フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ガールズ&パンツァー 第4話 感想 | トップページ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第3話 感想 »

2012年11月 2日 (金)

神様はじめました 第5話迄 感想

お前には指一本触れさせない!!

・・・うそつき。巴衛、私はここだよ。神使なら・・・早く・・・助けに来い・・・

すまなかった。俺が目をそらしたばかりに・・・

転んだだけでが出るなら、木から落ちたら死ぬんじゃないか?

・・・・危うい・・・そんな生き物が俺の拠り所なのだ・・・・

壊れないように・・・壊さないように・・・

奈々生をほしがる妖蛇瑞希

そして巴衛をほしがる雷神鳴神姫

奈々生と巴衛を引き離して手に入れようとする白蛇の元聖神使天の(雷)神

果たしてミカゲ神社・神と神使の二人は・・・・・



神様はじめました 4th インプレッション 5話迄

ファーストインプレッション 1話  2ndインプレッション 2話 
3rdインプレッション 3話     4thインプレッション 5話迄  
5thインプレッション 7話迄    6thインプレッション 9話迄  
7thインプレッション 11話迄   


↓公式HP
Kamisama



●キャラクター

Photo

左から

桃園奈々生(ももぞの ななみ cv三森すずこ):主人公でありヒロイン。ひょんな事からミカゲ神社の土地神になる。

巴衛(ともえ cv立花慎之介):野狐の妖かし。前に仕えていたミカゲから奈々生に神使として仕えることになってしまった。

鞍馬(くらま cv岸尾だいすけ):鞍馬天狗。なぜか人間界に来てビジュアル系アイドルKURAMAとして活躍中。

ミカゲ(cv石田彰):ミカゲ神社の土地神。20年前に巴衛達を置いてミカゲ神社を出て行ってしまった。ひょんな事からであった奈々生に土地神の座を譲る。

虎徹(こてつ cv大久保ちか):鬼火童子という、ミカゲ神社の精霊。ひょっとこの面をかぶっている。人間からは見えない。

鬼切(おにきり cv新子夏代):子徹同様、鬼火童子という、ミカゲ神社の精霊。おかめの面をかぶっている。人間からは見えない。

沼皇女(ぬまのひめみこ cvほっちゃん:堀江由衣):ミカゲ神社の守護地の沼にいるナマズの化身。人間の男の子に恋をした(言ってみれば奈々生&巴衛の逆)。

瑞希(cv岡本信彦):元ヨノモリ社(水神)の聖神使だった白蛇。だが社がダムの湖底に沈み、一人残された。奈々生を嫁にしたがっている。

001_dmy

 

●あらすじ     (ネタバレ注意)

Sum04

 学校で教室に迷い込んでいじめられている白ヘビを、神様のお使いと逃がしてやる奈々生。

だが、それ以降腕に妙なアザがつく。

これは、蛇の御手付きだ。簡単に言えば、蛇との婚約の印だ。

巴衛は蛇なんぞに主人をとられては自分の名に傷がつくと、次の日から奈々生の学校に学生となって入ってくる。

 思いっきり巴衛を意識する奈々生に対して普段通りの巴衛。

だが、巴衛がちょっと居眠りしているタイミングで白蛇に奈々生を奪われる。

白蛇の名前は瑞希。ヨノモリ社(水神)の聖神使だった。

 奈々生を嫁に決めた瑞希に対して奈々生は逃げようとするがどうしても逃げられない。

だが、奈々生はヨノモリ社に何かが足りないのに気がつく。

・・・そう、もうヨノモリ社には神がいなくなっていたのだ。

村人の手によって作られた水神の社がダムの底に沈み、
人がいなくなった事で神のヨノモリ様(cv能登麻美子)がお隠れになってしまったのだった。

瑞希は帰らぬ神をずっと一人で待ち、ヨノモリ社を一人守っていたのだった・・・

 奈々生を嫁にしようとするところに助けに入る巴衛。

最後のヨノモリ様の拠り所・・・梅の木しか残っていない瑞希を許し、巴衛と一緒に帰る奈々生だった。

Sum05

巴衛ちょーだい!

嫌です!!

