フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 新世界より 第6話迄 感想 | トップページ | livedoor様ブログへのトラックバックが飛ぶようになりました(原因不明) »

2012年11月11日 (日)

バクマン。3 BAKUMAN 第6話迄

ドラマCDの話が来てる。

少年ジャックで連載している「PCPってマンガのヒロイン安之城舞。知ってるか?

作者が名指して君にやって欲しいと・・・

やります!絶対にやります!やらせてください!!

亜城木先生が『PCP』のドラマCDで安之城舞を私に演じてほしいって。

幸せすぎです!

20111229dog00m200087000c_450

だがその幸せは続かない・・・・

PCPは、アニメにはならない!?



バクマン。3 BAKUMAN 2ndインプレッション 6話迄


第2シリーズ
ファーストインプレッション 4話迄       2ndインプレッション 7話迄
3rdインプレッション 8話            4thインプレッション 15話迄
5thインプレッション 20話迄         クライマックスインプレッション 24話迄
ラストインプレッション 25話
原作マンガ 166話 インプレッション     ※以上アメブロにリンク

第3シリーズ
ファーストインプレッション 2話迄       2ndインプレッション 6話迄 
3rdインプレッション 7話           4thインプレッション 11話迄  
5thインプレッション 14話迄        

↓公式HP
Z321000941

※HPに無許可画像転載禁止の断りがあったので、挿絵は全てBD・DVD表紙やプレゼントコンテンツの画像を使用します。



●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

 お互いを励みにして頑張りましょう!

勉強のライバルとして学生時代どうしてもシュージンの上に行けなかった岩瀬(秋名)愛子

だからこそ+NATURALではCROWとのコラボをしてでも亜城木夢叶に、いやシュージンに負けるわけにいかない。

PCPはせっかくの巻頭カラーでも5位。新妻エイジ・秋名愛子連合軍の壁は厚い!!

 服部哲編集は上を落とすより4位票を3位のPCPに変えさせる作戦を提案。
シュージンは5話のシリーズ物の解決編で勝つ!という勝負に出る。

 母校の小学校へ取材に行き、携帯電話をヒントにトリックを考え、
そして岩瀬愛子のライバルとしての存在がストーリーのラストを作り、
PCPは最後に+NATURALを抜いて、佐々木編集長との約束を守ったのだった。

これで、名目共にPCPはジャンプの人気マンガ。人気有るのに打ち切りというのはもう無い。

 互いを励みにして頑張ろう!

今度はシュージンから岩瀬愛子にこの言葉を言うのだった。

 以来絶好調のPCP。始まって半年でドラマCD

サイコーはヒロインの安之城舞役を当然亜豆美保に依頼。

当然それを受ける美保。涙を流しながら・・・・

次いでノベライズ(小説化)まで!!

 だが、良い話ばかりではない。服部哲編集からPCPはアニメになりにくい事を聞く。

完全犯罪がリアルすぎて、クレームも多いというのだ。

 正直ショックを受ける二人だが、もう少し余裕が出来たらアニメ化まで考えて作品を作ろうと考えるのだった。

 そんな中、アシスタントの白鳥シュンからシュージンにネームをみて欲しいというお願いがある。

その内容がとても良く、服部哲編集も太鼓判を押す。
・・・が、原作はシュージン名義でないとまずいぐらい、シュージン色が出てしまっていた。

服部哲編集はシュージンに白鳥シュンの方も原作を考えて欲しいとお願いする。

心とは裏腹に、シュージン原作OKをしてしまうサイコー。

 ところがその作品「恋太&ピース」の出来がとても良く、何と本誌の読み切り掲載に迄なってしまう。

しかもその読み切りのアンケートが5位とことのほか良かった為、連載を目指すことになる。

 シュージンを後押しし、サイコーは自分のレベルアップの為に自分でもう一作描けるよう、絵の練習をする。

 順風満帆に見えた白鳥シュンだったが、実は家の方に問題が有った。

良家の長男に生まれたシュンは、絵を描きたいなら美大&留学・就職なら父親の会社に入れと
母親にマンガ家になるのを止められる。

 

勢いで飼い犬のピースと一緒に家出。

立派なマンガ描きより売れない画家の方がいいと言っているのです!

ついに母親が仕事場に乗り込んでくるが、妹と父親がフォロー。

仲直りとまでは行かないが、黙認してくれた母親、そして家族達だった。


 

 そんな中、平丸の「ラッコ11号」・蒼樹紅の「青葉の頃」が連載終了決定。

新しい連載を求めて読み切り特集「スーパーリーダーズフェスタ」にエントリーしてくる。

そして、新妻エイジも!当然参加を表明する亜城木夢叶。

 だがその読み切り、サイコーが一人で書く事にする。亜城木夢叶の幅を広げる為に。

そしてシュージンの足を引っぱらないようにするために。

恋愛ものを書く事に決めるサイコーは、新年会で若手作家達総エントリーになる上に全員恋愛ものになってしまう。

「スーパーリーダーズフェスタ」が互いに順位を競って争う「スーパーリーダーズラブフェスタ」に変わってしまった事により、
サイコーは恥ずかしくて聞けなかった女の子の気持ちを亜豆に聞く。

 PCPは連載1周年。原稿料も上がり、ドラマCDも第2弾が決定。順風満帆に見えるが・・・

俺たち・・・本当でこれで良いのか!?

疑問を待つシュージンと同じ事を考えているのは新妻エイジ

恋太は亜城木先生の作品じゃ無いです。白鳥シュン先生の作品です!!

