フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第7話迄 感想 | トップページ | 人類は衰退しました 第8話迄 感想 »

2012年8月24日 (金)

戦国コレクション 第20話迄 感想

すげぇぇぇぇぇ!!!

 17話以降、18話を頂点に全部の話が神がかっています!!

1話、本能寺の変で復讐ノ牙・明智光秀に殺されるところで、

現代に飛んだ小悪魔王・織田信長、そして戦国武将達。

時を経て・・・・ついに信長・光秀再会!!

物語は1話のあのシーンを思い出させます!!

その2人の中に入るは・・・・お茶道・千利休!!

20120719_130631bmp

17話の春陽愛君・劉備はとっても良い話でほっこりし、

18話の四ツ葉・大谷吉継で思いっきり泣かされ・・・・

19話で復讐ノ牙・明智光秀登場で身構えたら単なる探偵アニメで、

今度は油断した20話・・・・信長と光秀の因縁!!一気に物語は最初のクライマックスへ!!

この作品、各エピソード毎全然関係ないのに、各話各話全てが面白すぎます!!

 ※今回長文大変申し訳ありません!!
   18話でブログを書くタイミングを逸した自分が悪いのです・・・



戦国コレクション 1stクライマックスインプレッション 20話迄

第1クールインプレッション 15話迄  
1stクライマックスインプレッション 16話~20話迄  
インプレッション 21話・22話   
インプレッション 23話    
インプレッション 2話・24話    
2ndクライマックスインプレッション 9・10話・13話・25話  
ラストインプレッション 1話・8話・26話 
コレクション1 3話・7話   
コレクション2 4話・11話・12話・15話  
コレクション3 5話・6話・14話 

ニコニコ動画配信ページ

公式HP

20120719_130625bmp

 

●あらすじ (ネタバレ注意)

Title_story

・COLLECTION 16 「Blade Adept」
  剣聖・足利義輝(CV:佐藤利奈)、斬神・柳生石舟斎(CV:木村はるか)

 義輝の修業時代で石舟斎にやられた辛いものを食べさせられた事への仕返しを、
女子会と言う名のお茶会でしようとお茶道・千利休(CV:早見沙織)に依頼。

 えげつない女の争いがエスカレートしていき、ついに秘宝をかけてしまうが、
それを信長がかぎつけ、3人の辛いものお茶会ロシアンルーレットバトルが始まる!!

醜い女の策略による争いで、辛いケーキの食い合いをしただけのお茶会でした。

最後はちょっと良い話(姉妹道)で秘宝を信長に手放す義輝だった。

・COLLECTION 17 「Sunshine Ruler」
  春陽愛君・劉備(CV:ほっちゃん:堀江由衣)

 春陽愛君・劉備は家政婦の仕事をしながら現代で生きているが、
呪いがかけられていて太陽が沈むと豚になってしまう。

 そんなある日、劉備に来た家政婦の仕事は、依頼を受けた家政婦はみんなやめてしまう、
家政婦クラッシャーに異名を持つ、昔女優だったおばあさんが相手だった。

 このおばあさんの名前は春日タエ(cv定岡小百合)

肩書きが乙女皇帝の劉備を家に入れないタエさんだったが、劉備の献身的な家政婦ぶりに徐々に気を許して行くタエさん。

 そんなある日、体調を崩すおばあさんを心配し、夜に豚の状態で様子を見に行く劉備は、タエさんに見つかってしまう。
エさんはその豚を劉備と気づかず、本音で接する。

昼は人間の劉備、夜は豚の劉備と一緒に過ごし、本音と建て前の二つをみる劉備は、
立て前の時のタエさんに本音で接する。

 言葉なんてただの音。セリフと一緒で嘘ばかり。

徐々に打ち解けていったタエさんと劉備(夜は豚)だったが、
信長により劉備の秘宝が取られることにで秘宝の呪いがとけ、
劉備と豚が同一人物であることがタエさんにばれてしまう。

 しかし、そんな劉備をちゃんと受け入れ、家政婦であり友達にもなったタエさんだったのでした。

Chara_ryubi


・COLLECTION 18 「Four Leaves」
  四ツ葉・大谷吉継(CV:白石晴香)

 ※涙なくては視られない神回。というか本当すごい回!!

