フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« じょしらく 第13話迄(最終回) 感想 | トップページ | アクセル・ワールド OVA #EX01(銀翼の覚醒版) 感想 »

2012年10月 8日 (月)

わんおふ -oneoff- 先行上映 第3話・第4話 感想

絶対また来て・・・ううん、今度は・・・今度は私が、シンシアに会いに行くよ!!

OK!待ってるデスよ!!

それは、ほんの短い間のことだったけど・・・

いろんな人の力を借りて、もっともっと知らない世界を知りたい!

そう思うようになった自分が、ちょっと好きになったかも・・・・

いもでんがく~~~~!!

 来月OVAの1巻(1・2話)、そして再来月2巻(3・4話)が発売になるわんおふ。
1・2話同様、ニコ生とAT-Xで昨日3・4話が先行配信されました。
見逃された方は、プレミアム会員なら来週まで一週間ニコ生タイムシフトで、
AT-Xなら2012年10月13日(土)21:30~22:00もう一度放送されます。

 ニコ生では本編の後前回同様イベントの模様を1時間生放送してくれました。
前回同様儀武ゆう子さん司会の中、ゲストは佐藤順一監督・後藤沙織里さん、
そして矢作紗友里さんの楽しいトークと小芝居が繰り広げられました。

20121007_201156bmp

 ニコ生アンケートは前回よりも高く、さすが佐藤順一監督作品だと感動しました。
また、3連休中で各地イベントが有る中、トータルの来場者数も前回を上回り、これも良かったです。

20121007_205817bmp



わんおふ -oneoff- 先行上映 インプレッション 3話・4話


先行上映インプレッション 1話・2話

↓公式HP
2012stecker



●キャラクター


※各キャラ達の名前は愛車のバイクからとっています。
 ・はるの=ジョルノ かぶらぎ=カブ べっしょ・あんり=ベンリ シンシア=頭文字がC・B・R

・汐崎 春乃(しおざき はるの cv後藤沙織里):物語の主人公。画面左の茶髪。昔は夢見る少女だったが、田舎暮らしに飽き、やる気をなくしてしまった、都会を夢見る少女。
  バイク:ホンダ・ジョルノ

・鏑木 小夜(かぶらぎ さよ cv早見沙織):画面左のぱっつん黒髪メガネっ子。普通の女の子?
  バイク:ホンダ・リトルカブ

・別所 杏里(べっしょ あんり cv矢作紗友里):画面真ん中、春乃に抱きついているミニツインテール。作曲が趣味の女の子。
  バイク:ホンダ・ベンリィ

・前園 利絵(まえぞの りえ cv喜多村英梨):画面下で犬と戯れている。まだ16歳前、免許がないので自転車通学。免許を取ったらホンダ・ズーマーを手に入れ、世界をまわるのが夢。

・シンシア・B・ロジャース(cv小林ゆう):画面中央で立っているナイスバディ。オーストラリア生まれで世界各国をバイクで回っている。
  バイク:ホンダ・CBR250R

・マロ(cv儀武ゆう子):杏里が飼っている犬。



●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

あ~ちゃん、曲の続き聴いていい?

なんだぁ~!?シンシア効果か?

 シンシアと一緒に海に行ってから少しずつ前向きになってきた春乃は、
杏里が作った曲を歌ってみたいと思うようになる。

 だが、歌詞が出来ていない・・・利絵の提案でなんと小夜が書く事になり、
女子校生ユニットをやってみようかなってことになる。

 シンシアはその事を聞きコンサートを聴きたいと春乃にお願いしまくる。

そんなシンシアに後押しされ、コンサートしたいとみんなに提案する。

でも、他のみんなはノリが今イチ・・・・

春乃は提案したのを後悔する。

私だけが突っ走って・・・みんな困って・・・言わなきゃよかった・・・・気まずい。

 そんな中、ペンションNIWAでは、星の観測イベントが有り、宿泊予約客で満室という状態で、これから大忙し。

 3人はお泊まりボランティアで春乃を手伝うことにする。

そこにやってきたお客様、女性ライダーの影山さん(cv緒方恵美)バイクはホンダ・シャドウ
児童文学を書く、作家さんだった。

夜の観測会で影山さんは春乃と望遠鏡を覗きながら星のお話する。

あまりに遠くて見えないけれど、でもゆっくり時間をかけたら、だんだんみえてくる。
それって、人の心みたいだよね。

私はもっと時間をかけて、ちゃんとみんなのことをみないといけないのかな。

 そんななか、手伝いに来た3人は、春乃に言う。

あのさ~、春乃の話ちゃんと聞かなかったから・・・コンサート、どこでやる?

