フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第9話迄 感想 | トップページ | DOG DAYS’ 第9話 感想 »

2012年9月 7日 (金)

人類は衰退しました 第10話 感想

 人類最後の教育機関「学舎」も“わたし”ちゃん達12名の卒業を最後に閉校を迎える。

卒業と同時に里での就職を決めたわたしは、

自らすすんで、若き研究者としての過酷な道に身を投じることを決意しました。

でも、楽に野望を実現するに、こしたことはないのですけどねぇ~。

この「くすのきの里」で、わたしは調停官となるのだ。

Jintai

彼ら何者なのかって?
・・・その、あのちんまりした方達こそ地球人類だったりしますね。この頃は。


これは・・・・そう、“わたし”ちゃんと“妖精さん”が初めて出会った時の物語。

あなたたち“妖精さん”は「今の人類」、わたしたち人間は、「昔の人類」。

これが本当に「事実上の1話」。スタートです。



2012070102



人類は衰退しました 6thインプレッション 10話

         ~妖精さんたちの、ちきゅう~

ファーストインプレッション 2話迄 ~妖精さんの、ひみつこうじょう~
2ndインプレッション 4話迄 ~妖精さんたちの、さぶかる~
3rdインプレッション 6話迄 ~妖精さんの、おさとがえり~  
4thインプレッション 8話迄 ~妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ~  
5thインプレッション 9話 ~妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ~  
6thインプレッション 10話 ~妖精さんたちの、ちきゅう~
アウトライン・サマリー 12話迄 ~妖精さんの、ひみつのおちゃかい~
ラストインプレッション 12話迄 ~妖精さんの、ひみつのおちゃかい~  
エクストラ    ~人間さんのようせいさんめも~   

 

ニコニコ動画配信ページ

↓公式HP
Topimg



●あらすじ
    (ネタバレ注意)

20120909_200310bmp

楽をしたい。それは事実!でも、何もしたくないわけではないのです。

 学舎卒業と同時に里に戻り、国連調停官の仕事を選んだ“わたし”ちゃん

お祖父さんの命令もあり、早速“妖精さん”に就任の挨拶に行く。

・・・・が、指示された“妖精さん”の町はゴミの山になっていて“妖精さん”はいなかった。

“妖精さん”は人のいる「気」が有った場所を好むらしい。

そこで“わたし”ちゃんはエサを用意して罠を貼り、“妖精さん”を待つ。

そしたら・・・見事に集まりました!!“妖精さん”。

しかし、転んでしまったためファーストコンタクトは失敗してしまった“わたし”ちゃん。

さらに酷いことに罠にはまっていた3fの“妖精さん”を拉致。持ち帰ってしまったのだ。

 びびる3fの“妖精さん”と、お菓子をエサに徐々に仲良くなって行く“わたし”ちゃん。

お菓子で4fに増えた“妖精さん”。仲良くなろうとするために彼らに名前をつけてあげる。
※ここで1話でひみつこうじょうに同行した“中田さん”が命名される。

ところが「名前」に興味を持ち、人間さんと仲良くなった“妖精さん”はテンションが上がり、
一夜にしてゴミの山がメトロポリスに変化していた。

50fどころか、とんでもなく大量の“妖精さん”になってしまったため、
“わたし”ちゃんは人名辞典で自由に名前をつけてもらう。

人間様は神様です!!

ついに“わたし”ちゃんは、メトロポリスの象徴!女神になり像まで作られてしまうことになる。

神様を鬼ごっこの「鬼」のように“中田さん”に押しつけると、
神様になりたくない“妖精さん”は一気にメトロポリスから逃亡、廃墟と変化してしまう。

そう、“妖精さん”は興味が有り楽しい事が有ると一気に増え、
嫌なこと、そして人の上に立たないといけないようになると一気に減ってしまうのでした。

2012070101

●感想

 “妖精さん”、ビビると真水で失禁して、びっくりするとまる虫(ダンゴムシ)のように丸まるんですね。
(パイオニア・アノマリーの回、OYAGE猫の攻撃に“妖精さん”丸まっていたのはびっくりしていたのね)

 そして、光子力研究所の割れるプールから出てくるマジンガーZのように出てきて、

スペシューム光線を出そうとする防御ロボット(またもや人外cvの新井里美さん)に笑ったwww。
最後パイルダーで逃げていくし(爆笑)。

 前任者の日記(笑)

そもそも、魚はともかく肉をどうやって調達しているのだろう?

彼らが狩猟をしている話は聞いたことがない。

要調査項目としたい。

・・・・ちゃんと調査すれば良かったのに・・・・

ビフ・・・・・・酒・・・・・

残念ながら豪華な食事と酒に溺れ、幸せなまま過食か何かで、前任者さんは亡くなったのでしょう・・・かね。

楽すると早死にする・・・・でも楽はしたいけど何もしたくはないわけではない。

 で、それによるファーストコンタクトは最悪だった“わたし”ちゃん。

しかも拉致してくるとは・・・・。

 それにしてもこの作品、本当に時系列無視!ですよね。

インパクト重視でどの順に視たらとても楽しく視てもらえるか、それだけで話数を決めたようにも思えてしまいます。

 確かにこの回とっても面白く、引き込まれる方多いと思いますが、これが1話に来たとすると
これほどまでにいろんな人達が1話で食いついて視たかな・・・と思うと・・・・
大正解だったのでしょうね。時系列無視の放映は。

 ・・・というより、今回の(OPの無い)始まりかたを視ると、じつはもう最初から絵コンテ全話完成していて、
それをシリーズ構成の上江洲 誠さんが監督と相談して、全話を絵コンテベースで検討、
後で並べ替えたんじゃないのかなぁ・・・とも思えてしまいます。

 企画時は時系列順・原作通りだったのかもしれません。

 これ、BDやDVDでは本来の原作や時系列通りに並べ直して、
1話・2話・・・と再構成して発売したらすばらしい!!!と思ったのですが、どうやらそれはないみたいです。

 でも、1巻・2巻・・・・ではなく、サブタイトル(妖精さんのひみつこうじょう等々・・・)のみで
BD・DVD発売するみたいですから、全話揃ったら時系列順に並べ直してくださいね。

って事なのかもしれませんね。

2012070103

 ところで、今回のお話、自分的には確信しました。
とは言っても多分ですが・・・・

妖精さん = 今の日本人(それも今の若い人達?) 