 缶詰工場で働く四ツ葉・大谷吉継は、やることなすことアンラッキーな、不運の持ち主。

その不運を幸運に変えるべく、HEAVEN'S DOORと言う本も読み、
四葉のクローバーも毎日探しているが見つからない。

 そんなある日・・・・ついに見つかった!!四葉のクローバー(Four Leaves)!!

だが、吉継の不運は幸運に変わらない・・・。

絶望した吉継は、四葉のクローバーを本の中に有るHEAVEN'S HILLのAngelへ手紙と共に郵便で送ってしまう。

 天国にいる、あなた宛の手紙。どうせ届かない手紙。

ところが、届かないはずの手紙の返事が・・・届いたのだ。

名前はAngel(cv村田千紗)。そう、適当に送ったら本当にそこにAngelはいたのでした。

 これは偶然のラッキー!!

偶然のラッキーでつながった吉継とAngelはそれから文通をするようになる。

そして・・・旅費を貯め、ついに会いにいけるその日、吉継は旅費を落としてしまい、Angelに会いにいけなくなってしまう。

 それを手紙で送った後、Angelからの手紙も来なくなってしまった・・・・

半年後、突如届いたAngelからの手紙には、航空券が入っていた。

その航空券でAngelに会いに行く吉継だったが・・・Angelはもういなかった。

吉継の航空券代を作るため働いたAngelは、過労で亡くなってしまっていたのだった。

吉継に書いていた最後の書きかけの手紙で、吉継は、

吉継ぐが最初にでたらめに送った手紙がその時自殺しようとしていたAngelを止めていた

ということを知ったのだった・・・・

吉継、私はあなたの事を励ましながら・・・でも本当は、私があなたに励まされていたのです。

ありがとう。これこそが私にとって最高の偶然のラッキーです。

きっと私達いい・・・ともだち・・・よね?・・・Angel。

Fin.

・COLLECTION 19 「Vengeful Fang-IS」
・COLLECTION 20 「Vengeful Fang-OS」

  復讐ノ牙・明智光秀(CV:ぴかしゃ:日笠陽子)

 ここはどこ?私は誰???

1話の本能寺の変で信長を殺そうとした復讐ノ牙・明智光秀も、信長同様現代に飛ばされていた。

・・・が、記憶が無くなっていたのだ。

そんな光秀は、現代に来た後、名探偵明智先生となって数々の難事件を解決していた。

そこに転がってくる殺人事件。

不如帰(ホトトギス)家の長女殺子(あやこ)が行方不明になり、川には全裸の首無し死体。

その中で光秀は、容疑をかけられている
次女:不如帰鳴子(めいこ:太閤娘・豊臣秀吉)、3女不如帰待子(まちこ:泰平女君・徳川家康)
を調べるが、共にアリバイが有った。

首無し死体から光秀は森ランティ教授と踏むが、逆に光秀本人が犯人と追求されてしまう。

・・・そう・・・これはそう言うお芝居、演劇舞台だったのだ。

・・・という夢を見ていたという夢オチだった。

だが光秀はそれで自分が信長を殺した張本人だったと言うことを思いだしてしまう。
その夢は近くの火事で混乱した光秀がみた夢だったのだ。

可愛・森蘭丸(CV:松嵜麗)はそのことを信長に報告。

 物語は回想としてあの本能寺の変に飛ぶ!!

 信長の側近として仕えるも秘宝を持たない明智光秀は、徐々にそれがコンプレックスとなって行く。

 そんな中、秀吉が先に秘宝を宿ってしまう。
それは、コンプレックスが妬み・嫉妬に変わっていくのに充分だったのだ。
ところがその嫉妬が光秀の秘宝の元になってしまったのだ。

 そして、光秀が仰せつかっていた遠征軍の総大将を秀吉に奪われたとき、
光秀の秘宝は完成し、本能寺に火を放ってしまうのだった。

ところが信長は家康に言っていた。

天下獲り直前の不安の中、一番信頼の置ける光秀にはそばにいて欲しかったから。

 そのタイミングが第1話・・・そして武将達は現代に飛ばされたのだ。

記憶を思い出し、失踪していた光秀を保護したのは利休

そこで光秀は信長が生きていることを知らされる。

 そこに現れる信長。光秀の秘宝を獲ろうとするが、その力は光秀の方が強かった!!

