フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« TARI TARI 第13話(最終回) 感想 | トップページ | 輪廻のラグランジェ season2 第12話(最終回) 感想 »

2012年9月26日 (水)

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第12話迄(最終回) 感想

まがいものにはなれても(あなたは)真の勇者には絶対なれない!!

人々の賞賛を得ても“英雄”止まり。

誰かを“勇者”と認められるのは魔王だけ。

ボクは・・・あなたを絶対に勇者とは認めない!!

・・・そんなルールが“勇者”と“英雄”の言葉の違いにあったのかw

20120925_185354bmp

ボクは魔王の娘ではあるけど、魔王ではない!

アレイザードの魔王は父さんで最後だよ!!

今のボクは凰沢美兎という1人の女の子として、過去を捨てたんだ!



はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) ラストインプレッション 12話迄

ファーストインプレッション 2話迄   2ndインプレッション 3話
3rdインプレッション 4話         4thインプレッション 5話 
5thインプレッション 7話迄        6thインプレッション 9話迄  
7thインプレッション 10話      

↓公式HP
20120714_100222bmp

※キャラクター紹介は過去のブログを参照ください

相関図

20120821_205041bmp



●あらすじ
  (ネタバレ注意)

11話

20120925_185403bmp

 千影は医務室に搬送され手当てされていた。無事だった葛葉は、千影の無事を確認すると、意を決して美兎と暁月の応援に向かう。

 BABEL生徒会はこの非常事態なのに、生徒会長の氷神京也とは連絡が取れず困っていた。

 そんな中・・・さらに追い打ちをかけてきたのは、アレイザードの邪竜ザッハーク!!
なんとフィルはドラゴンに変身したのだ!!
人間の契約ではドラゴンへの変身は出来ないはずなのに・・・

 ミュウ(美兎)は、まだ毒が完全に消えていない暁月を回復させるため、時間稼ぎで囮になる。

20120925_185416bmp

それを追いかける葛葉と・・・病室で手当を受けていた千影。
暁月の毒がキレるまでの・・・30分を持たせるために。

ドラゴンと戦うミュウにまず加担するは遥・美奈巳・遼平の生徒会3人衆。
そしてちょっと遅れて加わる千影と葛葉。

魔法の効かないドラゴン相手に召喚魔法・物理攻撃で対抗する。

・・・・が、ザッハーク(フィル)の罠にはまりミュウ以外は倒されてしまう。

 フィルとミュウの勇者問答の後、ミュウはアレイザードに連れ去られそうになるが・・・

ミュウの涙と友に暁月が間に合う。

なんと、6話で出てきたスレイプニルに乗って!!

はぐれ勇者と勇者(ドラゴン)との2回戦は、一進一退の戦いになるが・・・

勝負に出ようとする暁月より先に、ドラゴンの炎が吐き出されるのだった。

しまった!!!

20120926_33029bmp


12話

 ドラゴンの攻撃をなんとか受けた暁月だったが、7つのAD(ARMS DEVICE)の内の一つが壊れ、暁月から武器が消滅する。

 それをフォローしたのは・・・副会長の遥だった。遥から不足分のADをもらい最終決戦に出る暁月。

最後は邪竜ザッハート(勇者フィル)を真っ二つにし、勝利を収める。

20120926_33025bmp

---------ここで物語はクライマックスを終え事実上終了!
この先は2期やりたいよ~のフラグ&伏線風呂敷大開きタ~~~イム!!-----------

 なぜかそれを冷静にテレビで視ていたのは・・・サミットに出ていた氷神京也を初めとするCOCOONのメンバー。 
 COCOONはテログループ「朱の黄昏」を敵対している事がはっきりした。
氷神京也は朱の黄昏のボスだけは俺が倒すと・・・・

