フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« アクセル・ワールド OVA #EX01(銀翼の覚醒版) 感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい! 第2話迄 感想 »

2012年10月10日 (水)

輪廻のラグランジェ OVA鴨川デイズ 感想

アステリアは、新年の挨拶は「にゃぁ」と言うのだと教えてくれましたが、

多分それは嘘なのでしょうね。

ランちゃん疑り深くなってるw。でも、嘘でも良いから「にゃあ」はやって欲しいぞ(笑)。

にゃあ!

まどかはやってくれたんだからさぁ~(笑)

Img_character_01

 3連休友人が貸してくれたゲームとセット売りしているOVAは実は2枚。

昨日のアクセル・ワールドに続き、今日はラグりんです。

 これ、OVA・・・しかもゲームとセットではだめでしょう!!

せめて単独で販売しなきゃぁ~~~~~!!

それほど良くできていて、それでいてとっても重要な伏線をばらまいてくれました。

・・・・2期始まる前に視たかったなぁ・・・・



輪廻のラグランジェ OVA鴨川デイズ インプレッション

season1(アメブロにリンク)
ファーストインプレッション 4話迄      2ndインプレッション 6話迄
3rdインプレッション 8話迄         4thインプレッション 10話迄
クライマックスインプレッション 11話    ラストインプレッション 12話
season2
先行配信インプレッション 1話       ファーストインプレッション 3話迄
2ndインプレッション 4話          3rdインプレッション 5話 
4thインプレッション 6話           5thインプレッション 7話  
6thインプレッション 9話迄         クライマックスインプレッション 11話 
ラストインプレッション 12話  

↓鴨川デイズ公式HP
Bg

●あらすじ (かなり詳しく書いてあるので、ネタバレ注意)

Img_03

ああ~~~~~~~~~~~~ん♡

 いきなりあえぐまどかからスタート!!だが・・・・・・・

暑~~~~~~~~~~~~~~い!!

 クリスマスをマダガスカル・・・いや、マダガスカルに来ているファロスで過ごしていたのだ。

マダガスカル海中下に眠る都市の遺跡、
そしてそこから発するウォクス粒子の調査にようこ姉と同行させられていたのだ。

 そんな中、29回もの起動実験をしてもみどりことウォクス・アウラは動かなかった・・・・

 マダガスカルの調査・アウラが動かないことに考えが一区切りできたアステリアは、
まどかの任務を解き、鴨川に帰省することを許可する。

 新年を鴨女の友達と、そしてB.W.H.で過ごすまどか。
年賀状には・・・なんとランとムギナミからも届いていたのだ。

 ランはディセルマイン兄の手助けをするため、姫としてポリヘドロン内を駆け回っていた。

 一方ムギナミは1期最終話でディセルマインに撃たれたヴィラジュリオを助けた後、キッスに戻り、
こちらも、なんとデ・メトリオの王になったヴィラジュリオの近衛部隊になっていたのだった。

 そんな近況報告の手紙を読み、自分の年賀状は届いたかな?と心配するまどかだったが、
ふと手紙の異変に気づく。

 ランもムギナミも、お互いのことは一言も書いていない・・・2人とも忙しくて会えてないのかな?

 果たしてまどかからの年賀状は、ラン・ムギナミに無事届いていた。

まどかからの年賀状をみて、ランもムギナミも有ることに気づく。

2033年5月11日・・・そう、それはまどか18回目の誕生日。

 ランはまどかのプレゼントのために、お姫様にもかかわらず、普通にウエイトレスのアルバイトをしてプレゼント代を捻出する。

 ムギナミは生まれ故郷の惑星ウゴーの住民をデ・メトリオに移住させる仕事をしていた。

Img_02

 

 そんな事をまどかはつゆ知らず、地球ではまどかやキリウス達ダメトリオが大人気のバレンタインも過ぎ、
卒業式も終わり、晴れて新年度がやってきた。

 3年生になったまどかは、2期8話でメインになった三木れいこに入学式典で胸に花をつける。

 ・・・・故障していないのに全然動かないウォクス・アウラは、ついにモスボールされることになった。
(※モスボール:兵器をまたいつか使うためにラッピングして保管すること)

