フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第4話 感想 | トップページ | DOG DAYS’ 第4話 感想 »

2012年8月 2日 (木)

輪廻のラグランジェ season2 第4話 感想

お兄様、私レ・ガリテに帰ります。お友達を連れて。

わり~~ね~。ちょっといかし~~。

ウチのことはサークルって呼んでね。

で、こっちは

つづきなみえどす!!

これで亡命者が元の国に五体満足で戻れるんかぁ~~?(大爆笑)

これはこの3人でデ・メトリオに遊びに行く展開も出てきましたね!!

Topbg730x1536

ゆりゆりwwww

なるほど・・・ユリカノ・・・・伊瀬茉莉也さんがcvなわけだぁ~~~。

この役は彼女にしかできないッス(笑)。



輪廻のラグランジェ season2 2ndインプレッション 4話


season1(アメブロにリンク)
ファーストインプレッション 4話迄      2ndインプレッション 6話迄
3rdインプレッション 8話迄         4thインプレッション 10話迄
クライマックスインプレッション 11話    ラストインプレッション 12話
season2
先行配信インプレッション 1話       ファーストインプレッション 3話迄
2ndインプレッション 4話          3rdインプレッション 5話 
4thインプレッション 6話           5thインプレッション 7話  
6thインプレッション 9話迄         クライマックスインプレッション 11話 
ラストインプレッション 12話 

↓公式HP
Top_main05



キャラクター&相関図

京乃まどか(まどか cv石原香織)-搭乗機体:ウォクス・アウラ(ミドリ)

フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ(ラン cv瀬戸麻沙美)-搭乗機体:ウォクス・リンファ(オルカ)

ムギナミ(ムギナミ cv茅野愛衣)-搭乗機体:ウォクス・イグニス

アステリア(アステリア cv金元寿子)-ファロス会長代理。メモリア保持者。過去輪廻に行き、戻って来た者

ユリカノ(ユリカノ cv伊瀬美莉也)-デ・メトリオ王女。メモリア保持者。過去輪廻に行き、残ることを選んだ者。

ディセルマイン(ディセルマイン cv小野大輔)-レ・ガリテの王。ランの兄。

ヴィラジュリオ(じゅびじゅびお・じゅび兄 cv中村悠一)-デ・メトリオの王。元キッス。

20120610_03755bmp

※キッスは、ヴィラジュリオが王位を継いだので2期の今はもうデ・メトリオになっている。



●あらすじ
 (ネタバレ注意)

歴史的会談にふさわしい、静かな場所を用意しました。

Story2_04a

 いよいよ始まるレ・ガリテとデ・メトリオ首脳会談。
アステリアは、ディセルマインとヴィラジュリオが幼なじみなのを利用してひと茶番をうつ。

それにまんまと乗り、エレベーターの中に閉じ込められ、二人だけで話をする二人の王。
それをモニターで見るアステリア・まどか・ラン・ムギナミ・・・・両国の側近たち。

ところが、その会談中、予想外の事が起きる。

モイドに厳重に監視させるのを命令していた、切り札として持っていたユリカノが勝手にオーピッドに乗って地球に降りてきてしまったのだ。
(※腹黒モイドですから多分コレ、わざとでしょうね。)

 妹のユリカノが生きていたことに驚き、喜ぶ兄ヴィラジュリオ。
だが、ユリカノはやはりあのミリティア・ゾデアの惨劇で生死を彷徨っていた。

それをディセルマインが救いだし保護。
ユリカノの記憶は全て飛んでいて、思考も子供の頃まで退化していたのだ。
しかもヴィラジュリオのことさえも忘れていて、ユリカノはディセルマインの所に残る。

このハプニングにより会談は中止。会談は物別れとなる。

輪廻の入り口、そして中にいたユリカノが気になったまどかは、
ムギナミの提案で変装、ランにお願いして3人で勝手にレ・ガリテの船に行ってしまう。

一方妹が生きていたことを目の当たりにしたヴィラジュリオ
怒りを抑えて船に戻り・・・・

ディセルマインはどうあっても俺と戦争がしたいらしい!!


Oo_20120325223444


●感想

 これ、本当に脚本・ストーリー構成、1期と同じ人なの??
菅正太郎さんって、実は東映の八手三郎やCLAMPみたいに複数のチームなんじゃ?(笑)。

ストーリー展開・演出が1期とかなりちがうんですが・・・・。本当ハンパ無く面白いです。

 冗談はさておき、こうして見るとこの作品は分割2期という環境を使って、
1期と2期で展開をがらりと変える。1期は2期のために徹底的に舞台背景作りに徹する。
そういう風に作られたのだと思います。
(1期の評判から方針を変えたのかもしれませんが)

 2クール作品だと、突然の急展開にびっくり!!ちょっとこれってこんな作品なの?
というほど、雰囲気ががらっと変わっています。

 変わらないのは・・・・まどかだけ。
脳筋一直線の彼女がいるから、超シリアスな話の筈のこの4話も全然重くなりませんし、
あ、この作品は輪廻のラグランジェなんだなってノリになります。

