フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ココロコネクト 第13話迄(TV最終回) 感想  | トップページ | 戦国コレクション 第1話・第8話・第26話(最終回) 感想 »

2012年10月 3日 (水)

織田信奈の野望 第13話迄(最終回) 感想

・・・浅井・朝倉・・・そして、上杉・武田・・・

まだまだ信奈の天下を阻む敵は多い。

私の夢が叶うまで!サル、一緒にいてね!!
いくわよ!私と一緒に天下布武よ!

Mainoda

金ヶ崎の退き口から比叡山焼き討ちまで続くクライマックス!!

ラストは織田信奈と近衛前久の一騎打ち!

悪魔王と呼ばれるようになってしまった比叡山焼き討ちは・・・

史実通り成立してしまうのか・・・?



織田信奈の野望 ラストインプレッション 13話迄

ファースト&クライマックスインプレッション 10話迄

ニコニコ動画配信ページ

↓公式HP
Wp01_1024



●あらすじ    (ネタバレ注意)

 金ヶ崎の退き口、良晴と川並衆達を残し撤退する織田軍。

寄木の半七を始め、良晴をかばい次々と龍面鬼(斎藤義龍)に殺されていく仲間達・・・

ショックの中、良晴は服部半蔵・前鬼達の助言を元に、
みんなを生き延ばせるためその場で死ぬことを決意する。

 服部半蔵の爆弾で散る良晴、そして応援に引き返してきた十兵衛こと明智光秀もそれを見て激昂。
突撃するところを龍面鬼に撃たれてしまった・・・・

 しかし、そんな状態でも3万5千の朝倉・浅井連合軍は攻めてくる。

柴田勝家を頭とする織田軍1万5千は、比叡山の近くの坂本でにらみ合いとなる。


 一方撤退中に撃たれた信奈は・・・生きていた。

良晴が渡したスマートフォンが銃の弾の威力を和らげたのだ。

しかし、危篤状態には変わりない。

 弾正こと松永久秀の荒療治で一命を取り留めた信奈だったが、
弾正の策略で逆に怒りを増幅させられてしまい、復讐の魔王となってしまう信奈だった。

 逃げる朝倉軍一行は全軍比叡山へ籠城。

 いつもの信奈らしくなく、比叡山突撃を決めるが、丹羽長秀以下が必死に止める。

・・・が、麻呂こと近衛前久の挑発に乗り、比叡山に突撃して言ってしまう信奈だった・・・・

Wp08_1024

 比叡山焼き討ち:史実では織田信長が悪魔王と呼ばれる所以となる惨殺の戦い。

それを指示したのは・・・弾正だった。
しかし実際に火を放ったのは黒幕の近衛前久。

ついに比叡山の焼き討ちが始まってしまう。

 ところで竹中半兵衛は、良晴と十兵衛は生きていると言う。

確かにその通りで、前鬼が身代わりになり、土の中に隠れる服部半蔵の策略だった。

だが重傷には変わりない。裸になり人肌で暖めた十兵衛のおかげで、良晴は一命を取り留める。

 比叡山の中、信奈の前に立つは・・・・龍面鬼。
だがここで龍面鬼は、勝家・長秀・弾正が信奈に追いついたことで勝負をあきらめ、信奈を近衛前久の元に行かせる。

 信奈と前久の一騎打ちは信奈の勝ち。
銃弾だけでなく、剣をも止める頑丈なスマートフォン!!

 火の中、死ぬだろうと覚悟したところにやってくるは・・・・相良良晴!!

再会を喜び、夢と思い約束のキスをしようとする信奈と良晴だったが・・・

見物人がいるのがわかり、夢でないと気づいた信奈は恥ずかしさのあまり蹴り一発!

キスは・・・お預けとなった。

おかえりなさい。

ただいま!

エピローグ。

前鬼の力により比叡山に雨が降り、史実比叡山の焼き討ちは起きなかった。

信奈達は無事京に戻り一件落着!!

