フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ちょこッとSister | トップページ | 織田信奈の野望 第10話迄 感想 »

2012年9月11日 (火)

ココロコネクト 第10話 感想

そうしないと5人でいられなくなる・・・・

私みたい、なんて言うなよ!!

そんな稲葉姫子のことが好きな私は、どうしたらいいんだよ!!

言ってしまうと、関係が崩れてしまう・・・今までのままではいられなくなると言う恐怖。

でも、言わないと・・・・先に進まない、わかり合えないこともある!!


Logo_kizu

本音の伊織イナバンの気持ちのぶつかり合いで、

ついにイナバン復活!!

いやすごかった!!

個人的にイナバンの気持ちがわかるからこそ・・・本当にすごかった!!

すばらしい内容で、キズランダム編完結!!



ココロコネクト 7thインプレッション 10話 ~キズランダム編~

ヒトランダム編
ファーストインプレッション 2話迄   2ndインプレッション 4話迄
3rdインプレッション 5話
 
キズランダム編
4thインプレッション 6話        5thインプレッション 7話
6thインプレッション 9話迄       7thインプレッション 10話
カコランダム編
8thインプレッション 11話         TVラストインプレッション 13話迄  

ニコニコ動画配信ページ
バンダイチャンネル配信ページ


↓公式HP
Mainkokoro



●キャラクター


Kokoro

左より
八重樫 太一(やえがし たいち)・・・cv水島大宙
    ・入部届:プロレス研究会(存在しない部活)
     ※お節介やきの自己犠牲野郎

永瀬 伊織(ながせ いおり)・・・cv豊崎愛生
    ・入部届:どの部に入るか担任に一任
     ※人の望むことがわかるため良い子を演じている

稲葉 姫子(いなば ひめこ)・・・cvみゆきち(沢城みゆき)
    ・入部届:パソコン部に入ろうとしたが部長と衝突!入部拒否
     ※人間不信

桐山 唯(きりやま ゆい)・・・cvひーちゃん(金元寿子)
    ・入部届:ファンシー部(すでに消滅した部活)
     ※男性恐怖症
     
青木 義文(あおき よしふみ)・・・cv寺島拓篤
    ・入部届:遊びサークル部(そんな部があると信じ込んでいた)
     ※唯に告白するもふられる。が、それでも唯が好き。



●あらすじ
  (ネタバレ注意)

20120909_113804

 フウセンカズラに太一のことが好きな図星をつかれたまま、校外学習に参加せざるを得ないイナバンこと稲葉姫子

こんなとこ、自分から落ちようとしなきゃ落ちねぇよ。

 高い崖の前のゴミ捨て場で太一どうでも良い話をするが、
どんどんと太一への意識の盛り上がりが止まらなくなって行ってしまう。

 だが、その態度で・・・ついに伊織に太一が好きな事がばれてしまう。

イナバン・・・もしかして太一のこと・・・

※ここから始まる稲葉と欲望解放が始まった伊織の本音の言い合いがすごかったです。

 

 伊織の欲望解放が重なり、2人の本当の心がぶつかり合ったことにより、
本当の意味でお互いの心がわかり合った2人。

そして、仲直りして本当に友達になり、お互い太一への恋のライバルになった稲葉と伊織。

 だが・・・そこに割り込んできたのがフウセンカズラ。

なんと太一がアクシデントで落ちたことを稲葉に知らせる。

本当は猫を助けようとして木から落ちただけなのに、崖から落ちたと勘違いした稲葉。

太一が無事なのを知り、こみ上げてきたものが爆発!

心からの大泣きをする。

そして・・・太一への告白!!

恋のライバル&太一強奪宣言をした稲葉姫子は一回り成長しました。

こうして、フウセンカズラの欲望解放は終了した・・・・

1人空を見上げた永瀬伊織は・・・・何を思う?

20120909_113811bmp


●感想

 自己犠牲野郎の太一、ちゃんと説明イナバンの気持ちを受け止め、そしてふったのは立派でした。

最近の主人公ってみなさん中途半端にハーレムにしますが、これは見事でした。

そして、イナバン、女の子でしたね~。

本当にかわいかったです。

 自分の殻から一歩出て、友達を信じて本当の事を言うって、心から勇気がいることなんですよね。

中学生・高校生時代、誰もが通った道だと思います。

私は友達関係で小学生時代、そして恋愛では・・・遅まきながら社会人になってから経験しました。

 本当の気持ちや悩み事を打ち明け、相談し、

ここで離れていくのは友達ではない。一緒になって考えて・動いてくれるからこそ友達

なんですよね。

前回の言葉、

傷つけあったり迷惑かけあったりするのが友達じゃないのか?

