フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 謎の彼女X 9巻 植芝理一著 & OVA 謎の夏祭り 感想 | トップページ | 人類は衰退しました 第9話 感想 »

2012年8月30日 (木)

DOG DAYS’ 第8話迄 感想

だからお姫様はちゃ~んと、シンクの一番大事な人でいないとだめだよ!

でも、私はレベッカさんも好きですから、だめです。

お姫様幼なじみが仲良くお風呂に入って視聴者サービスをしているその頃・・・

我らがエクレは、シンクとデート、そしてラッキーにも口づけまで交わしてしまいました!!

そして大人になったかっこいいシンクとも一緒に空の移動・・・・

エクレ大勝利(\(^o^)/)。

これは、やはりの幼なじみ&ペット(お姫様)負けフラグなのかぁ??

それとも大逆転フラグなのか?

腐女子大歓喜のイケメンシンク&ガウル登場!!

宮野真守&柿原徹也さんcv起用はこの為かぁ~~~

そして最後は全員全裸!!!

シンク・・・なんか・・・犯罪っぽいから~~~!!

犯罪だよね~(笑)



まるで・・・ガンバの大冒険!!

ボスはノロイ・・・・じゃなくて巨大化したネズミだった。
(実際ガンバの方のノロイはネズミではなくイタチでしたけどね)

うさぎちゃんといい、ネズミちゃんといい、

2期の魔物達はお茶目でかわいいじゃないですか~~。



DOG DAYS’ 6thインプレッション 8話迄

第1期(アメブロへリンク)
ファーストインプレッション      ラストインプレッション

第2期
ファーストインプレッション 1話   2ndインプレッション 2話
3rdインプレッション 3話       4thインプレッション 4話
5thインプレッション 6話迄      6thインプレッション 8話迄
7thインプレッション 9話      クライマックスインプレッション 12話迄 
ラストインプレッション 13話  

 

公式HP
Dogdays

 

●戦(いくさ)のルール
・フロニャルド内ではどんなに戦ってもフロニャ力(ちから)に守られていて死ぬことは無い
・その為この世界での戦とは経済活性化の為の興業である(
・興業であるから戦の模様は各国でテレビ中継される
・モブキャラが負けると丸っこいかわいいキャラに変化する
メインキャラが負けると防具・服が破れて下着姿になり戦闘不能になってしまう
・君主がやられるか、「参った」言うか、拠点を制圧された方が負け(事前に取り決めする)
・戦興業後、ポイントによる利益配分が行われる
・勝った方の国が勝利イベントをする(ビスコッティはミルヒ姫のコンサート)

 

●キャラクター相関図
ある意味声優アニメでもありますので(笑)、キャラクターはとんでもなくたくさんいます。
なので、各キャラは公式ページをご覧ください。相関図は下記(クリックで拡大)

20120829_94329bmp


●フロニャ力(ちから)を使った技=紋章術
  ※フロニャ力と自分の命の力を混ぜ合わせ「気力」というエネルギーに変換する方法
 ・紋章砲:紋章を出してレベルを上げ、それを気力に乗せ撃つ。撃った後かなり疲れる。
 ・気力武装:紋章を出して気力を集め、出す武装。主に乗り物や防御。

 

●あらすじ   (ネタバレ注意)

 封印機が故障で帰れなくなった英雄王アデルと魔王ヴァレリィ、そしてヒナことダルキアン卿とイスカは南方のフレーデ砂漠の方へ魔物封印確認に出かけた。

ヒナ・マキシマ。それがダルキアン卿の名前だった(前回ブログの疑問解けました)。

彼ら4人は、その昔、勇者パーティの一員で共に戦った仲間だったのだ。

その洞窟で封印した魔物達は、ヴァレリィの理論が正しければ、時間と共に精霊に変わる筈なのだ。

 ところが第3号封印が古いため壊れてしまう。しかし、ネズミの魔物はすでに精霊化が進んでいた。
・・・が、まだネズミの小さな魔物に変わりない。再度封印しようとするが、失敗。