・・・浅井・朝倉・・・そして、上杉・武田・・・まだまだ信奈の天下を阻む敵は多い。

私の夢が叶うまで!サル、一緒にいてね!!
いくわよ!私と一緒に天下布武よ!

Fin.

※13話は総集編でした。
  本当になんのおまけもない、映像つなぎ合わせてキャラクター紹介してあらすじ追っただけでした・・・

びっくりでごじゃる!!

Wp05_1024



●感想

 おもしろかったです。

クライマックスらしく盛り上がりました!

十兵衛、大サービスしやがりましたね。

ですがそんなに大サービスしたのに、最後は信奈に良晴を持って行かれる・・・所でした。

キスシーンはまさにうる星やつら2ビューティフルドリーマーのラストシーンそのもの。

最近ビューティフルドリーマーを思い出させるシーンが多いのは偶然??

私どれだけブログで書いたことか・・・

 ずるいという犬千代、悔しくてヒステリーを起こす十兵衛・・・
でも、一番笑ったのは斎藤道三!!頭抱えていたのは最高でした!!

 天下のマムシ、ずっと信奈ちゃんと呼んでいたのも良い味出していたし、
いや、斎藤道三おいしいキャラでした。

 ラストに出てきた赤い髪の武将は・・・武田信玄??

2期やる気満々で終わった、織田信奈の野望でしたね。

 個人的には戦国乙女~桃色パラドックス~もそうでしたが、
歴史ものって非常に視る人を選ぶと思います。

 それは、私がそうなのですが、
歴史に弱い人間はまずそれだけでこのアニメを視たいと思わないからです。

 それは、恋姫†無双や一騎当千のような三国志物も一緒。

でも、三国志物と違うのは、日本史物の場合歴史上の出来事も絡める場合が多いと言うことです。

 三国志物はその武将の性格だけがクローズアップされることが多く、
アニメではレッドクリフ(赤壁の戦い)のような歴史上の戦いを取り上げることは少ないです。

 ですが、日本史物は、たとえば信長を扱う以上本能寺の変は避けて通れないなど、
かなりの歴史上の出来事が足かせになってきます。

 それをやらないと、歴史好きさん達からそっぽを向かれてしまうので。

そして歴史通りするとなると、自然と勝敗も決まってしまう。

桶狭間の戦いで今川義元が勝利し、織田信長が負けたというアニメは今まで視たことがありません。

 この辺がこの手のアニメの難しいところで、いくら萌え要素があっても、
いくら作画がすばらしくても、いくらシナリオが優れていても、大ヒットしない理由なんだろうなって思います。

 また、キャラクター達の性格がすでにできあがっているところも、
こういった作品が結果として似たような作品になってしまうのでしょうね。

 そんな中、この織田信奈の野望という作品は、

「史実といかに合わせながら信奈(信長)を悪魔王にさせないか」
「その主人公信奈の性格が信長とは全然ちがう」

と、かなりいままでのこういった作品とは違うスタンスで挑戦したのではないかなって思いました。

 どちらにしても、歴史ものは万人受けする内容ではありませんので、
そんな中でもこれだけ人気作品になったのは凄いなって思いました。

 さてこの作品、1クール物にしては珍しく最後総集編という形で終わりました。

おそらくストーリー構成を12話でまとめることに最初からなっていたのでしょうが、
何故?と言うのが興味深いですね。

 想像するのが・・・

・もともと12話予定で製作していたら途中で13話も放送されることとなりびっくり!(アキバレンジャーパターン

・13話の枠は最初から決まっていたが、予算上12話迄しか作る費用が捻出できなかった(みつどもえ増量中パターン

・オリンピックや不意の事件等で1話飛ばしがあるかも・・・
だから13話構成でもし放送されなかったら最終話が円盤のみとなったらさすがにやばいので(TBSアニメパターン)

