やプライべートも・・・。

伊織の家庭環境(不用心)に過剰反応をする唯。
それを見て不安になる伊織と太一。

そんな5人をみて、怪しく思い始める、伊織の胸もみ事件をみている委員長の藤島 麻衣子(cv伊藤静)だった。

Connect2


●劇中内で描かれている入れ替わりパターン(前が魂・後が身体)
1話
・   青木  青木
伊織太一  太一伊織

2話
・   青木  青木稲葉  稲葉
太一        唯太一
伊織青木  青木伊織
太一稲葉  稲葉太一


●感想

これ、すげえですね。
良く有る入れ替わりものかと思いきや、そんな他の作品では話にならに程
各キャラクターが入れ替わりまくっています。

それもテンポ良く。

各キャラクターの特徴を把握しないと、視ている方がこんがらがってしまい、
全然面白くない作品になってしまいますね。これ。

だから、5人のキャラクターの特徴がすごくはっきりしています。

主人公らしくマジメな太一
逆に軟派な青木
おおざっぱで活発な伊織
空手やってる割に乙女チックな唯
理論派の稲葉

でないとわかりにくいですものね。

そして演じる声優さん。そのキャラに似せるのではなく、
そのキャラを演じている声優に似せて、入れ替わったキャラを演じないといけません。
これ難しいですよ。

なんでも、アフレコでは各魂のキャラクターで一通り録り、
その後今度は元キャラを演じた声優の話し方に合わせて(似せて)、各身体のキャラクターの声優が演じるのだとか。

元キャラで1度録り、入れ替わり後のキャラで本番録りの2度録りですね。

アフレコ時間倍以上かかる上に、5人の声優の演技力(物まね力?)が非常に重要になります。
音響監督「チャック亀山」こと亀山俊樹さんの腕の見せ所でも有りますね。

今のところですが、ちゃんと各キャラの個性がはっきりしているおかげで、
私は混乱せずに視ていますが、逆にぼーっと何の気無しに視ていると、
2話のようにたたみかけて入れ替えられると、もう訳わからなくなってきて
この作品切り!!っと言う方・・・多くなりそう(苦笑)

TARI TARIは演技力+歌唱力で声優を選んだのがあきらか。
ココロコネクトは演技力+人まねが出来る力で声優を選んだような気がします。
しかも一人も声優がかぶっていない。この2作はとっても楽しみです。

 そして・・・さすが大沼心総監督が絡んでいる作品だけ有りますね。
二話にして早くも暗雲たちこめはじめました。

 まだ今は入れ替わって動揺している状態ですが、これがこのまま生活していかないといけなくなったら・・・

 5人のプライバシーは全く無くなる訳なんですよ。
家族構成・家庭環境から始まり、人間関係、趣味、生理的なものまで。

そして入れ替わった途端、その入れ替わった人間になりきって演じないといけない。
その間入れ替わった相手がどういう行動をしているのかはわからない。
そして突如元に戻る。
でも・・・5人は当然別の人間。性格・パーソナリティは全然違う。
特にキャラクター区別つけやすいように各キャラの特色が出ているだけに、
突如全然違う人間をを演じるのはきついはず。

・・・これ、まさにホラーですよね。

そして、話のつじつまを合わせるのが非常に難しい。

当然、藤島 麻衣子のような怪しむ人間が出てきてもおかしくないです。

人間的に疲れますよね。病んできます。
それをこの先どうやっていくのか。

原作を読んでいないのでわからないのですが、8巻迄出ていてまだ続行中。
でも、~ヒトランダム~は1巻のサブタイトル。

2巻はキズランダム、3巻はカコランダム、4巻がミチランダム、5巻短編集で、6巻がニセランダム。
で、公式発表のブルーレイリリース情報がヒトランダム上・下、キズランダム上・下、カコランダム、ミチランダム上・下。と言うことは全7巻。
13話か、13話+BDのみ収録1話で14話か。
ということは、人の入れ替わりネタは4話で完結するって事ですかね?。

ストーリー構成がどういう感じになるのかも非常に楽しみなのです。



●おまけ ココロコネクト ~トチランダム編~

6月24日、Aパート先行上映のイベントが有ったのですが、その模様をニコニコ動画でも配信されました。
「ココロコネクト」Aパート先​行上映会
20120624_203454bmp

その中の企画として、声優の市来光弘さんを(ココロコネクトに出演していないのに)
ココロコネクトの宣伝部長にしてしまおうというドッキリ企画が有りました。
みごとそれにはまってしまい、市来光弘さんはココロコネクトの宣伝部長になられたのでした。
3つのミッション(・宣伝、・宣伝用痛車の前でポーズしてHPへ画像をアップ ・ツイッターフォロー数目標2万人)をクリアするとご褒美があるのだとか。
まあ、出来レースのネタでしょうが、それにしても市来光弘さんがあまりにもかわいそうだったので、もしよかったらココロコネクト公式ページをフォローしてあげてくださいませ。

ココロコネクト公式ツイッターアカウント

20120624_192808bmp

ちなみにこのときのフォロワー数は2000弱。7月17日現在では6600。
出だしが肝心だと思うのですが・・・大丈夫か?20000届くのか???

