フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 究極超人あ~る OVA | トップページ | これはゾンビですか? OF THE DEAD DVD第2巻 感想 »

2012年7月10日 (火)

TARI TARI 第2話迄 感想

あんた、これだけの人を巻き込んでおいて何もしないで帰る気?

悔いはないの?

もう次はないんだよ!!!


坂井さん、この前の答え探してくるね!!!

歌ってなんぼだ!恥かいてもいい!

じゃあ一曲歌って帰りますか!!

Tarikonatu_2

※↑この画像は公式ツイッターがMX放送終了後にツイッターアイコンとしてアップしてくれます。
毎週違うものが出るそうなので楽しみですね。前回は和奏今回は来夏でした。


 

音楽は楽しむものなのか、それとも楽しませるものなのか・・・

歌を愛すもの・・・・

歌に愛されるもの・・・・

歌に愛されたものでないと・・・一度失敗してしまったら

公式な発表会で歌を歌ってはいけないのか??

 

晴れTARI、泣いTARI、後は時々歌ってみTARI

 

TARI TARI ファーストインプレッション 2話迄

ファーストインプレッション 2話迄     2ndインプレッション 3話
3rdインプレッション 4話
            4thインプレッション 6話迄
5thインプレッション 8話迄         6thインプレッション 9話   
7thインプレッション 10話         クライマックスインプレッション 12話迄 
ラストインプレッション 13話 

ニコニコ動画配信ページ

↓公式HP
Taritop_main_img

●キャラクター

メインキャラクターは5人(今のところ)

Img_wakana

左から
坂井和奏 (さかい わかな cv高垣彩陽(あやひー))
宮本来夏 (みやもと こなつ cv瀬戸麻沙美)
沖田紗羽 (おきた さわ cv早見沙織(はやみん))

田中大智 (たなか たいち cv島崎信長)
前田敦博 (ウィーン cv花江夏樹)

3人キャラものかと思ったら、
OPみるかぎり、最近流行の男女5人キャラパターンぽいですね。

●あらすじ

20120708_85749bmp

 白浜坂高校で音楽科だった酒井和奏は、母親が亡くなった事により音楽科から普通科に転科をする(公式ページキャラ紹介より。)。
それと同時に好きな音楽の世界をあきらめようとする(和奏の部屋が片づいていましたよね。音楽関係の本とか処分しようとしてたのでしょう)。

 歌が大好きで声楽部に所属していた普通科の宮本来夏は、
去年の合同音楽発表会でミスをして以来、歌を歌わせてもらえていなかった。
顧問の教頭先生に、譜めくり担当をさせられていたが、
3年生になり歌を歌わせて欲しいことをお願いするが断られ、
キレた来夏は勢いで声楽部を退部してしまう。

 でも歌を歌うことが大好きな来夏は友達の沖田紗羽を勧誘、弟の宮本誠(cv松岡禎丞)を脅迫して、
合唱部を作ろうと活動を始めるが、本命の和奏を誘った時点で彼女に断られてしまう。

 一方ウイーンからの帰国子女で転校生の前田敦博(ウィーン)は、
1人バドミントン部の田中大智に学内を紹介され仲良くなっていく。

 あの日の失敗以来、来夏は人前で歌う為の特訓をしていた。
それを知っているのは親友の紗羽だけ。
だがその日は、偶然その場に居合わせる和奏・大智・敦博だった。

 

20120712_202026bmp

 紗羽は、偶然来夏の特訓場所に居合わせた和奏を強引に自宅へ連れて行き
去年の来夏の失敗動画を見せ、名前だけでも新設の合唱部に貸して欲しいと頼む。

名前だけなら・・・となんと承諾する和奏。
和奏も歌が大好きなのでしょう・・・家で(もう弾かなくなってしまったのであろう)ピアノにそっと触る和奏。

 弟の脅迫、そして勧誘の結果人数も揃い、音楽科の人達ばかりの声楽部に対し、普通科の人達ばかりの合唱部が立ち上がった。

 校長も入部希望者に坂井和奏の名前があったことで了承。
しかも自ら顧問にまでなるほどの。
 しかし、教頭は歌う曲「心の旋律」を歌うことを良しとしなかった。

楽しむことと楽しませること。その両立、あなたに出来はしません。

 1ヶ月ない練習期間を経て、いよいよ合同音楽発表会当日。
しかし、校長は事故に遭ってしまい発表会の引率先生がいなくなってしまう。

 教頭の指示で名前貸しだけだった和奏も連れ出されるが、
今度は渋滞で他の部員達が発表会会場に間に合わない。

 あきらめて帰ろうとする来夏の尻をたたき、発憤させた紗羽。
なんと2人だけで発表会壇上に立つ。
 それを見てピアノを弾く和奏。

3人だけの発表会。
1年前・・・置いてきたものを・・・・来夏はとれたのでしょうか。
そして、心の傷を負った和奏の気持ちは・・・・

Taritaimain

●感想

 すごい作品が始まりました!!!