 そしてミハエル(cv石田彰)と呼ばれる男。
「Y計画」という謎の計画のことを話す。そして、暁月が(ミハエルの)弟という話も・・・

 一方JPNバベルでは途中で尻切れトンボになったとはいえ、ランキング戦の結果は有効。
暁月・美兎・千影・葛葉は晴れてAクラス入りが決まった。

 異世界では、勇者フィルをザッハークまで使って人間界にけしかけたアレイザード3国同盟。
・・・いや、ディスディア帝国のバラム陛下。

勇者フィルがやられ、そして山の主のザッハークが死んだため、
魔獣どもが暴れだしアレイザードの秩序が崩れる。そして、何故か魔族も突如暴れ出す。

 一気に危機的状態になるアレイザード。
ついに暁のことを思い、女王リスティは涙を流してしまう。

涙レーダーに反応した暁月は先手を打つためにアレイザードへ向かうことにする。

 それに一緒について行くという美兎と、美兎の正体がミュウと知っても友人となった葛葉と千影。

・・・さらにそこに加わる副会長の遥と、海堂。

6人でアレイザードに向かって次元シフト!飛び立ったのだった。

俺たちの戦いはこれからだぜい!!いや、始まったところだぜい!

20120926_33046bmp



●感想

 これ分割2期でしょう(苦笑)。

めちゃくちゃ面白くなってきたところでフィナーレを迎えてくれましたwww

最終回終わった後、これと同じ気分になった作品がちょっと前にありましたね~。

典型的なラノベ型「俺たちの戦いはこれからだ」エンドでした。

 世に言う打ち切りみたいな終わり方ではなく、
2期やる気満々で2期のフラグや伏線・新キャラを(アクセル・ワールドみたいにEDではなく)
本編のストーリー内で思いっきりみせて、しかも広げちゃうの。

 なので、「俺たちの戦いはこれからだ」ではなく、
「俺たちの戦いに、今から行ってくるぜい!」ですね(笑)。

 それにしても大きく伏線だけは広げてくれましたね~。

 あんたの弟は・・・って、暁月が持っていた妹の写真と同じ写真なんだから、
ミハエルは凰沢暁月の兄貴ですよね。

で、海堂君は今回の電話で100%朱の黄昏のメンバー確定ですね。

・・・と言うことは、相関図はこんな感じかな。

20120926_101904bmp


 後は暁月の父親「凰沢鋼毅」とBABELの久保田灰人がどこのグループですか・・ですかね。

 とりあえずここまでは人間関係わかりました。

・・・で、無事最終回を迎えましたとさ(×_×;)。

とても面白い作品でしたので、是非とも続きが視たいです。

20120926_33037bmp


 しかし・・・それにしてもこの凰沢暁月という男・・・なんという涙レーダーwww

いくら何でも高性能すぎます。

泣きさえすればどこにいても助けに来てくれそうです。

異世界の涙まで関知するのですから(笑)

 泣くとどこにいても助けに来てくれると言うのが、この作品のこのエピソードとダブってしまい、
暁月のかっこいいシーンでもこのお話が目の前に浮かび、ギャグ気分で笑ってしまいました。

トムとジェリー 「ブルおじさん」

ブルさんが暁月、ジェリーが女の子、そしてトムがフィル。
・・・・で、ベルが涙ですな(爆笑)。

 「はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)」

 この手のエロ枠では今期で一番楽しくわくわくした良作でした。

正直AT-Xの視聴制限いらないんじゃないかと思うぐらい、のエロレベルでしたし。
(2話の失禁と10話の騎乗位尻もみはちょっとやばかったかな・・・)

 ということで、2期製作発表・・・楽しみに待っています。

Video_heading_cover


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります


そこあに

« TARI TARI 第13話(最終回) 感想 | トップページ | 輪廻のラグランジェ season2 第12話(最終回) 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

コメント

やはりと言うか、見事なまでの2期希望エンドでしたね。
原作準拠なのかもしれませんが、この続きは??ですよね。
なんとか登場したスレイプニル、自動追従機能付き?
COCOONの目標である世界の理を司る存在が美兎らしいと言うことで
 全面戦争にも発展しそうなストーリー。
此処からが面白い伏線がいっぱい・・・

同じような作品として思い出したのは、神様ドゥルズです。
こちらは正に原作不足、月刊誌連載なので数年待ち状態。
この作品のイベントでBD特典をアンケートで決めるのがありまして、
 皆がふざけて?男性同士の特典シーンが終始トップ。
慌てて広報が人海戦術を駆使してヒロインのちょっとHなシーンの
 特典に換えたのを思い出します。