 ミカゲからずっと巴衛をほしがっていたが拒否され続けてい天に社を持つ神、雷神鳴神姫(cv氷青)

どうしてこんな娘が、ミカゲ社の神になっているのです??

ミカゲが家出して人間の神使になっていると聞き、桃園奈々生を見定める(巴衛を奪う)ことにする。

 巴衛は自分のところに雷神姫がやってくると思っていたが・・・ターゲットはもちろん奈々生。

結界を張り、人間からミカゲ社を引き取ると学校に乗り込んでくる。

 鳴神姫は巴衛を打ち出の小槌で小さくしてしまい、奈々生からミカゲの印(神の証)を取り上げてしまう。

 鳴神姫はミカゲ社の神になり、巴衛には

元に戻りたかったら社に来て私の神使となれ

といいその場を去っていく。

 小さくなった巴衛は妖力を受け止めることが出来ず身体から熱を発散して倒れる。

そこに偶然現れた鞍馬に奈々生と巴衛はかくまってもらう。

 だが巴衛は奈々生から離れ、鳴神姫のところに行く・・・いや、ミカゲ社に行く。

きつかったのは多分こんな自分をお前に見られていたせいだ・・・

残された奈々生をフォローしたのは鞍馬だった。鞍馬の羽根をもらい、妖かしが見られるようにしてくれる。

そしたら・・・ずっとずっと奈々生のそばで虎徹と鬼切が泣いていたのだった・・・

 隠れた巴衛を探しに奈々生はミカゲ社に行き、肩についた蝶(ミカゲ)の手助けもあり、
奈々生は巴衛を見つけ出す。

 奈々生を取り上げてもミカゲの鏡に隠れていた程操を立てていた巴衛を鳴神姫はようやくあきらめ、
打ち出の小槌とミカゲの印を残して帰ってしまった。

奈々生は土地神に、巴衛は元の姿に戻った。

そして・・・・再度神使の契約を今度は巴衛の方から奈々生の方へ・・・するのだった。

最上級の感謝を!神使の再契約だ。

・・・それは・・・ずっと一緒の・・・約束の印。

Mainkami

●感想

 鞍馬と違い、今度は奈々生を嫁に欲しいポジションである元聖神使・瑞希。

妖狐×僕SSですと恋のライバルになるのですが、いかんせん巴衛にとって奈々生は恋人として守る人ではありません。

 単なる、自分の居場所を作ってくれる大切なご主人様。

だから学校でも奈々生のクラスメイトに平気で「奈々生は俺の主人」と言います。

 ですが、奈々生はすでにもう普通の女子校生と同じく巴衛に好意を抱いています。

だから、巴衛のそう言う言葉がどんどんと心に入って来て、更に巴衛に気持ちが入っていきます。

乙女ラブラブメーター↑↑↑なんですよね~。

 しかも、土地神としてまだまだ全然な奈々生はピンチになると巴衛に頼らざるを得ません。

どんなピンチでも助けてくれる巴衛は、奈々生にとって王子様であり、甘える対象にもなります。

 でも・・・ここ一番は神として神使の巴衛を頼り、そして縛るんですね~。

 一方の巴衛は、奈々生の神使として仕えていますが、実際は単なるボディーガード&お手伝いさん。

 神の僕(しもべ)としての仕事じゃないですよね。

本来「やってられるかぁ~」という状況なのに、ミカゲに20年間ほっておかれた為、ご主人様に飢えています。

だから奈々生を失いたくない。これは「好き」という感情じゃないんですよね。

もし「好き」というのなら、巴衛はミカゲの方が好きなのだと思います(変な意味じゃなく)。

だから、雷神姫から逃げるとて、奈々生からは(自分の弱いところをみせたくなくて)離れ、
ミカゲの鏡の中に(甘える)拠り所を求めたのですね。

 でも、奈々生にとっては巴衛が自分の拠り所でもあり、気持ちが入って行ってしまった大切で好きな人(妖狐)。

巴衛の為に、巴衛への気持ちで、前回巴衛の力を借りないと乗れなかった夜霧車に自力で飛び乗ります。

そして、ミカゲ(蝶)の助けもあり、巴衛を見つけられた奈々生に、
今度は巴衛から再契約のキスをするのですが、当然巴衛と奈々生では気持ちの受け取り方が違うわけで・・・

 このアンバランスさが良いんですよね。

なので、普通の少女アニメ・ラブコメですと、この後瑞希も絡んできて、
ヒロイン奈々生を巴衛・瑞希・・・あと鞍馬あたり?が取り合う感じになるのですが、この作品はそうなりません。

 そして・・・・

「あららぁ~、あっさり別れちゃったわね。・・・・どうする?」

C_009

 早くも乙比古登場!!

