フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« えびてん 公立海老栖川高校天悶部 感想 | トップページ | TARI TARI 第12話迄 感想 »

2012年9月18日 (火)

ココロコネクト 第11話 感想

 文研部で初詣に来る5人。

だが、何かがおかしい・・・。

イナバン・太一以外の3人が子供なのだ!!


どうしてこんなことになってしまったんだ!?!?

Logo_kako

欲望解放事件が終わって一息。

文研部を襲った新しい試練は・・・ロリ化?、、、じゃない、子供化だった!!

精神も、そして・・・・身体自体も!!!

最高に強烈だったのは・・・・エンディングだった!!



ココロコネクト 8thインプレッション 11話 ~カコランダム編~

ヒトランダム編
ファーストインプレッション 2話迄   2ndインプレッション 4話迄
3rdインプレッション 5話
 
キズランダム編
4thインプレッション 6話        5thインプレッション 7話
6thインプレッション 9話迄       7thインプレッション 10話
カコランダム編
8thインプレッション 11話         TVラストインプレッション 13話迄   

ニコニコ動画配信ページ
バンダイチャンネル配信ページ


↓公式HP
Mainkokoro

※キャラクターは過去のブログ参照ください

●あらすじ
  (ネタバレ注意)

 カコランダム編、まずはOP無しでスタート!!
(まさかとは思いますが・・・まさか・・・アレがあったから・・・じゃないですよね?)
尺的に無理があったのでしょう!!うん!きっと!!

20120916_90154bmp

 

 欲望解放も終わり、一息ついた2学期終業式の日、文研部の黒板に妙な書き込みがあった。

----------------
稲葉姫子

永瀬伊織

桐山唯

青木義文

十二時~十七時
----------------

何か身体が熱く・・・・

なんと12時になった瞬間伊織と唯が子供になってしまった!!

だが年齢はバラバラ。唯は11歳、そして伊織は6歳。

どうやら今の状態のまま若返り、
自分たちがここにいることに疑問を抱かず、しかも相手が誰だか全てわかっている。
(人間関係だけ過去に戻らない)

 動揺する残った3人だったが、17時になると唯も伊織も元に戻る。

子供の格好だった時の記憶は残っていなかったが、
何故か、その当時の記憶がいろいろと鮮明に頭に浮かぶ・・・思い出してしまうのだ。

 5人は冬休みの間の対策を練ろうとするが、その前に、太一だけの前に現れるフウセンカズラ。

だが前のフウセンカズラとは違うという。

そして、太一にはナイトの立場になってもらい、彼だけは子供にならない事を告げる。
同時にこのことは後の4人には話すなと・・・・

20120916_90213bmp

 翌日、唯の前に現れる女の子がいた。彼女の名前は三崎千夏(cv内田真礼)

昔唯の空手のライバルだったこともあり、唯が空手をやめたこと、約束の事を問い詰める。

・・・が、唯はその約束を覚えていなかった。

 同様に青木が10歳の子供になったとき、唯のことを「ニシノナナのお姉ちゃん」という。
凄くよく似ていたと・・・。
(文字がわからないのでカタカナで表記します)

後で唯が青木に聞くと・・・中学1年生の時につきあっていた彼女だったそうだ。
その後彼女が引っ越したためそのままになっていた。

 青木は思い出してしまった・・・中学1年生当時、ナナの事が大好きだったことを・・・

 じゃあ俺はいつ、ナナへの好きを忘れてしまったのか??それともまだ(好き)は残っているのか?

 一方唯には、妹の杏も三崎さんに会った事から、何故空手をやめたのか聞いてくる。

それに突如泣き崩れてしまう・・・唯だった。

 そして、伊織は太一にお願いする。

子供の時のわたしの行動をよくみて・・・・・と。

そう、伊織は相手の好みに合わせてキャラを変えていた頃の自分をみて欲しかった。
そして過去をやり直せるならやり直したいと・・・。

 子供の頃(そして今も)、いつも何かに怯えていた稲葉は太一に言う。

 誰でも、誰かに知られたくないことがある。知らない方が良かったこともある。
そして自分自身についても、思い出さなければ良かったことが有るんじゃないかなぁ。

そのうちに・・・決定的な破局の引き金になるのかもしれない・・・・

EDも当然ながらカコランダム用に変更、Team.ねこかん[猫]なのは変わりないですね。

びっくりしたのは・・・コンテ・演出に幾原邦彦さんがいたこと。

それだけで輪るピングドラムのあの強烈なED演出とダブるから不思議です。

ダブらなくてもこのED・・・・強烈すぎますね。



●感想

 これやべぇぇぇぇぇぇ!非常にやべぇです!!

