フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 神様はじめました 第7話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第7話迄 感想 »

2012年11月18日 (日)

バクマン。3 BAKUMAN 第7話 感想

初めて会ったとき、きれいな人だ、好きだって思いました!!

つきあってください!!

平丸一也、一世一代の告白は、蒼樹紅の心に届くのか??

個人的にBAKUMANきっての大好きなエピソード。

・・・・まじ!?



バクマン。3 BAKUMAN 3rdインプレッション 7


第2シリーズ
ファーストインプレッション 4話迄       2ndインプレッション 7話迄
3rdインプレッション 8話            4thインプレッション 15話迄
5thインプレッション 20話迄         クライマックスインプレッション 24話迄
ラストインプレッション 25話
原作マンガ 166話 インプレッション     ※以上アメブロにリンク

第3シリーズ
ファーストインプレッション 2話迄       2ndインプレッション 6話迄 
3rdインプレッション 7話           4thインプレッション 11話迄  
5thインプレッション 14話迄        6thインプレッション 17話迄  

↓公式HP
Z321000941

※HPに無許可画像転載禁止の断りがあったので、挿絵は全てBD・DVD表紙やプレゼントコンテンツの画像を使用します。



●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

 連載50回の表彰を受ける亜城木夢叶。今はまず力を溜める時とPCPに全力を注ぐ事にする。

また、トレジャーの審査員もすることになった。

そのなかに・・・・とんでもない作品が有った!!それは「シンジツの教室」。
 (その話は次回以降に・・・・)

 一方ロードレーサーGIRIのアニメ化が決定して万々歳の福田真太(cv諏訪部順一)。

 そんな中、スーパーリーダーズフェスタで2位を獲った平丸一也(cv森田成一)

それでも連載を目指そうとプッシュする吉田編集(cv子安武人)に、
平丸は
蒼樹紅(cv川澄綾子)とのお茶会を条件にして渋々了承する。

しかも編集同伴のお茶会デート。

 平丸さんは、GPS付きで捕獲されている車を売り、このときのために新車を買って吉田編集を出し抜く。

 蒼樹紅はそれを了承し、二人とも携帯電話の電源を切り、青山のカフェでデートをする。

吉田編集は、これはやばいと亜城木夢叶、福田真太に声をかけ平丸一也捜索をし、ついに捕獲する。

 だが、ひと味違う、一大決心をした平丸一也は吉田編集には止められず、
そして、亜城木夢叶・福田真太達の応援する中、歩道橋の上でプレゼント共に決死の告白をする。

はい。私からもお願いします。今日とても楽しかったです。また会ってください。

絶対ふられると思い込んでいた吉田編集の予想をぶっとばし、

平丸一也の告白とプレゼントを心から喜んで受ける・・・蒼樹紅だった。



●感想

働きたくない、書きたくないと仕方無く書いたマンガが面白い!天才だ!!

面白いものを書こうとしないのに、いやいややっつけで書いているのに面白い!

僕はその才能に惚れたんだ!!

 吉田編集のこの言葉も良かったですね~。

でも、それ以上に一途で純粋な平丸一也とそれを受け止める蒼樹紅。

 このエピソード、本当に好きだったので、
今回駆け足のストーリー展開の中1話まるまる使ってやってくれたのはうれしかったです。

 本当、平丸さん、仕事以外に関しては全てにおいて純粋で一途ですよね。
嘘をつかない、本当に一直線のとても良い心の持ち主です。

こういう人には女性って結構OKするんですよね。

“いい人”ではなくて本当に心から“好き”って言ってくれる人に。

特に蒼樹紅は、中井巧朗が酷いダメ人間で、しかも次に好きになったシュージンには彼女がいた。

そう言う意味ではいろいろな経験を最近しているわけですから、人を見る目って出来てきているのですよね。

 平丸一也は仕事したくないと言っているだけで、実際は仕事している。

でも、吉田編集や蒼樹紅の尻に惹かれないと本当に仕事しない(笑)。

 それまで恋愛で少し経験を積んだ蒼樹紅が好きになるのももっともですし、
そのおかげで、逆に平丸一也が強くなる(守らない人が出来てしまった)要因にもなるのですね。

 この二人に幸あれ・・・とともに、平丸一也と蒼樹紅のエピソード、
そして平丸一也と吉田編集の化かし合いギャグも実質これで終了。

あとはエピローグが残るのみとなりました。

平丸一也と蒼樹紅は個人的に好きなキャラクターでしたので、
このエピソードは是非とも1話だけで、感想が書きたかったのでした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります







そこあに

« 神様はじめました 第7話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第7話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

まさかOKされるとは思わなかった吉田氏の白く固まった姿が最高ですよ。
でも、これから二人のバカップルぷりが披露されるのですよね。
結構、蒼樹譲にコントロールされたりしますが・・・

2,3年に一人の逸材って真実を言うと酷い、エイジがそれ以上の天才ですからね。
本気で描くと大丈夫かと思ってしまいますが、連載するから大丈夫なんですよね。
次回からは、あれですよね、まさかのあの人が・・・

ようやく福田組長の出番が有った感じですね。

>ぬる~くまったりとさん
 真っ白に固まった吉田氏の姿は最高でしたね。
吉田氏は100%振られると思い込んでいましたからね。
 ふられたら最後、平丸さん絶対マンガ書かないと思っていたのでしょうね(笑)。
これから先はおっしゃるとおりバカップルですから・・・事実上二人のよいエピソードは最後を除き、これで終わりですね(笑)。
 2・3年に一度の天才ってなにげに酷いですよね。
マンガを書きたくないのに面白いという、マンガが書きたくてしょうがないエイジとは違う、ある意味真の天才だと思うのですが。
吉田氏なりの、心からの言葉だったのでしょうね。(だからあの言葉は好きなのですが)。
 やっとこさ福田組長登場!ここまでもスルーされると辛いですから良かったです。
 
そして次回から・・・アイツが・・・あの人が出てきます!!
小杉編集が梶裕貴だったのもツボでした。声が合ってる(笑)
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56142096

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。3 BAKUMAN 第7話 感想:

» バクマン。3 NHK(11/17)#07 [ぬる~くまったりと]
第7話 記念撮影と教室 公式サイトから『PCP』連載50回記念で、表彰式に出席する亜城木夢叶。最高と秋人は、二人で亜城木夢叶だからと、二人一緒の記念写真を撮る。スーパーリーダーズラブフェスタの結果を受け、蒼樹とのお茶会を条件に新連載を狙うことに同意した平丸。しかし吉田の策略を疑う平丸は、思わぬ行動に出る!?『PCP』に集中することを決めた最高と秋人。そんな折、月例賞の審査員を任される。そこで二人が目にした「とんでもない」作品とは一体!? 連載50回の表彰に参加する最高と秋人。蒼樹嬢は50回前で打ち切... [続きを読む]

» ◎バクマン。3第7話「記念撮影と教室」 [ぺろぺろキャンディー]
|それではPCPのアシロギ先生>新妻:アオキ先生がこられないのは残念です 編集:おめでとう最高:ありがとうございます→写真とる凹平丸:連載なんて狙いませんよ、一位じゃなか... [続きを読む]

« 神様はじめました 第7話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第7話迄 感想 »