 また、ファロスでは5月にマダガスカル海底に沈むウォクス遺跡を発掘することが決定された。

5月と聞いてようこさんは、まどかの誕生日を思い出す。
でも、もしかしたらまどかは自分の誕生日を忘れているのではないかと・・・

女子校生が自分の誕生日忘れる!?ジャージ部魂かねぇ・・・

と驚くは田所さんだった。
そんな中、空気を読むようにアステリアは田所達にとある指令を下す。

 一方ランとムギナミは偶然にも同じ日にポリヘドロン一の商業施設(非武装中立惑星)で
まどかへの誕生日プレゼントを別々に探す。

 そこでやっていたイベントは・・・・

鴨川エキスポ!!

地球で一番おしゃれな街鴨川を完全再現した鴨川万博だった!!(大爆笑)

魚見塚展望台・鴨川漁港・鴨川シーワールドはもちろんのこと、
ヴィラジュリオが変な服を買ったあのお店・B.W.H.まで・・・各パビリオンはほぼ完璧なレプリカ!

 ランとムギナミは別々の行動にも関わらず、2人とも鴨女の制服を買い、別々で母校だった鴨女パビリオンへ向かう。

・・・が、残念ながら鴨女は映像で、パビリオンで完全再現はされていたなったのだ・・・

 がっかりするランは気を取り直し、B.W.H.パビリオンでずっと食べたかったサンガ焼バーガーを食べるが・・・

 ちがうわ・・・これは本当のサンガ焼じゃない・・・・

同じ事を指摘した人がいたのを聞いたランは、ムギナミが来ていることに気づき、
ついにムギナミラン再会する。

 一緒に鴨川エナジーを飲みながら当時のことを話す2人。

 この味は再現しなくて良かったのに・・・・

どうやらランは鴨川エナジーが苦手らしい(笑)。

 今度は2人一緒にまどかの誕生日プレゼントを楽しくさがすランとムギナミ。
2人で一つのラッピングにしてまどかの元に発送し・・・2人の気持ちを伝え合い、そして別れるのだった。

かしこまり!
わん!

・・・私達はジャージ部魂を忘れない・・・・

 数日後の5月11日にはじまる、鴨女体育祭。

それがなんと全宇宙に生中継された!!(やりすぎ・・・大爆笑)

レ・ガリテ、モイド提供の光より速いハイパーウェーブ回線でそれをさせたのはもちろんアステリア。

そう、田所さん達が受けた指令はこれだったのです。

 宇宙に生中継されているのを知り、ランとムギナミにも届けと、まどか達鴨女の仲間達は

ラン、ムギナミ、見えてる~?わたしたちは・・・・元気だよーーーー!!
だから頑張ってね~

エールを送るのだった。

まるっ!

 

 体育祭も終わり、家に帰ると誰もいなかった。

私の誕生日も後残すところ6時間ですなぁ~。

 まどかは女子校生らしくちゃんと誕生日を覚えていた。
そこへ届く・・・・ランとムギナミからのバースデープレゼント(気合い結び用の髪留め)とメッセージ!

前の手紙とは違い、2人一緒だったのに心から喜ぶまどか!!

 そんなまどかに突然声がかかる!

・・・・そう、B.W.H.で鴨女・ファロスメンバー全員によるまどかのバースデーサプライズパーティだった。

そして、宇宙でランとムギナミもお祝いする・・・・まどかに送った髪留めの色違いをブレスレットにして・・・

20121009_184546bmp



●感想 

 あらすじ長くてすみません・・・・

最近は出来るだけあらすじは簡素に、ネタばれも最小限に・・・と心がけていますが・・・

今回は無理でした(苦笑)。

 約44分のOVA作品なのでTV感想よりも詳しく書きますから、
長くなるとは想定しましたが、それでも昨日のアクセル・ワールドのほぼ二倍。

つまり、それほど面白かったのと、内容が濃かったんですよね。

ここは別に書かなくて飛ばしていいか、というところが本当になくて、結局はほぼあらすじを網羅してしまいました。

ので、かなりの、いや、完全ネタバレになってしまっています。

 ・・・・が、私のように8月発売の作品を今視たり、まだご覧になって見えない方はゲームとセットだし、
当然レンタルもないので、これからも視ないでしょうから、まあ今さらですし細かく書いてもいいかと・・・(笑)