ここに女子校生ユニット「ポコ・ア・ポコ」が結成された。

少しずつ・・・という意味の・・・・

20120831_08

 作詞:小夜、作曲:杏里、ボーカル:春乃、コーラス・タンバリン・マネージャー:利絵で役割も決まった。

 ・・・が、歌を作ってコンサートやるとは決めたが、具体的な事はなかなか進まない。

 ライブは来年の春(今は秋)ぐらいでまったりと計画していたが、そんななか春乃は、
なんとシンシアが来週の土曜でいなくなることを知ってしまう。

もともと繁忙期期間限定の契約アルバイトだったのだ。

 ライブを聴いてもらおうと思っていた春乃はショックを受けるが、
シンシアはできれば春乃達のライブを聴きたいと言う。

 そんな春乃をフォローしたのは・・・影山さん。

誰の力も借りずに夢を叶えた人なんていないよ。春乃ちゃん達の歌、私も聴きたい。

シンシアの事をきいた春乃達4人は、シンシアへの恩返しとして、
来週までに今の私達を歌にして、歌を作ってコンサートをすることに決める。

いつかはみんな離れ離れになるかもしれないけれど・・・

きっと10年後20年後に、今みんなで歌を作っていることを思い出す!

 それから4人は必死になって1週間を過ごし、いよいよライブ当日。

4人で心を込めて、そしてシンシアに歌う、「メモリーズ」(ED曲)。

そして心からの・・・・ありがとう

 次の日、シンシアと影山さんが帰るとき、

最後に春乃のバイクの名前を「たまご」と命名してお別れした。

絶対また来て・・・ううん、今度は・・・今度は私が、シンシアに会いに行くよ!!

OK、待ってるデスよ!!

 そして、ついに、ズーマー大好き利絵ちゃんも免許を取り、4人でツーリング!

シンシアから来た手紙を持って・・・・

わんおふ Fin.

Img_charactor_01

春乃の髪の毛がはねているのは、
HONDA WINGのロゴをイメージしたからだそうです。

Dreamwing


●感想

 いやぁ~~面白かったです。サトジュンワールド炸裂でした。

ただ・・・・

ただ・・・・・・・

エピソードが完全にTARITARIクライマックスとかぶってしまったのが、残念でした~。

みんなで歌を作って大切な人達(シンシア)に披露する。

別れは来るけれど、歌はその時を思い出させてくれる。

 視ていてすっごく感動しただけに、
ああ、やっぱりこういうお話って似るんだなぁ~と、
・・・・そう、もう1ヶ月わんおふ遅かったらもっともっと感動したのに・・・と、
とっても良い作品2連発で、すっごく贅沢な残念感が有りました。
(内容が似ているだけであって、ストーリーは全然違います!!)

 ですが、本当にお話、良かったです!!

 1話最初は昔はいろいろ夢を見て、その結果暴走した春乃について行けない友達達で
一人浮いてしまったという経験(トラウマ)が有った春乃。

 その為それが原因でなかなか前向きになれなかったのに、
シンシアのおかげで徐々に気持ちの持ち方が変わっていく。

 でも、同じように友達に前向きな話をしたけど、ちょっとひかれてしまったのを後悔するが、
でも今度はみんな一緒にやろうと言ってくれた。

そして、大好きなシンシアがいなくなることを引き金に4人が一体となり、一つの目標に向かって頑張る。

 たまゆら~Hitotose~で最終回やった「私達展」の小型版でしたね。

 最後、心からシンシアにありがとうと言い、
「また来てね」ではなく、オーストラリアなのに「今度は私が会いに行く」と言った春乃。

ほんのちょっとですが、成長して前向きになりました。

Wanoff

 たった4話、しかも全部で1時間のこの作品で新キャラ登場。

それが影山さん。

彼女のcvが緒方恵美さんでしたので、
たまゆら~hitotose~でぽってのお母さんがライダーで、同じcv緒方恵美さんなのとかぶりましたね~。

 しかも、この影山さん・・・当初予定になかった新キャラだそうで・・・
サトジュン監督曰く、絵コンテ出したら「誰?このキャラ?」と騒然となったとか(笑)。

 どうやら、儀武さん同様、緒方恵美さんがサトジュン監督に営業に行ったそうで(笑)。

で、ぽってのお母さんとまるかぶりなキャラになってしまったみたいな・・・(イベントではそこまで言っていませんでしたが)
この辺りはさすがサトジュンファミリーですね。

20121007_233544bmp

さて、わんおふはこの2巻4話(約1時間)で終了。

でも、完結ではありません。

佐藤順一監督もキャストのお二人もやる気満々でした。

この作品のやる・やらないのカギを握っているのは・・・・そう!ホンダ!!