 シュージンは恋太&ピースを白鳥シュンに渡すためしばらく泊まりがけの合宿で彼を鍛えたのだった。

 離れかけていた二人の絆が元に戻り、亜城木夢叶恋愛マンガ「ささやかな時」は完成した。

順位は7名中4位だったが。

だが、亜城木夢叶の可能性・幅は広がった!次の作品でアニメ化を狙おうぜ!

おう!



●感想

 香耶ちゃんのハートに、ブラインドタッチだぜ!キャッ♡

えーっと・・・そのシーンは声だけですか・・・そうですか・・・(爆笑)

PCPごっこをしている子供達で安之城舞気取りの女の子のガヤはさおりんでしたね。

妙に声の低い小学生女子・・・サイコー君の願望が子供にも移ったかな(笑)。

 私、この白鳥君のエピソードがとても好きでしたので、かなり端折ったとはいえカットされなかったのは良かったです。

出来れば世間知らずのアパートひとり暮らしシーンとか視たかったのが本音ですが。

 良いところの会社にいるのに父ちゃんは隠れジャンプ読み。でも実際こういう人多いですよね。

昔と違い、逆に私のような年齢や妹のような女性の方がマンガに理解があるのかもしれません。

 そう言う意味では父ちゃん・妹良い味出していましたね。

変な言い方、失敗して挫折しても父ちゃんの会社に行けるという保険が白鳥君には有りますしね。

母ちゃんは白鳥家の名前に傷がつく・・・体裁だけ気にしていたわけですから。

 

 それにしても第3シーズン、かなり駆け足ですよね。

いやもうダイジェストの如く、特急列車に乗っているかのような話のスピード感です。

でも、原作知らなければそうは見えないよう、かなりシナリオを練っているのも事実。

いらないところ・重要じゃないところはあっさりと、ばっさり切り落としますものね。

それによって一つのエピソードが確かに薄いのですが、かといって全然内容がないわけではない。

原作有る作品の吉田玲子脚本はやっぱ強いです。本当良くできています。

 

 ヒロインでは亜豆美保に加わり、岩瀬愛子が今のところ第3シーズンでは優遇されています。

その裏で第2シーズンヒロインの座をがっちりと獲っていた蒼樹紅の影がだんだんと薄くなってきていますね。

平丸さんとの絡みだけになってきてしまっています。

 私はバクマンのヒロインで香耶ちゃんが一番好きなので、いい感じで毎回出てきてくれるのはうれしいですね。

 とにかくこれでまた一つレベルアップしたサイコーとシュージン。

PCPがアニメ化にならない理由も妙にリアルで面白いです。

PCPに変わる作品でアニメ化を狙えるのか?それともPCPで一発逆転があるのか?

(原作全部知ってはいますが、それでも)これからの展開がますます楽しみになってきました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります







そこあに

« 新世界より 第6話迄 感想 | トップページ | livedoor様ブログへのトラックバックが飛ぶようになりました(原因不明) »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

本当に駆け足ですよね。wobbly
本来なら、もう2話程度かけてじっくり描けば最高と秋人の殴り合いも
 分かりやすいと思うのですが。

今期は岩瀬のPCPに追い抜かれて一人、涙に咽ぶシーンが良かったですね。
蒼樹嬢は丸くなって一人立ち出来たので、エピソードが無くなるのですよね。
元々亜豆がメインヒロイン?と疑いたくなるほどに出番が少ない亜豆。
これで暫くは出番が・・・
香耶ちゃんも秋人との夫婦漫才が見られなくて寂しいですが、アシスタントの世話役として
 頑張ってますね。
お笑い担当の平丸は出番が確保されてますが、熱血福田組長の出番が削られてます。
6話にして台詞が初めてじゃないかと思うくらいに出てないですから。

今期で最後まで放送しそうですね。

>ぬる~くまったりとさん
「シュージン!俺を殴れ」なのに、公園では殴り合いですからね~。
だとすると一方的に殴るはずなのに、なんで殴りあいしているか最初理解出来ませんでしたよ(苦笑)。
  思いっきり駆け足ですよねf^_^;。
岩瀬愛子がヒロインですよね。あの泣くシーンは良かったです。
そう言えば福田先生・・・出番少ないですね~。
そうしてみると平丸先生は・・・恵まれていますね(笑)。
 この先、ここ一番は!出来たらしっかりとお話を掘り下げてくれるとちょっとうれしいかなって思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56070652

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。3 BAKUMAN 第6話迄:

» バクマン。3 NHK(11/10)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 パンチと一人立ち 公式サイトからスーパーリーダーズフェスタへの参加を決める亜城木夢叶。しかし最高は、一人で描きたいと宣言!テーマに困った最高は、亜豆への想いから、恋愛漫画を描く決意をする。新年会で、「自分もフェスタに参加させろ」と迫る福田。亜城木たちが恋愛漫画を描くと聞き、自分も恋愛漫画を描くと宣言する。そして、編集長に対して驚きの提案をする!?それぞれに忙しく、「亜城木夢叶」として活動できない二人。言い争いになり、秋人は仕事場を飛び出して…!? 読み切りは俺にやらせてくれないか?俺も成長し... [続きを読む]

» ◎バクマン。3第6話「パンチと1人立ち」 [ぺろぺろキャンディー]
>秋人:エントリーしてるのは、新井さん、エイジ、アオキ、平丸、俺たち最高:俺にやらせてくれないか?一人でどこまでやれるか知りたいんだPCPとラブタの質が落ちたらこまる、... [続きを読む]

« 新世界より 第6話迄 感想 | トップページ | livedoor様ブログへのトラックバックが飛ぶようになりました(原因不明) »