 単独なら安くなってきているのでまだまだ買う人もみえるでしょうが、ゲームとセットの場合、
ゲームいらない人は安くなってもかなり躊躇しますよね。これ。

 そして当然、レンタルDVD屋にも並ばない。
(最近は私も愛用している楽天レンタルのようにネットレンタルがあるのでコアな作品でも借りられるのはありがたいです・・・が、この作品はゲームですので並びません!!)

なので、この作品を視ることが出来るのは、かなりコアでお金を払えるなラグりんファンか、
ゲーム好きぐらいだと思います。

 なら、こういうOVAはあくまでサービス中心のおまけエピソードで充分だと思うんですけどね。
 昨日のアクセル・ワールドも、原作にはないゲーム用オリジナルストーリーなので、まあ許せるのですが。

なのにこの作品ときたら・・・

 正直2期始める前に、ニコ生でもバンダイチャンネルでも・・・一回これを流しておけば、
かなりseason2の視たイメージが変わると思う・・・と言うほどの内容でした。

 これ放映したの、イベントだけでしたものね(後ごく一部の映画館?)。
その人達だけが2期前に鴨川デイズを観られたと。

・ミドリが袋に入っていたのは、ギャグじゃなくて、モスボールというちゃんとした理由があった
・ヴィラジュリオ達が鴨川エナジーを普通に飲んでいたり、宇宙でも鴨川が普通に認知されていたのは鴨川エキスポがあったから。
・あのファロスにいきなりあった石版はどこから、そしてどうして引き上げることにしたのか。
・ムギナミがヴィラジュリオの近衛部隊に入っていたのは、
ヴィラジュリオが惑星ウゴーを完全放棄して・・・それだからこそデ・メトリオの王になる決心をしたから。
・三木れいこがまどかをマークしたのは入学式の時からすでにだった。
・11話で最終決戦に行くときまどかが気合い結びした髪結いは、実は2人からの誕生日プレゼントだった。

などなど・・・まあ、くだらないこともありますが、かなり本編内でこのOVAの伏線回収をしています。

 そして、もっとも重要だったのは、まどか・ラン・ムギナミの3人が本当にあれ以来会えなかったことと、
それでもこうやって3人がお互いを思って、そしれアステリア他周りの人達も協力して、
離れていても3人の絆が強くなっていったんだなぁ・・・ということでした。

 アレがあるから、そりゃあ田所さん、1話でムギナミを助けるメッセージを流しますよ。

 また、まどかがあの別れ以降、ランとムギナミが宇宙で会っていないこと、
手紙にお互いのことが一切書かれていないことを凄く気にしていたこともわかりました。

 で、最後2人一緒、同じ袋でのプレゼントは、うれしかったでしょうねぇ~~。
だからこそ、あの最終決戦でまどかはあの髪結いを使ったのですね。

 個人的にはランやムギナミも一緒に買った自分の色の髪結いを手首に巻いて欲しかったかなぁ~。
 ・・・と、2期のクライマックスにリクエストしたくなるほどの内容でしたよ。

正直、それほど2期の見方が変わると言っても過言ではない、とっても良いエピソードでした。

 それを・・・2期始まる前に観られたのはイベントにいった人達だけ、
お金を出してくれるラグりんファンが視られるのは(ゲーム発売日は)、すでに2期も佳境に入っている8月下旬。

 んでもって私のようなお金を出せない、普通のアニメファンは、レンタルでも視られないから、
今回のように運が良くなかったら絶対に視られない。

 これ、映画とか単独OVAなら視られる可能性があるのですよ。劇場にいったり、レンタルに出てきたり・・・

 ゲームとセットはちょっと勘弁して欲しかったなぁ・・・・。

でも、イベントに行くことが出来なかった、お金を出して応援しているラグりんファンも、
多分これを8月下旬にみさせられたのは・・・

勘弁してよ~~、もっと早くみせてよ~って思ったのではないかな~って、私は感じました。

 また、この作品、なんとオーディをコメンタリーまで入っているんですよ!!