 歌歌いながら戦う作品が冬に有りましたが、部活で合唱をガチで歌う作品は無かったと思います。

個人的に今期期待の3作品の筆頭に持ってきた作品は裏切られることはありませんでした。それどころか、2話でこんなに感動させてしまって・・・後大丈夫か?
これからの期待のハードルがめっちゃくちゃ上がって来たんですが!!

 さすがP.A.WORKS。
最近多いぬるい部活もの・日常ものではなく、ガチでやってきました。

 その為でしょうが、女子キャラの声優、若手の声優界で本当に歌のうまいツートップ(あやひーとはやみん)持ってきましたね!!
この2人はカラオケレベルで主題歌歌っている声優さんとは訳が違う歌唱力を持っています。たしかに歌が勝負の作品ですから。
 あやひーは音大卒、はやみんは子供の頃かの習い事でガチ。そらのおとしものでは主役のイカロスが「とてつもなく歌がうまい」という条件だった中、そして角川声優優先作品にもかかわらず、当時高校生だったはやみんが主役のイカロスに大抜擢された経緯があります(そらのおとしものDVDコメンタリより)。

 そこに飛び込む来夏役の瀬戸麻沙美さん。はたして・・・と思ったら彼女もうまいですね!!冷静に考えたらちはやふるのED「そしていま」を歌っていました。
あのめっちゃくちゃ難しい歌を歌っていましたから、そりゃあうまいはずです。

 キャスティング、これ間違えなく歌がうまいかどうかから選びましたよね。そりゃあそうですよね。こういった作品ですから。
 だから3人とも演技自体が地声に近いのです。声優独特の「声を作っている」感じが無いんですね。この作品、ジ○リ作品のように演技が出来る歌手でもいけそうです。
 が、ちゃんと声優を使った。そう言う意味では個人的に好感が持てます。
これはきっと男性陣のcv、島崎信長さん、花江夏樹さんもきっと歌唱力・・・あるんだろうなぁ。

 さて、その瀬戸麻沙美さんcvの宮本来夏。・・・・花咲くいろはの緒花ちゃんですね。
脚本家全然違うのに、何故か緒花にかぶります。
 無鉄砲、体当たり・・・なのに心は繊細。緊張すると声が出なくなってしまう。ドジッ子にも見える。

はずかしぃ~~~!!

恥の上書き・・・いえいえそれは恥の上塗りと言うんですよ(笑)

 そして個人的には瀬戸麻沙美さんの声も合わせてちはやふるの綾瀬千早にもかぶります。歌が好きだから=かるたが好きだから、みんなも好きなはず!
で、合唱部を作るために強引にみんなを誘う。

とはいえ部活の内容は決してゆるくはなく、ガチの熱血部活。
ちはやふるだ~~。

 教頭先生も、モーツァルトとバッハを足して2で割ったような校長先生も、坂井和奏の名前や母親が歌っていた曲に反応した。
 そうしてみるとこの作品は坂井和奏リハビリ作品でしょうね。
しかも相当うまい、将来有望だったとみえます。
教頭先生ふうに言い換えれば、「歌に愛されたもの」。

彼女達が歌った「こころの旋律」。
手書きの音符でなおかつ名前のところがマジックで消されていた。
この歌がキーポイントでしょうね。
和奏のお母さんが作った曲なのか、それとも教頭先生が作った曲なのか・・・・

 あやひーの、いや、和奏の美しい歌声が鳴り響くのは最終回か、
それとも・・・・

Photo

 P.A.WORKSらしい、くせのある作品ですから、好き嫌いは別れると思いますが、
花咲くいろはのような作品や、ちはやふるのような熱血部活アニメ作品お好きな方でしたら多分肌に合うのではないかと思います。
 でも・・・緒花が肌に合わない方には来夏も肌に合わないかな・・・

まだご覧になって見えなくてちょっと見てみようかな・・・なら、ニコ動が1話無料配信していますので、まずそちらをご覧になってみてはいかがでしょうか。
 2話完結のストーリー展開らしいので、1・2話はニコ動にて。