その魔物達によってヒナ・アデル・ヴァレリィは子供にされてしまう。

※ここから、大サービスのロリ回スタート!!幼女好き大歓喜。

困ったアデルはシンク達に勇者同士を召喚できる技、
ココロコネクト・・・じゃない、ブレイブコネクトで救援を求める。

3勇者・クーベル・ユッキー・エクレ・ガウル・3バカが応援にかけつけ、たくさん捕獲するが、
シンク・ガウル・ベッキー・クーベル以外は幼女にされてしまう。(みんなめっちゃくちゃかわいんだなこれがまたw)

 アデルからお守りをもらい、4人はボスのノロイ(何度もすみませんw)を倒しに行くが、今度はシンクとガウルが大人になってしまう。
 アデルのお守りは「英雄結晶」といい、どうやらシンクとガウルには大人になる効果が出たらしい。
しかも英雄結晶は2人をご主人様と認め、アイテムへと変化したのだ。

※ここから、更に大サービスのイケメン回もスタート!!腐女子大歓喜。

さらに・・・ロリ化が突如戻り・・・・ユッキーの忍術で小さくなっていた服はちぎれ飛び・・・

※最後は深夜アニメエロ好き大歓喜の全裸祭り!!

何だったんだこの回!!もっとやれ~~~(大爆笑)

 一方置いてきぼりのミルヒ姫は年に一度のエスナート芸術音楽祭の歌手のゲストとして招かれる。

そのミルヒの護衛の依頼をクーリエより受けるベッキー。

 シンク大好き、でも負け組(勝手に私が決めているだけです。すみません)2人はお散歩したり、お風呂入ったりお茶飲んだりと、
ライブまでの時間は女子会に明け暮れる。

 一方勝ち組エクレ(こっちは私心が多分に入っています。ほんとすみません)は、リストバンドに続き、今度はシンクの着ていた服までもらう大勝利ぶり。
しかも一緒に運動デートまでしていると来たもんだ!!

 ところで、前回の大捕物に乗り損なったリコはご機嫌斜め!!
そこでシンクは、リコと一緒にグッズ売り場のお手伝いをする。

 例の魔物退治4人組は、5話で出てきた追い剝ぎうさぎのその後を監視するが、そこに若い娘の姿をした変わった個体がいたのだ。

・・・が、最近は姿が見えず、どうやら人里に行ってしまったみたいだ。

 案の定、猫みたいな女の子(しっぽが二つあるので猫神ですね)は城に、街に現れ大暴れする。
どうやら光ったものに興味を示しているみたいだ。
人の動きを操る力を持っている猫神は、ユッキー・リコも手玉に取り、さらにシンクとエクレには口づけをさせてしまう。

 シンクはエクレとのキスで大人になり・・・・ちがった、英雄結晶を使い大人になり、

英雄結晶、ヒーロータイム

を発動する(どんな技じゃwww)。
人の動きを操る技を封じた大人シンクは、エクレと一緒に猫神を捕まえる。

光るものが好きな猫神にお土産で買った腕輪をあげる、心優しい大人シンクだった。

その後は、エクレ・リコ・ユッキーの勝ち組3ヒロインは、
ミルヒ・ベッキーの負け組2ヒロインがいるエスナート芸術音楽祭にむかう。

ミルヒ姫のゲストコンサートを観て、いよいよ次回からは3国合同いくさ興業のスタートです。



●感想

いやもう、エクレ推しの自分はこの2話楽しくて楽しくて!!

子供エクレにキスしてデレデレエクレ、仲良く運動デートエクレ。

エクレが大勝利過ぎますね(笑)。

でも、中盤でのこの優遇具合は、最後は失恋フラグなのかなぁ・・・・。

 本命のミルヒとベッキーが完全負けフラグたってますからね~~。
ただ、2人の秘密としてシンクの何か?を爆弾として共有しました。

でも、ミルヒ・ベッキーは2人セットになってしまいましたから、
シンクとはどちらか一方・・・がくっつくというのは可能性がめちゃ低くなりました。

幼なじみとペットは、どう考えても恋愛感情まで行きそうにないですよね~。

やはり負け組になりそうです(苦笑)。

 逆に大逆転、無邪気なリコや、冷静なユッキーが最後持っていく可能性も有りますしね~。

 ま、そんな恋愛事関係なしに楽しむため、シンクは当時中学一年生の運動バカという設定だったはずなのですが・・・・

 それをぶっ飛ばす英雄結晶の“ヒーロータイム”!!