光秀をかばい、信長の前から逃がす利休だった・・・・

Main


●感想

18話の脚本、待田堂子さんのツイートです。

20120823_192239bmp

待田堂子さんが戦国コレクションという作品の脚本に関わって見えたのが、
私にとって偶然のラッキーです!!

らき☆すた、戦国乙女~桃色パラドックス~、猫神やおよろず、IDOLM@STERのシリーズ構成。
そしてこの戦国コレクションでは2話の家康回、7話の芭蕉・最果てカフェ回、そしてらき☆すたもびっくりの14話新撰組回・・・・トドメがこの18話。
すごすぎますね~。

 この作品、オムニバス形式で、各エピソードとの間にほとんど関わりがないのですが、

それ故に各脚本家は、キャラクターの基本設定だけを押さえて、

おそらく自分の好きな作品をオマージュにして、戦国コレクションの各エピソードを作っているのでしょうね。

私は残念ながらダンサー・イン・ザ・ダークもチャーリングクロス84番地もメアリー&マックスも観賞していませんのでわかりませんが、
待田堂子さんの思いはグサッと心に突き刺さってきました。

偶然のラッキー。

Angelは吉継の手紙を受け取らなければ、あの時点ですでに死んでいたのです。
絶望の中で。

しかし、吉継の手紙によりラッキーを手に入れ、そして前向きに一生懸命働き、
最後にはそれが原因で命を亡くしてしまいます。

吉継は天国のドアを開け、睡眠薬によって天国に行こうとしているAngelに偶然のラッキーを届けました。

吉継にとっては、Angelが、天国から舞い降りてきた天使だった・・・
Angelにとっては、吉継が、自殺しようとして地獄に堕ちるところだった自分を天国につれて行ってくれ天使だった・・・

映画を観ていないので根本はわかりませんが、私はこの作品のAngelは救われたのだと強く信じます。
絶対にHEAVEN'S DOORを開けてHEAVEN'S HILLにいるのだと・・・・

Chara_yoshitsugu

なので、私はこのエピソードを鬱エピソードとは思いたくありません。
感想はおそらくご覧になった皆様1人1人違うと思いますので、鬱作品、トラウマ作品と思う方も多々みえるかもしれません。

 でも、だからこそまずは・・・いや、ダマされたと思って、
18話だけはご覧になるのを心からオススメ致します。
ニコ動が2週遅れなので、まさに今ご覧になることが出来ます。
ただ、コメントは最初消して視聴してください。