よくもまあ次から次へとこんな事考えますね。フウセンカズラ(原作の庵田定夏先生)は。

 これが一番きついですよね。(と、前回のキズランダムの時も書いた気がしますf^_^;)

というより、くどいですが、これが一番やばいですよね。

 今回のターゲット、まずは唯と青木でしょうか。

 いつの間にか疎遠になってしまってた昔の人間関係が突如戻って来たら・・・ってやつです。

 まず青木君、これって他の修羅場作品ならしょっちゅう有りますよね。

ぶっちゃけ唯とつきあい始めたときにナナちゃんが突如戻ってきて鉢合わせ。

ケンカ別れしたわけじゃないから青木は唯とナナの間で・・・・というやつ。

これがもし、会っていなくてもこうなったら・・・?ってことですね。

唯にも知られてしまったわけですから。

 そして唯ちゃんの方は・・・ライバルとの再会。

なのに唯の方は約束を覚えていません。一体何の約束をしたのか。

そして何故、唯は空手をやめたのか。それを妹の杏が知らないのか?

杏が聞いたら何故泣き崩れないといけないのか。

 でもまあ、この二つの案件は、他の作品でも良く有るシチュエーションなので解決の糸口は有りそうです。

 と言うことは・・・・決定的な破局の引き金を引きそうなのは・・・伊織!?

そして、その引き金で撃たれるのは・・・稲葉!?それとも太一!?

この3角関係がメインターゲットなのかもしれません。

 人の心の中を読み、キャラを知らず知らずのうちに作ってきた伊織。

そしてそれは爆弾だと気づき、無個性な人間になろうとしている今ですよね。
(太一・稲葉のおかげで伊織というパーソナリティが自分でわかり始めてきた)

そんな中、当時の行動で忘れていた記憶が徐々に呼び戻されたら・・・

またもや人に合わせるようになってしまったら、昔の伊織に戻ってしまったら・・・

極端な話、太一のことを稲葉に譲ると言い出さないだろうか・・・

20120916_90207bmp

幾原さんコンテのEDがめっちゃくちゃ強烈なんですよね。

 あの腰に巻いたカーディガンからわかる、唯の手を握ろうとして・・・あきらめる手。

間違えなく青木の手ですよね!?

 そして、太一の手を握っていた二つの手の一方だけが・・・離れます。凄く名残惜しそうに。

もう一方の手は、逆に太一の手をぎゅっと握ります・・・・

 そしてその後、あらためて伊織と稲葉が太一に向かって手を差し出します。

悩んだ末、落ちていこうとする手を太一がつかんだのは・・・一つだけ。

 いままでの二つのEDは、キャラ達の内面・・・心の中を投影するような演出がされていました。

でも、今回のEDは5人とも実際起こりうる、最悪な結果になるであろうキャラ達の行動を暗示・示唆しています。

・・・カコランダム、さわりの時点でかなり強烈だったのに、EDが更にトドメを刺してくれました。



 もう一つ気になるのは、フウセンカズラが二人目だと言うことです。

 何故二人目なのでしょうか!?

担当替え?(笑)。それとも単に前のフウセンカズラがおもしろ事に満喫してこの「おもしろいこと」から降りただけ?

前のフウセンカズラは、言い方変ですが、私的には5人の味方だと思っていました。

最終的には丸く収まるように、5人の絆が更に強くなるようにして、自分がおもしろいことをしていました。

・・・では、このフウセンカズラは??

同じ事して楽しむのならフウセンカズラは変わる必要は無いのです。

わざわざ前とは違う、別のフウセンカズラが出てきたのは何故なのでしょう。

普通に考えれば、いままでのフウセンカズラとは違うことを5人にする可能性が高いという事です。

 ということは、今度のフウセンカズラが味方なのか、敵なのかによってこの先の展開も大きく変わっていくと思います。

 つまり、もしも二人目のフウセンカズラが何とかまとまりそうな5人の関係を壊そうと行動するタイプだとしたら・・・
(いままでのフウセンカズラと逆のおもしろい事へのお手伝いですね)

 そういう意味でも、前のヒトランダム・カコランダムと違い、今回は鬱展開直行の、
嫌な予感しか今のところしていない・・・・自分なのでした。

とてつもなく面白いので、もうやめられませんが・・・・

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   

 ワンクリックいただけると励みになります

 

そこあに

« えびてん 公立海老栖川高校天悶部 感想 | トップページ | TARI TARI 第12話迄 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