キャストはまどか役:石原夏織さん、ようこ役:能登麻美子さん、ひろし役:浜田賢二さん。
そしてスタッフからは脚本の森田繁さん、アニメーションPの千野孝敏さん。

 まどか一家の家族構成で語られないところや(一例:ひろしの奥さんはオーストラリア人のサーファーでようこ産んだ後に逃げられたとか・・・)、
B.W.H.、最初はBig Wave HIROSHIの略称だったとか、サンガ焼きバーガーや鴨川汁誕生秘話とか、
まどかの誕生日が何故5月11日になったのかとか・・・

 かなり楽しい裏話が45分間繰り広げられます。

 視て損はない作品ですし、2ヶ月経ったので今ならamazonでは4千円ちょっですから、
45分弱作品ですし、オーディオコメンタリーもありますし、他のOVAよりかは割安だと思うので、
もし視る余裕がございましたらご覧になっても損はない作品だと思います。

「輪廻のラグランジェ -鴨川デイズ-」GAME&OVA Hybrid Disc (初回生産版) \4,280-

 でも・・・ゲームしない人がゲーム買ってもね・・・と普通思いますよね。

OVA買ったらおまけにゲームついて来てお得!と思っている人はとっくの昔に買っていると思いますので。

Topbg730x1536

 最後に・・・鴨川凄すぎ・・・・

宇宙で万博するほどになっているとは・・・・・

しかし、普通のお店がパビリオンになっているって、どうよ!?

B.W.H.を始め、お店の人達にはパテント料入って来たのかな??(爆笑)

 その鴨川、今週末10月13日(土)・14日(日)はリアル「おらが祭」ですよ。

「ラグりんまつり2012 in 鴨川 ~2032年の鴨川に誓いを込めて、まるっ!~」開催!

 天気にも恵まれ、是非盛況&成功に終わって欲しいなって思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   
 ワンクリックいただけると励みになります

T01700060_0170006011767998382





輪廻のラグランジェ 応援バナー輪廻のラグランジェ 応援バナー輪廻のラグランジェ 応援バナー



そこあに

« アクセル・ワールド OVA #EX01(銀翼の覚醒版) 感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい! 第2話迄 感想 »

2012 冬アニメ」カテゴリの記事

2012 夏アニメ」カテゴリの記事

佐藤竜雄作品」カテゴリの記事

OVA作品」カテゴリの記事

コメント

これもゲーム付でしたか・・・ゲームはどうだったのでしょうね。
でも価格からすると、内容は・・・?

ゲームにすると、販売店舗が増やせるというメリットは有りますね。
ゲームの場合は中古販売店があるので、見つけられれば安く買えますね。
それとBDなのでコピーされないという意識も有るのかも。
確かに全国10館で先行上映してました。
機会が有れば見てみたいですね。

>ぬる〜くまったりとさん
10館で上映していましたか‼
思ったより劇場数多くてびっくりしました。
だとすると名古屋でも上映していたんだろうなあ。
こちらの方はさらに凄くてハイブリッドディスクですからね。OVAとゲームで一枚のディスク。
凄い技術で45分の劇場公開した物語入っているのにジャンルはゲーム(;^_^A
まあ仕方ないですかね。
逆に限定版ではないので、待てば中古ゲーム屋で見つけやすいかも知れませんね。
日常パートオンリーでしたが、とても良くできていて楽しめました。

マクロスFの劇場版も同じハイブリッドですね。
ブートローダーがファイル名を参照して複数あればどちらを起動するか
 プロンプトを返すのでしょうね。
ゲームと映像で決まったファイル名なのでしょうね。

