フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第5話 感想 | トップページ | ゆるゆり♪♪ 第7話迄 感想 »

2012年8月17日 (金)

DOG DAYS’ 第6話迄 感想

追いはぎうさぎにエロ魔王wwww

あかん!ちょっと方向がおかしくなってきた(爆笑)

この第2期・・・・敵がおかしい(大爆笑)

・・・・そして・・・・セーラームーンの英雄王登場www

月に変わって・・・お仕置きよ!!

ではなく、

光の中で懺悔なさい!!

ノリノリのキタエリwwwそしてハンマー!!!

シティーハンターの香ちゃんに英雄王は変化www

昔の勇者もおかしい!!おかしすぎる。

2期は、何かがおかしいww

おかしすぎてもう・・・腹抱えて笑ってしまいましたよ。



DOG DAYS’ 5thインプレッション 6話迄

第1期(アメブロへリンク)
ファーストインプレッション      ラストインプレッション

第2期
ファーストインプレッション 1話   2ndインプレッション 2話
3rdインプレッション 3話       4thインプレッション 4話
5thインプレッション 6話迄      6thインプレッション 8話迄
7thインプレッション 9話      クライマックスインプレッション 12話迄 
ラストインプレッション 13話 

 

公式HP
Dogdays

 

●戦(いくさ)のルール
・フロニャルド内ではどんなに戦ってもフロニャ力(ちから)に守られていて死ぬことは無い
・その為この世界での戦とは経済活性化の為の興業である(
・興業であるから戦の模様は各国でテレビ中継される
・モブキャラが負けると丸っこいかわいいキャラに変化する
メインキャラが負けると防具・服が破れて下着姿になり戦闘不能になってしまう
・君主がやられるか、「参った」言うか、拠点を制圧された方が負け(事前に取り決めする)
・戦興業後、ポイントによる利益配分が行われる
・勝った方の国が勝利イベントをする(ビスコッティはミルヒ姫のコンサート)

 

●キャラクター相関図
ある意味声優アニメでもありますので(笑)、キャラクターはとんでもなくたくさんいます。
なので、各キャラは公式ページをご覧ください。相関図は下記(6話で更新:クリックで拡大)

20120812_192957bmp

 やっと3国のバランスが取れてきましたね。
一気にパスティヤージュ強くなりました。人間の勇者2人とは!!
こうして見ると、やっぱ今までいかにガレット強かったのかがよくわかります。

 

●フロニャ力(ちから)を使った技=紋章術
  ※フロニャ力と自分の命の力を混ぜ合わせ「気力」というエネルギーに変換する方法
 ・紋章砲:紋章を出してレベルを上げ、それを気力に乗せ撃つ。撃った後かなり疲れる。
 ・気力武装:紋章を出して気力を集め、出す武装。主に乗り物や防御。

 

●あらすじ   (ネタバレ注意)

 5話はガレットのお話。

 最近ガレットには追い剝ぎが出るという。
ノワが合宿で留守中のため、勇者ナナミと3バカ残りのジョーとベル、そしてビオレが調査に行く。

 レオ閣下とガウル殿下は、ミルヒ姫と会食並びに帰って来るノワ達のため残る。

 町での聞き取り調査では、追い剝ぎの上に女子供を集中して狙うという。
そしてナナミが見つける不審な男性。
4人はその夜おとり捜査をすることにする。

 おとりのナナミに声をかけたのは・・・昼見た不審者。
・・・しかし、彼は追い剝ぎではなかった。

 彼の名はイスカ・マキシマ(cv勝杏里)。
名のある刀鍛冶で、なんとダルキアン卿をヒナと呼ぶ、実の兄だった。
(※名字違うよね。ミドルネームなのかな?)

本当の追い剝ぎは、人に化ける小型のうさぎ魔物たちだった。

誤解が晴れ、みんなで追い剝ぎうさぎの群れを倒す。

ラスボス相手には桃太郎侍ばりのレオ閣下とミルヒ姫まで登場!!
(バックライト&スモーク演出つけるなぁ~~~笑)

ガレットの治安は守られた。

 そして6話はパスティヤージュのお話。

3国合同興業開催のための最終会議に集まるクーベル・ミルヒ・レオの3領主。

そして、3国の勇者ベッキー・シンク・ナナミ。

会議が終わり、クーベルはシンクを勇者王が封印されている英雄王の眠る地につれて行き、
過去勇者王が封印した英雄王の奇跡を起こしてみようとする。

勇者王は、パスティヤージュの建国の祖で、クーベルの祖先に当たる。
その勇者王はかつてこの国で勇者召喚をしたとき召喚された勇者だった。

シンクとクーベルで奇跡を試したところ・・・封印が解かれ現れたのは・・・・

ヴァレリオ・カルバドス。なんと勇者王ではなくて魔王だった。

魔王カルバドスは勇者王が目覚めていないことを良いことに・・・・

覗き、スカートめくり等エロ好き勝手し放題!!単なるセクハラエロ魔王だったwww
ここにもシティーハンター冴羽獠がいたww

エッシェンバッハ城で大暴れするカルバドスを止めようとする3勇者と3領主。

魔王の力は気力吸収!!