ですよね?これ。

勤勉ですごい技術を持っている。でもそれを決して社会のためには使おうとしない。
自分の好きなこと・楽しい事の為だけに使い、そして動く。
楽しい事にはすごく必死になり、一気に群がる反面、
やりたくないことはやらないし、見向きもしない。
そして人の言うこと(ネットでの噂)は疑いもなく信じ、祭りになる。
また、熱しやすく冷めやすい。人の上に立つのがものすごく嫌。
烏合の衆に埋もれて好き勝手していたい・・・・
でも、他人には全くと言って良いほど興味がない。人のことはお構いなし。
友達と言うよりはつかず離れずのつきあいレベル。

申し訳ないですが、ぴったりだと思います。
“妖精さん”にすごく親近感を持つ方、多いのではないでしょうか・・・

好きなアニメ作品や芸能人・声優さん・文化人を、最近の若い人は「神」って崇めますしね。

私も使ってしまっていますが、良い作品やエピソードを「神作品」とか「神回」とか言ってしまっていますし。

 そして、親近感を持つ方が多ければ多いほど・・・・この国はやばいですよね。
だからこそ、このままではやばいですよ~~。

なので、“妖精さん”を反面教師にしましょうね。

と、そんなお話(エピソード)ばかり作っているような気がします。
“妖精さん”のやることがコメディで笑って見られ、

“妖精さん”かわいいね~。でもさすがにこれはだめでしょう~~

となるように。

 でも、“わたし”ちゃん達旧人類が昔の日本人と言えばそうではなく、

旧人類もある意味人間の悪いところ・エゴを集めた集合体として描かれています。

(だから衰退してしまったのですが。悪賢い奴らだけが生き残っていますよね)。

 なので、田中ロミオ氏は風刺を取り上げながら、最大の問題

若者達よ、“妖精さん”をみて我がふり直せ

と若者達に言っているような・・・・皮肉を含めて警告しているような・・・・

でも、“わたし”ちゃん達みたいな旧人類の生き残りみたいになってもダメですよ~~

個人的にはそんな気がした第10話でした。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第9話迄 感想 | トップページ | DOG DAYS’ 第9話 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

コメント

ハルヒの一期は時系列を入れ換えて放送したので、次回予告でハルヒが
 時系列順の番号を叫んでキョンが訂正していたのを思い出します。

今回の名前が無い妖精さん=匿名性と考えると炎上の件とピッタリですね。
なんとタイムリーなストーリーとなってしまったのでしょうか・・・

昨日、国粋主義的な書き込みをするネトウヨの話を聞いたのですが
 主に30代の人が書き込んでいるとか・・・若者じゃない・・・
そして韓国が現在のネット接続時に総背番号制を敷いて匿名性を許していないのを
 廃止する予定と聞いて残念に思いました。

>ぬる~くまったりとさん
>今回の名前が無い妖精さん=匿名性と考えると炎上の件とピッタリですね
実は私もそう思いました。
というより、まさにそのものだなぁ・・・・と。
ちょうど前回の“ひょうりゅうせいかつ”でいじめを扱っていた事もよけいかぶってしまった原因なのかなとも思いました。
 匿名性故に起きてしまう問題や事件、でも、逆にそれが大きなパワーになることも事実です。炎上事件はいけませんが、アレを浮き彫りにし、企画を反省・謝罪させたのも事実。
 まとめサイトが主導になるのではなく、ちゃんとした「神」が言えば、もしかしたら日本はすごいパワーを出すのかもしれませんね。
 でも、韓国までそうなるとは・・・ネットの匿名性はこれからも無くなることは無いのかもしれませんね。

来季のアニメ番組リストを作成しました。
宜しくければご活用ください。

ダークネスは独立系での放送となりました。
しかし発表では一部の放送局しか決定していないようです。

>ぬる~くまったりとさん
ありがとうございます。早速使わせていただきます(*^_^*)。
ダークネスは結局TBSでは無かったのですね。良かった・・・かな。
相当過激みたいなので、一体どうなるか・・・・ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55574802

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は衰退しました 第10話 感想:

» 人類は衰退しました テレ玉(9/02)#10 [ぬる~くまったりと]
episode 10 妖精さんたちの、ちきゅう 学舎を卒業して若き研究者の道を選んだ私。最後の卒業生で廃校になった。クスノキの里で調停官になりました。畑仕事よりは楽かと。真面目に働きそうな私に苦労したほうが良かろうと 新任の挨拶に向かわせる。新任の形式的な挨拶などは有りますか?センスで乗り切れ。在学中に学んだこととは異なっています。 帽子のサインのある場所、そこはゴミの山。そこで貰ったお弁当のパンを食べて水を飲んできた。彼らは相当数、存在しているはずだ。祖父の前任者の日記を見せられる。素材不明の料理... [続きを読む]

« はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第9話迄 感想 | トップページ | DOG DAYS’ 第9話 感想 »