良い方にも悪い方にもとることが出来ますから、
おそらく100人が100人、違う感想を持つと思いますので、コメントに流されないでください。

戦国コレクション COLLECTION 18「Four Leaves」 ニコニコ動画配信ページ

とにかく衝撃を受ける回です。

これが人気アニメ作品でしたら後世語り継がれたことでしょう・・・

視ておいて絶対損はありません。

 そんな18話だけではなく、17話も良かったです。

ほっちゃん(堀江由衣さん)のキャスティングも見事でしたね。

オマージュ元がなんなのかわかりませんが、私はこのお話がすごく好きです。

言葉を信じられなくなったからこそ、言葉がわからない動物の方が信じられる。

でも、タエさんの本当の気持ちがわかったからとはいえ、劉備は行動でタエさんにぶつかり、徐々に心を開いてゆきます。

1000の言葉より、1の行動ですね。

自分に言い聞かせていますが、40過ぎても私はお恥ずかしながら出来ません・・・

だからこそ・・・劉備に、そしてタエさんに、惚れました。本当に良いお話です。

Chara_mitsuhide

 そして19・20話。

 一気に物語は核心に迫っていきます・・・・と思ったら明智小五郎とシャーロックホームズの探偵オマージュ。

 ミルキィホームズみたいな展開にならなくて良かったぁ~。

と油断していたらそこから一気に来る1話本能寺の変でのタイムスリップ。

・・・・そっか、光秀もこちらに来ていて、しかも記憶が飛んでいたのね。

雑破業脚本理論では、光秀の裏切りは嫉妬により出来た秘宝のせい。

でも、信長が秀吉遠征を命じた本当の理由は光秀にそばにいて欲しかったから。

未だに謎になっている本能寺の変ですから、いろいろ解釈があって良いと思います。

一気にクライマックス!!そして決着かと思いきや、光秀は秘宝を守り信長から逃げました。そしてそれを手助けする千利休。

これは、秘宝をもてなかったコンプレックスからきたのか?それとも何か理由があるのか?

利休は秀吉に切腹を命ぜられたから、多分あそこでは信長に切られないでしょう。

間に武田信玄がはさまり、一息ついてからラストはこの2人の因縁になって行きそうです。

・・・いや、信玄の話も一息つけるようなお話なのか?

また神回が待っていそうで、ここから先は最終回まで息が抜けないかもしれません。

視ていない方、私のように途中で切ってしまった方、本当にダマされたと思ってもう一度ご覧になってみてください。

ギャグ有り、シリアス有り、ほのぼのあり、哲学有り、笑いあり、涙あり、人間の卑しい心ありの、本当にすばらしいお話がてんこ盛りの作品です。

 話のつながりは無いに等しいので(19・20話のような前後編の後編のみを除き)、
どの話数から視ても全然問題はありません。

声を大にしてオススメしたい!!そんな傑作がここに隠れています。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります







そこあに

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第7話迄 感想 | トップページ | 人類は衰退しました 第8話迄 感想 »

2012 春アニメ」カテゴリの記事

コメント

本当に大谷吉継のストーリーは凄かったですね。
得も言われぬ絶望感ではない何か、後から響いて来る感じ。
深い作品でした、私の中では激戦区の木曜深夜のトップに躍り出た作品です。
劉備もほっこりとした良いストーリーでした。

そして光秀が1話の本能寺の変に至る過程を描いて、この作品の
 根幹をも表したストーリー。
秘宝は戦国の世で生まれる、本編に信長が現われない人物は
 秘宝を持っていなかった。
最初に明智繋がりのお茶らけた探偵ストーリーかと思ったら、記憶の蘇る過程を
 描いて光秀の真実を描いて、失踪。
信長にとっては友と呼べる数少ない存在、EDでは二人が並んでます。
終盤に向けての布石と伏線の回収と良く描かれていました。

ここにきて怒涛の4連続ストーリーが独立していてそろぞれ異なる趣向で面白い。
侮れないというよりメインになっています。
最初の3話が惜しまれる、不幸な作品です・・・

>ぬる~くまったりとさん
 いやもう、18話最初に視たときは脳天たたき割られましたよ。
自分も最初は「うわ~、これは救われない・・・何で戦国コレクションで鬱作品を??」と思いました。
ので、ブログ書くタイミングを逸したのですね。
でも・・・・しばらくするとまた視たくなりました。どこかが引っかかって・・・・。
で、じっくりと何度も視直しました。
めちゃくちゃ奥が深いですね。最後Angelが過労死してしまうので、このエピソードはハッピーエンドではありません。
でも・・・・鬱エンドでも無いと・・・私は信じたいです。Angelは本当に名前の通りHEAVEN's HILLで天使になったのだと。

歴史に残る名エピソードだと思います。

 現代では秘宝は(今のところですが)形成されない。
だから戦国時代への未練がある者は秘宝を手放してはならない。
20話も衝撃的でした。
なんか、おっしゃるとおりOPやEDみると、戦国時代にに戻ってもう一度やり直すのは
信長・光秀・森蘭丸の3人だけなのかもしれません。
信長がそばにいて欲しいのは光秀だったのですから・・・・
・・・・と、ラストは思いたいなと思う展開でしたね。
いや本当に面白いです!!