気力を奪われるから紋章術が使えない!!

偶然話したクーベルの言葉が勇者王召喚の言葉だったようで、突如現れるセーラームーン・・・ではなくて、英雄王。

シティーハンターの香りちゃんばりのハンマーでトドメを刺される。

一騒ぎが終わり、元の世界に戻ろうとする魔王と英雄王。

・・・しかし、封印装置が故障して・・・パスティヤージュにとどまることになった魔王と英雄王なのだった。

●感想

6話がもう・・・大爆笑の傑作でした。

勇者王アデライド、人間だったとは!!

クーベル、人間との混血なんですね!!これはびっくりしました。

と言うことはアニマルS○Xで異世界子作り有りって事ですか!!

シンク、種付けだけして帰るって事も有りですよね。
異世界だから日本やイギリスの法律関係ないし(爆笑)。

いかん、エロゲー脳になってきた(笑)。

何はともあれ、OPは6話でイスカ解禁、多分7話で魔王・勇者王解禁でしょう。
EDも5話でイスカがビスコッティーで解禁、6話で魔王・勇者王がパスティヤージュで解禁しましたので、
これで3国合同興業の戦力がはっきりしました。

・・・一気にパスティヤージュ強くなりましたよね。

勇者(人間)2人いますものね。それに気力吸収技を持つ魔王カルバドス。

一方魔物封じでは最強を誇る風月庵で1人追加のビスコッティ。

最強だったガレットに対して、見事に戦力均衡させました。すばらしい脚本・ストーリー構成です。

 そして、シンク達以外にも人間が出てきたというのが面白いです。

それも、地球での暮らしを放棄して、フロニャルドでパスティヤージュの王として生涯をすごした。

 旅行気分で遊びに来ているレベルのシンク・ナナミ・ベッキーは英雄王アデライドと話し、何を思うのでしょうか。
この辺も言及してくれると楽しいかなって思います。

・・・それにしても・・・・

最後のシーン、一国の姫が勇者の所に夜這いに行っているのに・・・

もう愛玩犬にしか見えない(爆笑)

 

最後に・・・・英雄王の変身シーン、なのはじゃなくて、どう見てもセーラームーンです。
あの胸の所からぴらぴらぴらっとでて身体を包む所なんかは・・・・もう!!

あの胸のクリスタル・・・銀水晶なんじゃね??

変身パロディなら、今映画しているなのはとかに似せた方が今の若い方達にはよかたのでは??

わたしは、もちろんこっちの方が断然良かったですが(爆笑)

それともじじいとばばあという設定から25周年のセーラームーンの変身だったのかも。

もしそうだとしたら・・・西村監督・・・おっさんホイホイ・・・恐れ入りました(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   

 ワンクリックいただけると励みになります


そこあに

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第5話 感想 | トップページ | ゆるゆり♪♪ 第7話迄 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

DOG DAYS」カテゴリの記事

コメント

変身バンクはSムーン、プリキュアと同じ制作会社なので受け継がれてますね。
ちょっとエロくするとなのはに、なるのかな?
その当時の技術が分かりますね。
5話は太秦映画村に修学旅行のノリですね。
東○制作のグループなので訪れるシリーズの様な感じです。
6話は魔王がラスボスかと思わせて全然そんなことはない。
気力吸収はある意味最強ですが、地繋がりだけと言う弱点もありました。
そして英雄が魔法少女とは・・・
戦力のインフレ化が起こらないか心配です。
これだと全員に敵対する魔物の存在が難しそうで、まさかの
 3国戦興業で終わりの可能性もあり?