・単純に話の区切りがつくのが12話で、間延びさせるわけにも、余分にエピソード入れるわけにも行かなかったため。

・この総集編を次回2期放送決定したら0話として使いたいため。予算のある内に作っておいた。

・なんとなく。

・・・・う~ん、どれでしょうね(笑)。

 どちらにしても、武田信玄登場という、とっても面白いところでFin.となった織田信奈の野望。

 是非とも2期が視たいと思う作品でした。スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

« ココロコネクト 第13話迄(TV最終回) 感想  | トップページ | 戦国コレクション 第1話・第8話・第26話(最終回) 感想 »

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

Studio五組制作」カテゴリの記事

コメント

13話の総集編は別会社が作ってますね。
なので映像を繋いだけで、声優が解説をすることも無かったのでした。

オリンピック対策とすると他のテレ東作品でも12話で終わるはずですが、貧乏神が!は
 13話まで放送してました。
やはり大人の事情じゃないでしょうか。
エキレビで読むと犬千代が自分探しをするために出掛けてトラを被るエピソードなどは
 描きたかったがカットになったと書いてましたので。
ただカット数を減らすために馬をCGで動かしたとか・・・今じゃ当たり前です。
サテライト、サンライズなど多くの会社では既に導入されてますから・・・。

背景とか丁寧に書き込んでいて作画乱れも無く、良い作品でしたね。
若干、信奈の弱さが強調され過ぎかなとは思いましたが、2期を観たいですね。
現場も最後に信玄を登場させて作る気満々でした。

信奈とのキスシーン、徳川元康以外は反対の様でしたね。
道三は期待外れに一人だけ頭を抱えてました、もう公認なのですよね。
比叡山焼き討ちをさせるために良晴が居ない状況を作っての復讐に走らせた
 展開は上手いと思いました。
良晴が無事だと魔王の行いだと止めたと思ったので。

良晴ロリ軍団が可愛い、面白い作品で目立ってましたね。
でも、もっともっと活躍して欲しかったです。
良晴ロリ軍団だけの日常回も見たかったですね。
一番人気は半兵衛のようですね、流石のスーパーサブ小倉唯さんです。

>ぬる~くまったりとさん
情報ありがとうございます。なるほど~、だとするとおっしゃるとおり大人の事情っぽいですね。
ストーリーももてあそんでいたわけではなくて、やりたかったエピソードをカットまでして12話に収めたのですから・・・。
別会社製作だったとは気づきませんでした。やはりなんの変化もなくつなぎ合わせただけの総集編は・・・視ていたものにとっては眠くなりますね(苦笑)

 姫武将組とロリ組、そして男組の棲み分けがちゃんと出来ていて、本当によくシナリオが練られた良い作品でしたね。
 比叡山焼き討ちだけ信奈単独だったんですよね。本当にその辺も良かったです。
十兵衛の嫉妬具合がハンパ無いですね~。本能寺はもしかして良晴をNTRするため十兵衛の嫉妬による事件になりそうで・・・そう言う意味でも2期がとっても視たいと思った作品でした。

今回は原作の第4巻までの内容だそうですね。
それでも内容的にははしょっていると。
おそらくラストをこの“比叡山焼き討ち”のエピソードで終わらせたいが為のエピソードカットだったんでしょうね。
原作は現在第9巻まで出ているので、第2期作るのはネタ的には可能でしょう。
ただ、情報によると、信玄とはこの後激突となりそうですが、謙信は言及はあれども姿は見えず。
真田幸村は言及すら無し。
政宗は出てるのに幸村が出ないってどういうこと?
(政宗は信長死去後に誕生してるので、歴史上見てておかしい)
納得いか~ん!
パラレルワールドなのだから、歴史通りに話が進まないのは構わない。
構わないが、絡まないのは納得できん…。
ぐぬぬぬぬ……。(ぉぃ)
それにしても「次期もやらせてくれ」というアピールがいつもの期よりも多い印象を受けます。
「アクセルワールド」、「はぐれ勇者」、「ホライゾン」、そしてこの「信奈の野望」。
「はぐれ勇者」は次の舞台にもう飛んで行っちゃったし、「ホライゾン」は原作既読組曰く「3期どころか、4期、5期と続かないと出てこない新キャラまで顔見せしてきた」との事。
スタッフは意気盛んなのが見えているので、ぜひ実現して欲しいとは思うんですが…。

