フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第8話迄 感想 | トップページ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第7話迄 & あきここまち 感想 »

2012年11月30日 (金)

神様はじめました 第9話迄 感想

俺が触れないものに気やすく触りやがって・・・・あのクソ蛇野郎

あれでも歴としたミカゲ社の土地神だ!

汚れた手で・・・気やすく触れて良い女ではない!!

私、過去に行って昔の巴衛に会ったよ。

私のこと受け入れてくれなくても良いよ。

触ってくれなくても・・・・巴衛が・・・他の人を好きでもいいよ。わたし。

Mainkami

もう、報われるのをまったりしない。

振り向いてくれなくてもいいよ。

私が振り向かせるから!!

神様吹っ切れました!!

そして・・・・第二の神使が奈々生の下に・・・



神様はじめました th インプレッション 9話迄

ファーストインプレッション 1話  2ndインプレッション 2話 
3rdインプレッション 3話     4thインプレッション 5話迄  
5thインプレッション 7話迄    6thインプレッション 9話迄  
7thインプレッション 11話迄   

↓公式HP
Kamisama



●キャラクター

Photo

左から

桃園奈々生(ももぞの ななみ cv三森すずこ):主人公でありヒロイン。ひょんな事からミカゲ神社の土地神になる。

巴衛(ともえ cv立花慎之介):野狐の妖かし。前に仕えていたミカゲから奈々生に神使として仕えることになってしまった。

鞍馬(くらま cv岸尾だいすけ):鞍馬天狗。なぜか人間界に来てビジュアル系アイドルKURAMAとして活躍中。

ミカゲ(cv石田彰):ミカゲ神社の土地神。20年前に巴衛達を置いてミカゲ神社を出て行ってしまった。ひょんな事からであった奈々生に土地神の座を譲る。

虎徹(こてつ cv大久保ちか):鬼火童子という、ミカゲ神社の精霊。ひょっとこの面をかぶっている。人間からは見えない。

鬼切(おにきり cv新子夏代):子徹同様、鬼火童子という、ミカゲ神社の精霊。おかめの面をかぶっている。人間からは見えない。

沼皇女(ぬまのひめみこ cvほっちゃん:堀江由衣):ミカゲ神社の守護地の沼にいるナマズの化身。人間の男の子に恋をした(言ってみれば奈々生&巴衛の逆)。

瑞希(cv岡本信彦):元ヨノモリ社(水神)の聖神使だった白蛇。だが社がダムの湖底に沈み、一人残された。奈々生を嫁にしたがっている。

猫田あみ(cv佐藤聡美):奈々生の高校の友達。KURAMAを好きな女の子。

001_dmy

 

●あらすじ     (ネタバレ注意)

 告白した相手に頭冷やせって言われちゃあね~。そりゃ無理だ!

桃園さんは巴衛くんにふられたショックからまだ立ち直ってないんだから!