なんというモテモテ技なんだ!これはwww

 普通中学生とかだったら女性声優がやっても良いのに、それをやらず、イケメンが多い男性声優のcv。

 もし、1期の時点で都築真紀先生がこれを考えていて、結果としてシンク宮野真守さん起用だったら・・・・
すごいですよね!。
それはガウル殿下の柿原徹也さんも同じ事。

 腐女子大歓喜!!この2人ならコンサートもできるじゃん!というキャスティングでしたものね。

 でもまぁ・・・多分違うでしょうね。

cvこの2人ならこんな大人変化やってもいいのでは・・・と後付けシナリオな気がします。
真相はわかりませんがww

 それにしてもフロニャ力ってすごいですね。魔物を浄化して精霊化する力まであるとは。

そして、やられると丸猫や丸犬になるのは、精霊化だったとは。

うまいこと設定したなぁ~と思いました。

 そして、英雄王アデルと魔王ヴァレリイ。

イスカが「そこの夫婦!喜ぶのは後にして・・」と言っていたのはネタなのか?事実なのか?

 事実ならヴァレリイがクーベルのお祖父ちゃん(ぐらい?)になるということになるのですかね?・・・・

 だとすると、ヒナとイスカは一体何歳なのか?

封印して寝ていたじいちゃん・ばあちゃん達と同じパーティくんでいたとは・・・歳はとらないのか??

それともフロニャルドの力で老化しない設定とか・・・

 この辺りも興味津々ですね。

あと、猫神様が悠木碧ちゃんだったのにびっくりしました。

気づかなかったなぁ~。(個人的にポケモンのニャースの声の声優さんと思ってました)

 さて、次回からいよいよ3国共同の戦興業戦。

クライマックスには早いですから、中盤のメインイベントなのでしょう。

 無事終わるのか、それとも途中で何か起こって、それが2期のクライマックスのエピソードに進展するのか?

・・・なんか、召喚から送還までの期限である16日をオーバーしそうな予感があるんですよね。

個人的に・・・・f^_^;。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   

 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« 謎の彼女X 9巻 植芝理一著 & OVA 謎の夏祭り 感想 | トップページ | 人類は衰退しました 第9話 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

DOG DAYS」カテゴリの記事

コメント

さすがの都築脚本、各自に絶対見せ場がある。
エクレも見せ場がありましたね、今回の状況ならナナミが前面に出てもおかしくないのに。

1期でユキカゼが土地神だと正体を明かした時に、ダルキアン卿が自分は人間だが年齢をとらない秘術?か何かを
 施していると言った会話がありました。
かなりな年齢であるのは事実の様ですね。
封印の剣とお札で魔物を浄化して精霊化するとフロニャ力の加護が与えられるのだ思われますよ。

宮野さんのキャスティングはどうなのでしょうね、もうベテランなんですよね。
もしかしたら、長期化してStrikerSのような設定も考えていたのかも・・・

シンクの先祖とアデル、バレリの関係は?

>ぬる~くまったりとさん
>1期でユキカゼが土地神だと正体を明かした時に、ダルキアン卿が自分は人間だが年齢をとらない秘術?か何かを施していると言った会話がありました。

 本当ですか!?。だとすると、1期のときから考えていた設定だったのですね。
ちゃんと各キャラ事をピックアップするところと相まって、都築脚本の真骨頂ですね。

なんかの雑誌でユッキーファンは11話(10話だったかな?)をお楽しみにーという記述があったので(本屋で立ち読みしたので何の雑誌だったかは記憶が曖昧)、
本当うまいことキャラ事のファンを喜ばせるように出来ていますよね。

だとすると・・・宮野さんのキャスティングも後付ではなく最初から考えていた可能性高いですよね。
でもこの作品・・・いわゆる腐女子さんたちも視てるのかな?(笑)。

 フロニャ力だけじゃなく、封印のお札との連携で魔物浄化する。なるほど、確かにそう言っていますね。
わたし今回エクレしか目に入ってなかったかも(笑)

