フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第5話迄 感想 | トップページ | バクマン。3 BAKUMAN 第7話 感想 »

2012年11月18日 (日)

神様はじめました 第7話迄 感想

お前、俺に懸想(けそう)していないだろうな?

そうだって言ったら・・・私が巴衛のこと好きって言ったらどうするのよ・・・

き・・・気の迷いだ!!俺は人間の女など好きにならないよ!

こんなに強くて優しくて暖かいのに・・・あきらめろなんて・・・ずるい!

Mainkami

神様・・・神使に恋をして・・・自分の気持ちが止まらなくなってしまいました・・・・



神様はじめました th インプレッション 7話迄

ファーストインプレッション 1話  2ndインプレッション 2話 
3rdインプレッション 3話     4thインプレッション 5話迄  
5thインプレッション 7話迄    6thインプレッション 9話迄  
7thインプレッション 11話迄   


↓公式HP
Kamisama



●キャラクター

Photo


左から

桃園奈々生(ももぞの ななみ cv三森すずこ):主人公でありヒロイン。ひょんな事からミカゲ神社の土地神になる。

巴衛(ともえ cv立花慎之介):野狐の妖かし。前に仕えていたミカゲから奈々生に神使として仕えることになってしまった。

鞍馬(くらま cv岸尾だいすけ):鞍馬天狗。なぜか人間界に来てビジュアル系アイドルKURAMAとして活躍中。

ミカゲ(cv石田彰):ミカゲ神社の土地神。20年前に巴衛達を置いてミカゲ神社を出て行ってしまった。ひょんな事からであった奈々生に土地神の座を譲る。

虎徹(こてつ cv大久保ちか):鬼火童子という、ミカゲ神社の精霊。ひょっとこの面をかぶっている。人間からは見えない。

鬼切(おにきり cv新子夏代):子徹同様、鬼火童子という、ミカゲ神社の精霊。おかめの面をかぶっている。人間からは見えない。

沼皇女(ぬまのひめみこ cvほっちゃん:堀江由衣):ミカゲ神社の守護地の沼にいるナマズの化身。人間の男の子に恋をした(言ってみれば奈々生&巴衛の逆)。

瑞希(cv岡本信彦):元ヨノモリ社(水神)の聖神使だった白蛇。だが社がダムの湖底に沈み、一人残された。奈々生を嫁にしたがっている。

猫田あみ(cv佐藤聡美):奈々生の高校の友達。KURAMAを好きな女の子。

001_dmy

 

●あらすじ     (ネタバレ注意)

Sum06

 巴衛と再契約してミカゲ神社に戻った奈々生

だが様子がおかしい・・・巴衛にオネツ??と思いきや本当に39.8度の高熱。

出席日数がやばい奈々生に代わって、なんと巴衛が奈々生に化けて出席することになった。

その化けようには・・・KURAMAさえ気づかないほどに・・・。

そんな中、学校の瘴気(しょうき)が上がっていることをKURAMAに忠告され、
どこかのドアが開いたことを巴衛は察知する。

 更衣室で狙われるは猫田あみちゃん。代わりに奈々生に化けた巴衛が始末する。

巴衛に気づかないKURAMAは奈々生に心配する声かけをしてKURAMAをみ直すのだった。

 一方ミカゲ神社で休んでいる奈々生・・・のところにやってきたは瑞希

奈々生の食事を作りにやってくる。

巴衛の事ばかりフォローする奈々生に対し面白くない瑞希は、巴衛の本性を知らせるため、奈々生の心を過去に飛ばす。

そこで奈々生の心が入ったのは・・・雪路(cv三森すずこ)という女の子の身体だった。

そこで雪路(奈々生)は、妖怪悪羅王(cv諏訪部順一)に狙われていることを知る。

そしてそれはイコール、悪羅王と組んでいた巴衛にも狙われて・・・いたのだった。

その恐ろしい巴衛から運良く逃げ出した雪路(奈々生)は、瑞希の術から解け元の世界に戻る。

 現実での優しい巴衛をみて・・・何故か涙が止まらなくなる奈々生だった。

怖い夢を見ただけだよ・・・だから、大丈夫。私の知ってる巴衛、この人で良かった・・・。

 

Sum07

 ついに期末試験が始まった奈々生の高校。熱も下がり、試験勉強に追われる毎日。

一方猫田あみちゃんがKURAMAにぞっこんなのをみて、2人をくっつけようと手伝いするもする。

そんな奈々生に安請け合いをするなと忠告する巴衛だったが、その巴衛にもすり寄る女子が出てきた。

奈々生はその女子と巴衛を一緒に帰そうとするが、巴衛は事前に察知してそれを回避。

逆に奈々生を叱り、一緒に帰る。

俺にとって、お前以上に優先することなどない。自覚しろ。

その言葉で、奈々生が自分が巴衛を大好きになっていることに気づいてしまったのだ。

KURAMAは巴衛に、奈々生がお前に惚れているぞと忠告する。

 だが自分の気持ちに気づいてしまった奈々生は、もはや普通の恋する乙女だった。

期末試験が終わった後、巴衛をデートにつきあわせる。

 水族館、夜景と一緒に・・・少しでも一緒に巴衛と一緒にいたいと思う奈々生に対し、
先手を打って奈々生に確認と共に防波堤をはろうとする巴衛だったが、
奈々生の答えは一直線で巴衛に告白までして飛び込んできた。