原作ですとかなり後なのですが・・・まあ今回は多分顔見せでしょうね。

 それから・・・EDクレジット!!雪路だしてきちゃだめでしょー!!

「ほら、笹餅をやろう」

だけのセリフだし、みもりん(三森すずこさん)は奈々生でEDクレジットしてるのだから、
別に無理にcvクレジット表記する必要ないと思うんだけど・・・・

しかも、今回のCMが・・・・

公式ひどいネタばれですよ~。

EDクレジットで雪路のcvみもりんと表記した時点である程度いろいろ想像できちゃうじゃないですかぁ~。

雪路はめっちゃくちゃキーポイントキャラなんだから・・・

乙比古よりも更にぶった曲げた白泉社の攻撃でした。

 私は全巻読んでしまっていますから今さらですが、
原作読んで無くてこのアニメ視ている人も多々いるのですから・・・



壊れないように・・・壊さないように・・・

 もう無くしたくはない、大切にしようとする巴衛の気持ちとは裏腹に、
女子高生の・・・・人間の優しい気持ちで巴衛の予想の斜め上を動く奈々生。

 今現在の巴衛にとっては奈々生は予想だにつかない行動をする、小さな子供のようなものなのでしょうね。

 原作読んでいても物語にどんどん引き込まれて行く、本当に良い作品になっています。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

« ガールズ&パンツァー 第4話 感想 | トップページ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第3話 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

そうですか、あのキャスティングには意味があったのですか・・・
でも、この作品ではあまり恋愛を表に出さなくてもドタバタ展開でも
 面白いのですが・・・
展開からすると1クール作品で、前倒しに描きたいのでしょうか?
もっと巴衛に叱られながら神社のお手伝いをさせられていても
 楽しめそうに思います。

最近LivedoorにTBが届いてます、常にでもなさそうですが・・・一時的なもの?

>ぬる~くまったりとさん
そうなんですよ・・・雪路と奈々生がどう関係してくるかはこれからのお楽しみということで。
正直全然お話進んでないんですよ。1クールですと物語が面白くなってくる辺りで終わってしまうのではないかと思っています。(出雲大社へ行く話があるのですが個人的にはそれが最終回かと思っています)
 この作品は完全にラブコメなので、最後までドタバタで行くと思いますから今のノリは変わらないので安心して視られます。
 巴衛と奈々生の関係はますます面白くなっていきますよ~~。

Livedoor届きますか!?最近ギブアップで試していません。試していこうと思います。
(相互TBにならないためか、最近LivedoorのブログTB友がほとんど見えなくて・・・f^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56006753

この記事へのトラックバック一覧です: 神様はじめました 第5話迄 感想:

» 神様はじめました テレ東(10/29)#05 [ぬる~くまったりと]
第5話 神様、家をうしなう 公式サイトからミカゲが神の印を奈々生に譲ったことを知った雷神・鳴神姫が、印を奪いにやってくる。それを阻止しようとした巴衛だったが、打出の 小槌で体を幼児にされてしまい、奈々生も神の印と社を奪われてしまう。しかも巴衛は体が小さくなったことで熱を出し倒れてしまった。巴衛を元に戻すには、鳴神姫の神使になるという条件をのまなくてはならない。そんな巴衛を抱え路頭に迷っていた奈々生の前に、鞍馬が現われて… ミカゲ社の神が桃園奈々生だと知った雷神・鳴神姫。ミカゲは家出して20年間、行方... [続きを読む]

« ガールズ&パンツァー 第4話 感想 | トップページ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第3話 感想 »