>ぬる~くまったりとさん
 なのはが深夜ものらしく、ミンキーモモとかと同じ全裸パターンですから、一番エロいのではないかなってわたし個人的には思います。
 セーラームーンとかは光っていますからね。

 5話は映画村に修学旅行のノリ!!おおお!たしかにそんな感じですね。
そして6話はまさかの魔王達まで興業参加!?という展開ですからね。

 今回はずっとこんな感じなのかもしれませんね。
なので・・・ラストはおっしゃるとおりなのかもしれません。
興業終わってお別れ会&ミルヒのコンサートやってばいば~いで終了!!(笑)

もう一つ、もしあるとすると、シンク達が16日の送還期限をオーバーして帰れなくなり大騒ぎ・・・とか・・・・。ないですかねf^_^;


これで身元不明だった3人がフルオープン。
イケメン兄者にエロ魔王にセーラー勇者王。
魔王&勇者王はもっと引っ張ると思ったら、あっさり明かしちゃったな。(ぉぃ)
第5話は七海活躍回かと思いきや、ビオレのエロさ(七海にすりすりされていきそうになり、姫侍コンビでいっちゃった(笑))が持ってった…と思ったら、更に姫侍コンビが持っていった。(笑)
獅子王侍ことレオ閣下の「駆け巡れ!」と「フィナーレ!」に何かパロっぽさを感じたが、小清水がやってた「スイートプリキュア」のパロだったらしい。(ぉ)
ダルキアン卿の名前が兄者と違っているのは、おそらく「ブリオッシュ・ダルキアン」という名前がビスコッティから与えられた爵位名のようなものだと思われます。
彼女自身はビスコッティ出身ではなく流れ者だった訳だし、それでいてビスコッティ側に付いて戦興行に参戦。
“大陸最強”の活躍を見せた事によって、当時のビスコッティ当主に爵位と今の名を与えられたと考えます。
中世のヨーロッパを舞台とする話ではわりと出てくる話なので、こんな感じかなと…。
だから本名は「〇〇〇・マキシマ」だと思われます。
「ヒナ」は幼名じゃないですかね。(それこそ雛)
だからダルキアン卿はそう呼ばれるのを嫌がると。
「いつまでも子供じゃないんだぞ、兄者」と。
でもやっぱり兄者相手だと気も緩むんですな。
これまで常に自分を「拙者」と言っていた彼女が、初めて「わたし」って言いましたからね。(ぉ)
第6話については、次に。(ぉぃ)

さて第6話。
冒頭からレオ閣下のセミヌード、目の保養でした。(ぉぉ)
そして、いや~、気持ちいいくらいのエロ魔王、嫌いじゃないです。(ぉぃ)
一瞬、シリアス展開か…と思ったら、どっかのはぐれ勇者に伝えたい鬼畜っぷり。(爆笑)
リーシャのフルヌード、ご馳走様でした。(ぉぃ)
ただ、痴漢は濡れ衣だよね。(ぇ)
1回も触ってないじゃん。(爆笑)
どうでもいいが、肉弾戦がまるでダメな魔王って、微妙すぎる…。(苦笑)
しかし、クーベルが「なぜ魔王が蘇ったのか、知らんが」って言ってたが、お前の要らぬ好奇心のせいだろうが!(爆笑)
英雄王の変身バンクは、確かにプリキュアよりはセーラームーン寄りでしたね。
ただし、エロさは2話のレベッカ変身バンクの圧勝でしたが…。(ぉぃ)
いや~、クーベルは混血種だったんですねぇ。
そこで今、掲示板では論争が起きてます。
「クーベル4つ耳説」(ぇ)
クーベルには頭部にある耳の他に、人間と同じ位置に人間型の耳があるというのです。
私も「えっ」と思って確認してみたら、確かにこの第6話で数カット、クーベルの人耳が見えるカットがありました。(ぉ)
実は出番の多かった第2話でも人耳が見えるカットがあるという話があります。(私はまだ未確認)
これが作画ミスなのか、設定なのか、論議になってます。
今回のクーベル混血種確定から、「実はミスじゃなくて設定なんじゃないの」って説が強まってるようです。
果たして都市伝説で終わるのか?ホントに設定なのか?
ついでで言うと、クーベルは英雄王の子孫というのはハッキリしたんですが、実はシンクも英雄王の子孫じゃないかってのが私がちょっと感じているところです。(ぇ)
ま、シンク1人じゃあの封印は解けなかった訳ですが、クーベルと手を合わせたら解けましたからね。
今後の流れでちょっと気にしてみたいポイントです。
そういえば、第5話のEDから、追い剥ぎ兎が隊列に加わってましたね。
そして、西村監督、6話中5話のコンテ切り。(ぉ)
大丈夫っすか、そんなに気張って。(ぇ)

>ふれいくさん
姫侍コンビが本当見事に持っていってくれましたね。
まあ、一番美味しいところは一番お偉い方々が持っていかないといけませんしね(笑)
 ダルキアン卿の名字が違う件、ありがとうございます。おそらくその通りですね。納得しました。

クーベルに人間の耳が!?言われて視直しましたら・・・本当に有りましたね!!
空飛ぶ絨毯に乗ってるシーンとか・・・ただ、確かに一瞬!!
これは作画ミスなのか?それとも設定なのか??悩ましいですね!!!