先行上映は大都市を網羅したみたいで名古屋でも開催されてましたよ。

>ぬる~くまったりとさん
ハイブリッドディスクって本当うまいこと出来ていますよね。
すごく良い技術で、コピーガードにもなるのでコレには賛成ですが、
販売ルートをゲームだけではなくてビデオルートにも流して欲しいんですよね・・・
そうすればレンタルビデオ市場にも出てくるので。
まあ、まりいさん曰く、買わない客はただの客ですから、知ったこっちゃないのでしょうね。
 名古屋でも上映していたのですね~。正直全然知りませんでした(×_×;)。
ということは、この鴨川デイズって、OVAではなくて「劇場版 輪廻のラグランジェ」ですか?
 私はOVAレベルのものを単純鴨川や都内の劇場を借りてイベントレベルで流していただけだと思っていました。
ほんとすんません・・・知らなくて(×_×;)。
 本分書き直そうかと思いましたが、どう書いて良いかわからないのでこのままにしておきます。劇場公開の情報ありがとうございました。

「にゃあ」はルリルリから引っ張っているのかな?モーパイ弁天丸の艦橋もナデシコ踏襲してるデザインだったし、監督の趣味ですね。
うーん観たい!が、ゲームやらないしゲーム機自体も持ってない。周りにゲームまでやる人間もいない。
詰んでますな。

こういうのは勘弁してほしい。せめて劇場版を知っていれば観れたかも?
そもそもゲームや劇場版の宣伝を見た記憶が無いですが、やってましたかね?先日の問題と一緒?


特殊な販売方法はCDを本屋に並べたのが始まりだと思います。
あちらはオリコンに左右されたくない。販路が増える。CD買わない人の目にとまる。ってのが大きかった様です。最近はラノベや漫画で増えてますね。


さあ鈴鹿終わったし、明日から茂木行ってまた鈴鹿。たまっている上に新番組もたまっていく~

OVAの認識で合ってると思いますよ。
公式サイトでもそうの様に記述されてますから。
2週間だけの先行上映ですから。
最近は映画界もコンテンツ不足なのではないでしょうか?

制作がバンダイナムコなのでゲームの販路しか持っていないのですね。
バンダイビジュアルならビデオの販路になりそうですが。

>たーさんさん
 F-1お疲れ様でした!!
小林可夢偉表彰台でしたから盛り上がりましたよね~!久しぶりにF-1視ようかなと思って探したら・・・いつの間にかBSに行ってしまっていました。
 それの気づかなかったほどF-1の興味が薄れていたんだなぁ・・・。昔は全戦必ず視たのに。おかげで寝不足で次の日大変とかでしたよ・・・・。
本当最近はハコ車ばかり視るようになってしまいました・・・・。
 いよいよもって今月末が茂木、最終戦ですね。明日からと言うことは、MOTOGPですか!バイクレースみたいですが、本当テレビでやらなくなりましたよね・・・(×_×;)。
 ということで、閑話休題、ラグりんですが、本当、ところどころにサトタツ節がこそっと入っていますよね。
ラグりんはシリアスになりきらないのがいいんですよね。最終回視ていっそうそう思いました。
 鴨川デイズのCMは・・・中部地区ですとおっしゃるとおりほとんど見なかったです。
中京テレビ、緋色の欠片でしたから私が視ていなかったからかもしれませんが。
なので、私もOVAでの発売だと思っていて、劇場は鴨川イベント関連で先行上映しているのを知っていたぐらいでした。
 最近はブックオフに行った方が、いろいろな中古を見つけることが出来るって思うようになりました(苦笑)。

>ぬる~くまったりとさん
 もともとは劇場版ではなくて、OVAを劇場で先行上映した・・・という認識でよいのですね。
ありがとうございます。納得しました。
 最近はハイビジョン映像でのテレビ放映と、デジタルフィルムになったために、
映画館で簡単にテレビ画面をプロジェクターで映せますものね。
先日のたまゆら先行配信イベントみたいに、テレビの先行放送や1話先取りイベントを劇場でやるようになりました。
 集客力が有るイベントなら、コンテンツ不足で同じ映画を複数の部屋でやるよりずっと良いですよね。
 販路の問題は何とかならないものですかねぇ~。本当それは昔から思います。
おもちゃルートとビデオルート、そして本のルート・・・これだけメディアミックスされるようになったのに未だに別々ですものね。
 困ったものです・・・(×_×;)