個人的には生徒会副会長でサービス要員でツンデレの七瀬遥が
 良いキャラでしたね。
同じ会計の無口キャラ哀原未奈巳が属性が被る所為か?出番が
 少ないのが残念でした。


原作準拠が良いのか、改変して丸く収めるのが良いのか。
難しい所ですね。

とりあえずご指摘だけ。
“朱の黄昏”のリーダーに関して「俺が倒す」と言ったのは、氷神ではなくミハエルです。
そして、暁月について「あなたの弟さんです」と言ったのが氷神で、言われたのがミハエルです。
なので、COCOONのリーダーであるミハエルが暁月の兄貴になるんですね。
感想等のコメントは、また後程。

>ぬる~くまったりとさん
ああ!神様ドォルズもそうでしたね!!さあこれから・・・であの最終回でしたから。
今原作枯渇ですし、(個人的な感想で)さんかれあみたいな原作プロモーション作品もありますので、最近は・・・まぁ・・・ちゃんとエピソードとして締めていればいいのかなと、思うようになりました。
 この作品も出かけたは良いですがそれだけで、伏線だけはって事件としては起きてない状態で出発したので、ま、いいかと大きな引っかかりはなく終えてくれたのが良かったです。
 私もツンデレ属性もっているせいか、遥がイチオシキャラです。
未奈巳が竹達っちゃんなのも結構びっくりしました。無口キャラって珍しいですね。
 本当、2期が発表されることを期待して待ちたいと思う良作品でしたね。

>ふれいくさん
ご指摘ありがとうございます!!
午前3時に視て一気にブログを書いたので半分寝ていました(苦笑)。
早速文章並びに相関図をなおさせていただきました。
 とすると、暁が倒したい奴というのは・・・兄貴ミハエルという想像が簡単につきますね~。
ありがとうございました。

フィルの“約束”した相手とは邪竜・ザッハークでした。
そりゃ“邪な竜”と契約しちゃ、勇者は失格だわな。
でもファンタジーのラスボスがドラゴンなのは、ある種お約束。(笑)
さてADですが、実は個数が増えてましたね。(ぉ)
フィルの攻撃から美兎を守った際に1個が消滅しましたが、直後に美兎からGET。
しかし、ここでははめず。(ぇ)
その後に遥副会長からもGETし、戦闘前にはこれを装着。
そして、最後の一撃前に美兎からGETしたものも装着して、しっかり魔剣レーヴァテインをレベルアップしたのでした。(ぉぉ)
さすが真の勇者、抜け目なし。(ぉぃ)
しかし忘れてならないのはその後の海堂との会話。
何気に海堂は“見えない鎖”で最後ザッハークを拘束し、暁月をフォローしてました。
やはり侮れない海堂。
そしてCOCOONのトップにいました、暁月の兄貴。
だからCOCOONに敵対心満々の暁月。
そんな暁月の兄貴・ミハエル(当然偽名(笑))が「あいつだけは俺の獲物だ」と語る「朱の黄昏」の創設者。
そりゃねぇ、もうあの人しかおらんでしょうが。(ぇ)
そしてザッハークの死によりバランスが崩れ、動乱が始まるアレイザード。
「呼べ」と言っておいて涙で反応する暁月。(ぉぃ)
「ちょっと行ってくるぜ」が、1人増え(美兎)、更に2人 増え(葛葉&千影)、そしてお目付け役が加わり(海堂)、最後にオマケまで(遥)。
1人旅のつもりが、6人の勇者ご一行になって、いざ第2章の舞台へ。
考えてみれば、美兎を除いた5人がみんな勇者経験者なんだから、すごいパーティーだわな。
で、美兎はといえば、氷神に目をつけられた模様。
それは、また第3章のお話…。(ぉ)
そんなこんなの第2章、いつ映像で見れるのやら…。