>ふれいくさん
 お気持ちわかります。戦国・歴史物で好きな武将が出てこない。
しかも納得の出てこないのではなく、あれれ?で出てこないのは・・・ですよね。
 こういう作品だからこそ、その辺りって本当に難しいなって思います。
今期、2期やりたいフラグ作品、多いですね~。
結局少ない原作で新作探すより、売れてくれれば2期の方が売り上げ読めますし、
これからはこんな感じで2期フラグを大々的に立てて終わる作品が増えるのかもしれませんね。

原作枯渇が叫ばれる中、優良コンテンツは続けたい。
なので改変して終わらせるよりは2期可能な終わらせ方をするのでしょうか?

現実的にはアクセルワールドとホライゾンは売上的にも可能でしょう。
ただしホライゾンは2クール放送でその間2クール休み、1期から2期までの終わりに1年間費やしています。
しかしスタッフは2年半費やしたそうです、それだけの作画でもあります。
取り敢えずスタッフは一休みと言ったところでしょうか。
それにホライゾンはTV放送の提供が3社ついています。この放送は○△と名前を呼ばれる
 メインスポンサーが3社あります。TV局サイドでも優良ですね。
信奈は1巻が5,000枚前後と微妙な数字です。

ちなみに角○HDの4~6月期の売り上げトップ4が氷菓、ビブリア古書堂の事件手帳、テロマエロマエ、なのはです。
唯一映像化されていない、最後の隠し玉、ビブリア古書堂 は実写化かアニメ化か?

>ぬる~くまったりとさん
 昔はまだ何とかキリをつけようとする作品が多かった気がします。
オリジナル展開にしてまで決着つけた作品もありましたし。
いまは・・・おっしゃるとおりわざわざ改変してあとで大変になったり原作支持者からひんしゅくを買うより、開き直って原作通りで終わらせ、続き(2期・3期)できたらいいなぁ~、という感じになるのでしょうか。
 スポンサーがちゃんとついていれば、売り上げ関係なくても2期できますものね。
ビブリア古書堂・・・名前覚えておきます(*^_^*)

いやぁ、「ホライゾンⅡ」はホントにアルマダ海戦開戦から劇的に画の動きが変わりましたからね。
艦隊戦描写はBGMとのマッチングもあって、「アニメ史上に残る」という表現をしたくなる出来でしたよ。
8隻連結の巨大艦が高速ドリフトしたり、縦ローリングの空中一回転したりするんですよ。
ホント、想像を絶して、背筋ゾクゾクしましたわ。
まさに「サンライズ、ここにあり!」を見せてもらいました。
恐らくスタジオには作画スタッフの屍が累々と積み上がっていることと…。(ぉぃ)
「ホライゾン」は、サンライズが原作者の川上と出版元の電撃文庫に「ぜひやらせてください」と頼み込んでアニメ化した企画ですからね。
サンライズとしてはどうしても失敗できない作品だったわけなんで、もう意地を見せましたね。
素晴らしいものを見せてもらいました。
第3期やるにしても、確かに少し休まないと…とは思いますよ、あれは。

>ふれいくさん
結局ホライゾンは私1期・2期共にレコーダーから円盤に焼いてそのまま・・・f^_^;。
Fate/zeroも同じパターンに・・・f^_^;。
ホライゾンの評価や評判取っても良いので、3期は有ると良いですよね。
でも、そうなると時間的な間が・・・
開きすぎるとよっぽどうまくやらないと新規を取り込みにくい。
この辺りうまくやってくれるかですよね。
・・・・っと、時間作って私はホライゾンみなくっちゃあ・・・f^_^;

〉かめラスカルさん
できれば今週末の3連休で一気視聴をお薦めします。(特に予定がなければですが)
第1期のラストももちろんBOY meets GIRLのストーリーでいいのですが、この第1期から第2期前半があって、最高に燃える戦闘シーンに繋がるのです。
「静の京アニ、動のサンライズ」
その実力をぜひお楽しみください。