私は、人って傷つけ合うものだと思っているけど・・・

の結論がここにあるんですよね。

 これで稲葉には、心から相談できる相手が少なくとも1人、出来ました。

 特に、イナバンのような人間は、私も昔そうでしたのでとてもよくわかるのですが、
「自分」という人間のパーソナリティはこうなんだ!と決めてしまうと、
人の目ってすごく気になってしまうんです。

そして、自分自身が勝手に作り出した「自分」という虚像と戦うこととなり、結果として自分自身の殻の中に閉じこもってしまうんですよね。

そしてそれが・・・人間不信にもつながっていく・・・。

人間不信という、自分の殻に閉じこもっていた稲葉姫子は、今回の伊織との一件でもう過去の想い出になったのでしょう。

思いっきり泣いた涙と共に・・・・。

 信頼できる相手が1人出来ると、不思議と他の人にも素直になれる。優しくなれる。

あの、行ってきます!は、その証なのでしょうね。

 私は今回、かなりイナバンと昔の自分がシンクロしたので、キズランダム編は結構きつかったですが、
でもだからこそお話にのめり込みましたね~。

 そして最後、お見事な締めで本当に面白かったです。

イナバンのあの心からの笑い顔が全てだと思います。



 ところで、キズランダムで良くなったのは・・・・

唯:男性恐怖症だった子が青木とカップルっぽくなるまでいった

稲葉:人間不信だったのに友達に恋のライバル宣言をして、さらに好きな人に告白までした

太一:自己犠牲野郎は自分だけが犠牲になって傷つくのではなく、みんなで傷つけ合うものだと言うことを知った

こんな感じでしょうか。

伊織ってヒトランダムの時成長した分、キズランダムではサポート役みたいでしたね。

青木が・・・読めません。彼はヒトランダムでもキズランダムでもサポート役になっています。

次のカコランダムは青木でしょうか・・・?なんかラストシーンの伊織をみると、
母親が5回結婚していて、さらに6回目の話が進展している彼女のような気もします。

 そして、フウセンカズラ

やり方はどうであれ、どうみても5人の絆を強めようとしていますよね。

 こうすればこうなるよっていう高校生の恋愛・青春マニュアルでも作ろうとしているのでしょうかね?

最後の稲葉へ教えた件なんてああなるに決まってるジャンと言うほどの大サービスでしたからね。

 どんなに心で思っていても、言わなければわからない。

みんな、恋に人間関係に、悩んでうじうじしているなら、思い切って口に出してみようよ。言ってみようよ。

と言うことでしょうかね。今回は。

 さて・・・実はずっと気になっていることがありまして・・・・

それはOP、黒板にカレーのことを書いている奴は一体誰だ?という・・・(すみません、くだらなすぎて)

太一:(カレーの事は書かれていない)
伊織:この間のマンガ面白かった あと、カレー食べたいんだよ。
(白いチョーク)
稲葉:カレー鍋
(黄色いチョーク)
唯  :なんかカレー鍋食べたいけどどうかな。
(カレー鍋だけ黄色、あとは白いチョーク)
青木:カレー食べたい
(赤のチョーク。しかもカレーの絵入り)

 私、当然唯一書かれていない太一がカレー好きなのかなぁ・・・と思っていましたが、ここで伏兵が出てきましたね。

委員長藤島麻衣子。あのカレーに対する執着心はすごかった(笑)。
でも、藤島さんが好きな伊織の所で「マンガ面白かった」と書く子かどうかは・・・疑問。

だから黒板に書いたのは藤島さんじゃないのかな・・・

さて、誰が黒板にカレー食べたいと自己主張しているのでしょうか・・・・

気になって眠れません!!(嘘です・・・笑)

20120909_120111bmp

 これでキズランダム編は終わり。

BDの発売順で行くと次は、カコランダム編。

でも1巻なので3話で完結となりそうです。これでTVは13話。

全17話なので、残りの4話(ミチランダム)は一体どういう形態での放送・配信になるのだろうか・・・

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   

 ワンクリックいただけると励みになります

 

そこあに

« ちょこッとSister | トップページ | 織田信奈の野望 第10話迄 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

コメント

キズランダムはEDがイナバンなので彼女がメインなんだと暗示してました。
そのとおりの伊織との言い合い。
太一への気持ちよりも伊織との仲が進展したことが良かったですね。
(フウセンカズラ)は彼ら5人の関係を強めるために実験している感じですよね。
新たな発見は伊織と姫子の性格が外見とは実は逆だったことに
 感心しました。
告白後の姫子の可愛さは評判高かったですね。

14話以降は制作されるのでしょうか?
一連の事件で円盤の売れ行きも好転しそうにないので中止になっても
 おかしくないなと密かに恐れてます。

ここでもHTMLタグが使えるようで<>を使うとHTMLタグと認識されてしまいますね。
前回<ふうせんかずら>と書いて消えてしまってました。

>ぬる~くまったりとさん
好きな人よりも、同姓の友達の方への仲が進展したというのが、おっしゃるとおり大きいですよね。
5人の絆を強めるためには何をしたら良いのか、フウセンカズラはそのための試練を強制的に与えて、実験しているのでしょうね。
 伊織と姫子、本来持っている性格は欲望開放したら逆だった。
おおおお!確かに!!本当に一人一人の性格付けが良くできていますね。
カコランダムがどういった試練なのか、楽しみでもあり、どきどきもします。