さて早めにお目にかかりたい第2期ですが、多分早くても再来年くらいなんだろうなぁ…。(ぇ)
というのも、前にも書きましたが、ほぼ同じスタッフで作る「百花繚乱サムライガールズ」の第2期製作が既に発表済。
これが終わらないと、どう頑張っても取り掛かれないのですよ、恐らく。
だから、「百花繚乱」第2期が終わる辺りまで、とりあえず我慢しかないかな…と腹を据えております。
あ、竹達の無口キャラは珍しいとのことですが、例の「ハイスクールDxD」でも比較的無口でダウナーな「塔城小猫」役で出てますよ。
体型はほぼ真逆ですが。(笑)
美奈巳が大柄グラマーなのに対し、小猫は典型的ロリ体型。
ある意味笑えます。
声でいうと、日笠がこの7~9月期で「エロキャラ担当」として定着したようです。(笑)
この「はぐれ勇者の…」の美兎役でさんざんあえいで、しまいにはいっちゃいましたが(ぉぃ)、「カンピオーネ」のエリカ役で先週、「お前、ほとんどS〇Xやってるだろ!」というキスシーンを演じ、ほとんど「日笠、どうした」状態になってます。
う~ん、笑っていいのか、ちょっと悩む…かな。(ぉぃ)

>ふれいくさん
 AD8つになっていましたか!?うを!気づきませんでした。
遥のやつはこれ見よがしでしたので、そこで補充したのとしかf^_^;。
なるほど、パワーアップしていたのですね。
 海堂は面白いですね~。あきらかに・・・なキャラですものね。
暁月も当然わかっているのでしょうが、まだどちらに転ぶかわからないのでその間はちゃんと仲間しているんですよね。
こういうところもお約束通りで良いですね。
 2期は、再来年以降の可能性・・・ですか。でも、ホビージャパン(メディアファクトリー)ですし、アームスはこの手の作品(一騎当千・クイーンズブレイド・あとおっしゃるとおり百花繚乱)全部2期やっていますから、円盤の売り上げ動向よりもなにか他に戦略っぽいのが見えていますので(フィギュアとか?原作売り上げとか?)、2期のハードルはそんなに高くなく、円盤そんなに売れなくても2期やってくれそうですね。
 気長に、そして楽しみにして待つことにします。
 ハイスクールD×Dで竹達さん無口キャラしてましたか。やはりD×Dは2期開始までにちゃんと視ないといけないですね。ここでも日笠さんがエロキャラやっていますし(笑)

一騎当千、クイーンズブレイド、百花繚乱は円盤の売り上げが全て好調でした。

一騎当千は平均4000、7500,7500,4000なので次が勝負?
百花繚乱は平均5200枚。
ただクイーンズブレイドは平均10,000、6,500、OVA平均4,400
 最近のリベリオンが拙いですね、平均3,500枚ですから途中ですが次作は無いかも・・・

どうやら4000枚がボーダーラインのようですね。
角○は3000枚の様ですが・・・

>ぬる~くまったりとさん
クイーンズブレイドってそんなに売れているんですか!?
申し訳ございません。全然売れてないと思い込んでいました。
やはりエロは強いですね~。
 私、川澄綾子さんのキャラでアクエリオンのシルヴィアに似ているキャラがメインヒロインだった1期は全部視たのですが、
正直イマイチで・・・2期以降視ていなかったので自分中心のモノサシで見ていました。
これは失礼いたしました。
 ・・・・4000枚は、(ネットの評判見る限りですが・・・)厳しいかなぁ・・・(T.T)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55710168

この記事へのトラックバック一覧です: はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 第12話迄(最終回) 感想:

» はぐれ勇者の鬼畜美学 第12話(終) 『世界が君を見つめてる』 副会長はメインヒロインへ昇格か!? [こいさんの放送中アニメの感想]
これはダブルヒロインと呼んでいいのでは。フィルの攻撃でみんなが倒れる中で無事だったのは暁月、美兎、そして副会長の遥。暁月が戦いに赴くに当たり美兎が腕輪を暁月に託し、遥もこれに倣う。そして最後の攻撃では予備として取っておいた遥の腕輪でトドメを刺すと。遥の立ち位置が凄くヒロインしてますね。他にリスティというヒロインが居るのですが、彼女は遠きにありて暁月を思う存在。それだけに遥の躍進ぶりは見ていて非常に楽しい。 戦闘に関しては特筆すべき者はありません。なにせはぐれ勇者は自信と実力に富んでいるので、苦戦し... [続きを読む]

« TARI TARI 第13話(最終回) 感想 | トップページ | 輪廻のラグランジェ season2 第12話(最終回) 感想 »