 前回巴衛にふられたショックで失恋モードの奈々生。

巴衛はあの後も変わらず奈々生の世話をしてくる。

が、あれ以来奈々生に触れると言うことは無くなった。

 そんな奈々生を元気づけようと猫田あみちゃん上島ケイ(cv清水香里)は、奈々生を海に誘う。

だが海は魔物の巣窟、しかもとある理由で巴衛は海に入られない為瑞希も一緒についてくる。

 しかし乙比古のしかけで猫田あみちゃんが溺れ、奈々生のお願いもあって結局入れない筈の海に入ってしまう。

 その為ついに巴衛は竜宮城の城主竜王・宿儺(りゅうおう・すくな cv浪川大輔)に見つかってしまう。

巴衛は526年と208日前、竜宮城で大暴れ、壊滅してしまうと共に竜王の片目を奪ってしまっていたのだ。

 巴衛は貝の中に閉じ込められ、奈々生に竜王は“竜王の目”を持ってくれば巴衛は返すと言う。

 奈々生は瑞希にお願いして刻廻りの香炉を使い竜王の目を取り返すべく過去に向かうのだった。

Sum08

 ついた先は・・・まさに巴衛が竜王の片目を奪ったその直後だった。

それを持って巴衛が向かった先は・・・6話で奈々生が一度中に入った雪路のところだった。

彼女は何と病に伏せていたのだ。しかも・・・巴衛と恋におちていた。

 竜王の目は不老長寿の効果があり、巴衛は雪路を助けたい一心で竜王の目を奪ったのだった。

 恋人に対する態度の巴衛をみて余計落ち込む奈々生だったが、雪路の苦しむ様をみて、
竜王の目は奪わず、雪路に逆に飲ませ、そのまま現代に戻って来る。

過去につけを払わせちゃダメだ。今のつけは・・・今で払わなきゃ。

 過去に行ったときに会った妖怪磯姫(cv小林ゆう)に、自分の中に竜王の目があると聞かされた奈々生は、
現代の磯姫に自分の身体の中にある竜王の目を自分の30年分の寿命と交換にとってもらう。

 だが磯姫は奈々生をだまして竜王の目とミカゲ神の証をも奈々生から奪おうとしたのだ。

あまりにお人好しな奈々生に、ついに瑞希がキレ、瑞希は奈々生とキス。自ら勝手に奈々生の神使となる。

彼女のそばにいれば、僕はもう一度僕になれる。

ひどいわ瑞希、つまり私が寝ている間に勝手にキスしたってわけ?痴漢!強制わいせつぅ~!

 奈々生の身体から取り出した、ほとんどパチンコ玉レベルになってしまっていた竜王の目を持って、
奈々生と瑞希は亀タクシーに乗って竜宮城に向かう。

途中、亀姫(cv岡村明美)という竜王の奥様と一緒になり、みんなで行く竜宮城。

彼女の言葉と7日かけて作った羽織から、奈々生は受け身になっていた自分を恥じ、
これからは自ら巴衛を好きでいる積極的な自分であろうと気持ちを入れ替える。

3人が竜宮城に着いたとき・・・まさに巴衛が大暴れ、竜王と一戦交えている最中だった。

奈々生が止めに入り、バトルは中止。

奈々生は自分の気持ちを打ち明けると共に、
竜王とはひからびた竜王の目と亀姫の無くなった羽織セットで取引成立。

3人一緒に竜宮城を後にする。

ということで、これから一緒に社の仕事しようね~兄神使の巴衛君!

なにぃ!?

3人一緒に、おうちに帰ろう!!

 

●感想

 9話はミル姐こと佐山聖子さん絵コンテ回。

私に頂いたツイートによりますと、ミル姐は刻廻りの香炉とKURAMAがらみご担当の模様です。

新キャラは多分亀姫の事でしょうね。

ミル姐コンテ回・・・もう一回ぐらいあるかな???

20121130_62348bmp

 そして・・・いやぁ~面白さが加速してきました!!

巴衛への気持ちが受け身になっていた奈々生の気持ちが積極的になろうと前を向いた回でしたね。

 8話が水着回だったのを忘れてしまう程、内容がつまっていた8・9話でした。
(※水着回・・・インパクトがあったのは男達、しかもミカゲ・乙比古の方でしたね。さすが少女マンガw)