ご覧になられましたか。
面白かったでしょ。
そして、私が「Season2の前にこれを放送すべきだった」と書いた理由をお分かり頂けたと思います。
Season1とSeason2の見事な架け橋になってるんですよ。
ちなみにあの髪飾りはSeason2のOPの中盤以降もまどかは着けてます。
同時収録のゲームは「鴨川ドリームマッチ」という比較的普通のシューティングゲーム。
アウラ、リンファ、イグニスの3体のウォクスから1体を選びプレイするゲームです。
条件をクリアすると、デ・メトリオ3人組のオービット(リベルタス、ウォルンタス、テネリタス)を使えるようになるそうです。
ただ、一番の見所は途中でカットインされる3人娘の胸の揺れ具合。(ぉぃ)
これは同じバンダイナムコグループのバンプレストが製作してる「スーパーロボット大戦」シリーズからの流れもあってと思われます。
ムギナミはボヨンボヨンと暴れ(爆笑)、まどかはプリンプリンと揺れ(笑)、ランは……聴かないで。(ぉぃ)
商流面の問題はなかなか難しいんでしょうねぇ…。
それから1部と2部の間を埋める話を、今回のように1話分だけしか作らない場合だと、採算がどうしても採れないのでしょう。
なので、いろいろとタイアップを考えた結果の1つの方向性なのでしょう。
逆に同じグループに複数のメディア企業があったからできたとも考えられます。
そういえば、TOKYO-MXやチバテレなんかは、Season2の本放送や他のバンダイビジュアル主体の番組でかなりCMが流れていたんですが、東海地区では違ったんですかね。

個人的には冒頭の上原のサービスショット(水着姿)と、ラストのまちこの異様に艶っぽい酔っ払い姿が好きでした。(ぉぃ)
でも一番は、ランとムギナミが商業施設で別れる時、お互いの決まり文句を交換したところですね。
「ワン!」(byムギナミ)
「かしこまり!」(byラン)
2人の心の繋がりを確認できた素敵なシーンでした。

>ふれいくさん
おっしゃるとおり面白かったです。そしてみごとな架け橋になっていただけに、2期前に本当視たかったですね~。
私はPS3を持っていないのでゲームはプレイしていませんが、ラグりんチャンネルで胸の揺れ具合はみましたよ。ランちゃん以外は揺れていましたね(笑)。
ただ、ムギナミの揺れかたは不自然すぎるだろう・・・というほどに(笑)。
 中部地区はほとんどCMは流れませんでした・・・。
たーさんさんのコメントでもございますが、そう言う意味でも温度差が・・・正直有りました。
ランとムギナミがお互いの決めぜりふを交換したシーンは良かったですね~。
しかも、ランから言ったところもいいなって思いました。

〉かめラスカルさん
「あの頃、離ればなれだった私達の、揺れる想い、揺れる友情、揺れる、む?」
ここでプルンと揺れるまどかの胸。(爆笑)
「輪廻のラグランジェ 鴨川デイズ、豪華特典もマルッ!」
これがCMでした。
まどかの胸が揺れないVer.もあった気がしましたが、忘れる事にしました。(ぉぃ)
ところで、関東で「えびてん」第2話放送。
やはりタイトルロゴ、アイキャッチはセーラームーン仕様に変わってましたね。
それから変身バンク、確かにパーフェクトコピーだったみたいですね。
パーフェクト過ぎてフルモザイクでしたけど。(笑)
さて、注目のEDは、「ムーンライト伝説」…ではなくて、「デリケートに好きして」。(ぇ)
そう、「魔法の天使クリーミーマミ」のOPのカバーという、またもや変化球を投げてきました。(ぉ)
歌うは、野水伊織。
前回の西明日香より遥かに聴けた。(ぉぃ)
EDアニメも前回と変えて、副部長フューチャーVer.でした。
う~ん、来週が怖い……。(苦笑)