 14話以降が休止になることは絶対に無いと思っています。
それなら今回のキズランダムで打ち切りの方が確率高かったかなと・・・
 理由は渦中の方が14話からcvとして出てくるからです。もし、14話以降打ち切りですと、トチランダムだけやらされて結局は・・・とまた炎上しかねないので。

 <>で消えますか!?。ココログの設定で
コメントの記述フォーマット HTML使用を許可→チェックマーク外しているのですが・・・(標準設定でしたので)
それならばいっそのことチェックマーク入れた方が良いのかなぁ・・・。

HTMLはケースバイケースだと思います。
此処に画像を貼るならHTMLが必要ですし・・・


フォントサイズ

< font size="5">フォントサイズ</font>
と書いていますが<>部分は消えてますね、そしてHTMLも意味をなしていない・・・
↓の確認をクリックすると、その時点で<>部分がが削除されてますね。

>ぬる~くまったりとさん
なるほど。ココログ、なんかやっぱり制限しているのかもしれませんね。HTML非対応にしていても。
 画像とかお貼りになりたい方も見えるかもしれませんが、逆にスパムも多くなりそうなので、
当分はデフォルト設定の、このままにしようと思います。
ご不便をおかけ致しますが何とぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55614584

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト 第10話 感想:

» ココロコネクト TokyoMX(9/08)#10 [ぬる~くまったりと]
第十話 それを言葉にするということ 公式サイトから山星高校の生徒たちは校外学習でキャンプ施設にやってきた。 同じ班になった太一、伊織、稲葉はいつもの調子でやりとりしながら、 調理場でカレー作りに励む。 その中で姫子は、以前にふうせんかずらから指摘されたあることが気になっていた。 平静を装いながらも、他人に言えない秘めた思いを募らせていく姫子。 しかし、些細なことからその胸中を伊織に見抜かれてしまった彼女は……!? 校外学習、伊織が太一におんぶしてと 甘える欲望開放が発生。対応に困って、太一は姫子に話... [続きを読む]

» (アニメ感想)ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・全力丘 ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)(2010/01/30)庵田 定夏商品詳細を見る 山星高校の生徒たちは校外学習でキャンプ施設にやってきた。 同じ班になった太一、伊織、稲葉はい...... [続きを読む]

» ココロコネクト第10話感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
#10「それを言葉にするということ」 「大好きだよ、いなばん!本当に大好きだよ! [続きを読む]

» ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」 [明日へと続く記憶]
叫び出したくなるくらい恥ずかしがり、その後に吹っ切れたように泣き笑う稲葉ん。 この表情が見られることを、ずーっと待ち望んでいました。 「ココロコネクト」第10話ネタバレ感想です。 5話構成の...... [続きを読む]

» ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」 [ボヘミアンな京都住まい]
Bパート、イナバン泣き笑いワンマンショーがあって、そのあたりはED絵と似たような感じかな、とは思いましたが、今回の肝は中盤での伊織と姫子の本音のぶつけあいでしょうかね。伊織があれほど激しく自己主張したことも、姫子があれほど自分をさらけ出したのも、少なくともこれまでの作中では、初めて。多少荒治療でも“雨降って地固まる”を狙ってたとしたら、<ふうせんかずら>ってとんでもない策士だけど意外に良いところもあるのかな、と・・・あぁ〜、でもそんなお人好しじゃないか、<ふうせんかずら>って(苦笑)。 ・・・そんな... [続きを読む]

» ココロコネクト #10 「それを言葉にするということ」 [北十字星]
ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray](2012/10/24)水島大宙、豊崎愛生 他商品詳細を見る  ツンな稲葉姫子が八重樫太一のちょっとした発言で 照れていますね。永瀬伊織の包丁...... [続きを読む]

» ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」感想! [くろくろDictionary]
ココロコネクト 第10話「それを言葉にするということ」 「こんな風に稲葉とどうでもいい話をするのは、久しぶりだなって」 と、太一に言われて照れるいなばん^^ 隠しきれない感情が表に出てるよ…!! キズランダム編ラストです。... [続きを読む]

» ◎ココロコネクト第十話「それを言葉にする... [ぺろぺろキャンディー]
Ω森イオリ:歩きたくないよ、オンブしてよ。太一:稲葉なんとかしてくれ。ヒメコ:知らん。お前がなんとかしろ。渡瀬:なにじゃれあってんだよ。マイコ:不埒なマネしたら許さな... [続きを読む]

« ちょこッとSister | トップページ | 織田信奈の野望 第10話迄 感想 »