しかし、洞窟内で封印とか、長年かけて浄化するとか、鍾乳洞の鍾乳石を連想させ、これもうまいなあと思いました。

ダルキアン卿の名前の由来は半分ビンゴ!
「ヒナ」が幼名ではなく本名だったのは、もうちょっとひねって欲しかったなぁ…。(ぉぃ)
さて、さかのぼること無印第12話。
ダルキアン卿:「拙者の故郷が魔物に滅ぼされたのは、かれこれ150年以上前のこと故な」
シンク:「もしかしてダルキアン卿も…?」
ダルキアン卿:「いや、拙者は人にござる。まぁ、もろもろの事情もあって、少々長生きでなぁ…」
…という会話がありました。
しかし改めて無印を見ると、ユキカゼの胸の成長率がたまりません…。(ぉ)
という事で、ダッシュ第7話でござる。
チビネズミ魔物がいろいろと引っ掻き回し、我等の願望を叶えてくれたわけですね。(爆笑)
まずEDでもブランシールに代わって滑空した双頭竜クレイトス。
「クレイト--ス」と鳴いてたから、名前は鳴き声から採ったのね、多分。(ぇ)
そしてチビネズミ達、縦横無尽の大暴れ!
生命エネルギーを取り過ぎになったら、デップリして、更にゲップするし(笑)、玉化したら基よりも体積がでかくなるって、大笑い。
合体した時の目は確かにノロイ。(ぉぉ)
更に体毛が一瞬黒くなりかけた瞬間は、「ガンバの冒険」続編最大の敵の野犬のボスが浮かびました。(ぉ)
兄者の夫婦発言は前回ラストの感じから「やっぱりかよ!」って感じ。(笑)
きっと英雄王が色仕掛けで誘って、くんずほぐれず「アハ~ン」の後、必殺の「ヒーロー・スティンガー!」で魔王撃退…が真実だったり…。(こら)
ユキカゼの服をなんとかしたって忍術、絶対葉っぱだよね。
みんなの胸に葉っぱマークだったし…。(ぁ)
だからあれだけ豪快に破けるわけだ。
…ということは、最大の功労者はユキカゼ!(違)
ロリエクレのアホ毛にリボン着けたのもユキカゼだ!(爆笑)
ベッキー、小型ブラックホール作るって、実は一番凶悪じゃねぇか!(ぁ)
そしてガウル、イケメン化してアホ毛って何?(ぇ)
で、なんやかやで最高の見せ場は、無印通じて初解禁、超レア品のダルキアン卿のサービスショット!
大人の余裕で隠すこともせず、髪も珍しくまとめてない。
いやもう、ユキカゼの暴れ乳と一緒に、ご馳走様でした。(こら)
リコのジタバタもよかったよ。
次に続く。(ぉぃ)

第8話でござる。
第7話のダルキアン卿に続き、今度はベッキーの初サービスショット。
しかもミルヒ姫とのダブルオールヌード。(ぉ)しかし第2話の変身バンクよりエロ度が落ちるのは何故?(笑)
でも、この回は結局のところ、これですわね。
ベッキー:「姫様、どうぞ、どうぞ」
ミルヒ:「いえいえ、レベッカさん、どうぞ、どうぞ」
エクレ:「わ~~!?ごめんなさ~い!いただきま~す!?」
ベッキー&ミルヒ:「え?」
という事でエクレが全部持っていきましたとさ。
2人はダチョウ倶楽部かよ。(違)
実はエクレの様子に気づいてないのはミルヒだけで、リコも、ユキカゼも、ノワールまでもわかっている。
からかいつつ応援してる部分もある。
ある意味、エクレ優勢気味。
で、今回のキスで大きなアドバンテージか。
しかし逆の要素もあって、ミルヒの気持ちはベッキーしかわかってない。
リコあたりは、ミルヒのシンクへの気持ちは自分レベルとしか思ってないんじゃなかろうか。
3人がミルヒの気持ちを知ったら、わたわたしだすのも目に見える。
最大の問題はエクレのミルヒへの忠誠心だろう。
現状だと、やはりミルヒの気持ちをエクレが知ってしまうと、いろいろ悩むが自ら身を引くに違いない。
きっと陰で1度ボロボロに泣きながら…。
まぁ、肝心のシンクが、同じ勇者だからなのか(ぇ)、どっかのはぐれさんみたく女の子全般に優しいのが、逆にこうなると痛い。
最近はクーベルにもなつかれてるからねぇ。
中学2年生(無印時が中1から中2の春休み)に結論を期待するのは確かに酷ではあるが…。
さて、この恋模様、どう流れるのか?
まずは、これからの戦興行で、キスの妄想イメージの残るエクレが、その影響からのミスによる大事故を起こし、まさかの重傷とかにならないことを祈るのみである。
因みに、原作の都築がアニメージュのインタビューで、「前回のようなシリアス展開にはならない」と断言してるそうなので(それも放送開始当初に)、それはないと思いますが…。