>ふれいくさん
 なるほど!!・・・・一度だけで良いですから、とぉ~~っても視てみたいです。(笑)
じょしらくみたいに「一回で良いか」と言うかもしれませんが(爆笑)。
 「えびてん」2話、なんと!変身バンクフルモザイクだったのですか!!??
ニコ生ではノーモザイクでしたのに・・・やはりテレビ放送では出来ないのですかぁ・・・
あのシーンが視れなかったら、全然面白くないと思うんですけど・・・2話(爆笑)。
 そして、まさかのデリケートに好きして!!
ムーンライト伝説はダメでも乙女のポリシー辺りはあり得るのかなって思っていましたが・・・
変身バンクNo!の瞬間EDも消えたのでしょうね・・・・苦笑。
セーラームーン25周年で、来年夏アニメ化ですから、無理だったのでしょうねぇ~。
 完全にそらのおとしものパターンで黄木弐悠Pの趣味丸出しみたいな(笑)。
来週いよいよウルトラマン回!個人的には結構楽しめた記憶が有ります。
EDが気になりますねぇ~~。うわ、視たいなぁ~。(笑)

このパロディって正式に許可を取ろうとさえしていないのではないでしょうか?
各自の判断で勝手にOKとかNGとかでモザイク入れているような気がします。
この作品なら相手に送付して許可を取る事も出来たと思うのですが・・・既に出来上がっているはずだから・・・
もし正式に許可を取ろうとしていないのならアジア諸外国のパクリと大差ないかもしれない・・・
えびてん以外も全てパロディは制作の時間が足りないのでと許可申請していないのでは?

氷菓は正式に許可を取ってエンドロールにSpecial thanks to XXXと
 使用先の名前を明記していました。

>ぬる~くまったりとさん
 まさかの変身バンクモザイクに聞いてびっくりでした。
もしかしたら、おっしゃるとおりの展開で、先行配信の時は勢いでやって、
TV放送に合わせて許可取りに行ったら「×」だったのかもしれませんね。
先日ニコ動で一緒放送された「生徒会の一存」は許可取っていました。
ストパンのパロでは“協力 GONZO”って出ていましたからね~。
 少なくともえびてんに関してはメインのパロディ(今回ならセーラームーン)に対しては
許可を取りに行っていると・・・思いたいですが・・・・
モザイクで怪しくなってしまいましたね・・・・f^_^;。
         
※ちなみにニコ動で探したセーラームーンノーモザイクバージョン比較動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18453423

※そして・・・YOUTUBEで見つけました。クリィミーマミパロED。
これは・・・マミ好きでしたので個人的にツボです!(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=X-T0Qd7Vpi4

ストパンと生徒会の一存って同じ角○だから担当者が動いたような感じですね。
アニメ制作会社って小さな会社が多いので、そこまで手が回らない。
もしくはコネが無くて連絡先さえ知らないとか勘ぐってしまいますね。

氷菓は京アニなので歴史が有る会社なので組織もしっかりしているのでしょう。
秘密のアッコちゃんのコスプレに対しての許可でしたが当初は気づかなかったです。
虫プロと赤塚プロに対して許可を取っていました。
この二つは権利関係もはっきりしていて取得しやすいのかもしれませんが・・・

>ぬる~くまったりとさん
 同じ製作会社や同じ円盤の会社とかですと、許可は取りやすいのでしょうね。
それに対し、ちゃんと虫プロ・赤塚プロに話を通した京アニは見事ですね。
アニメの内容にもよって、ちゃんとしたリスペクトか、単なるおちゃらけパクリパロかによっても違うと思いますしね。
 さて、えびてんこの先もTV放送はモザイクばかりになるのかどうか・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55842148

この記事へのトラックバック一覧です: 輪廻のラグランジェ OVA鴨川デイズ 感想:

« アクセル・ワールド OVA #EX01(銀翼の覚醒版) 感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい! 第2話迄 感想 »