イヤ本当、恐れ入りました。2期は面白すぎですね。
これは今のところ分割2期なのをうまく利用している作品と言えるでしょうね。

 さて、ユリカノは、やはりディセルマインが保護していました。
ただ、保護したタイミングは最近ではなく、
行方不明になったとされているミリティア・ゾデアの惨劇の時でした。

ディセルマインは輪廻を開けることが出来ていないんですね。

 でもユリカノは予想通り精神が崩壊・・・いや、分離していました。
地上のユリカノはカミーユ状態で、記憶どころか精神までも飛んでしまっていました。
子供の頃に戻ってしまっていたんですね。

 本当のユリカノの精神・心は輪廻に行ってしまっているのです。
でも、海岸でまどかに会ったときは実体が有ったよね?
あ、でもまどかは触っていないから、精神が実体化して見えていただけと言うのも有りなのか。
問題は、今回輪廻の入り口でまどかを止めたユリカノの精神と、1期海岸で会ったユリカノの精神が同じものなのか、違うものなのか・・・・ですかね。
同一とするならば、この1年で輪廻に何か有ったと言うことですからね。

 それにしても、ダメトリオの3人がユリカノとまどかがそっくりというのもわかります。
周りの空気を全く読まず、突撃していく所なんかも・・・・そっくりですね。

Story2_04b

1期では正直結構うざかったまどかのキャラが2期では見事にはまっています。
まどかいないと、この作品の2期はとてつもなく鬱展開というか、重い話になっています。
このノリは、あの機動戦士ガンダムZZに似ていますね。

 ジュドーやエルピープルのアホな行動、周りの空気を読まず突撃していくところ。
その裏ではZガンダム以降続く重い展開。あ、ガンダムZZだ!と、ふと思ったのでした。

 そしてED!!
よくブログにコメントをいただくふれいく様のおっしゃるとおり、特殊エンディングがここではさまれました。

中島愛さんの「忘れないよ」。
ユリカノEDの時に使用されるのですね。
シリアスエンディングっぽい感じがします。

ジャージ部魂3連発の後だけに、このタイミングというのは1本とられました。

昨日、その「忘れないよ」と、OPの「マーブル」発売日でしたね。
お恥ずかしいことに私、タイトルの「マーブル」と歌手の「marble」を間違えていたと・・・爆。

 次回、レ・ガリテに乗り込んでいったまどか・ラン・ムギナミ。

さてどうなるのか???・・・・と思ったらいきなりのお風呂回デスか(大爆笑)
この作品、2期は本当に侮れません!!!

・・・それにしても・・・・オリンピックとはいえ、愛知でラグりん4話放送されたのは火曜日深夜28時30分~・・・・つまり朝4時30分から(×_×;)。
終わるの5時ですよ。もうおはよう番組やる時間ですwww

 でもまあ、ソードアートオンライン・アクセルワールドは一週休みで、今週土曜日2話+2話計4話連続放送で川原礫アワーになるよりかは・・・ましですかね。

オリンピックですから文句言っても仕方ありませんが・・・困ったモンですf^_^;

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   

 ワンクリックいただけると励みになります



T01700060_0170006011767998382

 

輪廻のラグランジェ 応援バナー輪廻のラグランジェ 応援バナー輪廻のラグランジェ 応援バナー



そこあに

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第4話 感想 | トップページ | DOG DAYS’ 第4話 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

佐藤竜雄作品」カテゴリの記事

コメント

1期は母親の死とか、まどかの鬱展開が苦しかったですからね・・・
でも2期は脳筋まどかが居ないと話が進みません。
ファロス内を縦横無尽に移動しまくり。
警備はいないのか?特別待遇なのか?
唯一対抗できそうなヴィラジュリオは妹のユリカノに無視されてメンタルボロボロ中ですし・・・

もう、まどかの考えない脊髄反射に期待ですね。
ウサ耳まどかが今度はお風呂と色気づいても来ましたね。
それに合わせて?作画もむっちりになってますよね。

でも今だけなんでしょうね・・・
アステリアの過去とか考えると鬱展開は必至でしょうねぇ・・・

>ぬる~くまったりとさん
1期のまどかは、おっしゃるとおり母親の死のトラウマとか、
事故によるようこさんの怪我とか・・・まどかが鬱になるのがきつかったのと、
反面でまどかの脳筋突っ走りがその裏返しのように見えてしまい、
なんというか、素直にまどかの暴走っぷりが楽しめなかったんですよ。