そのニコ動、2話の来夏が合唱発表会でとちる場面を紗羽が和奏に見せるシーンが有るのですが・・・・同じ動画がアップされています。

動画説明:県内で結構歴史ある発表会での出来事です。(こちらは34回)毎年出場している音楽科のある某高校でまさかといった感じでした。来年この学校出場できるんでしょうかね…

さすがP.A.WORKS。仕込みがうまい!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

« 究極超人あ~る OVA | トップページ | これはゾンビですか? OF THE DEAD DVD第2巻 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

P.A.WORKS制作」カテゴリの記事

コメント

皆さんが、私も含めて書いてますね、良い最終回だったと。
此処までの合唱部設立が来夏の仕事なんでしょうね。
この作品のメインはあくまでも和奏のようです。
キャラクタートップに掲載されていますしエンドロールでもトップ。

これから彼女が始動するのでしょう。
彼女の母の件も含めて、どんな場面で歌うのか気になります。
出来ればアカペラで。
はなまる幼稚園を越えられるか?

>ぬる~くまったりとさん
 誰もが1話視たとき想像した、発表会が最終回かな?・・・が、2話でしたからね。
確かに良い最終回でした。
 おっしゃるとおり、この作品の主役はおそらく和奏なのでしょうね。
個人的には

・歌を愛するもの →でも本番で歌えなかった→来夏
・歌に愛されるもの→でもいろいろな事情で歌えなくなった→和奏

だとおもいますので、この2人がこの先どうなっていくのか楽しみですね。
EDではまだ左の隅にちっちゃく写っているだけの和奏。
きっと最後は真ん中の方にやってくるんだと思っています。

合唱が主な柱となっている作品なので、期待をしていましたが、青春ストーリーを盛り上げるスパイス止まりかな、ここまで見た限りでは…という印象です。
ラストの2人の歌からEDにもっていったのはGood演出でした。
主役の3人を歌の歌える声優で固めたのは、今後もこういった演出を考えているからでしょうね。
ただ気になったのは、展開が速いよなぁ…ってとこでしょうか。(ぉぃ)
もう発表会かよ…とか、寄せ集めであんな短期間でキレイには合唱できねぇよ…とか、1話であんなにキッパリ断っといて和奏あっさり協力しすぎ…とか。
特に和奏はもうちょっと悩んだ描写が欲しかったですね。
そうするともう少し感情を理解しやすくなったような…。
今のままでは、なんかケーキでなんでも決まりかよ(ぉぃ)みたいな感じにも受け取れて、ちょっと残念。
今後に期待しましょう。
それでも今年第3クォーターの中では期待通りと言えるスタートですね。
ラグリン、DD’、SAOに、ちょっと予想外に楽しかった「じょしらく」と合わせて“楽しみ”グループですね。

あと、私だったら来夏に「ああまで言われたら、ソロでポップスやってガツンといてこましたれ!」と言いそうですが(ぉぃ)、和奏が「和して奏でる」なので合唱がマスト要件なんでしょうね。
あと1つ。
和奏の譜面をめくってたのは、声楽部のピアノ伴奏をしてた女の子ですね。
彼女も来夏を気にしてたんだろうというのがわかる、素敵な演出でした。

>ふれいくさん
ふれいく様は音楽をなさって見えたので、合唱が主題の作品をどう評価なさって見えるかなと思いましたが、今のところは合格点みたいですね。
私は結構こういうベタな作品好きなのではまってしまいました。
ただ、主題がが「晴れTARI、泣いTARI、後は時々歌ってみTARI」、2話構成1クール作品なので、
合唱が主というより5人の高校生達の青春物語を各々やっていきそうな気がします。
5人×各2話で10話。で、メインの和奏関係(母親・教頭先生含めて)で3話使って最終回。
そんな感じでしょうね。だからご指摘の通り結構駆け足になるかもしれませんね。
 
 5人は3年生。3年生で部活の話って珍しいですよね。だって普通はもう引退する時期。今後の進路の方が重要。特に和奏は母親が亡くなる前も何か部活やっていたふうには見えません。
なのに、何故この時期に、それもあれほど意固地になっていた来夏の誘いに乗ったのか。
1番のキーパーソンである和奏の掘り下げがこれからなので、いろいろ?な所がありますが、それはこれからの楽しみと言うことでしょうか。