また、市来宣伝部長の報告はUSTREAMでも配信されています。

ココロコネクト トチランダム USTREAM放送

前回はニコ生で1話配信されているとき、

それを見ながらの公式コメント打ちやコメンタリをしていました。

結構面白いので、ココロコネクト面白いと思われた方はご覧になってみてはいかがでしょうか。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   

 ワンクリックいただけると励みになります



そこあに

« TARI TARI 第3話 感想 | トップページ | はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第2話迄 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

コメント

この作品は謎で、個人的にはまだ方向性が見えていない作品です。
そして楽しみ方、見方も分からずに静観している状況です。
ただ思ったよりも暗めな感じがして何とも・・・

アフレコが2倍と言うのも大変ですね、でもそこまでやるとは素晴らしいですね。

余談ですが、ブログがバグってこの記事はTBを受け付けられない・・・URLが無くて・・・

>ぬる~くまったりとさん
1話や2話前半のように、入れ替わってオタオタするだけのドタバタ寸劇なら、多分飽きると思ったのですが(現にあらすじ、入れ替わったことしか書いてないですf^_^;)、
早くも黒幕の一部が出てきたので、あ、これ面白そう。とブログに書きました。

 多分、5人が5人のプライバシーを知り、気持ちをシンクロ(ココロコネクト)しないと
この状態を打開できないのでしょうね。しかも、自分のプライベートを一番知られるのを(特に異性)嫌がる思春期まっただ中の高校生。生理的なものもありますしね。

 コメディと言うより、人間心理作品だと思います。
一つ間違えると鬱展開に入っていきそうでちょっと怖いのですが、C3や黄昏乙女×アムネジアでその辺りをうまく料理していくれている大沼心総監督なので、多分大丈夫か・・・な?
と、思っています。

アフレコ2倍は、Aパート先行上映の時にキャストの皆さんがおっしゃっていました。
たとえば1話、大智と伊織が入れ替わっているとき、
先に水島大宙さんがあの1人胸もみシーンを大智として演じて、
その後豊崎愛生さんが水島大宙さんの演じたとおりに(フレーズや話し方の癖も)まねて演じる。
これすごく大変ですよね。でもそこにこだわりが見えますし、キャラがこんがらがらない理由でもあるのでしょうね。

TB表示が出ていなかったのはブログのバグだったのですね。了解いたしました。
教えていただきありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55043072

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト 第2話迄 感想:

» ココロコネクト 第2話「なかなか面白い人間達」 [ボヘミアンな京都住まい]
「ふ〜ん、そういうふうに、転がるか」 Bパートでのこの稲葉の言葉は、見ている側、原作未読の私にも言えること・・・。 “ふうせんかずら”という存在がいて、それによりランダムに引き起こされる人格入れ替わり現象。単なるドタバタに終わらず思ってたよりもシリアス面が入り込んだ展開でしたけど、この現象に文研部の5人がどのように折り合いをつけていくのか、あるいは乗り越えていくのか、そこに注目なのでしょうか。構成・脚本がちゃんと仕上がったものになっているのなら、けっこう奥の深い内容で楽しめそうですね。 ... [続きを読む]

» ココロコネクト TokyoMX(7/14)#02 [ぬる~くまったりと]
第二話 なかなかおもしろい人間達 永瀬で良いよね?太一で良いよね?登校中にお互いが入れ替わってないか確かめる。そこに3人が駆け付けて、今度は3人が入れ替わった。 戻るまで部室で待機する5人。授業をサボったことで職員室に呼び出される。長瀬伊織、八重樫太一、稲葉姫子は後藤のクラス。姫子は文化祭の会計を後藤先生の代わりに 処理したので頭が上がらない。一緒に食べたパンに全員当たったと話して解散。傲岸不遜なイナバン。 また入れ替わるが人目を避けて待機。 部室で相談する、太一が伊織と入れ替わった時に 胸を揉んだ... [続きを読む]

» ココロコネクト 第2話「なかなか面白い人間達」感想! [くろくろDictionary]
ココロコネクト 第2話「なかなか面白い人間達」 青木「あたしは桐山唯よ!」 稲葉「俺は青木義文なんだよ!」 唯「私は稲葉姫子だ」 今度は3人で入れ替わった!? こんな状態じゃ授業にも出れませ...... [続きを読む]

» ◎ココロコネクト第二話「なかなか面白い人... [ぺろぺろキャンディー]
=道太一:永瀬?イオ:太一?→残り三人が来るユイ⇔青木:私は桐山ユイだ。青木⇔ヒメ:青木義文だ。ヒメ⇔ユイ:因幡ヒメコだ。Щ部室ユイ⇔青木:もう耐えられない。→戻るЩ職... [続きを読む]

« TARI TARI 第3話 感想 | トップページ | はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第2話迄 感想 »