「良いことが起きるのじゃ~」と言って出てきたのは魔王ですから、クーベルにしてみればなんでかわからん!!と言うことなのでしょうね(笑)

 シンク混血説は面白いですね~。でもそうなるとナナミも従姉ですから混血となりそう。
単に男と女のセットだったからかも。ただ、英雄王とシンクはなんかありそうですよね。
 
本当この作品、まったりしてるように見えて後ろでは細かい設定や脚本が展開されています。
おっしゃるとおり・・・西村監督がんばりすぎですwww


え~と、書き方が悪かったです。
シンクは英雄王の一族の末裔ではないかという考えです。
地球にいる英雄王の兄弟姉妹の子孫という意味です。
シンクは母親が金髪で、地球では日本のインターナショナルスクールに通っているから、母親が英雄王の兄弟姉妹の直系の子孫。
となると、七海も英雄王の子孫ということが考えられそうだが、彼女は黒髪だし名前も漢字の設定(高瀬七海)だから、純粋な日本人で、シンクの父ちゃんの兄弟姉妹の子供と考えられる。
だから彼女は英雄王 一族の子孫ではない。
逆にクーベルの方が血の繋がりのある遠い遠い縁戚関係にある。
だから、シンクは血は薄いから直接は反応しなかったが、クーベルの能力をブーストするパワーはあった。
以上が仮説です。
すいませんでした、誤解を与える書き方で。
この辺に関わる話が出るか、個人的には気にしながら見ていこうかなと思っています。
でも、それでシリアスには絶対ならんとは思いますけどね。(笑)
この作品ですから。(ぉぃ)
次回は「封印洞窟戦!」
うん?
何を封印するんだ?

>ふれいくさん
あ、直系ではなくて、一族・・・と言う意味ですね。
すみません。いつも理解力が無くて・・・

シンクの母親が英雄王アデライドの姪っ子とか遠い孫とか、たしかに有ってもおかしくないですよね。
 そもそもミルヒが勇者召喚したときも、何故シンクを見つけたのかとか謎ですし。
シンクを選んだのはたしかミルヒだったと思うので、なにか勇者の条件を満たす(英雄王の子孫とかの)候補者リストとか有るのかもしれませんね。

 魔物がうさぎで魔王があれですからね~~。一体どんな封印が待っているのか??
洞窟というのがいかにもうさんくさいですし(笑)。関東は今晩ですね。うらやましいです。
来週の木曜日を楽しみに待つことにします(*^_^*)。

ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55354172

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS’ 第6話迄 感想:

» DOG DAYS' TokyoMX(8/11)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 パスティヤージュ英雄王伝説 三国合同興業の打ち合わせでパスティヤージュ公国に ミルヒ姫、レオ閣下と勇者が集まってくる。 クーベル第1公女、ミルヒ姫、レオ閣下の3人は 最近艶も良くで毛並みも潤っていた。それぞれの勇者が甲斐甲斐しく世話をしてくれて いるからのようだった。ナナミもレベッカも領主のお世話が嬉しい様子。勇者の経験が長く、上から目線で話すシンク。 イスカは風月庵に滞在して近くに工房を作ったらしい。シンクはクーベルに連れられて、ある場所に向かう。パスティヤージュの英雄王が眠る場所。魔物も... [続きを読む]

» DOG DAYS′ EPISODE 6「パスティヤージュ英雄王伝説」 [ボヘミアンな京都住まい]
なんというか、いくら勇者だからって、まがりなりにも国の主が半ばペット扱いみたいになってしまってるのは (・A・)イクナイ と思うんだ(爆)・・・なんて冗談なマジ語りはさておき、この独特の可愛がり方と甘え方が DOG DAYS のらしい部分でストロングポイントの1つでもあるとは思いますけど(笑)。 さて、今回はパスティヤージュがメイン。自称魔王が出てきた時は要らんシリアス展開になるのかと危惧しましたが、なんのことはない特殊技持ちなだけのスケベ大魔王で、後から英雄王も召喚されて魔王を連れ戻して再度封印し... [続きを読む]

» DOG DAYS′ EPISODE 6「パスティヤージュ英雄王伝説」 [ボヘミアンな京都住まい[fc2ブログ版]]
さて、今回はパスティヤージュがメイン。 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/nanoha/dogdays/dash_06/ [続きを読む]

» ◎DOGDAYS'EPISODE6「パスティヤージュ英雄王伝説」 [ぺろぺろキャンディー]
|会議のために、レオ様とミルヒさまが着てくれます。Ψレオ:会議をはじめるか。ミルヒ:はい。クー:いつにもまして。:実は、レベッカがしてくれておるのじゃ。レオ:実はナナ... [続きを読む]

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第5話 感想 | トップページ | ゆるゆり♪♪ 第7話迄 感想 »