3年生の部活は今の時期がピークですよ。
体育会系は夏の甲子園やインターハイの予選真っ盛りで、夢や希望を託して最後の晴れ舞台に望むのです。
文化系も集大成発表の場となる文化祭が秋に行われる事が多いですから、今の時期はそれに何をぶつけるかを検討する重要なタイミングです。(他に対外発表会やコンテストがあれば、タイミングは変わると思いますが)
だから今の時期って自分の青春をぶつける最大のタイミングだと思いますよ。
おじさんになった今だからわかるって噂もありますが…。(遠い目…(笑))

>ふれいくさん
 そっか、たしかにそうですよねf^_^;。
3年のいまが一番部活に気合いが入る時期ですよね。
3年間の集大成にもなりますし。

 なんか、自分の遥か昔の感覚ですと、3年は進学こことばかりやっていたような記憶が有りましたのでf^_^;。文化部でしたから文化祭の前2週間ぐらいに集中したぐらいだったかな・・とf^_^;。
やはりおじさんになってしまったのでしようね。若いからのエネルギッシュさが消えてきていますかね(苦笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55118901

この記事へのトラックバック一覧です: TARI TARI 第2話迄 感想:

» TARI TARI 第2話「集ったり あがいたり」 [明善的な見方]
TARI TARI OP「Dreamer」『去年の恥、ちゃんと上書きしてこなきゃ!』 坂井和奏:高垣彩陽 宮本来夏:瀬戸麻沙美 沖田紗羽:早見沙織 田中大智:島崎信長 ウィーン / 前田敦博:花江夏樹 教頭:田中敦子 高橋智子:木村亜希子... [続きを読む]

» TARI TARI TokyoMX(7/09)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 集まったり あがいたり 幼少の来夏は祖父と踊っていた。 街で偶然に出会った5人。お前ら今歌ってた?坂井さんこれから?皆を下の名前で呼んで良い?ウィーンだっけ?ヴィーン。うるさい、どっちでも良いよ。田中君、ウィーンを案内してあげて。坂井さん、家来ない? 紗羽の母、志保はサーフィンに出かける。ネットにアップされている来夏の失敗動画を 和奏に見せる紗羽。緊張して声が出なくて、歌ってる振りすれば良いのに、 必死で声を出して失敗した。5人が必要なので、名前だけ貸してくれない?それなら・・・3人で部員集... [続きを読む]

» TARI TARI 第2話「集まったり あがいたり」感想! [くろくろDictionary]
TARI TARI 第2話「集まったり あがいたり」 来夏が歌っていたところにみんな集まったところから。 来夏、和奏、紗羽の三人は一緒に紗羽の実家へ! お母さん若っw アロハ~~^^ 来夏が失敗をやら...... [続きを読む]

» TARI TARI 第2話「集ったりあがいたり」 [空 と 夏 の 間 ...]
来夏ちゃんが踊るアバンからスタート(´▽`*) 小さい時から音楽が好きだったのですね~♪ 成長した今でも歌うの大好きw 広場で歌っていたのを見られちゃいましたね。 スルーしても誤魔化せないと(^^;... [続きを読む]

» TARI TARI 第2話 「集まったりあがったり」 [北十字星]
TARI TARI 1 [DVD](2012/09/05)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る  沖田紗羽のお母さん、サーフィンとは若いですね。 そして沖田家は寺で馬を飼っているとは、珍しいですね。 沖田家がちょ...... [続きを読む]

» TARI TARI 第2話 「集まったりあがったり」 [北十字星]
TARI TARI 1 [DVD](2012/09/05)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る  沖田紗羽のお母さん、サーフィンとは若いですね。 そして沖田家は寺で馬を飼っているとは、珍しいですね。 沖田家がちょ...... [続きを読む]

» TARI TARI 第2話「集ったり あがいたり」 [ボヘミアンな京都住まい]
これぞオリジナルアニメの醍醐味!という気分を早くも2話にして味わらせてもらえるとは思いませんでした。部結成から発表会までもっと長いスパンをかけるのかと思いきや、予想よりも話がサクサク進みましたけど、良い意味で私の予想を大幅に覆す展開でしたね。鉢合わせた5人の会話が全然噛み合ってなかったのとか病院内でのやりとりなど所々コミカルテイストを混ぜながら山あり谷ありで二転三転、いくつもの要素が絡みあって進んでいって、Bパート最後は和奏のピアノに来夏と紗羽の二重唱で締めてEDにそのまま入るという、爽やかで清々し... [続きを読む]

« 究極超人あ~る OVA | トップページ | これはゾンビですか? OF THE DEAD DVD第2巻 感想 »