 奈々生の告白に動揺した巴衛は、ビルの屋上でついうっかり奈々生の手を離してしまう。

そのまま落ちていこうとする奈々生を助ける巴衛。

止められないよ・・・きっと・・・もっと好きになっていく・・・

 

●感想

 ついに奈々生は自分の気持ちに気がついてしまい、勢いとはいえ告白してしまいました。

ところがこの作品では、そうは問屋が卸しません。

巴衛は、それはあり得ないことと拒否するのですよね。

まあ当然かと。巴衛にしてみれば奈々生は単なるご主人様以外何者でもないですからね。

 でも、巴衛が奈々生を好きなのかどうかって事は、
奈々生の言葉に動揺してうっかり奈々生を落としてしまうことからもわかるわけで・・・

ですが巴衛はそれに・・・自分の本当の気持ちに気がつきません。

何故??カギを握るのは、前回のCMでネタばれ食らった雪路でしょうね。

昔巴衛と雪路は恋におちた。人間と野狐の恋。それが何か影響しているのは間違いないでしょう。

 その雪路に何故か過去に行くとリンクしてしまった奈々生。

 次回は水着回ですが、この作品は少女マンガですので、サービスと言うよりもちゃんとお話が進みます。

 完全に奈々生はふられたわけですが、かといって神様と神使の間柄は変わらない。

なので奈々生にしてみれば気まずい中でも毎日一緒に過ごさないといけないわけで・・・

 雪路・奈々生・巴衛・・・そして悪羅王。いろんな伏線がた~くさんはられて、物語は中盤戦突入です。

 ここから先が、今までとは比べものにならないくらい面白くなっていきますよ~!!

 

最後に・・・猫田あみちゃんのパンチラ・・・色気無かったですね~。

アップになっても更に・・・笑。

・・・まあ原作通りなんですけどね。“すてーん”もあわせて(爆笑)

Nekoami

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第5話迄 感想 | トップページ | バクマン。3 BAKUMAN 第7話 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

この作品はドタバタと神様を務めながらも色んなキャラが登場して
 巴衛と奈々生がお互いを意識し合うと思ってました。
なので恋愛は最後になるのかと思ってました、ところがここでいきなりの意識しての
 告白からの失恋で意表を突かれました。

この作品で水着回と言われても、サービスには感じにくいですよね。
なにせ人間の可愛い女の子が・・・

あみちゃんのいちごパンツでイチゴ100%と繋がったと
 関東圏ではもっぱらの評判でした。
BD-BOX発売で傑作選が放送されていましたので。

>ぬる~くまったりとさん
 私もここは原作読んでいてびっくりした記憶が有ります。
 花とゆめって、週刊少年ジ●ンプと同じで、作品が後ろの方に掲載されると・・・やばいんですよ(苦笑)。
 実はこの頃「神様はじめました」結構後ろの方の掲載が多くて・・・・。告白したからもしかして終わり近いかぁ~~??とびびりました(笑)
 でも実際やばかったのかもしれなくて、この後展開が変わっていきます。
※ネタばれすると学園での話しが非常~に少なくなっていきます。
それまでも面白かったのですが、ここから先がもっと面白くって・・・
しばらくしたら花とゆめでも前の方に掲載されていましたとさ・・と。
(BAKUMAN見てなかったらそんな裏読みしないですよね~笑)
 
 パンチラでもアレですから水着と言いましても・・・ねぇ(笑)
果たしてサービスしてくれるのかどうか・・・
いちご100%!!そう言われてみればそうですね!!
女の子のイチゴパンツは中学生ぐらいでは永遠の神秘ですが、高校生になるとネタになってしまうのですね~(爆笑)。
小学生だとクマさんぱんつ。これは永遠の定番なのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56105894

この記事へのトラックバック一覧です: 神様はじめました 第7話迄 感想:

» 神様はじめました テレ東(11/12)#07 [ぬる~くまったりと]
第7話 神様、デートに誘う 公式サイトから猫田あみから鞍馬に助けてもらったお礼を言いたいと相談をされる奈々生。 しかし鞍馬はいつも女子生徒に囲まれているため、なかなか1人になるタイミングがない。そこで白札を使い2人が話せるきっかけをつくるが、それを見た巴衛は 妖怪と人間の恋は禁忌と考えているため叱責する。 すると今度は後輩の女子生徒から、巴衛と一緒に帰りたいと相談される。 2人が一緒に帰れるようにセッティングする奈々生だったが… 巴衛は学校では女子に人気。期末テストが近い、テストなんて椎茸の次に嫌い... [続きを読む]

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第5話迄 感想 | トップページ | バクマン。3 BAKUMAN 第7話 感想 »