>ふれいくさん
ありがとうございます!
この3連休は予定が一部あるので、全話は視られないかもしれませんが、出来たら視てみたいと思います。

Fate/Zeroの方が裏設定が少なくて見やすいとは思います。
ただし鬱になります・・・(ノд・。)
もうフラストレーション溜まりまくりですangry
前期はまだ良いですが、後期は色々大変でThis is 虚渕ですね。

ホライゾンは下手なWikiサイトを参照するとネタバレが有ります。
お勧めはこちらのサイトです。

 http://www18.atwiki.jp/senesis/

これ以外にも疑問点が生じるとは思いますが・・・
1期の第2,3,4話は同一日を視点を変えただけです、念のため。

>ぬる〜くまったりとさん
さらに情報ありがとうございます。
ホライズンは小野監督ですし、出来るだけ時間を作って視たいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55710250

この記事へのトラックバック一覧です: 織田信奈の野望 第13話迄(最終回) 感想:

» 織田信奈の野望 第12話「天下布武」 [ボヘミアンな京都住まい]
「呼ぶなら私の名前を呼びやがれです!」 信奈よりツンデレひどいってどんだけ・・・てかNTRる気満々ですか?!(笑) でも彼女が裸で温めてくれたから正気に戻ったわけで、フォローにキスの1つでもしてあげればよかったのに、良晴も甲斐性のないことよ(苦笑)。 良晴が渡したスマホのおかげで助かっただけでなく平常心と希望を取り戻した信奈。朝倉軍と近衛前久を退かせ、比叡山延焼もどうにか中途で止められたしで、まぁなんとか良い最終回で話が収まりましたね。せっかく再会を果たしたのにご褒美もお預けなんて、さすがかな恵ちゃ... [続きを読む]

» 織田信奈の野望 テレ東(9/23)#12終 [ぬる~くまったりと]
第12話 最終回 天下布武 公式サイトから良晴、帰らず。悲嘆の淵に沈む信奈は弔い合戦だと、敵が立て籠もる 聖地・比叡山を包囲する。歴史通りなら織田信長は比叡山を焼き討ちし、乱世の魔王へと成り果てた。 「お前に魔王は似合わない。今のままの信奈でいてくれ!」 そう訴え続けた良晴はもう信奈のそばにいない。陰謀と共に日本を支配しようとする諸悪の根源たちは目の前にいる。 はたして織田信奈が選んだ道は――! 坂本より比叡山を侵攻する織田正規軍。横川登山口からは河尻秀隆、中川重政率いる1500兵。田の谷峠は美濃三... [続きを読む]

» 織田信奈の野望 第13話(終) 『総集編』 追加シーンあるかな?それとも声優によるAC仕立て? [こいさんの放送中アニメの感想]
見た感じ追加シーンはありません。追加収録によるAC=オーディオコメンタリー仕立てにもなってない。個人的には信奈役の伊藤かな恵と斎藤道三役の麦人の掛け合いとか見たかった。結局のところ1~12話までの再構成。見事なまでに普通の総集編だった。う~ん、ずっと見てきた人間からすると何とも物足りない。 二期があれば生きてくる総集編。好意的に解釈するなら、二期で興味が出たけど一期を全部見るのは面倒。そういう新規ユーザー向けに作った総集編と言えるでしょう。もともと歴史物がベースになっているので、通常のファンタジーよ... [続きを読む]

» 織田信奈の野望 第12話 天下布武 [ゲーム漬け]
信奈率いる大軍勢は比叡山へ進行。 しかし、そこは天然の要塞であり、罠もたっぷり。 ここに誘いこんで信奈を亡き者にしようという陰謀が渦巻きます。 それゆえに埒が明かず、 ... [続きを読む]

« ココロコネクト 第13話迄(TV最終回) 感想  | トップページ | 戦国コレクション 第1話・第8話・第26話(最終回) 感想 »