2期はいまのところそれが取れていて、
本当にまどかのパーソナリティで突っ走っているんだなと思え、
とてもまどかのキャラがよく見えるんですよね。

最終的に鬱展開必死っぽいので、まどかがこれをどう覆すか、
ユリカノが元に戻るのか・・・とっても楽しみですね。

ディセル:「よろピク」
ズコーーーッ。
絵柄をパステル調にしてまで言うかーっ!(爆笑)
ディセルマインめ、なかなかやるではないか。(ぉぃ)
表情をほとんど変えず、「ユリユリ」とかのセリフも恥ずかしげもなく平然と言ってのける。
そしてユリカノを「大事な駒だ」と言い捨てる。
まどかの輪廻の向こうの話にも「収穫」とほくそ笑む。
何を考える、ディセルマイン、そしてモイド。
そして何を暗喩する、まどかの手で散る紅きラグランジェの花。
Season1は「まどかやラン、ムギナミがどういう子なのかや、3人の関係性をしっかり見せる事に重点を置いた」(by鈴木監督)話の構成だったようです。
まぁ、ロボットものの姿を借りた3人の女の子の友情物語なのは、監督の言葉を借りるまでもなくすぐにわかったので、私はそのつもりで見れてましたけどね。(ぉぃ)
次回はレ・ガリテの艦船で輪廻の影響が見えたり、まどかとユリカノの叩き合いで緊張感も増すのですが、まどかとムギナミのお風呂シーンが全部持っていっちゃいうです。(あれ、ランは?(苦笑))
そういえば、スペシャルEDでしたね。
でもここで使うのは勿体なかった。(ぇ)
もっと後で使った方が効果的だと思ったんだけど…。(ぅ)
それから巷で噂の目立つモブ気味の女の子。(は?)
1話から実はず~っと出てましたが、なんと今回、ユリカノがあわやツッコミそうだったBWHで焼きそば食ってましたが、なんとキャスト発表されてました。
CVは高森奈津美。
さてさて本編に絡むのか、それとも単なるモブで終わるのか?
ちょっと気になる…。(ぇ)

>ふれいくさん
ディセルマインの「よろぴく」はネタではなく、ランの「わん」同様、間違った日本語をどなたから得たのではw
兄妹っすなぁ~~という設定かなと思ってます。どこか公式なところでも言うんじゃないかと(笑)。

>Season1は「まどかやラン、ムギナミがどういう子なのかや、3人の関係性をしっかり見せる事に重点を置いた」(by鈴木監督)
あ、やっぱりそうだったんですね。あまりにもSeason2に入ってからの展開がseason1と違いすぎましたので。

あのあからさまに焼きそば食べながら飛び上がったモブちゃん。単なるネタキャラなのか・・・それとも・・・これも興味津々ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55312088

この記事へのトラックバック一覧です: 輪廻のラグランジェ season2 第4話 感想:

» 輪廻のラグランジェ2 TokyoMX(7/29)#04 [ぬる~くまったりと]
第4話 再会の街、鴨川 幼いユリカノの相手をするディセルマイン。あれは大事な切り札だ。勝手に出歩かない様に見張りを強化せよ。よろぴく。 昨日の実験は何だったんだろう?コックピットに現れた子は何が言いたかったんだろう? アステリアが何かの策を弄する。対応する田所。 国際会議の事前極秘会談が催される。エレベータを故障させてヴィラジュリオとディセルマインを 二人きりにする。二人は以前アカデミーで親友だった。あの力があれば千年問題は必ず解決できると確信した。アウラのパイロットは特別だからな。レ・ガリテの科学... [続きを読む]

» 輪廻のラグランジェ season2 第4話「再会の街、鴨川」 [空 と 夏 の 間 ...]
ディセルマインの元で大事にされてるユリカノ。 ゆりゆりとか呼ばれてるし、想像してたユリカノと大分違うのですが(´▽`*) なんだか、ずいぶん子供ぽいですw [続きを読む]

» 2012年03クール 新作アニメ 輪廻のラグランジェ2 第04話 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[輪廻のラグランジェ2] ブログ村キーワード 輪廻のラグランジェ2 第04話 「再開の街、鴨川」 #LagRin2012_2 #ep04 #kamojo 今年放映された「輪廻のラグランジェ」の第2期作品 サウンド ...... [続きを読む]

» 輪廻のラグランジェ Season2 第4話 『再会の街、鴨川』 まどか→円→サークルね。 [こいさんの放送中アニメの感想]
心は子供、体は大人。幼い言動に天真爛漫な性格。しかし体は豊満。なにこのかわいやらしい娘。どうやらユリカノみたいですが、本当に本物か疑わしいですね。 見た目がまどかに似ているので、密かに「乳まどか」と呼んだりしていますが、性格もまどかに負けず劣らずフリーダム。ディセルマインとヴィラジュリオの会談の真っ最中にロボットで地球降下。下手すりゃこの場で戦争再開しかねない危険なマネをしてくれます。 子供故か、元から何でもありの性格なのか。恐らく後者だと思うんですがどうでしょう。 もっとピリピリムードかと思った... [続きを読む]

» 輪廻のラグランジェ Season2 第4話 再会の街、鴨川 [しるばにあの日誌]
輪廻のラグランジェ シリーズ 第18話 (OVA 鴨川デイズを含んだ話数カウントです) [続きを読む]

» ◎輪廻のラグランジェseason2第4話「再会の街... [ぺろぺろキャンディー]
Ψレガリテユリ:わたしもいきたい。ディ:また今度にしよう。・・・ディ:あれも切り札だ勝手な行動を取らないよう見張りを強化しろ。モイ:了解しました。ξ海マド:昨日のあれ、... [続きを読む]

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第4話 感想 | トップページ | DOG DAYS’ 第4話 感想 »