コメント

へえー、そうなんですか。
今回は姫子の太一への乙女アプローチが可愛くてニヤニヤしてましたhappy01
唯と伊織にも可愛いと扱われて怖そうに太一にすがる姫子。
可愛いなとしか見えてなかったですね。

過去を思い出して辛く成るのは誰か?
逆に太一は過去に問題が無いのが分かってるのでお守り役かなと考えました。
伊織の過去、どうストーリーが転ぶか楽しみです。

>ぬる~くまったりとさん
いつものように考えすぎなだけで、本当は全然違いました~となりそうですけどねf^_^;。
イナバンは乙女モード炸裂でめっちゃくちゃかわいかったですね。
子供達には癒されました。

 なんとなくですが、今までと雰囲気が違うように見えまして・・・。
唯・青木の方は良くある青春もののネタなので2人で解決しそうですが、
伊織が一番怪しい気がします。それが3角関係なのか、過去の自分(人に合わせたパーソナリティ)なのか、どちらに作用するのかはわかりませんが・・・。
 フウセンカズラが何で2人目なんでしょうね。
こいつの正体(味方なのか敵なのか)がわかれば、どんなに辛くても今まで通り安心して視ていられるのですが、まだわからないので、EDと連動して個人的に凄く続きが不安です。
 モーパイで茉莉香が鉄の髭に「あなた、何様ですか?」と言っていたのと同じ気分です。
・・・きっと考えすぎなだけなのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55669745

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト 第11話 感想:

» ココロコネクト TokyoMX(9/15)#11 [ぬる~くまったりと]
第十一話 気づきを与えられて始まったという話 公式サイトから2学期の終業式、放課後に部室にやってきた5人は、 黒板に太一以外の4人の名前が書かれているのを見つける。 それが意味するものを考えているうち、 伊織と唯の身体に異変が起き、なんと2人は子供の姿に戻ってしまった! 太一たちはこれはまた<ふうせんかずら>の起こす新しい現象だと考えるが…… 小さい結と伊織を連れた太一。姫子は小さくなった青木を連れて初詣。文研部の約束だから、たこ焼きを買った姫子は あーんと太一に食べさせる。そこを藤島に見つかり写メ... [続きを読む]

» ココロコネクト第11話感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
#11「気づきを与えられて始まったという話」 初詣で、すごくカワイイ幼女がいるな [続きを読む]

» (アニメ感想) ココロコネクト 第11話「気づきを与えられて始まったという話」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・全力丘 ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)(2010/01/30)庵田 定夏商品詳細を見る 山星高校の生徒たちは校外学習でキャンプ施設にやってきた。 同じ班になった太一、伊織、稲葉はい...... [続きを読む]

» ココロコネクト 第11話「気づきを与えられて始まったという話」 [ボヘミアンな京都住まい]
『カコランダム』編のはじまり。<ふうせんかずら>と同類という<二番目>によるランダムな時間退行の現象。太一には起こさない代わりに、他の4人には喋るなという警告を<二番目>は残していきましたが、はてさて、今回はどう転ぶのやら・・・。ランダムで幼くなるだけでなく、その年齢だった当時の記憶も戻るようですね。これは意外と、そしてかなり厄介そう・・・というか、小っちゃくなる現象ってどこか別のアニメで見たような・・・あぁ、でもあれは体が小さくなるだけだったか。 ・・・ちびキャラの女の子たち見てるだけなら可愛くて... [続きを読む]

» ココロコネクト 第11話「気づきを与えられて始まったという話」 [明日へと続く記憶]
姫子ちゃんカワユス。 「ココロコネクト」第11話を視聴しました。 原作3巻のエピソード「カコランダム」の開幕となります。 今までで最もアニメ的に変化が分かりやすい内容でしたね。 なにせ「時...... [続きを読む]

» ココロコネクト 第11話「気づきを与えられて始まったという話」感想! [くろくろDictionary]
ココロコネクト 第11話「気づきを与えられて始まったという話」 「ふーふー」 これがこのあと… [続きを読む]

» ◎ココロコネクト第十一話「気づきを与えら... [ぺろぺろキャンディー]
π神社太一:二人ともじっとしてて。→ユイとイオリが小さくなってる。ヒメコ:うるせー、ガキ二人。青木:稲葉姉ちゃんタコヤキかってきたよ。ヒメコ:太一口開けろよ。フーフー... [続きを読む]

« えびてん 公立海老栖川高校天悶部 感想 | トップページ | TARI TARI 第12話迄 感想 »