切ったのを戻って来て本当に良かったです。
改めて、もう一度視るのを勧めていただき本当にありがとうございました。
この傑作を「切ったよ~。あんな作品」と思うところでした。


 関東ですと夕べが21話放送でしたね。そっか、中部は6日遅れでしたか。
21話が早く視たいと思う自分がいます。
怒濤の良いお話ラッシュでたたみ込んできて本当にこの4話にはやられました。

最初の3話も、今視ると味があって良いんですよね。
でも、アレを最初に視ると・・・切りたくなっちゃうんですよね~~~。
自分がそうだっただけに・・・・

おっしゃるとおり、近年まれにみる、オムニバス形式作品の傑作だと思います。

面白いですよね。
特に最近は個々のエピソードがどれも素晴らしいです!

ぼくも、最初は好きな声優さんが出るみたいだから…という理由で見始めたんですが、
その好きな声優さん(花澤さんですが)が出たところで切らずに、今まで見続けてきて良かったと思ってます。各話ごとにどんどん面白く感じるようになってきて、思いのほかハマってしまいました。

ぼくもオマージュの元になった作品は全然知らないのばかりです。
それどころか日本史も苦手で、織田信長はもちろん出てくる武将ほとんど名前だけは知っている…くらいの知識で、何故この作品を見ているのか自分でもちょっと不思議です。

やっぱり脚本の魅力に引き込まれた、というのが一番ですかね。
この先の展開もとても楽しみです。

>クロスケさん
本当に面白いですよね。
 私切ってしまったのをあらためてみたとき心から後悔しましたもの。
最初からこれはオムニバス形式の作品だよ~ってわかっていれば切らなかったのですが、
それを知りませんでしたので、わけわからず混乱したんですよね。最初の方のストーリーで。

 私もクロスケさんと同じです。
桶狭間とか、長篠城とか、清洲城とか岡崎城とか、織田信長や徳川家康ゆかりの地に住んでいるにもかかわらず、日本史は大の苦手で・・・・f^_^;。
 なので、織田信奈の野望視ているのですが、今イチストーリーと現実の史実がくっつかなくて困っています(苦笑)。戦国乙女の時もそんな感じでした~。
逆に戦国コレクションは戦国時代の武士にスポットライトを当てているので、その人の性格やなりに合わせたエピソードにうまく料理してくれていて、私は逆に戦国コレクションの方が馴染みます。
面白いものですよね。

花澤香菜さんいいですよね(*^_^*)。
私も好きな声優さんの1人です。
好きな声優がキャストやるからみてみましょか・・・というのはわかります。
私もそのパターンで視始めた作品どれだけあったことやら(*^_^*)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55482674

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国コレクション 第20話迄 感想:

» 戦国コレクション テレ東(8/16)#20 [ぬる~くまったりと]
COLLECTION 20 Vengeful Fang-OS 公式サイトから戦国世界では信長の右腕として、その天下取りに手を貸していた復讐ノ牙・明智光秀。彼女はこの世界に来たとき、どういうわけか、すべての記憶を失ってい た。そんな光秀を助けたのは、同じ場所に飛ばされていた森蘭丸。同じ信長の家臣同士、しばらくは穏やかな日々を過ごしていた光秀だったが、近くで起きた火 事の炎を見て、なぜか昏倒してしまう。やがてベッドの上で目覚めた光秀は、自分の記憶が戻っていることに気付き――。あれほど慕っていた信長を、な... [続きを読む]

» 戦国コレクション 第20話「Vengeful Fang-OS」感想! [くろくろDictionary]
戦国コレクション <COLLECTION-20> Vengeful Fang-OS 記憶を取り戻した光秀。 そして長い長い回想の始まり… 秘宝を持っていないことを気にしている光秀。 軍議で信長と言い争いになり、 「そ...... [続きを読む]

» ◎戦国コレクションCOLLECTION20「VengefulFang-OS」 [ぺろぺろキャンディー]
∥明智:私は明智光秀。私が、信長様を。Δ森:光秀さん?→いない→探す織田:ランマル。φ織田:記憶喪失?森:この間、大きな炎を見たとき。л公園明智:私が信長様を。⇔回想→会... [続きを読む]

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第7話迄 感想 | トップページ | 人類は衰退しました 第8話迄 感想 »