過去巴衛が唯一人間の女と恋におちてしまった相手・・・それが6話で出てきた雪路でした。

 しかも彼女はあの後病に伏せてしまいます。
それを治そうと必死だった巴衛は不老不死の効果があると言われている竜王の目を奪ったのですね~。

 この雪路、いったい過去で巴衛と何があったのでしょう。

奈々生が行ったときはまだ雪路は悪羅王が探していて、巴衛とは(中は奈々生だったが)初めて会ったときでしたからね。

それがいつの間にか恋人同士。しかも雪路は病に伏せていた。

問題はこの後ですね。

 その竜王の目・・・526年後何故か奈々生の身体の中に有ります。

単純に考えて雪路の子孫か、生まれ変わりなのですが・・・

 ミカゲが「奈々生さん、巴衛をたのみますよ」と言っていますから、
ミカゲは当然雪路と巴衛のその後と、奈々生と雪路の関係を知っている筈なのです。

ですが、巴衛は奈々生への態度をみる限り、知らない模様です。

 奈々生と雪路の関係、そして巴衛の気持ちは・・・
当然1クールのアニメではそこまで話は言及されません(というより原作でもまだ)。

 なので、それはこれ以降、2期があるのを心から祈りながら、まずは強制わいせつで強引に神使になった瑞希ですね(笑)。

 これで奈々生神様は、2人(匹)の神使をお伴に持ったことになります。

奈々生は巴衛が好きで、それを承知でも瑞希は奈々生が好きで・・・

この3人(匹)でミカゲ社をこれからもり立てて行くことになりますが、どうみても犬猿の仲に思える巴衛と瑞希。

果たして・・・・というところで、なんか次回は15分ずつの2本だて。

メインストーリーは一休みって感じでしょうか。

だとすると11話~13話がクライマックス?。私が最初思っていた出雲大社までは・・・届きそうに無さそうです。

まあ、変に途中の良い話を端折られるよりかは全然良いのですが・・・

それでも・・・2ク~ル欲しいよーーーーーーーーーー。

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

« ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第8話迄 感想 | トップページ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第7話迄 & あきここまち 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

奈々生と雪路の謎は明らかではないのですか。
そして奈々生の龍王の目は返したのですか、そこはハッキリしていなかったような・・・
乙比古の作為はミカゲも同意なんですか。
彼らは過去の因果を知っていて二人を見守って手助けしているのですね。
確かに、この先が気になりますね。

主役の奈々生が動くと面白いですね。
瑞希は巴衛が嫌いと言ってるのに神使になりましたから、日常が
 面白くなりそうですね。

>ぬる~くまったりとさん
実は今原作が、花とゆめでまさにそれをやろうとしています。
変なフェイントやうっちゃられない限り、このエピソードではっきりすると思うのですが・・・。
 そして、乙比古の件ですが、原作ではまだあのシーンで乙比古は登場していません。
ついでに言いますと、ミカゲも1話で奈々生に神の権利を譲ったまま・・・一切出てきていないのです。
なのであそこは原作を改変しています。原作ではただ2人とも大波にのまれただけ。
 何となくですが、乙比古が勝手にやったのかな・・・って個人的にですが思います。
でも、ラストでミカゲが「奈々生さん、巴衛を頼みましたよ」と言っていますので共犯かもしれませんね。
 乙比古やミカゲがメインで絡んでくるのが私が何度も言っている“出雲大社”へ奈々生達が行くエピソードなのです。
その2人がアニメですと最初からコンビになって影から奈々生達を見守っていますので、
ああ、これはラストが出雲大社のエピソードだな。その為の伏線で出しているんだな。
と思ったわけでございまして・・・・。
(※あと悪羅王が絡んでくるのもこの出雲大社エピソード)
 
 本当、おっしゃるとおり瑞希vs巴衛の日常回とかこれから本当に面白くなってくるんですよね~。
そして今回みたいに奈々生がいろいろ行動するようになります。
すっごく面白くなってきたところで、出雲大社にも行かず・・・アニメ終わってしまいそうで・・・・(×_×;)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56155565

この記事へのトラックバック一覧です: 神様はじめました 第9話迄 感想:

» 神様はじめました テレ東(11/26)#09 [ぬる~くまったりと]
第9話 神様、竜宮城へいく 公式サイトから過去に巴衛が奪った龍王の右目を取り戻すため、時廻の香炉で 過去に行く奈々生と瑞希。そこで右目を持った野狐の巴衛と出会う。 奈々生は巴衛を尾行した民家で、人間の女性・雪路と恋仲で あることを知りショックを受ける。巴衛が龍王の右目を盗んだのは、雪路の病を治すためだった。 巴衛が去った隙に龍王の右目を盗もうとした奈々生だったが、雪路が苦しみ始めたため、不老長寿の効果があるという右目を雪路に与えてしまう。 龍王から右目を奪った巴衛と出会う奈々生。追いかけると病気の雪... [続きを読む]

« ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第8話迄 感想 | トップページ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第7話迄 & あきここまち 感想 »