 ワンオフが人気作品となり、バイクが良いものという認知がされれば、
きっとお金を出してくれ、たまゆらみたいにTV放送がされると思います。

 そのためにはまず、BD・DVDが売れないと行けません。

OVA作品なのに、AT-Xやニコ生で発売前放送をしてしまった、
つまり、円盤発売前にストーリー・内容を全て一般に公開してしまってからBD・DVDを発売するという、
事実上TV放送をしている他のアニメと同じ手法をとったわんおふ。

まあ、ホンダの力があったからこそ出来たのでしょうが・・・

 だからこそ、BD・DVD売れて欲しいなぁ~。

そうそう、amazonで予約すると、抽選で1人、春乃仕様の本物のスクーター、

しかもわんおふらじおでパーソナリティ達が乗っているそのものの「ホンダ ジョルノ」が当たるそうですよ。

【Amazon.co.jp限定】わんおふ-one off-第1巻(超豪華“わんおふ"なプレゼント抽選券付)(初回限定) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】わんおふ -one off- 第2巻(超豪華“わんおふ"なプレゼント抽選券付)(初回限定) [Blu-ray]

20121008_00630bmp


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   

 ワンクリックいただけると励みになります



そこあに

« じょしらく 第13話迄(最終回) 感想 | トップページ | アクセル・ワールド OVA #EX01(銀翼の覚醒版) 感想 »

佐藤順一作品」カテゴリの記事

OVA作品」カテゴリの記事

コメント

これって続編が有ったのですね。
まあ、ネタかぶりは仕方ない所でしょうね・・・
歌と言うと、マクロスなんて1期から7、フロンティアと歌がメインですからね。
身近なもので気持ちを表すとなると、歌、絵画、詩歌などでしょうから・・・
OVAでもTVやネットを利用するのが増えてますね。
乃木坂春香の秘密OVAはTV放送を選んだようです。

続編のOVAならまだしも、新作だと話題になるためにも露出、CMをどうするかが
 鍵でしょうから。
TVアニメの場合は全てを見せても5000枚以上売れれば続編は作れるのでしょうから
 これも問題ないのでしょう。
たまゆらと違ってメインスポンサーのためにも一定数の視聴者にアピールも
 必要でしょうから数がカウントできるネットは報告しやすい?かもしれないですね。

>ぬる~くまったりとさん
 たまゆらパターンで、2巻(4話)まで出ることは知っていたのですが、まさか放送していただけるとは思いも寄りませんでしたので、ニコ生の番組表にいるのをみてびっくりしました。
 そう言えば乃木坂春香の秘密OVAはTV放送やってますよね。
昔みたいに内容はOVA買わないとみせないよ~ではなくて、TV放送同様、
本編をご覧になって気に入ったら是非買ってください!
というプロモーションに移行したのでしょうね。
というより、やっぱり視ていただくのは最高のプロモーションなのでしょうね。
 バイクが下降線の日本で、是非スポンサーホンダのためにも良い評価を得てメディアとかに露出して人気になって欲しいです。
そして、たまゆら同様TV放送も・・・期待しちゃいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55805482

この記事へのトラックバック一覧です: わんおふ -oneoff- 先行上映 第3話・第4話 感想:

» わんおふ -one off-第3&4話「ぽこ・あ・ぽこ」「そして始まるメモリーズ」レビュー・感想 [ヲタブロ]
それはほんの短い間だったけれどいろんな人の力を借りてもっともっと知らない世界を知りたい。そう思うようになった自分がちょっと好きになったと思う・・・ 新しい出会いとそし ... [続きを読む]

« じょしらく 第13話迄(最終回) 感想 | トップページ | アクセル・ワールド OVA #EX01(銀翼の覚醒版) 感想 »