また3連続ですいません。
ホント、文章構成力ないなぁ、私…。(苦笑)
「ガンバの冒険」
懐かしいですね。
今思うと、「ガンバ」だからサンバのOPだったんですよね。(ぉ)
わかった時は頭殴られたような衝撃でした。
そしてあの絶望感漂うED。
「タイガーマスク」と並ぶ、マイナスイメージの強い、しかしそれ故にインパクトの大きいEDでした。
今は亡き出崎統の演出に、勇気、ワクワク、それに伴う恐怖を感じ、特に白イタチのノロイの圧倒的な存在感に絶望感を抱きました。
そのノロイに、「尻尾を立てろ!」を合言葉に挑んでいくガンバを筆頭とする7匹のネズミ達。
私が見たアニメの中でTOP5に入る作品です。
原作は15匹だったんですが、キャラ数が多いのと、「7人の侍」を意識したのか、アニメ版では7匹になったネズミ達。
そしてノロイ役の大塚周夫の演技が素晴らしく、圧倒的な恐ろしい敵役でした。
そして、その続編が劇場版の「ガンバとカワウソの冒険」。
スタッフこそ一新されてるが、これも原作と共に素晴らしい映画で、人間の自然破壊への警鐘を盛り込んだものだった。
敵役である野犬のリーダーのブラックを、大塚周夫の息子である大塚明夫が演じ、ノロイと違った“黒き悪魔”を魅せていました。
自宅に原作のハードカバーがあり、今週、ふと改めて読みました。
何故か?
残念な事に、この物語は日本の昔話としか描けなくなったからです。
今週の一番悲しいニュースでした。
ニホンカワウソの絶滅。
ガンバが仲間と一緒に守ってきた友が、日本からいなくなった。
原作の斉藤惇夫さんが警鐘を鳴らした事態が現実となり、ふと寂しさを感じた。
本筋とは大きく離れてしまいましたが、「ガンバの冒険」ネタが出て、今回のニュースがあって、つい書いてしまいました。
すいませんでした。

>ふれいくさん
今回も解説ありがとうございます。
 まず・・・・ああ!!シンク達2年生でしたね。ありがとうございました。何故1年生と勘違いしたのでしょうかねf^_^;。本文直しました。ありがとうございました。
 そしてヒナ・マキシマの件、恐れ入りました。でもおしゃるとおり今でも通じる本名ならそんなに自分の名前を嫌がらなくても・・・・ねぇ。ヒナってひな鳥とかで使う名前だから子供っぽくて嫌なのでしょうが、150年も生きているのでしたらそれぐらい寛大になってもねぇ。
 ということで、1期12話でそんな会話が有ったとは・・・・ありましたね~。こうして見ると会話内容って覚えていそうで覚えないものですね。
逆にもろもろの事情・・・っていうのが興味津々ですね。魔物退治の時に歳をとらないなにかを受けたのでしょうね。今回みたいに幼児化する魔物もいるわけですから。

 エクレ・シンク、そしてミルヒ・ベッキーの関係はまさにおっしゃるとおりですよね。
エクレはミルヒ姫がご主人様と思っているから他のワンちゃん達とシンクに対する立ち位置が違うんですよね。
なので、ご主人様のミルヒ最優先になるでしょうから、シンクが積極的にエクレを選ぶような事がない限り、自ら身を引きそうですね。
 そんな2人を応援しているリコやユッキー、そしてノワですから、おっしゃるとおりこのメンバー達がシンクとくっつく可能性は低いと思うんですけどね~。
 ・・・で、本命・対抗の2人、ミルヒとベッキーがまさかの負け組宣言。ベッキーはシンクをミルヒに譲ると言い出すし、ミルヒはベッキーにベッキーも好きだからそれは出来ないと言うし。
 こうしてみると、おっしゃるとおり最後は勇者の血を次いでいるクーベルが漁夫の利・・・とかなるかも・・・・しれませんねf^_^;。

 ガンバの冒険、本当にありがとうございます。私当時この作品大好きだったのですよ。
でも、当時は・・・いや今でもノロイのインパクトは強く、本当に当時でもガンバ達が倒せるのか心配していました。それほど怖く、絶対の存在でしたね。
なので、今回のラスボスネズミのような演出があると、全部ノロイとかぶってしまいます。
私もふれいくさま同様、子供の頃の・・・いやいままででも屈指の冒険もの作品だったと思います。

・・・が、続編が映画になっていたのは存じませんでした。
ガンバの冒険が1975年、がんばとかわうその冒険が1991年。うわぁ、観たかったなぁ。
レンタルビデオ屋で今まで見たこと無かったから近くのレンタルビデオ屋にはなさそうです。
 そしてそのニホンカワウソが現実で絶滅・・・「ニホン」と名のつく動物たちがどんどんと絶滅していくのは、この国の自然そのものがもはやどうしようもないところに来ていると感じ、本当に寂しくあり、辛いところでもありますよね。
 今回の「人類は衰退しました」も同じようなネタでしたので、余計そう思えてしまいました。(すみません。ふれいくさまは、「人類は衰退しました」ご覧になってみえなかったですね)。

 ガンバの冒険、もう一度全話視直してみたいです。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55458095

この記事へのトラックバック一覧です: DOG DAYS’ 第8話迄 感想:

» DOG DAYS' TokyoMX(8/25)#08 [ぬる~くまったりと]
EPISODE 8 エスナート芸術音楽祭 パスティヤージュで年1回開かれるエスナート 芸術音楽祭。ミルヒがゲストで招待される。レベッカが護衛も含めてミルヒのお世話。 ナナミと同じサイズがピッタリ合うエクレ。シューズや衣装を着替えて動きやすい。尻尾穴はレベッカが担当。 仕事柄シンクとは一緒に居られないミルヒ。毎日朝と夜は一緒に散歩とお勉強。平仮名とカタカナはもう既に覚えたらしい。 シンクの事をミルヒに尋ねるレベッカ。将来的に結婚できれば良いなとは思う。でもレベッカもシンクが好きなのは分かる。レベッカは... [続きを読む]

» DOG DAYS´ 第8話 「エスナート芸術音楽祭」 感想 [wendyの旅路]
君は誰とキスをする― [続きを読む]

» DOG DAYS'―ドッグデイズ― EPISODE8「エスナート芸術音楽祭」 [無限回廊幻想記譚]
年に一度パスティヤージュで開催される伝統のイベント、エスナート芸術音楽祭。大勢の [続きを読む]

» DOG DAYS′ EPISODE 8「エスナート芸術音楽祭」 [ボヘミアンな京都住まい]
ミルヒ姫とベッキーが互いを気遣って遠慮しているうちに、エクレがシンクからキスを奪っていったでござるの巻www ・・・まぁニブチンなシンクは完全に事故扱いで気にする素振りを見せませんでしたが、エクレはやっぱり年頃の女の子だしねぇ〜〜〜ツンデレさんだけど(笑)。 今回の話は幼い土地神様がイタズラで騒動を起こしました、という流れでしたけど、ミルヒがシンクのことをどう思っていて彼と将来どうありたいかを明言したのは初めてでしたよね?この作品全体から見るとAパートでの、シンクに対して友達以上恋人未満な2人の乙女... [続きを読む]

» ◎DOGDAYS'EPISODE8「エスナート芸術音楽祭」 [ぺろぺろキャンディー]
》クー:今夜からよろしくなのじゃ。|エスナート芸術音楽祭、一大イベント。|歌手である姫様も参加するそうで。※ホリエユイ歌手だったのか?=庭エクレ:服も靴も動きやすいな。... [続きを読む]

« 謎の彼女X 9巻 植芝理一著 & OVA 謎の夏祭り 感想 | トップページ | 人類は衰退しました 第9話 感想 »